Jump to content
All About Hong Kong

香港ウンチク話

Members
  • Content count

    320
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

0 Neutral

About 香港ウンチク話

  • Rank
    Advanced Member
  1. 日本でも古くから愛されている日清「出前一丁」ですが、香港では日本以上に香港市民の味として親しまれています。香港では「チョッチンヤッテン」といいます。 香港土産の定番として「出前一丁」とあがることがありますが、香港に行ったことがない人にとっては何のこっちゃ?ですよね。 香港で「出前一丁」がどれだけ市民権を得ているのか、まとめてみますね。 まず、スーパーに行けばこんなにたくさんの種類の味があります。日本で販売しているのは左上の赤いパッケージだけですよね? 海鮮味、XO醤味といった香港らしいものに加え、日本のラーメンが大好きな香港人にウケるトンコツ味や醤油味など合計16種類近くあるんです。 1つずつバラで購入できるので、お友達に面白いお土産としてもいいかな? お友達にお土産でもらった、最新作の出前一丁は韓国の辛ラーメンに似てます。あれより麺が太いです。 カップタイプもあります。こちら、最近リニューアルして清仔(出前一丁坊や)のイラストが大きくなっています。 どんぶりサイズもありますよ。とにかく値段が安い!3つで20HKD(300円弱)ですもん! 香港らしくマカロニもあります。マカロニは香港の朝ごはんの定番です。 写真がないのだけど、棒タイプのラーメンやビーフンもあります。 旧正月が近くなると、旧正月バージョンのパッケージでお年玉袋(利是袋)が付いたお得パックも限定販売されます。 湾仔を歩いていて見つけた、出前一丁デザインの茶餐廳!店内はいたって普通のようですが、店頭に清仔ファミリーのイラストふんだんで入りたくなる! まだ行っていないですが、紅磡に出前一丁グッズが展示されている茶餐廳があります。 香港式出前一丁を食べたければ茶餐廳へ! スパムやハム、目玉焼きをのせたシンプルなもの、トマトやサテで味付けたもの、鶏肉をのせた汁なしなどバリエーションがとにかく豊富!こんな調理法、日本にはないですよ~。初めて見たときはかるーくカルチャーショックでした(笑)。 私は写真の『沙嗲牛肉』が好き。これはマカロニで食べても美味しいけど、やっぱ出前一丁だよねー。 朝ごはんなどセットとして、置いてあることが多いです。 出前一丁とパンとタマゴとハム、そして奶茶。香港人は朝からしっかり食べます! そういえば、空港内の【翠華】で出前一丁の焼きそばもあったなww 香港国際空港第2ターミナルにあるこちらでは、オリジナル出前一丁が作れるほか・・・。 グッズも販売しています。日本では売っていないグッズがたくさんー! 私も買いました!なかでもワッペンが気に入ってます~。 銅鑼灣で見つけたので思わずパシャリ。 こちらのカフェバー『辦館 LOF10』では出前一丁使ったメニューがありますよ的な広告。オシャレなカフェバーにも浸透している出前一丁!すごいでしょ? 今年は創業50周年ということで、こんなCMが流れています。 子供の頃は「インスタントラーメンなんて身体に悪い!」と母に食べさせてもらえなかった反動か、大人になってから時々だけど無性に食べたくなる出前一丁。 こんなにたくさん種類があるなら、香港で買ってきてもいいし、茶餐廳で食べてみたいな?と思いませんか? あー、食べたくなった。次の香港で絶対食べよ! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  2. 香港に関する質問の中で「オススメのホテルはどこですか?」とよく聞かれます。 快適に香港滞在を過ごすためにも、ホテル選びは大事! 近年はどんどんホテル代も高騰している香港だからこそ、安くていいホテルを見つけたい! 最近、私は一人旅と二人旅の両方楽しむようにしているので、単身で、家族で香港に行かれる方にアドバイスが出来たらいいなぁと思います。 まず、ホテル選びのお話を。 私は特に高級ホテルに泊まりたいというセレブリティな願望はありません(いや、泊まれるものなら泊まってみたいけどお財布がね・・・w)。かといって、一応女性一人で泊まることを考えるとホステルに泊まる勇気はないw。 ある程度の清潔感と最低限の設備(ベッドとシャワーと冷蔵庫)があれば、あとは値段に応じてホテルを決める感じです。 二人旅ならばフリーのパッケージツアーでなるべくホテルが確定しているものをチョイスします。格安だと旅行直前にホテルが決まるし、郊外のホテルになると動きづらいのが難点。私が引率するわけだし(笑)。少しでも楽な中心地のホテルがいいかな。 先にホテルが決まっていたほうが、安心して旅行の予定が立てられますしね。 一人旅ならばホテルサイトでにらめっこ。大体1泊1万円前後に設定して、あとは口コミ評価が高いもの、設備がある程度整っているところをチョイス。 この時点で、場所は設定しないんです。だっていろんなところに泊まりたい!それぞれエリアに特徴があって楽しいもん。いろんなところ泊まったけど「ここはもう来なくていいや」ってエリアはありませんよー。 家族で行くならば古くからあるホテルを選ぶのがオススメです。建物の作りがしっかりしていて壁が厚いので隣の音が気になりません。部屋も広いところが多いです。リノベーションしていれば古いホテルでも問題なし! 最近はオシャレなブティックホテルが増えていますが、新しいと比較的壁が薄く客室も狭いところが多いです。 さて、ではここ数年で泊まったホテルをご紹介します。 メリット・デメリットも敢えて書きますのでご参考になれば! ちなみに2015年から香港通いを再開して以来、ほとんどエリアには泊まっていないよww ◆ゲートウェイホテル(Gateway Hotel) 尖沙咀◆ 近年で泊まった中では一番綺麗で素晴らしかったホテル。マルコポーロホテル系列で、ハーバーシティの真ん中くらいにあります。 雨が降ってもハーバーシティと直結しているからショッピングもレストランも問題なし! 客室も壁がしっかりしているので隣の音なんて全く聞こえず。そしてネスレが設置されてるし、フリースマホもある! シニア夫婦だったりファミリーで訪れる人にはイチオシのホテルです。 こんなホテルに一人で泊まったのが悔やまれる・・・夫とか友達とかと泊まるべきだったわ・・・。 私が滞在したときがたまたまなのかもしれませんが、大陸の観光客がすごく多かった・・・。ロビーがあまり広くないので、チェックアウトは少し早めにやってしまったほうがよいと思います。 <過去のホテル滞在記事> ◆尖沙咀・ゲートウェイホテルに泊まってみた! https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/02/blog-post.html ◆Attitude on Granville 尖沙咀◆ 2016年にオープンしたばかりのホテル。尖沙咀の人気レストラン「Yum Cha」の上にあるホテル。 もうここはホテル内がいちいち可愛いっ!!!!!! 部屋の壁にイラストが描かれていたり、トイレには可愛いタイルだし、アメニティも可愛い香港雑貨だし・・・。 そして立地が最高!尖沙咀のど真ん中にあるんだもん。便利で仕方ないでしょ! こちらのホテルは女の子同士とか若いカップルさんで使って欲しいかな~。 ホテル付近にはショップもレストランもたくさんあるし、夜遊びしても大丈夫! 私が宿泊したのは一番広い「スタジオスイート」という部屋でした。 <過去のホテル滞在記事> ◆女子旅にオススメ!大人可愛いブティックホテルオープン!~Attitude on Granville@尖沙咀 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/11/attitude-on-granville.html ◆パンダホテル(Panda Hotel) 荃灣◆ 昔から格安ツアーのホテルとして有名なパンダホテル。OL時代に会社の先輩がよく泊まっていたのもパンダホテルwww。 なので名前だけは知っていたけど、荃灣なんて遠いなぁ・・・と思っていました。 