Jump to content
All About Hong Kong

香港ウンチク話

Members
  • Content count

    348
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

0 Neutral

About 香港ウンチク話

  • Rank
    Advanced Member
  1. 私が香港好きになったきっかけは香港映画。 最近は日本で上映されるものも少ないですが、気になっていた香港映画の日本上映が決まったので一足お先に鑑賞して来ました。 映画【誰がための日々(一念無明/Mad World)】は2016年に香港で上映された映画です。 親の介護から鬱病になった青年の姿を描く作品。実際に起きた事件を元に製作されたたそうですが、この作品で香港金像奨では最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀新人監督賞を。台湾金像奨で最優秀助演女優賞、最優秀新人監督賞を、第12回大阪アジアン映画祭でもグランプリを獲得したという話題の作品です。 <あらすじ> 婚約者のジェニーと家を買い、結婚をして、家族を作る、そんな将来設計を考えていたトンには寝たきりの母親がいた。弟はアメリカに永住し、父はお金を入れるだけで家には寄り付くことはなかった。自身の体が思うようにならない苛立ちからトンに冷たく当たる母。それでも母を施設に入れたくなかったトンは会社を辞め、自宅で一人母の介護にあたっていた。しかしぎりぎりの状況の中、トンはある事件により母をなくしてしまう。ショックのあまり思い鬱病を患ったトンは精神病院に入院。1年間の治療を経て退院したトンは父と2人、狭いアパートでの生活をスタートさせる。 (映画com.より引用) 香港には介護問題を取り上げた素晴らしい映画があり、「女人、四十」「桃さんのしあわせ」は私も大好きな映画ですが、今回はそんな介護をする家族側にスポットを当てた作品でした。 実は私も今年から義父母が介護ケアが必要となり、夫と共に悩むこともストレスを感じることも多々ある日々を過ごしています。とても他人事とは思えずに食い入るように鑑賞しました。 介護問題は香港だけではなく、日本でも大きなテーマだと思います。 親を施設に入れるのは罪悪感がある。しかしながら自分たちの生活もあるので完璧な世話は行えない。今は行政のサポートも多いので私たちはそれに頼りながら自分たちも共倒れしないように、手を抜けるところは抜きながらケアしています。 私はトンのように仕事を辞めてまで介護できるだろうか・・・考えてしまいました。 主役のトンを演じるのは大好きな俳優のショーン・ユー。デビュー作の『インファナル・アフェア』以降、どんどんと良い俳優になっていると思います。 彼のインスタをフォローしているのですが、カッコいいんだな~。しかしながら、この作品のショーンはどこか垢抜けない感じの心に闇のあるトンを見事に演じていました。 素晴らしい俳優に成長したなぁ。 (映画ナタリーサイトより引用)そんなトンの父親を演じるのが、これまた私の大好きなエリック・ツァン。 今まで家族と向き合ってこなかった父は退院したトンを引き取って小さな部屋で二人で暮らします。 親子なのに理解しあえないもどかしさを上手に演じています。息子を理解したいと思い精神病患者の家族会に参加するあたり、目に涙が浮かびました。 実はこの作品、制作費が3,000万円と低予算ながら、この脚本を読んだショーンとエリックは二つ返事で出演を快諾したのだそうです。 彼らが暮らすアパートは1フラットを1部屋ずつ分けたような共同生活のようなスペース。隣の部屋には香港IDのない母親と大陸IDのない息子が住んでいたり、私がブログで紹介している楽しい魅力的な香港の裏にある香港の現実が描かれています。 オシャレなレストランや煌びやかな観光地は撮影では一切使われていません。 撮影舞台となった住宅はあの辺かな?と思うと心が締め付けられるような感じ。 でもそうした香港の現実も観てほしいと思います。 自分の介護生活とダブらせて鑑賞してしまいましたが、香港が好きな皆様に是非観てほしい、こういう香港も知って欲しいなと思う作品でした。 公開は2019年2月2日より。新宿K'sシネマ他、全国でも順次上映されるそうです。 【誰がための日々】 広東語タイトル:一念無明 英語タイトル:Mad World 公式サイト:http://www.tagatameno-hibi.com/ ケイズシネマサイト:http://www.ks-cinema.com/ 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  2. 最近の香港は古い建物をリノベーションして新たなスポットとして生まれ変わることが多いですね。 私の大好きな【PMQ】は元警察官の寮だったし、深水埗の団地【美荷楼】はユースホステルとして生まれ変わりました。 そして今年、また新たにリノベーションして生まれ変わったスポットがあります。 中環のヒルサイドエスカレーター脇にあった『旧中区警察署』とその奥にあった『ビクトリア監獄』。そこがリノベーションされて、今年5月末にオープンしたのが【大館(Tai Kwun)】です。 私が住んでいた2000年頃はまだ現役の警察署と監獄として使用されていましたよー。 気がつくといつの間にか閉鎖されていたのですが、数年前からリノベーションして新しいスポットになるという噂は聞いていたので、どんな風になるのかとても楽しみにしていました。 この砵典乍街の石畳から旧中区警察署の建物が見える風景が昔から大好きなのです。 いくつか注意事項がありますのでお伝えしておきます。 ◆事前予約が必ず必要◆ 【大館】に入るには予約が必要です!必ず公式サイトかアプリから予約してパスをもらってください。 ◆大館公式サイト:https://www.taikwun.hk/en/ *英語・広東語のみ (Visitまたは計画行程からPassを申請) ◆大館(Tai Kwun)アプリ *無料 ・itunes:https://itunes.apple.com/jp/app/tai-kwun/id1373643331?mt=8 ・googleplay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.taikwun.app&hl=ja <アプリでの申し込み方法> ①アプリを立ち上げて、画面下の左から二番目の「大館入場證」を押す ②訪問人数を入れる⇒下の「下一歩(次へ)」を押す ③訪問予定日を入れる⇒下の「下一歩(次へ)」を押す ④訪問予定時間を入れる⇒下の「下一歩(次へ)」を押す ⑤確認画面になると自動的に5つある入口がランダムに表示される ⑥確認を押すとQRコード付きのパスが完成する ⑦この画面を入館時にタッチする ◆入り口は5箇所!◆ 入口が5箇所設けられています。 パス登録時にランダムに選ばれる「入口」を必ず確認して、そこから入るようにしてください。 入口は①砵典乍閘(ポッティンガー)、②行人天橋閘(フットブリッジ)、③奥卑利閘(オールドベイリー)、④藍閘(ブルー)、⑤紫荊樓閘(バウヒニアハウス)です。 ④とか⑤だと坂を上らないといけなかったり、遠回りになりますね・・・。 ◆とはいえ、あまり厳密ではない?◆ 実は訪問日に30分くらい早く到着してしまい、時間をもてあましていたのですが、ちょっと早いけど入口まで行って係りの人に「予約時間より早いのだけど入ってはいけませんか?」と聞いてみたら「いいよいいよ!」と言われました。 しかも入口も①砵典乍閘を指定されていたのに、②行人天橋閘から入ることができました(②行人天橋閘は下の写真です。ヒルサイドエスカレーターと直結しているので、一番行入りやすいんだよねー)。 早めに到着してしまったり、指定された入口とは別の入口から入るなど、とりあえずどうしよう?と思ったら係員さんに聞いてみるといいと思います。 だめなこともあると思いますのでご了承ください。 さて、長くなりましたがいよいよ中に入ります! 入口を入って大きく構えているのが『營房大樓』。警察官や軍曹の宿泊施設だったところです。レストランやショップがいくつか入っていました。 『營房大樓』の正面から入るといくつかのビルを抜けて敷地の奥のほうまで行けます。裏側も趣がありますね。 『B倉』にやってきました。牢屋だよー。ドキドキします。 こんな狭いところで生活するなんて、悪いことはしちゃだめですね。 