たまたま香港人友人ご仕事の関係で女性限定フロアの予約が取れることになり、さらには出発2週間前にプロモーションが始まって部屋の値段がグンっと下がったのは嬉しい話。 大陸の観光客が多いですが、女性専用フロアに泊まる女性は少ないのか、賑やかなロビーとは比べ物にならないくらい穏やかなフロアでした。 客室もパンダとかアヒルとか女性っぽい演出。荃灣の街はショッピングモールもあるし、レストランも多いし何も困りません。ここだけでも滞在が楽しめる~。 ただ、尖沙咀まではMTRで40分くらい、MTR荃灣駅までは徒歩10分くらいと中心地で遊びたい人にはちょっと遠いかも。 ホテルから尖沙咀に1時間おきにシャトルバス(宿泊客は無料)が出ているので、それを使えば20分くらいで行けちゃいます。予約して利用すると便利ですよ。 荃灣探検のためにまた泊まりたいと思うくらい。 香港ディズニーランドが近いので子連れファミリーさんとかいいかもね! <過去のホテル滞在記事> ◆レディース限定フロアがある穴場ホテル~パンダホテル@荃灣 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2015/09/blog-post_21.html ◆ハーバープラザ8ディグリース 土瓜湾◆ パッケージツアーで泊まったホテル。こじんまりとしたツインだけどスーツケースを広げるくらいのスペースはあります。 ハーバープラザ系列なので悪くない。シングルベッドがちょっと小さめなので大柄の男性にはちょっと厳しいかもしれませんが、女性なら特に問題ありません。 ホテル周辺は市場があったりスーパーがあったり。ちょっとあるくとローカルな飲食店がたくさんあるので何も困らないかな。 ただ、現時点ではココまでの交通網がバスしかないので、初香港の人は不便かもしれませんね。もう少ししたらMTRの新駅が近くに出来るのでそうなったら便利になるかな? 尖沙咀までタクシーで50HKDくらいです。 フロントの装飾が8度傾いているのでガン見すると酔いますからご注意を(笑)。 今はなき、てるみくらぶの格安ツアーで行ったので値段の割にはちゃんとしたホテルでした! 可もなく不可もなく、また泊まることがあればそれもいいかなと思う感じ。 <過去のホテル滞在記事> ◆なぜか8度傾いているホテル~ハーバープラザ8ディグリース@土瓜湾 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/06/88.html ◆リーガルオリエンタルホテル 九龍城◆ 今年1月に人生3度目のリーガルオリエンタルホテル滞在。過去2階は最初から高層階で特に問題はなかったのだけど、今回に限って低層階。別に低層階でもいいのですが、カビ臭い・・・・。どうしても我慢できずにフロントに交渉して10階の部屋に変えてもらいまし た。低層階は通気口からカビの臭いが流れてきます。部屋の掃除も行き届いていない感じで、今回は残念な滞在でした。 前はそんなこと感じなかったけどなぁ。恐らくもうココに泊まることはないかなと思います。残念だけど。 今回は九龍城を満喫したかったのでこちらに泊まりましたが、そういう目的がなければわざわざ泊まることもないかな。MTR駅もちょっと距離がありますしね。 来年にはMTR新駅が開通する予定だから、ホテル代がさらに値上がるかしら?恐らく近隣にホテルが増えるんじゃないかと予想しております。 <過去のホテル滞在記事> ◆九龍城に宿泊しました~リーガリオリエンタルホテル@九龍城 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2018/02/blog-post_26.html ◆ホーミーインセントラル 上環◆ セントラルと言いながらも立地は上環ですが・・・w。 カミングアウトします。実はこのホテル、私が初めてホテルサイトで検索して予約を取ったホテルですwww。いつも友達に頼んだり手配してくれることが多かったので、自分で探して・・・というのがココが初めてでした! MTR上環駅がすぐだったので移動がしやすいなと思ったこと、乾物を買いたかったので乾物街に泊まりたかったこと、そして何より値段が安かったことで即決してしまいました。 最初、見たときはシングルルーム4,000円台。でも窓なしだからこの値段ならもっとグレードを上げよう!と思って、一人滞在なのにツインを予約。時期も安かったのか1泊7,000円くらいでした。 結果的に、ツインでよかった。逆にツインに二人泊まったら狭かった。そんな広さでした。 ベッドはひとつだけ使って、使っていないベッドにはスーツケースを広げていました。 バスルーム、トイレがとてもミニマムだったので完全に女性向き。男性だと窮屈かも。 フロントスタッフはとても感じがいいし、掃除も行き届いているし、この値段でこれはコスパ高いと思いました。 ただ、別の時期に友達が宿泊したときは目の前が工事中で日中うるさかったとのこと・・・。 ここのホテルはまた泊まりたいと思っています。尖沙咀と北角にも同じグループのホテルがあるけど、セントラルの方が広い感じです。 ただ、宿泊した一昨年に比べ、既に価格が上がってますね・・・。ホテル代、まだまだ高騰するんかな・・・。 <過去のホテル滞在記事> ◆乾物街のオススメホテル~ホーミーホテルセントラル@上環 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/06/blog-post_12.html 年内にも香港に行ってくるので、またひとつご紹介できるホテルが増えると思います。 いろいろ参考になれば嬉しいです! さて、次はどこに泊まるでしょうか??? お楽しみに! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  3. モンスターマンションのブームから、日本のみならず世界のミュージシャンがミュージックビデオ(MV)を香港で撮影しているのをよく見かけます。 (現在、モンスターマンションの撮影は禁止。事前に許可が必要です) 気になっているミュージシャンもいれば、MVを見たことがきっかけで好きになっちゃうミュージシャンもいます。私、暇さえあればYoutubeでいろいろ検索しているのですが、そんな、香港で撮影されたMVをまとめてみました。 過去に撮影されたものもご紹介します~。 ◆Mondo Grosso / ラビリンス◆ 記憶に新しいのが女優・満島ひかりさんをボーカルに起用したMondo Grossoの「ラビリンス」。オープニングがモンスターマンションから始まり、餐廳の中に入ったら今度は油麻地・男人街へ出て、最後に深水埗・鴨寮街へ。 さすが元Folder!ダンスはお手の物。観光地ではない香港の風景が魅力的で「これはどこ?」とネットで話題になりましたよね。 ◆クレイジーケンバンド / 香港的士◆(動画は一部のみ) ボーカルの横山剣さんは香港迷としても有名。「香港グランプリ」という曲もありますが、2016年に発売された「香港的士」は私も大好きな曲! 歌詞の中で「ウォーアイニー我愛你」と普通語で歌っているのが残念ですがwww。 ◆Vamps / The Jolly Roger◆ L'Arc〜en〜CielのHydeが参加するロックユニットVampsも香港で撮影。昨年活動休止しちゃいましたね。ジャンク船で演奏しているのは似合ってる! ◆セレイナ・アン / Love&Sweet◆ 2016年に日テレ「ZIP」の朝のコーナー「青空キャラバン」に出演していたセレイナちゃん。可愛くて歌も上手くて売れるといいなぁと母心で観ておりましたww。 そんな彼女が初めて海外でプロモーション撮影したのが香港~。 若くて可愛い女の子が香港の風景でより一層可愛く見える!! ◆Han-Kun / 無問題◆ 私が去年から激ハマリのMV!!!Han-Kunは湘南乃風のメンバーなんですねぇ。 ジャッキー・チェン映画のエンディングのメイキングっぽいつくりなんです。ジャッキーが出てるよ!!!と途中まで本気で思ってましたよww。ものまねタレントのジャッキーちゃん!大好きです! 歌詞も頭に残って離れない~!「一家に一台、無問題」ってwwww ◆Alan Walker / Sing Me To Sleep◆ 海外アーティストもよく撮影しています! ノルウェーで活躍する音楽ディレクター、アラン・ウォーカー。弱冠20歳ながら世界的に活躍しています。一度は彼の曲は聞いたことある人も多いのでは?私も大好きなのです。 モンスターマンションや営業前の旺角辺りでアジアの混沌とした雰囲気が出てるし、中環での撮影は近代的な雰囲気が出てるし。素敵です。 ◆Iggy Azalea / Mo Bounce◆ オーストラリア出身の女性ラッパーIggyも香港で撮影してる!! 香港の風景にダイナマイトボディが映える~。ヒップが一番印象に残るかもww 踊っている小さな女の子が可愛い! ◆Gallant x Tablo x Eric Nam / Cave me in◆ アメリカのR&BシンガーのGallantと韓国のシンガーTablo、Ericとのコラボ作。 Gallantの甘い声がすごく好き。シャレオツなMVに仕上がってるなぁ。 韓国のMVでも香港で撮影されたものがたくさんあります。 ◆Akcent / Dilemma◆ ルーマニアの音楽グループ、Akcent。知らなかったグループだけどさ、ルーマニアとか世界のミュージシャンが香港でMV撮影してるってすごいね~。 さて、ココからは懐かしいMVです。 ●浜崎あゆみ / fated● 浜崎さん、この作品と「glitter」は香港で撮影しています。そして両作品とも、ショーン・ユー(余文楽)が相手役で出演してるのー!!!!!! なんか・・・悔しいww 私のショーン! ●Gackt / Another World● 2002年にリリースされたこちらの曲。ちょっと前の香港が見られます。MV内に今は無き熱狗巴士(ホットドックバス)が走ってるよ~。 ●B'z / Home● 1998年にリリースされた曲なので、ちょうど私が香港に住むことが決まった頃の香港。返還直後の香港で撮影されたんですね。途中、ビルの上を飛行機が通る風景があるけど、既に九龍城砦は取り壊されているから、その近くのビルの上で撮影されたのかな? いちいち懐かしいシーンが多くて見入ってしまいます! (YoutubeのB'z公式サイトではMVが全部公開されていません・・・) ●The Police / So Lonely● 1978年リリース!このMVは日本の地下鉄構内と香港の街中で撮影されています。中盤で信号機ではなく有人で交通整理してるところが撮影されてますが、これってペニンシュラ前かな?1978年頃にまだこれがあったと考えるととても興味深い! まだまだたーっくさん、香港で撮影されたMVがありますが、個人的なお気に入りも含めて一部をご紹介しました。 youtubeの私のページでは「香港で撮影したMV」というライブラリ内にこれらのMVや他に見つけたMVがたくさん入っています。よかったら見てね~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  4. 香港スイーツと言えば、マンゴープリンやエッグタルトが思い浮かぶ人が多いでしょう。 香港はフルーツを使ったスイーツも多いですが、香港人が好きなのはお汁粉系のスイーツなんです。 お汁粉系は温かいものと冷たいものがあるし、お汁粉というと甘いイメージがありますが素材の甘みを生かしたものが多く、甘すぎないので大好きです。 私はお汁粉系の中でもクルミのお汁粉「合桃糊」が大好き!香港スイーツで好きな3大スイーツのひとつです(他は楊枝甘露、雞蛋仔)。 油麻地で香港人の友達と火鍋を食べて、スイーツでも食べようということになって、この近くに何かないか・・・と思って見つけたのが【合桃緣】でした。 何の前情報もなく入ったお店で、こんなところに?って感じだったのですが美味しくて、帰国して調べたら『香港魂』さんのBlogで昨年紹介されてたんですね! ずっと屋台で営業していて、お客さんのサポートで最近店舗を構えたお店だったそうです。 そう思うと余計感慨深い~!!! ◆逃げ続ける伝説のデザート屋台~合桃緣(香港魂さん記事) https://hongkongsoul.blogspot.com/2017/10/blog-post_13.html メニューはとてもシンプルです。 楊枝甘露が売り切れでしたが、売り切れてなかったら食べちゃってたかも(^^;) お店の名前にクルミを意味する「合桃」が入っていたので、やっぱクルミのお汁粉がオススメなのかな?と思ってオーダーしました。 『合桃糊』濃厚~!甘すぎなくて美味しい~!ドロっとしていてビジュアル的にイケてないかもしれませんが、味は保障します!! 一緒に行った母は『杏仁糊』を。杏仁のお汁粉です。こちらも甘すぎなくていい感じ。「こんなスイーツ、日本にはないわね」って喜んでた。どちらも温かい「熱」にしたので、体が温まります。 スイーツ店には必ず香港スイーツ男子!「甘いものは苦手」な男性が当たり前で育ってしまったので(父と弟がスイーツがダメ)、香港に住み始めて男の子のグループが牛乳プリンをほおばっていたり、奶茶を飲む香港オジサマを目の当たりにしたときは衝撃でしたww。甘いものが苦手なうちの男どもが異色だったんですねww。 こんなビルの谷間にあって大丈夫なの?と心配でしたが、『香港魂』さんのBlogを拝見すると、上水から通う常連さんもいるとのことで安心しました。 この火鍋屋さんの向かいのビルの通路をズイズイと入っていくと、左にポツっとお店があります。 Googleマップで見つけて行ったのですが、位置が微妙にズレているのでご注意! 住所は旺角ですが、油麻地寄りです。MTR油麻地駅から行くほうが近いです。 予断ですが・・・。 『合桃糊』が大好きな私が一番美味しいと思ったお店は土瓜湾にあった「滿口福火鍋菜館」というお店。 香港人の友達がオーナーさんとお友達ってことで一度連れて行ってもらったんだけど、海鮮料理も半端なく美味しかったし、最後に出してくれたオーナー手作りの『合桃糊』がメチャクチャ美味しかったんです! トロみ具合とか、甘さとかもう全てが好みすぎてお代わりしちゃったんですよ、私ww。残念ながらお店は閉店しちゃったので、もうママさんの『合桃糊』は味わえないんだよなぁ。コレを超える味になかなか出会えません。 【合桃緣】 住所:旺角廣華街1號仁安大廈32D號舖地下 (G/F, Shop 32D, Yan on Building, 1 Kwong Wa Street, Mong Kok) 営業時間:15:00-24:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  5. 先日、香港ドル紙幣の新しいデザインが発表されました。 今年末から導入が開始される予定とのことですが、新しい紙幣のデザインのご紹介も含め、香港ドル札のお話をちょっとさせていただきますね。 ①香港ドル紙幣は6種類! 10、20、50、100、500、1,000ドルの6種類です。 お札の色がそれぞれ分かれていて、10(紫)、20(青)、50(緑)、100(赤)、500(茶)、1,000(黄)です。 ちなみに1,000ドル札は滅多にお目にかかれませんww。両替してくれない商店も多いので、両替時に混ざっていたら500ドル札に換えてもらったほうが便利です。 ②香港ドル紙幣は3つの銀行が発行している! 日本は紙幣は日本銀行のみが発行しているので、お札の種類は1種類のみですが、香港は3つの銀行(香港上海銀行、中国銀行、スタンダードチャータード銀行)が発行しているので、同じ金額のお札でも3種類のデザインがあるんです。 日本の日銀のように中央銀行が存在していないからこんなことになっちゃってるらしいです。 この写真を見比べると分かると思いますが、左からスタンダートチャータード銀行、香港上海銀行、中国銀行発行の20ドル札です。 色は各銀行統一されていますが、デザインが違うのが分かりますね。 現在の紙幣は香港上海銀行は獅子のデザイン、中国銀行は中環にある銀行ビルのデザイン、スタンダードチャータード銀行は縁起物がデザインされています。 ③10ドル札だけは別格! 10ドル札は過去に上記の3行から発行していたのですが、現在は香港政府が発行しています。10ドル札だけ香港政府発行!ネット検索すると「香港ドル紙幣は15種類」と書いてありますが、この10ドル札は含まれてないんですよ・・。 私が住んでいた頃は10ドルコインが主流でしたが、2002年に紫の紙幣が発行、2007年にはプラスチック紙幣で透かしが出来ました。 このプラスチック紙幣がなんかオモチャのお札みたいで違和感ですww。 上が2002年に発行された10ドル札。麻で出来た紙幣だそうです。 