部屋によって当時の監獄生活や労働の様子を見ることができました。人が多すぎて上手く写真撮れず~。 『監獄操場』は敷地の一番奥にあります。この後ろの壁、意外と低い?ここを乗り越えて脱獄した囚人はいないのだろうか・・・気になる。 この広場です。穏やかな空気が流れていて心地よい場所でしたが、ほんのちょっと前までここにいたのは一般人ではなく囚人だったと思うと感慨深いですね。 もういっちょ、監獄見学。『E倉』です。いくつも監獄があるので見比べるのもいいですよ。 先ほどの『B倉』に比べて個室が広い気がします。ここは左半分はちょっとした休憩スペースにリノベーションされていました。 『JC Contemporary』内にある「奥卑利」というレストラン。先日発売されたHanakoでも紹介されていたんです。本当は行きたかったけど時間がないので断念。次回は食事に来よう! 下まで降りて最後に『警察總部大樓』を見学します。ショップやレストランがいくつか入っていました。 お友達が大好きなヴィヴィアンタムが入ってた!結構品揃え良い感じでしたよ。 中区警察署の歴史コーナーがあったので入ってみました。 昔の警察官の食事風景?この模型が可愛かったのです。 昔の中区警察署。そうそう昔はこのブルーの窓枠だったの!!懐かしい!! リノベされて窓枠が普通の黒になったの、結構残念だったんだけどな。ブルーのほうがいい感じじゃないですか? 歴代の警官の制服が分かるノートみたいなの。この制服はもう最近ですよね。 壁にもいろいろと歴史が書かれています。なんかここを見てから奥まで行けばよかったかなぁ。最初に見るべきでした。 歴史的建造物を楽しむのもいいですが、アートイベントなども定期的に開催されています。 壁にこうしたイラストも描かれていたりして、こういうのも楽しめます。 ちょっと駆け足で見学してしまいましたが、とても警察や監獄だったとは思えないスペースになっていました。 こりゃ時間をかけてゆっくりみなきゃダメだなー。 気になるショップやレストラン、今回は行けなかったので次回は絶対行ってみようと思います。 【大館(Tai Kwun)】 住所:香港中環荷李活道10號 (10 Hollywood Road, Central) 開園時間:11:00-23:00 入場料:無料 *アプリか公式サイトで事前予約して、入場時はQRコード付きのパスが必要。 公式サイト:https://www.taikwun.hk/en/ 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  3. 少しブログをお休みさせていただきました! なかなか自分の好きなことだけをやっていくことが難しい日々ですが、可能な範囲で無理なく頑張ります。 時々パワフルに、時々ゆるりとなりますが、今後もお付き合いいただけると嬉しいです。 さてさて、ブログをお休みしていた間にお祝い事がありました。 父が古希を迎えたので美味しい食事をご馳走しようと思ったのですが、数あるレストランの中からチョイスしたのが銀座の【赤坂離宮】さんでした。 美味しい中華を味わうことが少ない父なので、私の大好きな美味しい広東料理を楽しんでもらいたいなという娘心でお店をチョイスしました。 今回はお祝い事だったので、お店の方に相談してお料理は少しアレンジしていただきました。通常はメニューにないものもありますが、相談次第では可能とのことです。ご了承ください。 父母も私もお酒は大好きなので、ビールの後に紹興酒をいただくことに! 父が「ザラメが欲しい」と言っていたのですが、お店の方に聞くと紹興酒にザラメや話梅(ワームイ/干し梅)を入れる習慣は、昔の紹興酒は薬臭かったので飲みやすくするために行ったとのこと。近年は飲みやすくて臭みの少ないものがほとんどなので、出来れば常温やロック、水割りで飲むと美味しいですよとのことでした。 なるほど!こういうお話も聞けるのは嬉しいですね。 ということで、私と父は常温でそのままいただきました! 前菜の焼味盛り合わせ。左には中華ピクルス、腸詰、クリスピーポーク、叉焼などなど。どれも美味しかったけど、真ん中にあるクラゲを湯葉で巻いたもの(多分)がすごく美味しかったのです。 点心は蝦餃、焼売、翡翠餃子の3点。翡翠餃子の中にもプリプリの海老が入っていました! みんなで美味しい!を連発! フカヒレスープ。ちょっとだけ。これくらいでいいんですよね。 イカとホタテの海鮮炒め。銀杏も入ってて中華と和の融合です。マコモダケや黄ニラも入っていました。 さっぱりした味付けで美味しかったです。 左上を見てくださいー!!!鶏ちゃんの頭がついてますー!!! お店の方がわざわざ頭付きで出してくださいました(笑)。 こちらのお料理は「陳菇雞」という鶏料理。伝統的な広東料理のひとつで香港でもこれを調理できる料理人はもうほとんどいらっしゃらないとのこと。 【赤坂離宮】さんの銀座店には日本でも有名な、香港人の焼き物師・梁がいらっしゃるので、タイミングがよければこのようなお料理も味わえるようです。メニューにはないものです。 鶏肉がとにかく柔らかくてジューシー!こんなに美味しい鶏料理は初めてかもしれません。とてもラッキーでした。 蒸し魚はカサゴです。こんなに大きなカサゴ、見たことない!! お魚大好きな父なのでこれはウマイウマイと味わっていました。 鹹魚(塩漬け魚)のスープ。母が「これは調味料は何を使っているのかしら?食べたことない味だけど美味しい!」と言っていたのですが、鹹魚だけで味付けはされていないとのこと。 私は鹹魚が大好きなので、日本でこれが食べられるのはとっても嬉しい! 鹹魚、もっと日本に広まって欲しいですね。 ちなみに鹹魚ってこれです。寒い時期になるとこうして売られています。 お祝いの席だからと鴛鴦炒飯を!右はトマトソース、左はクリームソースがかかっています。もうこれはさすがにお腹に入らず、打包(ダーバウ/持ち帰り)させてもらいました。 美味しかったよ!! 最後にスイーツを。6種類ある中、私と母はマンゴープリンをチョイス。マンゴーが濃くて美味しい!!! 夫は楊枝甘露をチョイス。香港じゃあまり食べないからマンゴー嫌いなのかと思っていたら、実は大好きなんだって。失礼しましたww 父がチョイスした紹興酒プリンが一番好みだったかも!!! 甘いミルクプリンの上に紹興酒のソースがかかっていて、これはとても美味しいですね。他にも杏仁豆腐、亀ゼリーなどあったのですがきっとどれも美味しかったと思う。 でも紹興酒プリンだけは他で見ないです!食べるチャンスがあれば是非オススメします!! あー、お腹一杯だねー!といっていたら、最後にだしてくださったのがこのプレート!! 思わず全員で「わーっ!」「おーっ!」と雄たけびをあげてしまいました! タルトとフルーツ、そしてお祝い事にはやはり桃饅頭!私の頭くらいある大きな桃ちゃん。 ジャンボ桃ちゃんをカパっと外すと、中にチビ桃ちゃんがwww。 中は蓮の実の餡と鹹蛋(塩漬け蛋の黄身)が入っていました!!!!! お腹、はちきれそうだったけど食べましたー!出来立てで美味しかった!!!! ちなみにジャンボ桃ちゃんは一応食べることは出来ますが、とりあえず飾りです。父が頭にかぶったら面白いなと思ったのですが、さすがにそれは出来ず(笑)。 美味しいものをたくさん食べられて、とてもいい思い出になりました。 シェフ、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。 主役の父も大絶賛してくれたし、母も夫も大満足してくれて、私もこちらのお店にして本当によかったと思いました。ご相談させていただいてよかった! もしかしたら、今、香港にいる?って錯覚してしまうほど、本場の広東料理を堪能しました。 ・・・来年は母が古希なのですが、もしかしたらまた・・・来年も・・・ここで開催してしまうかもしれない(笑)。 【赤坂離宮・銀座店】 住所:東京都中央区銀座6丁目8−7 交詢ビル 5F 営業時間: 月~土 11:30~15:00(L.O.)/17:30~22:00(L.O.)日・祝 11:30~16:00(L.O.)/16:00~20:30(L.O.) TEL:050-5869-0624 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  4. ここのところ、「あのお店閉店だって!」というニュースをすごく耳にします。 家賃の高騰、後継者不足などなど閉店の理由はさまざまですが、古く続いたお店も多く、なくなってしまうことが本当に悔やまれます。 