下が2007年に発行された新10ドル札。透かしが出来てプラスチック製(ポリマー紙幣)になりました。プラスチックなだけに手で千切ることは出来ません。これが一番流通しているかもしれません。 ちなみに、一番左上の緑の10ドル札は1992年に香港上海銀行から発行されたものです。我が家の家宝ww。 ④英国領土時代の紙幣を見つけたら保管すべし! 現在は紙幣の色が金額でしっかり分かれていますが、イギリス領土時代の紙幣は今と異なる色をしていました。 50ドル札は紫、20ドル札は香港上海銀行がピンクっぽく、スタンダードチャータード銀行が黄色っぽい色。 私が住んでいた頃、20ドル札は中国銀行だけが青で他行は色が違ったので、色だけで金額を区別するのに最初は慣れませんでした。 もし、香港でこれらの色の紙幣を見つけたら使わずに保存しておくといいかもしれないですね。 ちなみにワタクシ、この紫の旧50ドル札を手にしたにも関わらず、いつの間にか使ってしまってすっごく後悔しております・・・。どこで使ったのか・・・覚えてない・・・。 ふーん、そうなのか。香港ドル紙幣って興味深いなぁ・・・と思っていただいたところで、今回発表された新しい紙幣のデザインをご紹介します。 (香港新浪サイトより引用) 新しい紙幣は裏面が縦型のデザインになっています。これはすごく斬新! デザインには香港の文化を取り入れて3行共通のデザインとなっているようです。 20ドル・・・飲茶 50ドル・・・蝶(香港に生息している3種の蝶らしい) 100ドル・・・広東オペラ(粤劇) 500ドル・・・香港ジオパーク(西貢にある地質公園) 1,000ドル・・・国際金融都市香港 紙幣デザインを紹介したニュース動画がありますので、よかったらどうぞ~。 500、1,000ドル札は今年末より、20、50、100ドル札は2019年より導入される予定だそうです。 新しいデザインに香港人の反応は賛否両論のようですが、私は早く新しい紙幣を手にとってみたいな~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  6. 時々、香港に初めて行かれる方や何度か足を運んでいる人に聞かれること。 「ビクトリアピークって行ったほうがいいですか?」「夜景は絶対観るべき?」 人それぞれの趣味趣向もありますので、一概に「絶対行くべき」「行かなくてもいい」と個人的には言い切れないのですが、すこーしだけぶっちゃけてメリットデメリットを話すのもいいかな?と思いました。 よく聞かれる質問、ちょっとまとめました。 ◆ビクトリアピークは行くべき?◆ 100万ドルの夜景が一望できるスポットとして、香港では定番の観光スポット。 しかし、意外にも「行ったことがない」という声もよく聞きます。 実際、香港ビギナーの我が母も未体験。「いつか行けたら」と消極的。これはピークに行くよりお買いものしたい!美味しいものを食べたい!という欲が勝っているのですが・・・(笑) <メリット> ・夜景だけでなく、昼間でも香港を一望出来るので気持ちがよい。 ・天気がいい日は新界方面までよく見える。 <デメリット> ・ピークトラムは常に混雑、週末や夜は特に混雑し、乗車まで1-2時間ということも。 ・天候によっては夜景が綺麗に見えないこともある。 私が住んでいた2000年頃に比べ、観光客が増えているのかいつも混んでいるピークトラム。私は行きはバス、帰りはピークトラムのパターンが多いのですが、8年前に久しぶりに行ったときにピークトラムに乗るのに40分かかりました・・・。別の友達は2時間待ったらしいので、まだマシなほうかも。 特に週末と夜景がきれいな時間帯は混雑必須! セントラルスターフェリー乗り場から15番バスで山頂まで行けますが、意外とこれも混雑。 そして天候に左右されますね・・・。登ったはいいけど、空気がきれいでないと景色も夜景もきれいに観えないし。 <行くならば・・・> 行き帰りはバス、日中であれば帰り徒歩という手段もあり。 当日の天気や空気の状況を見て判断することをおすすめします。行けたらラッキーくらいな感じで! また、KKDAYなどで予めチケットを買っておいて、ピークトラムに優先乗車できるようにしておくのもいいですよ。 <KKDAY/香港ピークトラム優先乗車券セットチケット金~日> https://www.kkday.com/ja/product/2322 ◆シンフォニーオブライツは見るべき?◆ 毎晩20時に香港島と九龍サイドの一部がライトアップされる光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」。 香港と言えば夜景ですから、綺麗な夜景がさらにアップするこのショーは一度は見て欲しいと思いますが、一度見たらもういいよねという声もチラチラ・・・。 <メリット> ・普段の夜景がさらに綺麗になるショー。レーザービームやネオンがキラキラするので大人はもちろん、お子さんも楽しめる! ・毎晩開催しているので滞在中何度も見ることができる。 <デメリット> ・20時というご飯時にショーが見えるスポットに行かなければいけない。 私は初香港の友達は一緒に連れて行くし、初めての人にもオススメします。1回見たらあとは個人の判断にお任せ。 また見たければ見ればいいし、1回見て満足したならそれでいいし。 個人的には4-5回見ましたが、最後に見たのは8年前です(笑)。それ以降、初香港の友達を引率していない、20時という時間に尖沙咀プロムナード付近に行くタイミングがないというのが理由かな。ちょうどご飯食べてることが多いんですよね・・・20時ってww。 <行くならば・・・> 早めに晩ごはんを済ませるか、ショーが終わってからご飯を食べるのが一番いい。 また、ショーが見えるレストランで食事をするのもあり! 時期によってはプロジェクションマッピングなどもやっているので見る価値はありますよ! ◆ペニンシュラでアフタヌーンティはダメ?◆ 写真はペニンシュラじゃなくて系列のレパルスベイのアフタヌーンティですが・・・。 香港に行ったらアフタヌーンティはオススメ。 日本だと敷居が高い感じがするけど、香港は街中のあちこちに高級ホテルがあるし、旅の記念にちょっと優雅に過ごすのも楽しいですよね。 オススメはたくさんあるけれども日本人にとにかく人気なのがペニンシュラホテル。 アフタヌーンティの王道と言ってもいいのかな? 先日、家族旅行した上司も念願のペニンシュラでアフタヌーンティしてきたそうです。 でも中には「ペニンシュラはちょっとね・・・」という声も聞きます。それはなぜ? <メリット> ・香港でも歴史のある高級ホテルでのアフタヌーンティはテンションがあがる! <デメリット> ・時々日本人観光客が行列を作っていて異国感がうせる。 ・タイミングによっては並ぶ。 ペニンシュラがダメなんじゃないんです。 ペニンシュラが日本人に人気過ぎて日本人が多くて、異国感がちょっと薄れてしまうと思う人もいるんだと思います。ここでアフタヌーンティは未体験ですがカフェ利用は何度かしました。やはり日本人が多くて内緒話が出来なかったり(笑)。でもこれはペニンシュラに限ったことではないかなと思います。 格式高いホテルなので1度はここでアフタヌーンティを味わってみたいと常々思っています。 ちなみに私のオススメはインターコンチとマンダリンです。旧リッツも好きだったけど、新リッツはまだ行っていないのでそっちも試したいな。 ペニンシュラはずっとあるホテルだから、いつか行けるとついつい後回しになっちゃうね。 <行くならば・・・> スムーズに入るためには事前に予約しておいたほうがベターです。 これはペニンシュラに限らずどこでも同じ。ちなみにインターコンチは予約不可なので開始時間に行かなければ並んでしまいます。 ◆オープントップバスツアーは申し込むべき?◆ 香港と言えば二階建てバスから尖沙咀~旺角あたりの彌敦道を看板をスレスレの位置で通るスリリングなバスツアーが昔は有名でしたが、今もこれを体験したい人は多いと思います。 でも「ツアーで申し込んだほうがいいですか?本当にスリリングが味わえますか?」とよく聞かれます。 ちなみに基本的にオープントップバスツアーはツアーに申し込まないと乗れません。 多分みんな、ジャッキー・チェン映画などを観てあれと似たようなものを想像してますよね。実際はどうでしょうか? <メリット> ・路線バスの二階建てでは味わえない、オープントップバスで看板を街を満喫できる。 <デメリット> ・近年は横にはみ出た看板が少なくなっているため、昔のようなスリリングさは味わえない。 ・油麻地や旺角の歓楽街の看板を通ることもある。 皆さんが想像する香港の風景の中に、大きくはみ出た看板があると思いますが、看板がたくさんあった彌敦道はここ数年で激減しています。 上を向くと「あれ?ここに●●の看板がなかったっけ?」ということは多々。 過去の香港を知っている人は、近年の看板の減少は気づくと思います。 ジャッキー映画でビルの上からジャッキーが看板を伝って降りてきたり、バスの上で看板をくぐりながら戦ったり、あぁいう風景はもうほとんどないと思ってください・・・えーん。 以前、オープントップバスツアーに参加された方から「彌敦道から裏道に入って歓楽街の看板をガイドさんが紹介していた。子供がいたのでちょっと嫌だった。」という声を聞きました。 でも最近はこの裏路地の看板すらなくなってきていますからね・・・寂しいです。 <体験するならば・・・> オープントップではないですが、路線バスの2階でもある程度のスリルは味わえると思います。日本には二階建てバスが運行していないので、それだけで楽しいと思います。彌敦道を走る路線バスで体験すれば100円くらいです。 また、香港島を走っていた【人力車巴士】は現在は路線を九龍まで延ばして運行しているので、尖沙咀界隈を走ります。こちらだと大人200HKD(子供100HKD)で体験できます。 裏路地の看板も減ってきているので、バスよりも徒歩で歩いて楽しむのもいいかも! いずれも個人の感想なので、実際に行って楽しかった面白かった行ってよかったと思う定番モノはたくさんあります。 食わず嫌いせず、まず気になるならば人の意見に左右されずに試されることをオススメしますよ! オープントップバスツアーは私も未体験ですが、チャンスはたくさんあったので体験しておけばよかったと今でも後悔しています。人の意見に左右されてしまって結局は行かずじまい。 あんなに看板があったのがなくなるなんて思ってなかったなぁ・・・。あの当時の看板をスリリングに体験しておけばよかったです。 私のように、後悔しないようにね! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  7. いやー、日本は連日暑くて嫌になりますね・・・。 先週、香港から遊びに来た香港人の友人が「香港のほうが涼しい」と言っていました(笑)。 私が香港に住んでいた頃は香港のほうが断然暑かったのですが、ここ数年の日本の夏はどうなっちゃったのでしょうか・・・。 本当に命に関わる暑さです。こまめな水分補給、塩分補給はしっかり行って、屋外での活動や無理な外出は控えてくださいね。 さて、香港に行くと元気になるものを求めて彷徨ってしまいませんか? 私は漢方が好きなのですが、家で煎じたり・・・というのが面倒なのでなるべくお手軽にいただけるものが好きです(めんどくさがりやなんですねww)。 1月の香港は病み上がりだったので、特にこの願望が強かったかも。 渡航前にネット検索して気になったものがあったので、上環まで行ってきました。 【源吉林】は1892年創業、120年以上もの歴史を持つ老舗です。 開業当時から『甘和茶』を販売しています。これは多くの香港人が一度は飲んだことのある漢方入りのお茶なんですって。香港人の皆さん、おうちにありますか? 【源吉林】さんの建物が本当にレトロ!!!!この店構えがたまりません!本当は全貌を綺麗に撮影したかったのですが、お店の前にワゴンが停まっていたので出来ず。 わかります?この真ん中にある緑の3階建ての古い建物。周りに綺麗な建物がちらちら増えてるのに、ここだけタイムスリップしたみたい~。 お店の入り口は開いてるけど、店内が薄暗くて営業しているのか分かりにくいかもしれませんが・・・。 大丈夫!元気よく「你好!」と入っていきましょう! この店の中も風情あっていいなぁ。天井からぶら下がってるファンとかファンの向こうにある屋号とか格子とか。 (店内はお店の方の許可をいただいて撮影しました) これこれ!これがお目当ての『甘和茶』。他にお茶の種類はありません。『甘和茶』だけ! 右の器に入っているものが何か、売り物なのかどうかは不明ですww。 とりあえず1箱買ってみました。10包入りで40HKDでした(2018年1月現在)。 中にこうして1包ずつ入っています。 そして1回分ずつの茶葉が小さな箱に入っていて、その箱を説明書で包んであります。この小さな箱が可愛すぎて捨てられない~。何か用途はあるかしら? 説明書によるとこの『甘和茶』は28種類の成分が入っているとのこと。 藿香、荷葉、布渣葉、甘草、防風、黄芩、梔子、金銀花、葛根、香薷、淡竹葉、青蒿、 紫蘇葉、紫蘇梗、木瓜、苦杏仁、蒼朮、茵陳、烏葯、桑葉、苦丁茶、澤瀉、檳榔、 薄荷、連趐、砂仁、山楂、黄連。 分かるものもあり、分からないものありますが・・・w。 効果としては感冒初起(風邪の初期症状)、清熱滞(体内の熱をとる)、解暑渇(暑さを解消する)、醒酒醉(酔い覚まし)だそうです。 この猛暑で胃腸の調子が悪かったり、暑くてビールを飲みすぎて二日酔いになったり、体に熱がこもっててうまく発汗できなかったり、夏風邪を引いている人・・・にはうってつけ!まさにこの猛暑にぴったりの漢方茶です!! 使い方ですが私は家にある急須に1箱入れてお湯をたっぷり入れて、温かいうちにいただきました。 やかんで煮出して飲んでもよいそうですが、どちらも淹れたら1日で飲みきったほうがよいそうです。 香りも色も味も普洱茶に近いですがカビっぽい香りはあまりしません。どちらかというと普洱茶よりも飲みやすいかも。 これを飲むと利尿作用がすごいようです。うちの母が飲んだらトイレいきっぱなしだったとか(笑)。 今の時期はもちろんですが、風邪に効果のあるお茶なので年中ストックしていてもよいのではないかと思います。 具合が悪ってからより、悪くなりそう・・・って思ったときに淹れて飲むと効果的なのではないかと思います。 賞味期限が4年くらいあるので、慌てて飲まなくても大丈夫ですが、茶葉なので風通しのよい湿度の低いところで保管したほうがよいと思います。 『甘和茶』は上環の【源吉林】さんで販売している他、私はドラッグストアのマニングスでも販売しているのを見かけました。 上環まで行く用事がなければ、街中のドラッグストアにも置いてあるところはあると思いますので探してみてくださいね。 小さな箱に入っているのでバラ撒き土産にもなるかも? 香港に行かれる予定のない方、楊さちこ先生の「アジアンコスメオンライン」や香港雑貨を取り扱う「JUMBO」さんでネット購入出来るようです。 今、記事を書きながら飲んでます! ここ数日、暑さで食欲も落ちるし熱も体内にこもっていてスッキリしなかったのだけど、明日は元気になってるかな? 【源吉林】 住所:上環蘇杭街112號 (112, Javois Street, Sheung Wan) 営業時間:9:00-17:00 土日休 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  8. 最近出版された香港関連書籍の中でオススメの2冊をご紹介。 どちらかというとローカルを満喫したい方にはうってつけの書籍。これがあれば、より一層香港が楽しめてツウになれること間違いなしです!! まずはこちら。タイトルからしてワクワクしてしまいますが・・・。 【香港に行ったらこれ食べよう!】清水真理子氏著書。 昨年発売された書籍ですが、香港ローカルフードのガイドブックと言ってもいいと思います。 点心、海鮮料理、燒味、スイーツなどオススメメニューがたくさん。料理の名前が分からないんだけど・・・という方もこれを持っていけば問題なし! 広東語メインのメニューしか置いていないローカルレストランでも、これを持って行けば安心してオーダーできるのではないかな。指差しオーダーできるようになっています。 料理や調理法の広東語ガイドも出ています。これは広東語が分からない人にはとても助かると思います。 もう一冊はこちら。【週末香港、いいもの探し】大原久美子氏著書。 こちらは今年の2月に発売されたばかりの書籍。 香港でオススメの雑貨などが掲載されていますが、どちらかというと素朴でシンプルな、昔からあるような生活雑貨が多くて香港迷さんの心をくすぐります。 