これから年末年始で香港に行かれる方もいらっしゃると思いますので、閉店情報まとめました。 悲しすぎるぜー!! まずはこちらのお店。エッグロールで有名な【齒來香蛋卷】が11/28をもって閉店となります。いやいや、ちょっと待ってーなー!!あんなに美味しいエッグロールが食べられなくなっちゃうのかぃー!! この前、香港人の友人が来日したときにお土産でいただいてとても美味しかったの。また買いに行こうと思っていたのに・・・。ならばこの前、無理やり行くべきでした。 本当に残念です。 (openriceより引用)新蒲崗にある老舗レストラン【得龍大飯店】も11月中旬を持って閉店。openriceを見ると既に「結業(閉店)」となっております。 ちょっとちょっと、待ってーなー!行こう行こうと思いながら行けなかったお店。悲しすぎます・・・。 (openriceより引用) 湾仔の【永華麵家】は68年の歴史を持つ老舗麺のお店でした。8月末で閉店しちゃったよ・・・。すごく昔に行ったきりだったなぁ。 (openriceより引用)友達から聞いたホヤホヤの情報。上環の【源記甜品専家】も11月末で閉店してしまうらしいー!こちらもまだ行ってないよぉ!!もう悲しすぎる・・・。 尖沙咀の繁華街にひっそり佇む【海防道街市】。こちらは以前、ブログでもご紹介しましたが、リニューアルのため今月末で閉鎖となります。 この趣のある雰囲気はとうとうなくなってしまうのですね・・・。 リニューアル後はお店も全部戻ってくるのよね? 日本人には馴染みが深い銅鑼灣の【エクセルシオールホテル】。パッケージツアーのホテルになっていたこともあり、香港旅行で宿泊されたことがある方も多いと思います。残念ながら来年3月末で閉館となり、オフィスビルに生まれ変わるそうです。 ・・・ってことは、『Expresso』はどうなるの?ロードストーズのエッグタルトは香港で食べられなくなっちゃうの? 昨年、【インターコンチネンタルホテル】が【リージェントホテル】にリブランドされるというニュースがありましたね。 来年よりホテルは閉鎖となりリニューアルして2021年頃、【リージェントホテル】となって戻ってきます。【インターコンチネンタルホテル】という名前ではなくなってしまいます。 元々、私が住んでいた頃はインターコンチじゃなくてリージェントだったんですよね。 懐かしい感じがしますが、インターコンチがなくなるのも寂しいな。 閉館の日程は分かりませんが、友人が1月に宿泊するのでまだ大丈夫だと思います。 リニューアル中はレストランは営業しているようです。 「アベニュー・オブ・スターズ」の工事もそろそろ終わりそうだし、旧ニューワールドセンターも完成まであともう少し。 あの辺りもまた風景がガラっと変わりそうですね。 気になるお店(特に老舗)は行ける時に無理にでも行くべきですね。 結局行けずに閉店してしまったお店をいくつ見送ってしまったことか・・・。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  5. 香港2日目の朝、寝坊して朝ごはんどうしようかと湾仔方面をぶらぶら歩いていて見つけたのが【華星冰室】。 2010年にオープンした新しい茶餐廳で湾仔の他、旺角、上環など香港内に数店舗支店があります。芸能事務所が運営する茶餐廳なんだそうで、そういえば店内に芸能人のポスターとか貼ってあったなぁ。 こちらのお店、先日発売されたHanakoでも紹介されていましたね!! 行きたいお店のひとつだったので、早速入ってブランチすることにしました。 昔ながらの・・・ではなく新しい茶餐廳なので店内も綺麗だし、ローカルはちょっと・・・という方にはオススメです。 ボックス席のこの背もたれが可愛いー!黒板に書いたような感じでインスタ映えな店内です。 5分前まで、相席状態でここにご夫婦が座っていました。一人だと相席率が高い茶餐廳ですが、それもまた楽しい。 祝日だったのでお店は常に賑わっていました。地元の人も多いけど、中国人観光客らしき人も多かったな。あちらのガイドブックにも出てるのかしら? メニューはこんな感じ。物価高で茶餐廳も値上がりしていますが、ここは比較的安いのではないかと思います。 茶餐廳デビューするにはオススメのお店だけど、メニューは広東語のみです。写真も付いてないので、食べたいものは広東語で覚えておくといいですね。 まずは熱奶茶(香港式ミルクティー)。ここの奶茶、比較的滑らかで美味しかったな。私好みでした。この受け皿にこぼれている感も香港らしくていいね。 あまりお腹が空いていなかったので、菠蘿油(バター入りパイナップルパン)のみオーダーしました。 あれ?バター挟まってるの? あ、あった!恥ずかしがり屋のバターのようで、パンにすっぽり隠れておりましたww。 もうちょっと厚くて大きめなバターだったら嬉しかったなぁ。ちょっと残念。でも熱々で美味しかった。 香港にいるだけで胸がいっぱいになり、香港滞在中は比較的少食になってしまう私。特に一人旅だと食べない。 もっといろいろ食べたいのになぁ。胃袋3つくらい欲しいのに。 店内の壁もこんな黒板風になっていてとても可愛らしかったです。 店員さんも感じが良かったし、綺麗だし可愛いし、茶餐廳デビューするにはオススメのお店です。 あー、今度行ったらもっと食べよう! 【華星冰室】 住所:灣仔克街6號廣生行大廈地下B1號舖 (Shop B1, G/F, Kwong Sang Hong Building, 6 Heard Street, Wan Chai) 営業時間:7:00-23:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  6. 私の大好きなPMQ。『香港猿創』『bathe to basics』などなどお気に入りの香港土産がたくさんあるので、私のお気に入りスポットのひとつです。 滞在中、上環まで行く時間がない方に朗報!香港国際空港第二ターミナルにPMQの数店舗を集めたセレクトショップ【PMQ Select】が8月にオープンしました! 早速行ってきたのでご紹介しますね。 第二ターミナルは第一ターミナルから徒歩5分。AELで反対側に出れば、第二ターミナルに繋がっています。 第二ターミナルは主にLCC便で利用されますね。第一ターミナルに比べて人が少ないのでレストランも混んでいません。穴場!! ターミナル内をまっすぐ進むと左に見えます。結構大きな店舗です。 私が大好きな『香港猿創』さん。今年販売しているダックの抱き枕とエコバッグは相変わらず人気のようです。 最新のシリーズも定番シリーズもアクセサリーも品数豊富ですよ。ここのアクセサリーは本当にハズレがない!どれをとっても香港迷心をくすぐるものばかりです。 私も結構買ってますが、買っても買っても欲しいシリーズが出ちゃうんだもんなー。 最新作のライオンロックをデザインしたアクセサリーもオススメですよ。これからのシーズン、ニットにこういったハードなネックレスとか絶対いいと思う! こちらも大好きなオーガニックショップ『bathe to basics』、液体物はチェックインしてしまうと購入に躊躇してしまいますが、空港で別梱包サービスがありますので購入しても大丈夫です。 私も愛用中のルームフレグランス!寝室で使うといい香りなんだな。 アロマオイルもありますよ。香港製造なので安心して使えますね。 うちの夫はこちらの歯ブラシを愛用中。すごくいいんですって。今度私も買ってみようかな。 次はここでサングラスを買うと密かに狙っている『Absolute Vintage Eyewear』。実は訪問したときも散々迷ったのです。 (迷った挙句、『香港猿創』さんで指輪購入!) オシャレなサングラスが多いんですよねー。奥にあるのはルーペ。これもオシャレ! 香港風景のメガネ拭きはお土産にオススメです。私も2枚持っています。メガネをしていない人、スマホやタブレットにも使えますよ! メガネフレームで作ったかんざしかな?すっごくオシャレ!!!これで結うほど髪の毛にボリュームがないのが残念・・・。 ちょっとしたアクセサリーも可愛いです。メガネ、サングラス、ルーペ以外も可愛いものがたくさんありますよ! こちらもいつか買ってやろうと持っている『Chailie Ho』。ここの香港柄のスカーフがとっても素敵! 香港柄以外もあります。女性らしすぎず、現代的なデザインがとても好きです。 スカーフ類はちょっとお値段が張りますが、こちらならお土産に最適!『Chailie Ho』さんデザインのポストカードです。