茶餐廳などで見かける香港らしい食器とか、レトロな文具とか。 その雑貨がどこで買えるかという情報や街歩き情報なども掲載されているので、いいものが探せそうな2冊。 この2冊を持って香港旅行にいくのもありですよ。 どちらもKindle版がありますので、スマホやタブレットに入れていくのもいいかも! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  9. 今、会社の上司が香港旅行に行ってますー!!オススメしたレストラン、予約出来たかな?美味しいもの食べてるかな?お土産話がとても楽しみです。 私も早く渡航したくてたまりません!香港と言えば・・・行く度に必ず海鮮料理を食べるのに、今年1月に渡航したときは食べず!!!! 海老もシャコもマテ貝も今年に入って食べておりません。このままでは身体がおかしくなります(^^;) 夏休みに香港に行かれる方も多いと思うので、私がもう一度行きたいなぁと思っている海鮮料理店4店をご紹介します。ローカルのみですのでご了承を! オススメ、もっとあったんだけどね。閉店しちゃったところも多いの(T_T) ◆軍記海鮮菜館(佐敦)◆ 佐敦のBPインターナショナルホテル近くにある海鮮料理店。 完全ローカル向けのお店なので、メニューは広東語のみですが、写真表記が一部アリ。 佐敦という好立地な場所にありながらリーズナブル。3人でたらくふ食べて600HKDくらい(ビール3瓶含む)。 地元の人でとても賑わってました。予約するかオープンと同時に入店したほうがよいです。 トイレはちょっと・・・でした。 母がローカルを徐々に受け入れているので、今度はここに連れて行ってみようか・・・悩むな。でもトイレ綺麗じゃないからムリかな? 【過去記事】 ◆グルメ街で見つけた穴場海鮮レストラン~軍記海鮮菜館@佐敦(2017/6/21記事) http://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/06/blog-post_21.html ◆避風塘興記(尖沙咀)◆ 尖沙咀というよりはほぼ佐敦ですが、尖沙咀警察署前くらいにあるお店。 10年くらい前に香港人の友達に連れて行ってもらって、すごく美味しかったのでリピしました。 初めて行ったときは場所の割に比較的リーズナブルで、私たちが行く少し前に浜崎あゆみがコンサートで訪れて貸切にしたというお店でした。 ただ、リピしたときは価格がかなり上がっており・・・。お店の女主人的な人もとても威圧的(笑)。「食べ終わったらさっさと帰りなっ!」と言わんばかりに皿をドンドンさげられる~。 でもね、ここのシャコが絶品なの。お腹の殻が柔らかくて殻まで食べられちゃうの。香ばしくてすっごく美味しいの。今まで食べたシャコで一番美味しいかも。 これだけを食べるために、嫌な思いしていく価値あり?(笑) 予約はマストです!写真付きメニューあり、ニホンコン語のメニューもあり(笑)。 【過去記事】 ◆香港の街中で避風塘料理を食べる!~避風塘興記@佐敦(2016/9/1記事) http://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/09/blog-post.html ◆文記海鮮飯店(紅磡)◆ 大好きな街市の上のフードコート。紅磡街市はMTRの開通で行きやすくなりました。 ここは『文記』と『両合』という二つの海鮮料理店があります。お値段も手頃。 香港人女性と私の4名でシャコ、海老、ホタテ、マテ貝、アサリ、ガルーパをいただいても1名300HKDしないくらいでした。 海鮮料理店と言っても、実は肉料理もあるんですよね。ここは他にも炒飯、炒麺や煲仔飯などもあり。 とにかくとにかくリーズナブルでした。 メニューは完全広東語のみで写真もありませんのでご注意。 【過去記事】 ◆街市の上のオススメ海鮮料理~文記海鮮飯店@紅磡(2016/11/22記事) http://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/11/blog-post_22.html ◆金山海鮮酒家(佐敦)◆ 『金山海鮮酒家』は佐敦に2店舗あります。 ひとつは佐敦の交差点のビルに。ここは比較的綺麗なレストラン風なので、ビギナーさんでも入りやすいかな。 もうひとつの吳松街にあるお店はローカル感満載。私はこっちのほうが雰囲気は好きだな。前は日本人駐在員が多くて日本語メニューもあったけど今もおいているのだろうか・・・。 100HKD以下のメニューも多く、リーズナブルなお店。 吳松街のお店のほうがちょっと安い気がするけどどうなんだろう。こっちの店舗は2F席がシンプルで殺風景でとてもレストランとは思えず(笑)。 初香港の友達を連れて行ったときは結構ビックリされたけど、安くて美味しかったからよかったかな。 あー、久々に吳松街のお店に行きたいー! 【過去記事】 ◆街中で食べるオススメ海鮮レストラン~金山海鮮酒家@佐敦 http://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/07/blog-post_19.html 海鮮料理と言えば西貢のような郊外の漁港だったり、南Y島などの離島で食べるのも格別ですが、西貢は完全に観光地化しちゃって価格があがりましたね・・・。 元々私は街中でリーズナブルな海鮮料理店を探すのが大好きなので、最近は街市の上がお気に入り。市場の上のレストランだから新鮮な魚介類がたくさんだし、値段もお手頃。 一人旅だとなかなか海鮮料理にありつけませんが、同じタイミングで香港に渡航される人や、現地に住んでいる日本人や香港人と「飯友」になって、大勢でワイワイと楽しく食事するのもいいですよ~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  10. 香港人の友人にいただいたハチミツ。ロンガンのハチミツ『龍眼花蜜』をいただきました。ロンガン大好き!わーん、メチャ美味しそう!!! こちらのハチミツは新界エリアにある粉嶺に養蜂場を持つ『寶生園養蜂場』で作られたもの。完全なるメイドイン香港!! ってゆーか、このオジサマのアゴに連なるミツバチさんたちが怖いwwwww 香港ってこういうデザイン多くない?オジさんのど飴とか(今はオバさんのど飴)。 普通のハチミツと比べて香りがいい。『龍眼花蜜』はタイや台湾にもあるそうですね。私はいただくのは初めてです。 おうちにあったレモンではちみつレモンを作ってみました。ちょっと贅沢かな。すっごく美味しくできちゃったよ! トーストにも塗ってハニーバタートーストにしてみました。これはうまい! あ、これで西多士(香港式フレンチトースト)作ったら半端なく美味しいのではないだろうか・・・。 『龍眼花蜜』は紅茶との相性もいいとのことなので、これもやってみたいな。 ハチミツって寒かったりすると硬くなるし、置いておくと結晶化してしまったりしますが、『龍眼花蜜』は固まらずとても緩いので使い勝手がいいです。メープルシロップくらいの緩さです。 一部スーパーで取り扱いがある他、ショッピングモールなどにポップアップストアが定期的に出ているようです。 粉嶺の駅からそんなに遠くないし、養蜂場まで行ってみるのも楽しいかも。 私がいただいたのは1kgの大きなサイズですが、小さな瓶タイプもあるようなのでお土産にもいいと思います。 せっかく香港産のものをいただいたのだから、香港料理に使ってみようかな? いやいやもったいないのでこのまま素材の味を楽しむことにします。 Tさん、美味しいものをいただいてありがとうございますー!! なくなったらまた補充したい香港産食材のひとつになりそう! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  11. 2018年夏、平成最後の夏が始まりました。今夏はとても嬉しいニュースが・・・!!! なんと!香港のクラフトビールが東京で飲めちゃうのです~!!!!! 香港人ブロガー「香港魂」さんのご尽力で香港好き、ビール好きにはたまらない夏になりそう!早速行って参りましたのでご報告します。 おかあさーん!ビール好きに産んでくれてありがとーww 今回は【クラフトビアマーケット】さん10店舗にて販売。『門神(Moonzen/ムーンゼン)』と『獅子山(Lion Rock/ライオンロック)』の2つのブルワリーのビールが合計14種類味わえるんです。 提供されるビールは日によってお店によって異なります。 まずは先に『門神』さんのビールが販売されるとのこと。2ヵ月後には『獅子山』が販売だそうです。 ライオンロックは飲んだことあるけど、ムーンゼンは初! やばいな、会社の近くに【クラフトビアマーケット】さんがたくさんあるぜよ~。 (これは通えってことですよね?飲めってことですよね?きっとそうだww) まずは会社近くの淡路町店へ。この日は2種類のムーンゼンビールがあるのはチェック済み。オープンと同時に行きますよー。 一番軽そうな『ムーンゼン サウスクラウド』からスタート。すっきりしていて飲みやすいラガービール。泡も細かい。これはグイっと飲めちゃうし、ビールの苦味が苦手な人でも比較的飲みやすいのではないかと思います。 2杯目はこちら『ムーンゼン・サンダーゴッド(雷神)』。しっかりとしたエールビール。苦味は弱いけど味が濃い。いい感じの重さを感じるビール。 さて、ここで神保町店にいる香港仲間さんと合流~。 ハシゴ酒です。生憎の雨ですが、そんなの関係ないっ! 神保町店は3種類のムーンゼンがあり。さっきいただいた『ムーンゼン・サンダーゴッド(雷神)』も含まれていたので、それ以外の2種類いきます! 本日3杯目は黒ビールの『ムーンゼン・King Yama』で。 しっかりとした黒に独特の風味。これは好き嫌いが賛否分かれるかな?私は好きだけどなー。 4杯目はフルーツビール『ムーンゼン・Dragon King Fujian Radler(フーチエン・ラードラー)』。超フルーティー!レモン風味なので女性が好きそうな味かも。 で、このボトルですが・・・。お店の方に「香港のクラフトビールを飲みに来たんですっ!!」と話していたら「こんなのありますよー」と出してくださったムーンゼンのオリジナルグラス!!! 神保町店にはこのグラスが1つしかないとのことでしたが、こちらにビールを入れていただきました。この量で1パイント。 ムーンゼンビールをオーダーすると、こちらのコースターが出てきます。もし出てこなかったらお店の方に聞いてみてください。数に限りがあるようなのでなるべくお早めにね!! 1日で4種類制覇しましたが、ムーンゼンはあと2種類あるので近いうちに制覇致します。 どこでどの香港クラフトビールが飲めるかは公式サイトの「本日のビール」を確認してみてください。大体お昼頃には更新されています。 http://www.craftbeermarket.jp/todays-beer-list/#toranomon 日本人はビールが好きだし、香港産のクラフトビールがあることを是非知っていただいて、香港にも興味をもっていただけたらいいなぁと思っています。 香港には他にもたくさんのブルワリーがあるので、もっといろんな香港クラフトビールが日本で飲めるようになるといいですね。 微力ながら応援させていただきます!! ちなみにムーンゼンビールは『FUJI ROCK FESTIVAL’18』の会場でも飲めるそうですー!!!フジロック行く方は要チェック!!! 現時点では【クラフトビアマーケット】さんの東京の10店舗のみでの提供です。 (虎ノ門、神保町、神保町テラス、淡路町、三越前、高円寺、吉祥寺、吉祥寺BB、神田、大手町) 今後は日本全国で飲めることを願っています!! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  12. 夏休み渡航者必見!2018年6月最新情報~!

    そろそろ夏休みの計画を立てている方もいらっしゃいますか? 最近入手した、香港の最新情報をまとめました。旅のプランにお役立てください~。 日本での香港イベントもご紹介しますよ。 P.S.すみません、本当にBlogを書く時間がなく・・・書きたいことはたくさんあるのに! もう少ししたら落ち着くのでお許しくださいませ~。 ◆ブルース・リー展が2020年まで延長!!◆ 2013年から沙田の【香港文化博物館】にて開催中のブルース・リー展『武‧藝‧人生 - 李小龍』。いよいよ来月で展示期間終了・・・の予定でしたが、なんと2年延長されました! 2020年7月まで開催されることに決定! もう一度行きたくて、この前行けなかったのだけど、これならもう一度は最低でも行けそう!! *展示物の撮影は禁止となっています 【香港文化博物館】住所:香港沙田文林道1号行き方:MTR沙田駅またはMTR車公廟にて下車、徒歩10分 営業時間:10:00-18:00(週末は19:00まで料金:大人10HKD(水曜は無料)休館日:火曜日、旧正月三が日 公式サイト:http://www.heritagemuseum.gov.hk/zh_TW/web/hm/highlights.html ◆旧中環警察署、ビクトリア監獄がいよいよ公開!◆ 中環のヒルサイドエスカレーター脇にある中環警察署とその後ろのビクトリア監獄。長い間リノベーションしていましたが、5月25日より『大館(Tai Kwun)』として一般公開が始まりました! とはいえ、しばらくは予約制なのでご注意!入場は無料ですがパスが必要です。 警察署や監獄の歴史が見られる他、今後はレストランやショップも続々オープン予定だそうです。 *入場パスについては6/27現在、公式サイトのこちらにてログインするか、公式アプリにて入手できるようです。 ●iTunes:https://itunes.apple.com/jp/app/tai-kwun/id1373643331?mt=8 ●Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.taikwun.app 公式サイト(英語・広東語):https://www.taikwun.hk/en/ 香港ナビ:https://www.hongkongnavi.com/miru/317/ 開園時間:11:00-23:00(ショップにより異なります) ◆十字冰室、銅鑼灣に支店オープン!◆ 昨年、西營盤にオープンした牛乳メーカー「十字牌」のカフェ【十字冰室】。銅鑼灣に新たに支店をオープンしました。 今後も支店が増えるかな? 住所:銅鑼灣禮頓道64號禮賢大廈地舖 (G/F, Leigyinn Building, 64 Leighton Road, Causeway Bay) 営業時間:7:00-22:00 ◆PMQが再び東京にやってくる!◆ こちらは日本在住の香港迷さんに。 観光客に人気のアートショッピングモール【PMQ】。その中でも香港アクセサリーとして人気の『香港猿創(Hong Kong Oapes)』さんが9月に東京・表参道にてアが期間限定オープンします。 人気グッズはもちろん、最新グッズもやってくるって。またお財布の紐が緩んでしまいそうで怖い(笑)。 開催期間:2018年9月21日(金)~23日(日) 営業時間:13:00-19:00(金)、11:00-19:00(土日) 開催場所:東京都港区北青山3-5-23 NOI omotesando 2F (東京メトロ表参道駅A3出口出てすぐ) ◆お願い!マナーを守りましょう!!◆ こちらはひとつお願いです。 今年1月より、鰂魚涌のモンスターマンションが撮影禁止となりました。 にもかかわらず、SNSやyoutubeに写真や動画をアップしている旅行者の方が多く、残念に思っています。「撮影禁止」という注意書きを無視している日本人の方も多くいらっしゃいます。 生活している方がいます。その方々が迷惑を感じているために撮影禁止となっています。 自分の身に置き換えて考えていただけると嬉しいです。 (上の写真は撮影禁止になる前の一昨年に撮影したものです) 私もそろそろ年内渡航の予定立てます←ずっと言ってて実現できず(T_T) 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  13. 西貢の旧市街の路地裏にオシャレなお店発見!!! 【Be Candle】は2011年に設立された完全ハンドメイドのロウソク・アロマ専門店。 この辺りの路地裏には何があるかわからないのでワクワクしちゃいます!!! お店を見逃さないように注意してくださいね~。 お店の中にはいろんな形のロウソクが!!!愛犬家さんにオススメはこちらのワンちゃんロウソク。 私と同じ愛猫家の皆様はこちらでしょうか?もったいなくて火をつけられないって!! 