香港の風景ばかりでどれにしようか迷ってしまう! こちらのブランドは『Stars And Tart』というアニマルデザイングッズのお店です。 愛犬家、愛猫家の方にオススメ! うぅぅぅ、うちの愛猫に似てるぅぅ!かわゆいポシェットじゃないぁぁぁぁぁ! こちらは『Blind by JW』というブランドで、主に女性向けのバッグやアクセサリーやファッショングッズのお店なのですが、こちらの店舗ではこの動物のバッグやポーチなども売っています。 よく観てね、分かるかな? あれ?ウサたんが月餅食べてますよ!!!!!!!! あれれ?ニャンコが菠蘿包(パイナップルパン)に乗ってますよ!!!!!! あれれれ?西多士(香港式フレンチトースト)の上に寝ているのは誰ですか?? あれれれれ?これはクマたんと茶餐廳のミルクティー(テイクアウト用)ではないですか!!! 香港らしいものと動物がコラボしちゃっているデザインのポーチ、これは香港土産になるでしょう!!メチャクチャ可愛いです!!! 去年、【PMQ】ヒカリエにも出展した『FABcessaries』は絶対娘がいたら買ってあげたくなっちゃう可愛いアクセサリーがたくさん!! 私が若かったら、絶対買っちゃうな~。ポップで可愛いアクセサリーばかり。デザイナーさんも20代の若い女の子なのです。 香港迷のお父さん、娘さんのお土産にいがかですか?オススメしますよ!! 店内を回った動画があるのでアップしますね!説明しているのですが声が小さくなってしまったので聞き取りにくいかも~。 店内、結構大きいですよね!! 上環【PMQ】に行きそびれたらここに行けばいい!ちょっと早めに空港について、第二ターミナルをブラブラするのも楽しいと思います。 私が行ったときは、商品を購入したらプラス50HKDでキティかマイメロディのサングラスケースが購入できました。こちらは『Blind by JW』さんの商品です。 迷って買わなかったけど、キティ好きの友達に買ってあげるべきだったかな・・・ww。 最後の最後まで、空港でもショッピングできますね。 飛行機に乗る直線までお財布の紐が緩んでしまう・・・危険です!!! *行き方が分からない方、第一ターミナルからの行き方を「Bathe to Basic」さんのFBページで動画がアップされているのでご参考にしてくださいね。 【PMQ Select】 住所:Check-in Hall, Departures Level (L5) 営業時間:9:00-21:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  7. 私が香港に住んでいた頃は今のようにSNSやブログもないし、ガイドブックのオススメもあまりあてにならないものが多く、美味しいお店などは日本人仲間の口コミで情報収集していました。 当時、日本人駐在員に人気だったお店のひとつが銅鑼灣の【美味厨(Delicious Kitchen)】でした。 湾仔に同じ名前の海鮮レストランがありますが、あちらは英語名が異なりますし支店ではありませんので悪しからず。 銅鑼灣の【美味厨】は現在尖沙咀に支店があります。 上海料理のお店ですが、ここの排骨(パイコー)のせ菜っ葉ご飯がとても美味しくて、これだけを食べによく行きました。正直なところ、これ以外のメニューはほとんど食べたことがありません(笑)。 お店の入れ替わりの激しい香港で、20年近く経った今でもお店が存在しているのはとても嬉しいこと。 2005年に再渡航したときに久しぶりに訪問したのですが、それ以来、13年ぶりに訪問しました!お味は変わりないでしょうか? 何年か前にリノベーションされたのは知っていたのですが、とても小奇麗になりました。 2005年に再訪したときのお店。汚くはないけどシンプルな作りでローカルな雰囲気でした。これもこれで好きだったなー。 わー!メニューもすごく綺麗になってる!以前は写真なんて付いておらず、漢字で料理をイメージして、イメージと違うものが出てきたりしました(笑)。写真付きなら広東語が分からなくてもオーダーしやすいですよね。 メニュー、めっちゃ分かりやすい!食欲をそそるなぁ・・・。 これがお目当ての『排骨菜飯』。お店のオススメ看板メニューです。 何かが特別美味しいというわけではないかもしれないけど(私は美味しいと思うのですが)、香港時代にいろんな友達と食べに来たので私にとっては思い出の味です。 揚げワンタン『炸雲呑』はサクサクで美味しかったー!これはビールが飲みたくなるなー。 『咸肉津白』は白菜と中華ハムのスープ炒め。中華ハムの味がいいねー。美味しかったよぉ。 本当はビールが飲みたかったのですが、この後、イベントに行く予定だったので豆乳で! 私、豆腐は大好きなのですが豆乳はちょっと苦手なんです。 ここの『豆漿』、美味しかった!え?豆乳ってこんなに美味しいの?甘くてこれならいくらでも飲めちゃう!! 13年ぶりの感想としては・・・変わらない~!!!でした。 尖沙咀には何年か前に支店が出来たのですが、銅鑼灣のほうが美味しいと評判です。できれば銅鑼灣店で味わって欲しいな。 店内もすごく賑わっていたし、とにかく綺麗になっていてびっくりww。 昔はコンクリート打ちっぱなしに白いペンキを塗っただけの壁に、メニューが貼ってあるだけだったんだもんww。 ローカル感はなくなったけど、ビギナーさんでも入りやすいお店だと思います。 あー、満足。あの頃一緒に訪問した駐在の友達たち。もうどこにいるか分からない人がほとんどだけど、一緒に味わったあの頃を思い出しながら美味しくいただきました。 【美味厨】 住所:銅鑼灣Fashion Walk加寧街9-11號地下B舖 (Shop B, G/F, 9-11 Cleveland Street, Fashion Walk, Causeway Bay) 営業時間:11:00-23:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  8. 香港のローカルスーパーはどうして何度行っても飽きないのでしょう? 私はシティスーパーよりもウェルカムやパークンといったローカルスーパーを巡るのが好き! (住んでいたときはもっぱらシティスーパーでしたけどねw) 行くたびに新しい発見があったり、寄ったお店で品揃えが違ったりするので本当に飽きない!ローカルスーパー見つけちゃうとすぐ入ってしまいます。 今回の香港で新しいアイテムを発見したのですが(恐らく今まで見落としていた可能性大)、これがすこぶるいいので皆様にオススメします。 【太古(Taikoo)】とうメーカーをご存知でしょうか? 香港島東にある日本人の多い街・太古ではありませんw。 お砂糖ブランドの【太古】。おうちで香港料理を作るために、香港に行くとお砂糖を買って帰ったりするのですが、今回はこのブランドが出している『紅棗茶』を発見!!!!! 棗(ナツメ)は女性の身体にとてもいいもの。毎日3粒ナツメを摂取する歳を取らないと中国では言われています。 冷え、むくみ、美肌、老化防止などなど女性には嬉しいキーワードがたくさん! 実は昨年、婦人系疾患を患った私はなるべく棗を摂取するようにしているので、棗アンテナが立っていたのかも! さて、どんなお味でしょう? 箱の中には個装タイプの袋が8つ入っています。これはばら撒きに打ってつけじゃないですか?1袋13g入っているので結構しっかり入っている感じ。 中身は乾燥棗をカットしたものと砂糖のみ。この砂糖っていうのが黒糖っぽい。黒糖が好きな人は絶対好きだと思う! お湯を注いで出来上がり。乾燥棗が浮いていますが細かくカットされているので飲むと一緒に身体に入っていきます。 マグカップ1杯分ですが結構甘いので、大きめのマグカップで飲んでもいいと思います。 これ、美味しい!!!私はめちゃくちゃ気に入りました!もっと買ってくればよかったよー! 黒糖生姜茶の生姜が棗と入れ替わったバージョンみたいな?ww 早速会社にストックしてチビチビと飲んでいます。 これから寒くなるので温かいものが飲みたくなるし、美味しくて中にアンチエイジング効果のある棗が入っているなんて一石二鳥じゃないですか? いやー、これはもう毎回必ず買うマストバイアイテムに決定!!!!!! 私はウェルカムで買いましたが1箱23.9HKDでした。 皆様も見つけたら是非購入してみてくださいね!!! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  9. 飲茶は基本的に朝から昼に味わうもので、夜は食べられないのよ~!と説明していたのはもう昔のことになりつつあります。 基本的には早朝から午後15時くらいまでに楽しむ飲茶、最近は点心専門店が増えているので朝でも昼でも夜でも夜中でも点心を楽しむことができます。 たくさん増えた点心専門店の中で、ずっと気になっていた【點點心】に行って来ました。 香港内に数店舗あるチェーン店、お手軽に点心が楽しめるので香港一人旅の人でも入りやすいです! 実はね、最初この向かいにある茶餐廳に行く予定だったの。でも朝から営業しているはずなのに行ったら掃除してて、オバチャンに「今日は休みよ」って言われて・・・。 どうしたもんかと徘徊して目の前にあったので入った次第ですw。 実は香港旅行中に一人で飲茶することってほとんどなくて、結構久しぶりのボッチ飲茶です。 私が入ったときは2組くらいしかいなかったのに、食べている間にどんどんお客さんが入ってきました。お隣には香港に住んでいるカナダ人とその友達を訪ねて遊びに来たカナダ人のお友達コンビ(ちょっと話しかけてしまったww)。 二人とも大柄な男性でタトゥーだらけー!なのに点心たくさんオーダーして食べてました。大きな身体で蒸篭からお箸で点心をつまんでいるギャップに萌えてしまいました。お友達、お茶は苦手だったようでコーラ頼んでましたww。 可愛い豚ちゃんのイラストが~。台北にも進出したそうです。日本にも欲しいね、こういうお手頃点心専門店がさ。 オーダー式です。広東語以外に日本語でも明記されていますのでビギナーさんでもオーダーしやすいと思います。ただ、写真はないので悪しからず! 裏をひっくり返したらこちらは英語メニューです。 お茶は予めテーブルにポットが置かれています。中身は普洱茶でした。 飲茶のマストアイテム、『蝦餃』は絶対頼むでしょ!なーんとなく気持ち小ぶりな気がしました。一人飲茶だとこのサイズのほうがありがたい! もうひとつを悩んで悩んで悩みぬいて『蘿蔔糕』にしたのですがこれがハズレ。ベチャベチャで美味しくなかった・・・焼き方に問題があったんだろうなぁ。残念でした。 ちょっと甘いものも入れたいので『馬拉糕』をチョイスしました。これが大正解!香ばしくてホワホワで美味しかったよーん!これはもう少しサイズ大きめでもよかったかもww。 もう1品追加するか悩んだのですが、胃腸が疲れていたのでこれだけで。『蘿蔔糕』の失敗で心が折れていたという説もありますが・・・(笑)。 オーダーしたらすぐに出てくるのでチャチャっと食べられます。飲茶はオーダーが通るのがゆっくりなところも多く、急いでいると落ち着かないのですが、こういう専門店ならすぐに点心が出てくるのでいいですね。 お会計はこちら。お茶代4HKDを含めて合計76HKD。1,000円ちょっと。お値段もお手頃。 ちなみに香港に【點點心】と【點點心點心】というお店があるんだけど、系列店なのかなぁと気になっています。次は【點點心點心】のほうに行ってみようかな(笑)。 このお店、24時くらいまで営業してるの。 (湾仔店は24時まで、佐敦店は25時、旺角店は26時) 夜遅くにちょっと小腹が空いたな、点心つまみたいなと思ったときに足を運ぶのもいいですよね。 あ、もちろんアルコールは置いてませんので悪しからず。 飲茶は大勢でワイワイと食べるのが大好きだけど、こうした専門店で一人でサクっと食べるのもいいですね。 また利用してみようと思います! 【點點心】 住所:灣仔天樂里7號地下 (G/F, 7 Tin Lok Lane,, Wan Chai) 営業時間:10:00-24:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  10. あー、すっかり風邪を引いてしまいました。月曜から咽頭炎で寝込んでしまいました。急に冷え込んできましたねぇ、乾燥もしてきたし、皆様もご注意ください。 1ヶ月前じゃなくてよかった・・・と思ってしまう私。だったら香港行けなかったよぉ。 2015年夏に3年ぶりに香港へ渡航した際に、エアコンで冷えて最終日に熱を出して寝込んでしまったせいか、香港に行くときは必要以上に風邪薬、頭痛薬、胃薬などの常備薬を持参するようになりました。 今のところ、滞在中にそれらを使うほど体調を崩すことはありませんが、香港滞在中に体調が悪くなってしまって、常備薬をうっかり忘れてしまったり、飲みきってしまうといささか不安になりますよね? 日本のものは香港でもたくさん売っていますが、薬だけはそうもいかない!日本の薬は売ってない! そんなとき、香港でどんな薬を買えば良いのか?どんな漢方を飲めばいいのか?私の経験からまとめてみました。 発熱を伴った頭痛や即効性を求めるならばこの辺りの風邪薬がオススメです。 【必理痛(パナドール)】は少し強めの風邪薬。結構効きます。日本で言うところのパブロンとかあの辺りの風邪薬って感じかな。上の段はお湯に溶かして飲む薬、下の段が解熱剤です。 その隣の【幸福傷風痛(コルタリン)】という風邪薬も同じくらいの効果があります。 どちらの薬もワトソンズやマニングスなどのドラッグストアの他にもセブンイレブンでも購入が可能です。 ちなみに【必理痛(パナドール)】は酷い頭痛や生理痛のときはこちらを買うと良いと思います。 発熱を伴った体調不良や我慢が出来ない場合は、香港でお医者さんにかかることをオススメします。 日本語が通じるクリニックや病院は費用が高くなりますが、自分の症状を正しく伝えるためにも、私のように語学に自信がない方は以下の病院を覚えておくと良いと思います。 <日本語が通じるクリニック> ・香港アドベンティスト病院 ・EMC香港日本人クリニック(24時間対応) ・Dr.リサ・チャンクリニック さて、ちょっと具合が悪いかも?日本からちょっと風邪気味だったよのね?程度ならば大丈夫!これ以上悪化させないためにも涼茶舗で漢方を飲みましょう! 街中を歩けばこういうスタンドが必ずあります。体調不良のときはこういうところで英気を養いましょう。 『感冒茶』は風邪薬。葛根湯です。風邪の引き始めでもいいし、引いてから飲んでもいいんです。グビっと飲みましょう。体が温まります。 元気を出したいときは苦いけど『廿四茶』もオススメ。24種類の漢方や薬草が入ったお茶です。解熱作用、発汗作用、デトックスなどたくさんの効果あり。食べすぎたときにもオススメ。 涼茶舗で漢方を試してみたいけど、苦いのは嫌だなぁ・・・といういう方には『五花茶』がオススメ。砂糖で味付けしているので甘くて飲みやすいです。 ジュースかと思うほどの美味しさですが体の熱を取ったり胃腸の働きをよくする他、便秘にも効果アリ。 私のような喘息さんには肺を潤して咳を止めてくれるような漢方ドリンクがオススメ。 これは【鴻福堂】でかった「川貝百合」ドリンク。美味しそうに見えませんが甘みがあってとても飲みやすいです。これ、私本当に効くんですよね。咳が止まるの。 MTR構内にお店を出していることが多いお店です。 今年1月の渡航時に香港人友人に教えてもらって以来、すっかり我が家の常備薬となっている【北京同仁堂】のシリーズ。 真ん中の2つは特にお気に入り。どちらもお湯に溶かして飲むのですが『感冒止咳』は五花茶のような甘さで飲みやすく解けやすい、隣の『感冒葛根湯』はまぁとにかくお湯に溶けない(笑)。スプーンで何度も何度もかき混ぜながら飲みます。苦いです。 ホテルにポットがあれば買って帰って寝る前に飲むと効果アリです。 【北京同仁堂】のお店以外でもマニングスで売っています。他のドラッグストアでもあるかも。 香港お土産マストアイテムの【念慈菴】シリーズの葛根湯もいいですよ。こちらも必ずお湯で溶かして飲んでくださいね。粉のまま飲むのはかなりツライですよww←経験した人。 咳が止まらないならばこのシリーズ。左は瓶入りシロップ、スティックタイプ、無糖タイプ(今回初めて見ました)、子供用咳止めスティックタイプ。 私もこのスティックはバッグにいつも忍ばせています。 喉が痛いときはこちらもいいそうです。 こちらも我が家の常備薬【西瓜霜】、スイカパウダーですが、我が家は主に口内炎で使用中。喉が痛いときも効果あるとは友達から効いていますが、スイカパウダーを喉に上手く噴射できる自信がなく、絶対むせてしまいそうでwww。 ドラッグストアやコンビニに行けばのど飴もたくさん種類があります。しっかりと喉を潤してくださいね。 漢方などでいろいろ摂取するのもいいのですが、食べるものにも気をつけてください。 喉が痛ければ辛いものや揚げ物を控えること、冷たいものは控えて体を中から温めること。アルコールは控えること。