富士山もあります!右に写ってるのは出目金ですね。今気づきましたww 香港迷さんはたまらない!点心ロウソクの数々~。これは飾り用でしょう。絶対使えない!!! 上は蘿蔔糕、下は煲仔飯や腸粉、寿司もうどんもありますね。楽しくなってきた! ロウソクだけではなくアロマもあります。こちらはルームフレグランス。 自分でアロマロウソクが作れるキットを販売していました。4種類のアロマオイルと細かく削った蝋がセットになっています。これ、レーンクロフォードで売ってるみたいです。 蝋の量と好きなアロマをあわせてオリジナルが作れるって言うキット。これはオシャレ! 写真に撮るのを忘れてしまったのですが、「油麻地の香り」「尖沙咀の香り」というロウソクもありました! お店の方のご好意で、私もロウソク作りに挑戦!「東京の香り」を作ってみました。 ちょっと都会的なシャープな感じと、代々木公園などの緑をイメージして。 オーナーのザビエルさんはイタリアでデザインの勉強をされたそう。 店内にあるロウソクとアロマはすべてここで製造されています。作られた香りではなく、素材の良さを生かした品の良い香りが店内を包んでいて、とても居心地のいい空間です。 西貢の路地裏で素敵な香りに惹かれたら、是非足を止めてみてくださいね。 もちろん、お土産にもオススメです! 【Be Candle】 住所:西貢横街8號 (8 Wang Street, Sai Kung) 営業時間:11:30-19:30 月曜休 公式サイト:https://www.becandle.com.hk/ Facebookページ:https://www.facebook.com/becandlehongkong/ 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  14. 香港では俳優業と歌手業を兼任するスターが非常に多いです。 皆さんご存知のレスリー・チャン、レオン・ライ、アンディ・ラウ、ジャッキー・チョン。 最近のスターだとニコラス・ツェやイーソン・チャンあたりもそうですね。 私は香港スターは映画から入ったので、歌手としての一面を知らないスターも多くいますが、レオン・ライとジャッキー・チョンはCD持ってます(笑)。 YoutubeやSNSの普及で、海外の歌手の新曲もリアルタイムで聴けたり購入できる時代です。香港スターの曲も同じく。 香港歌謡界に疎かった私ですが、ここ何年かでお気に入りも増えました。 今日は最近私が好きな若手香港人歌手、実はひっそり好きな歌手をご紹介したいと思います。 香港ポップスや歌手は知らないけど聴いてみたいなぁ・・・という方、良ければご参考にしてみてください~。 完全なる個人的な趣味でチョイスしていますので悪しからず! ◆Dear Jane 私がここ数年一番好きな香港人ロックグループ。デビューの2006年当時はロック色強い曲が多かった気がしますが、近年はロックバラードも多くて聴きやすい。 個人的にはベースのジャッカルくん(メガネの子)のファン(^^)。彼はターボという柴犬を買ってるんですよ。 新曲は【深化危機】、MVが公開される前にiTunesで購入しちゃいました。 ◆AGA/江海迦 アガちゃんこと江海迦(アガサ・コン)は香港人とスペイン人のハーフ。エキゾチックな顔立ちと心地よい歌声がマッチしていて大好きな歌手の一人です。 Instagramもフォローしていますがとにかく可愛い~。 新曲は【小問題】。 ◆G.E.M 上海出身のG.E.M.こと鄧詩穎(グロリア・タン)は幼少時に香港へ移住。 ワールドツアーも開催するほどの実力派で、彼女のYoutube公式サイトでは再生回数が他の香港人歌手に比べて飛び抜けて多い! 普通語の歌詞が多いけど、広東語が好きだなぁ~。 ◆王灝兒(ジョイ・ウォン) 香港人友人にオススメされて聞き始めたジョイ。同じ読み方の台湾人女優さんがいましたが、漢字が違うので悪しからず! 歌声もいいし、今年発売されたこの曲は香港の風景も楽しめるから好き! ◆許志安(アンディ・ホイ) ここからは完全にマイワールドですがww。 90年代から好きな許志安(アンディ・ホイ)。彼のちょっとしゃがれた声が好きです。 最近だと昨年末に公開されたディズニー映画「リメンバー・ミー」の広東語Ver.を歌っていました。 90年代には日本映画「スワロウテイル」に出演したり、中山美穂の「世界中の誰よりきっと」他日本のカバー曲を歌ったり、日本でも人気が高かったですね。 50歳になったアンディですが現在も歌手として俳優として活動中です! ◆古巨基(レオ・クー) 香港人の友人が好きで、影響されて私も聞き始めたレオ。デビュー当時はあの童顔が可愛かったけど、すっかりアラフィフなんですねぇ。 先月香港で開催されたワールドツアーではゲストにアンディ・ラウが出演してました! 俳優業はもちろん、まだまだ歌手業も頑張るレオでした。 香港ポップスは男性も女性も比較的バラードが多い気がします。 ワイワイとグループで賑やかに歌う日本の曲より、しっとりと聴き入る曲が多いので香港に浸るにはオススメですよ。 皆さんのお気に入り、探してみてくださいね~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  15. しばらくBlog更新お休みさせていただきました! 何かと家族にケアが必要な歳になりました。無理なくやっていきたいと思います。当面はブログアップできると思います~! さて、1月の香港で帰国時に香港最後飯のランチをどうしようか?ということになり、早めに空港に行って食べようということに。 母が「前回行った飲茶がいい!」というので、出発ロビーにある【美心・翠園】に行くも長蛇の列~。聞いたら40分くらい待つって! さすがにそこまでは待ってられないな・・・と思い、出国審査内にあるフードコートのどこかに行くことに。 EAST HALLにはいくつかのレストランが立ち並び、雲呑麺の「正斗粥麵專家」、香港のファストフード「大快活」などいろいろあったのですがどこもランチタイムと重なって人も席もいっぱい!! たまたま空いている席が香港のファミレスと言われる【翠華餐廳】の前だったので、そんなに並んでないしここでいただくことに。 あれ?店名見たら【I Love 翠華】って書いてある!!【翠華餐廳】じゃないのね! 「母は米がダメだから・・・」と考えていると選択肢があまりなく、とりあえず麺類なら!と決めて、メニューを見る余裕もなくいきなりカウンターで「何にする?」と聞かれてしまい、「炒麺ある?」と聞いたら「あるよ」といわれたのでそれとアイスミルクティーをオーダー。 レシートの1行目はアイスミルクティー。「冬T」と書いてありますが「冬」は「ドン」と発音し、アイスの意味である「凍」と同じ発音。 下が炒麺なんだけど「即」って書いてあるのが気になるなぁ・・・と思っていたら・・・。 じゃん!インスタントラーメンの焼きそばでした~。「即」はインスタント麺(即席麺)の「即」だったか!! あちゃー!母、インスタント麺って好きじゃないんだよなー。しまったなー。 と思ってとりあえず持っていったら「あら、大丈夫よ。食べるわよ!」って食べてくれたー。「思ったより美味しい」って気を使ってくれたんだと思うけど、ホッとした。 レシートにある『朱扒炒即』は正しくは『豬扒炒即』。本来、豚肉は「豬」と書きますが、これも「朱」と発音が一緒なんだね。ポークチョップ入りでした。 (クリックすると拡大します) 『朱扒炒即』はメニューでは正式名で「豬扒炒即席麺」で下のメニューの左下のほうに載ってました。その2つ下に普通の炒麺があったわ・・・。やっぱメニュー見るべき! オーダーまで10人くらい並んでたけど結構スムーズでした。オーダーしてお金を払ってから呼ばれるまで10分弱かかったかな。 お店の前には写真も貼ってあるし、広東語が分からなくても比較的大丈夫です。 このときは最後の最後で疲れ果てて全く食欲がなかったのですが、今メニュー見てたら「スイスチキンウィングも頼めばよかったな・・・、あ、鹵水もあるじゃん!」と後悔しまくり(笑)。 【I Love 翠華】 場所:Shop 7E180, Departures East Hall, 7/F, Terminal 1 営業時間:6:00-24:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
×