そして滞在中は決してムリをしないこと。 せっかく来たのにもったいない~という気持ちはとーってもよく分かりますが、また元気になって来ればいい!そのときまたリベンジすればいい! 香港は逃げませんー! 私もまだ咳が出るので、香港で買ってきた常備薬を使いつつ体を冷やさないように気をつけて治します~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  11. 朝起きて、シャワー浴びて、とりあえずご飯でも食べるか・・・とお店に入ったのだけど何となく食欲もなくて、元気なんだけど気力がない。せっかく香港にいるのに、このやる気のなさはなんなんだろう。 今回の香港滞在3日目、この時点で既にお昼でした。 行きたいところはあるけど無理したくないなぁ、こんなときはどうしよう?なんか身体にいいことしたいな。あ、そうだ!久しぶりに足ツボマッサージでも行ってみよう! ということで、本当に思いついて行った足ツボマッサージ。 普段、香港で足ツボに行かないのでこの辺りの情報が全くない!そういえば銅鑼灣のそごう裏にいくつかあったな。 とスマホでさささっと近くにある足ツボマッサージを探して、入ってみたのがこちらでした。6年ぶりの足ツボマッサージです。 【足美健】というお店。実はこのお店にたどり着くまでに街中にいくつか足ツボがあったし、そちらのほうが安かったのだけど(45分98HKDとか)、安かろう悪かろうじゃ嫌だなと思って、もう少しお金を出してもいいから本当にリフレッシュできそうなところを探しました。 【足美健】は45分168HKDでした。さて、効果のほどはいかがなものか? そごう裏の金利文廣場(リッチモンドプラザ)というビルの8Fにあります。 ビル内には他にもマッサージのお店があったけど、ザ・足ツボ!的な雰囲気がよかったのでココに決めました。 煌びやかな入り口。すみません、すべてiPhoneで撮影のため微妙にブレ気味。カメラを出す気力すらなかったんだと想像してくださいww。 受付で「フットマッサージ」と言うとおじさんが案内してくれました。すごく感じの良い英語の上手なおじさんでした。 店内は広すぎず狭すぎず。ちょっと薄暗い感じ。席数はそんなに多くない。そして静か。私の他に、欧米人のご夫婦が足ツボしていました。 ソファの上に大きなタオルが敷いてあってこの上に座ります。 足ツボ図もちゃんと貼ってあります。でも全然足裏痛くなかったなぁ。健康なのかなぁww 席に座ると白湯を出してくれました。しっかり飲んで毒素出すぞ! 最初はフットバス。温かくて気持ちいい!これから太い太い足をお見せします。大変お見苦しいとは思いますがお許しください~。 さぁ、マッサージの始まり。普段来ないくせに結構楽しんでしまいました。 香港人男性のマッサージ師さん。とても物静かな方で逆にそれがリラックス出来たかも。 アレコレ話しかけられたら疲れている頭が余計疲れちゃう感じだったし。 足裏はそんなにグイグイ押してこなかったかな。もうちょっと強くやってもらってもよかった感じ。でも気持ちいい。私、寝ちゃいましたよww 足ツボマッサージって大体ふくらはぎくらいまでやってくれるものなのですが、ここはひざ上の腿の辺りまでグっと押してくれました。これが気持ちよかったの。足裏よりふくらはぎと腿のマッサージのほうが痛気持ちよかった~。 結構念入りにマッサージしてくれます。45分?本当に?60分やってなかった?と思うくらい。 物静かな方だったので会話が弾みませんでしたが(笑)、痛い、気持ちいいというのは伝えました。伝えると「そうですか」という感じで柔らかい微笑み光線を送ってくれました。なんか逆に癒されるんだけど! ちなみに・・・ 足ツボマッサージなどで使える広東語 ◆痛い ⇒ 痛(トン) すごく痛い ⇒ 好痛(ホウトン) ◆気持ちいい ⇒ 舒服(シューフ) すごく気持ちいい ⇒ 好舒服(ホウシューフ) この4つを覚えておけば便利かも! 終わる頃に「もう45分経つからマッサージは終わるけど、このふくらはぎの外側をしっかり自分でマッサージしたらむくみが取れますよ。やってみてね。」的なアドバイスもらいました。 優しいじゃないかぁ、香港紳士! 私も「とてもリラックスできたよ!どうもありがとう」とお礼を言いました。 静かな空間で静かにマッサージ。ゆっくり出来たからよかったな。 終わったら足も軽いし、なんだか体も軽い!お腹も空いたぞ! どこか行こうかと思ったけど無理は禁物なので、このあと温かいスイーツを食べて銅鑼灣徘徊してホテルに戻りました。 思いがけずよかったなー。 銅鑼灣で足ツボに行くならオススメです! 【足美健】 住所:銅鑼灣謝斐道490-498號 金利文廣場8字樓 (8F, Richmond Plaza, 490-498 Jaffe Road, Causeway Bay) 営業時間: 料金:足ツボ45分/168HKD、全身45分/238HKD、角質ケア/198HKD (2018年9月現在の料金です) 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  12. 香港便のフライトではなるべく香港映画を観るようにします。 香港映画は日本で上映しないものが多いですからね。観られるチャンスがあるときは観る! 今回、私はANAで行きましたが機内で『我的情敵女婿(A Beautiful Moment)』という映画を鑑賞しました。 2018年のお正月映画だった作品です。お正月映画は「賀歲片」と言います。 香港では毎年旧正月に合わせて「賀歲片」が上映されます。 大体はみんなが知っているスターが出演して、笑いあり、恋愛あり、人情ありといった娯楽映画。日本で言うところの寅さん映画みたいな感じかな。 ストーリーは・・・ 精神科医の鍾嘉寶(カリーナ・ラウ)は2人の娘を持つ母親。下の娘ヤンヤン(ミシェル・ワイ)が結婚したいと連れてきた相手は、かつての恋人、梁華生(サイモン・ヤム)だった・・・。という母親と娘と三角関係になる(?)ラブコメディ。 カリーナとサイモンは25年ぶりの共演だとか!サイモン・ヤム、大好きなんだ!!『PTU』からのファンです!!! 私、カリーナのInstagramフォローしてます!この人、どんどん綺麗になってない? 50歳超えたよね?身体もすごく締まってるし肌も綺麗。美魔女化してる!! サイモン・ヤムもおっちゃんになったなぁと思うけど、やっぱりカッコいい。香港人のカッコいいおっちゃん! 二人が昔を思い出しながら一夜だけデートするシーン。トラム120号に乗ってます!香港の街を歩いていると、こういう撮影シーンに出くわすチャンスがあるからワクワクしますね。 (一度も遭遇したことないけどさ・・・) 2人が若い頃によくデートで使っていたお店という設定で出たのが、私がお気に入りの茶餐廳だった! 思わず「うわっ!あそこじゃんっ!!!」って心の中ではしゃいでしまいました。 湾仔の『德如茶餐廳』は2年前に偶然見つけたお店ですが、香港式ミルクティーが絶品です!!この前行けばよかったー。行きのフライトでこの映画を観ていたら、滞在中に絶対行ったのに!! (鑑賞したのは帰国便でした・・・とほほ) ◆湾仔の路地裏で絶品ミルクティー発見!~ 德如茶餐廳(2016/2/29記事) https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/02/blog-post_29.html (Record Chinaより引用) こんな感じで撮影したんですねぇ・・・。 そしてお正月映画の醍醐味は出演者。本当にいろんなスターがチョイ出演するんです。何人知っているスターが出演しているでしょうね。 私が大好きなニコラス・ツェのお父様、謝賢(パトリック・ツェ)も出演してました! もう82歳なんですね。久々の映画出演のようですが、今回はギャンブラー役だよー。 これまた私が大好きな女優、羅蘭(ローラン)さんも!上品なおばあちゃんから下町のおばあちゃんまで演じられる、でもとても素敵な女優さん。日本で言うと・・・草笛光子さんのような女優さんだろうか。「桃さんのしあわせ」にも出演していました。 歌手の容祖兒(ジョイ・ヨン)も出演!彼女ももうアラフォーなんですねぇ。 と、これだけではありませんが、あちこちに「あれ?この人観たことある!」なスターがワサワサと出演しています。 映画の予告編はこちら! 映画自体はテンポが速くて、笑いが盛りだくさん。ストーリー性よりも娯楽重視なのでそのあたりはご了承を。それでもやっぱり楽しめるのがお正月映画です。まだDVD化されていないようですが、またゆっくり観たいなぁ。 香港映画ってさ、知ってる風景がたくさんでそれだけでも嬉しいのに、行ったことあるお店が映っていたりすると余計にテンションあがりますよね。 香港便のフライトは香港映画を観るべしべし! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  13. 今回の渡航は中秋節の香港を楽しむことが一番の目的だったのですが、中秋節当日に渡航した私に思いがけないお誘いが舞い込んで来ました!! 香港人の大親友Yとは別日にディナーの約束をしていたのだけど、「中秋節当日は予定あるの?兄弟たち家族とレストランを予約しているのだけど、よかったら香織ちゃんも来ない?」とのこと。 友達とは20年のお付き合い。こんな家族の場に参加できるなんて滅多にないぞ! 弟家族や甥っ子たちもよく知っているので、お言葉に甘えて参加させていただくことにしました。 中秋節は香港人にとって、旧正月と同じくらい大切な日だそうで、家族で過ごすことを大切にする人たちもとても多いのです。 大埔に住む友達と九龍塘で待ち合わせして、それまでに用事を済ませようとしたのだけど、友達から「仕事が早く終わったよ」と連絡あり。 そうだ!中秋節は会社も早く終わるのです。15時で退勤してしまった友達に合わせると早すぎるので、私は別でMTRで大埔に行くことに。 それでも銅鑼灣を徘徊していると、早上がりの人たちでバスも大行列!どのバス停も100人以上は並んでます・・・。これじゃいつまで待ってもバスに乗れそうにないなと思った私は、用事を別の日にしてバスではなくMTRで大埔まで行くことにしました。 銅鑼灣から紅磡までバスですぐなのだけど、どのバス停もすごい人でいつ乗れるかわからないし、トンネルも混雑してそうなのでMTRを乗り継ぐことに。 金鐘駅は朝のラッシュ並みの人で大混雑です。 九龍塘で東鐵線に乗り換えるまでもすごい列でした!!やっとの思いで大埔に到着。 香港時代に何度も通過したけど、下車するのは初めて。 今日は大埔に住む友人の家の近くのレストランでディナーです。 今回は友達が予約などの仕切りをしたそうで、このレストランは婚礼専門のレストラン。 20名近く集まるので個室を借りたそうです。こちらは大人のテーブル。 もうひとつのテーブルは子供専用。奥に麻雀卓もあるし、カラオケもある! 義妹さんがカラオケ好きだそうで、ひっきりなしに兄弟で歌っていました。香港映画は好きだけど、歌手は疎い私なのですごく勉強になった! 同世代なので知ってる歌手ばかりww 友達は6人兄弟の2番目(姉、友達、弟3人、妹)。ご両親はもう他界してしまったのだけど、兄弟はみんな仲良し。友達以外は結婚して子供がいるけど、友達は末弟家族と同居しています。 香港時代にも会ったことがある末弟さん家族とは今夏東京で会ったし、真ん中の弟さんの息子さんは日本語が上手で日本にもよく来るし、コンサートチケットをよく取ってあげました。上の弟さんの息子さんも日本のアニメが大好きで、今回頼まれていたものを買っていったところ。 兄弟の皆さんも私が参加することを喜んでくださって、お姉さんは私にお土産買って来てくださったり(いただいた蝶々パイが絶品!)、Google翻訳で一生懸命会話してくださったり。 みんな私を気遣ってくれて優しいの。本当に仲の良い兄弟なんだなと思いました。それぞれのご主人やお嫁さんもとてもいい人。子供もいい子ばかり。 「うちの兄弟は特別仲がいいと思う」って友達がいつも言ってるけど、天国のご両親も安心してるよね、絶対。 末弟の奥さんが私のためにと買っておいてくれた月餅。 『美心』が今年発売した「流心奶黃(とろけるカスタード)」月餅は大人気で発売されると同時にあちこちですぐ売り切れてしまったとか。 実は私も食べたいなぁと思っていたのです。友達も知らなかったようで「義妹が香織ちゃんに月餅買ってるの!すごく人気のやつ!嬉しくて言っちゃったけど、渡されたら聞かなかったふりしてね」とww。もちろん、演技しましたよww。 分かるかな?本当に中がとろーりとした黄身だったんです。甘すぎなくてすごく美味しかった!こんな月餅初めて!来年も売って欲しい!! さて、食事に話を戻しますね。 宴の食事は予め決まっていました。おいくらか分かりませんが、結構豪華な食事だったことは確かです・・・。 最初に運ばれてきたのは豚ちゃーん!! 『鴻運當頭乳豬全體』は子豚の丸焼き。香港ではお祝い事に欠かせない料理です。皮がパリパリで美味しいのですー。 次に出てきたのはロブスター!『上湯焗加拿大龍蝦』は茹で蒸ししたロブスターに上湯を加えてとろみをつけたもの。下には伊麺がひいてありました。 大きなホタテと野菜の蒸し物。『富貴珊瑚翡玉帶』とうメニューだと思います。上湯の味が付いていてブロッコリーはシャキシャキで美味しかった! カニ爪みたいなこのお料理は『黄金百花醸蟹拑』は縁起のよいオレンジに形を見立てたのかな?蟹肉ぎっしりでぷりっぷりでした。こんなの食べたことない! フカヒレスープもありますよー。 『紅燒龍皇雞絲生翅』は鶏肉の細切りとふかひれのスープ。右にある赤いソースみたいなのは酢です。これをかけていただくと美味しいの。 ぎょー!アワビも出てきた!! 『碧緑金銭扣原隻鮑魚』は弾力のある鮑と大きな冬茹。贅沢すぎる! まだまだ終わらないよー! 『清蒸沙巴龍躉斑』は蒸し魚。石斑魚(セッパンユー)は海鮮料理店でもよく食べますよね。このタレをご飯にのせて食べたいねん! 出たよー!頭付きの鶏ちゃんー! 「日本では鶏料理に頭は付いてこないのよ」とみんなに説明する私w。 『當紅脆皮炸子鶏』は皮をパリパリに焼いた鶏ちゃん。大好き! そろそろお腹が限界だぞ!!! チマキの『糯米鶏』が出てきたけど、お腹にスペースがないww うぉー!饅頭も出てきたー!せっかくなので恐る恐るいただく。美味しいっ!!!けどお腹が限界!!!あまったのでホテルに持ち帰ることにしました。 中に鹹蛋(タマゴの黄身の塩漬け)が入っていたよ。月餅と同じだね。美味しかった! もうお腹が限界を超えていますが、コレを食べなきゃ中秋節がしまらない!!! 丸いお団子『湯圓』はお正月や中秋節、結婚式などお祝い事には欠かせない料理。家族が円満でありますようにと願いをこめていただく伝統的なもの。 友達一族が円満でありますように(もちろん私の家族も!)願いをこめていただきました。 中にはゴマがたくさん入ってたよー。 家族を大切にする香港人に、こうした家族の場にご招待していただいたのはとても光栄でした。普通に旅行しただけでは味わえない体験、プライスレスな時間を過ごすことが出来ました。 友達と友達の兄弟たち、家族の皆さんに心より感謝です。 私も彼らが日本に来たときは精一杯もてなしたいと思いますが、その前に・・・もうちょっと広東語が出来ないとだめだな(笑)。 ここ1年くらいサボっていたら急激にヒアリング力が落ちてるようなので、もっと真面目にやろうと思います。頑張れ、私ー!!! もっと香港を楽しむために!もっと香港人の皆さんと交流するために! 中秋節の香港で・その②もお楽しみに! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  14. *ブログデザイン変更中のため、見づらいかもしれませんが今しばらくお待ちください* 2000年当時、私が住んでいた頃の【深水埗(サムソイポー)】と言えば、洋服や手芸用品の問屋街で、日本人なんて全くいなかったし、暗くなると治安が悪くなるので一人で行くなら暗くなる前に帰りなさい!と教えてもらっていました。どちらかというと観光客が足を踏み入れる場所ではありませんでした。 住んでいた当時はよくビーズアクセサリーや部品を買いに行ったり、自分が住んでいた太古とは雰囲気も違って楽しく、一人で行ってはよく徘徊したものでした。 それがどうでしょう!! 一昨年行ったときは、日曜日にイスラム系のアマさんでごった返しているではありませんか!昔は日曜は問屋も閉まっているので閑散としていたのに、この賑わいはなに! ◆日曜日の深水埗街歩き(2017/1/10記事) https://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/01/blog-post_10.html そしてグルメスポットにもなって、美味しいお店がたくさん!! あぁ、住んでいた当時にこのグルメ情報は知りたかったですわ・・・。 そして今年、香港政府観光局さんがイチオシしてパンフレットを出しているではないかぁ!!! このようなポスターをあちこちで見かけました。 一躍メジャースポットとなった深水埗、今回、太子寄りの深水埗をちょっと散策したのでご紹介しますね。 テクテク歩いてやってきたのが【春生雷堂】。建物は1931年に建てられたもので数年前に階層。一級歴史建築として歴史的建造物に指定されています。 ここは元々は薬局。上の階には九巴(九龍バス)の創始者が住んでいたそうです。 現在はリノベーションされて、「中醫藥保健中心(簡単に言うと漢方薬博物館のような感じ)」になっており、漢方の歴史が楽しめます。涼茶も飲めるみたいですね。 本当はここを見たかったのですが、祝日だったのでお休みでした。またリベンジしよう。 祝日とあって問屋街は静かでした。深水埗寄りだともっと賑やかなのでしょうが、本当に問屋街にいたので住民しかいません。 Googleマップで徘徊していて見つけた奇妙な建物。これお寺なの?と香港人の友人に聞いたら、ビル型の墓地なんだそうです。 【龍慶堂】というこの建物は1931年に設立され、1981年に現在の6階建てに増築されたそうです。さすがに中に入るわけにはいかないので外から見るだけ。 土地不足の香港はお墓問題もあるようです。日本では1族が1つのお墓に入りますが、香港では1人が1つのお墓に入るのだとか。 それじゃいくつあっても足りないですよね。 その近くにあったこちらのビル。一昨年くらいに話題になっていましたね。ただのビルなのですが、こんなカラフルな色に!!この辺りはローカルなエリアで比較的低層階のビルが多いので一際目立ちます。 ここってどこなの?行ってみたい!と思っている方も多いですよね。 Googleマップのリンクを張っておきますので場所を参考にしてください。 https://goo.gl/maps/6F8iAgQwoYK2 縦で撮影しないと全部入りきらない~! 何か有名なビルってわけでもなく、普通に人が住んでいる建物になります。撮影は控えめにね。 問屋街で閑散としている中、このお店だけ欧米人でとても賑わっていました! 入ろうとしたのだけど、狭い店内にたくさん人がいたので諦めた私・・・。Googleマップだと以前はボタン屋さんだったようですね。 ちょっとオシャレなアジアテイストの生活雑貨が置いてありました。欧米人の人が多かった。 店名、失念!すみません! 路地裏を撮影されている写真家・柴田誠さんを真似て、ちょっと路地裏も撮影してみました。誰もいない静かな路地裏です。 乾物屋さんで見つけた猫ちゃんー!!! 実は今回の香港滞在で猫を見つけたのはここだけなんです。ホテルのある銅鑼灣付近は猫いなかったもんなぁ。 推定3ヶ月、オス猫。店員さんにニャーニャーとじゃれていて、私に気づくと近づいてきてスリスリしてくれました。なんて人懐っこいの!!! うちの愛猫の弟に迎えたいっ!!! 深水埗駅周辺は何度となく徘徊していますが、太子寄りのほうはなかなか来ることがありませんでした。 低層階の建物が多くひしめいていますが、ここにもそのうち開発の手が伸びてくるのでしょうか・・・。 本当は気になって行きたかった茶餐廳もあったのですが、お休みばかり。この辺りを楽しむならば平日に訪れたほうが良さそうです。 昔、「香港でお気に入りの場所はどこ?」と聞かれたら真っ先に【深水埗】と即答していた私。 知っている風景がどんどん変わっていきますが、それでも私の中で【深水埗】は今でもお気に入りの場所のひとつです。 あ、そうそう。【深水埗】に行くならばここはマストです。 香港で有名なお菓子企業「嘉頓(Garden)」のビル。嘉頓のお菓子やグッズが買える他、ギャラリーやカフェ、レストランも併設されています。 こちらは来年には建て替えが決まったようです。行くなら今のうちです! (どうしてこうあれこれ壊してしまうのか・・・悲しい) 【深水埗】はローカルな雰囲気を残しつつ、多くの露店が立ち並び、新旧の美味しいお店が多くある場所です。 街歩きするにはオススメのスポットですよ! 行かれるならば、お昼以降に行ったほうが露店が営業しています。朝早く行ってもお店は開いてないのでご注意です。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  15. *ブログデザイン変更中で見づらいかもしれませんが、今しばらくお待ちください* 私が愛してやまない香港の海鮮料理。 実は今回の渡航で海鮮料理を食べに行くタイミングがなく悶々としていたのですが、そうだ!東京にも香港の海鮮料理が食べられるお店があるじゃないかっ!!! と思い立って行って来ましたよー。 【喜記】は香港の銅鑼灣付近に数店舗お店を構える海鮮料理専門店。「避風塘料理」といって、避風塘(タイフーンシェルター)と言われる水上生活していた人たちが船の上で作っていた料理。 私は香港のお店はまだ行ったことないのですが、美味しくて人気のお店なので間違いない! 銀座にオープンして10月5日で1周年でした。ずっと来たかったのにタイミングを逃していたなんて・・・。 ランチタイムは近隣のオフィスの方々で混雑しています。 1,000円くらいでいただけるお得なランチセットもありますが、今日は海鮮を堪能したいのでランチコース。香港の海鮮料理を味わうコースで2,800円です。 前菜はキクラゲ、叉焼、奥のほうに白切鶏がありました。白切鶏うまーい! じゃーん!いきなり出てきたのが『ホタテの春雨蒸し』。春雨にたっぷりホタテエキスが染み込んでいてガーリックもたっぷりでたまらん!香港で大好きなメニューのひとつ。 もちろん汁までいただきました。 大きなホタテはカットされていたので食べやすかったです。 『大海老の香港醤油炒め』。海老は殻まで食べられます。香ばしくて醤油味も濃すぎず。そしてネギがシャキシャキで美味しい!ネギ嫌いなのに美味しくいただいちゃいました。 これは・・・ビールが飲みたくなるwww。 『季節のお野菜』は蝦醤炒め!この葉物はなんだろうか・・・。ヤウマーチョイかな?メチャクチャ美味しかったよぉー。 蝦醤買ってきてこういうの作りたい(絶対同じ味にはならないけどw)。 お肉もちょっと食べたくて、追加でいただいたのがこちら。 (コースには含まれていませんので悪しからず) お任せしてしまったのですが「豚スペアリブの豆豉蒸し」だと思います。ちょっとピリ辛。これも美味しかったー。 焼きそばと炒飯が選べるので、炒飯をチョイス。この辺りでお腹が満腹で、半分は打包(持ち帰り)させていただきました。パラパラっとしていてシンプルな味付けにホッとします。 『本日のデザート』はミルクプリンでした。シンプルなミルクプリンにたーっぷりの花奶(エバミルク)!!!!!!めーっちゃ好みの味!これ、バケツで食べたいwww。 デザートはタイミングによってマンゴープリンや他のデザートになるそうです。 東京でこんなに美味しい避風塘料理が味わえるなんて大満足!お値段に見合った、いやそれ以上の満足度でした~。もっと早く来ればよかったよぉ。 料理長の蔡さんは30年前に日本に来られたとのこと。笑顔が素敵な蔡さんと広東語でお話したのも楽しかったです。香港から帰ってきたばかりだけど、もう香港に帰りたい!! じゃーん!【喜記】と言えばコレ!お店オリジナルのガーリックチップが香港でも販売されていて、以前はシティスーパーやAEONでも購入出来ました(最近はあまり見かけないんですが)。 これ、東京でも買えますよー。【喜記】ファンの方にはたまらないと思います。 そして1周年記念ということで、11月30日まで1周年記念コースがあります。 車海老、タラバガニ、ホタテ、ロブスターなど海鮮料理が存分に楽しめる期間限定特別メニュー。絶対お得です! メチャクチャ癒されました~。 ディナータイムはアワビやフカヒレなど高級メニューもあります。 もちろん、避風塘料理には欠かせない「避風塘炒蟹」もあるので今度は夜に来ようかな。 香港人が作る香港の海鮮料理、是非是非一度味わってみてください。私、また近々別の友達と行く予定www。 【喜記】 住所:東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル 2F 電話番号:050-5594-5109 営業時間:平日 ランチ11:30-15:00、ディナー17:30-23:00 土日祝 ランチ11:30-15:00、ディナー17:30-22:00 *ランチメニューは平日限定 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
×