Jump to content
All About Hong Kong

香港ウンチク話

Members
  • Content count

    338
  • Joined

  • Last visited

Everything posted by 香港ウンチク話

  1. 朝起きて、シャワー浴びて、とりあえずご飯でも食べるか・・・とお店に入ったのだけど何となく食欲もなくて、元気なんだけど気力がない。せっかく香港にいるのに、このやる気のなさはなんなんだろう。 今回の香港滞在3日目、この時点で既にお昼でした。 行きたいところはあるけど無理したくないなぁ、こんなときはどうしよう?なんか身体にいいことしたいな。あ、そうだ!久しぶりに足ツボマッサージでも行ってみよう! ということで、本当に思いついて行った足ツボマッサージ。 普段、香港で足ツボに行かないのでこの辺りの情報が全くない!そういえば銅鑼灣のそごう裏にいくつかあったな。 とスマホでさささっと近くにある足ツボマッサージを探して、入ってみたのがこちらでした。6年ぶりの足ツボマッサージです。 【足美健】というお店。実はこのお店にたどり着くまでに街中にいくつか足ツボがあったし、そちらのほうが安かったのだけど(45分98HKDとか)、安かろう悪かろうじゃ嫌だなと思って、もう少しお金を出してもいいから本当にリフレッシュできそうなところを探しました。 【足美健】は45分168HKDでした。さて、効果のほどはいかがなものか? そごう裏の金利文廣場(リッチモンドプラザ)というビルの8Fにあります。 ビル内には他にもマッサージのお店があったけど、ザ・足ツボ!的な雰囲気がよかったのでココに決めました。 煌びやかな入り口。すみません、すべてiPhoneで撮影のため微妙にブレ気味。カメラを出す気力すらなかったんだと想像してくださいww。 受付で「フットマッサージ」と言うとおじさんが案内してくれました。すごく感じの良い英語の上手なおじさんでした。 店内は広すぎず狭すぎず。ちょっと薄暗い感じ。席数はそんなに多くない。そして静か。私の他に、欧米人のご夫婦が足ツボしていました。 ソファの上に大きなタオルが敷いてあってこの上に座ります。 足ツボ図もちゃんと貼ってあります。でも全然足裏痛くなかったなぁ。健康なのかなぁww 席に座ると白湯を出してくれました。しっかり飲んで毒素出すぞ! 最初はフットバス。温かくて気持ちいい!これから太い太い足をお見せします。大変お見苦しいとは思いますがお許しください~。 さぁ、マッサージの始まり。普段来ないくせに結構楽しんでしまいました。 香港人男性のマッサージ師さん。とても物静かな方で逆にそれがリラックス出来たかも。 アレコレ話しかけられたら疲れている頭が余計疲れちゃう感じだったし。 足裏はそんなにグイグイ押してこなかったかな。もうちょっと強くやってもらってもよかった感じ。でも気持ちいい。私、寝ちゃいましたよww 足ツボマッサージって大体ふくらはぎくらいまでやってくれるものなのですが、ここはひざ上の腿の辺りまでグっと押してくれました。これが気持ちよかったの。足裏よりふくらはぎと腿のマッサージのほうが痛気持ちよかった~。 結構念入りにマッサージしてくれます。45分?本当に?60分やってなかった?と思うくらい。 物静かな方だったので会話が弾みませんでしたが(笑)、痛い、気持ちいいというのは伝えました。伝えると「そうですか」という感じで柔らかい微笑み光線を送ってくれました。なんか逆に癒されるんだけど! ちなみに・・・ 足ツボマッサージなどで使える広東語 ◆痛い ⇒ 痛(トン) すごく痛い ⇒ 好痛(ホウトン) ◆気持ちいい ⇒ 舒服(シューフ) すごく気持ちいい ⇒ 好舒服(ホウシューフ) この4つを覚えておけば便利かも! 終わる頃に「もう45分経つからマッサージは終わるけど、このふくらはぎの外側をしっかり自分でマッサージしたらむくみが取れますよ。やってみてね。」的なアドバイスもらいました。 優しいじゃないかぁ、香港紳士! 私も「とてもリラックスできたよ!どうもありがとう」とお礼を言いました。 静かな空間で静かにマッサージ。ゆっくり出来たからよかったな。 終わったら足も軽いし、なんだか体も軽い!お腹も空いたぞ! どこか行こうかと思ったけど無理は禁物なので、このあと温かいスイーツを食べて銅鑼灣徘徊してホテルに戻りました。 思いがけずよかったなー。 銅鑼灣で足ツボに行くならオススメです! 【足美健】 住所:銅鑼灣謝斐道490-498號 金利文廣場8字樓 (8F, Richmond Plaza, 490-498 Jaffe Road, Causeway Bay) 営業時間: 料金:足ツボ45分/168HKD、全身45分/238HKD、角質ケア/198HKD (2018年9月現在の料金です) 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  2. 香港便のフライトではなるべく香港映画を観るようにします。 香港映画は日本で上映しないものが多いですからね。観られるチャンスがあるときは観る! 今回、私はANAで行きましたが機内で『我的情敵女婿(A Beautiful Moment)』という映画を鑑賞しました。 2018年のお正月映画だった作品です。お正月映画は「賀歲片」と言います。 香港では毎年旧正月に合わせて「賀歲片」が上映されます。 大体はみんなが知っているスターが出演して、笑いあり、恋愛あり、人情ありといった娯楽映画。日本で言うところの寅さん映画みたいな感じかな。 ストーリーは・・・ 精神科医の鍾嘉寶(カリーナ・ラウ)は2人の娘を持つ母親。下の娘ヤンヤン(ミシェル・ワイ)が結婚したいと連れてきた相手は、かつての恋人、梁華生(サイモン・ヤム)だった・・・。という母親と娘と三角関係になる(?)ラブコメディ。 カリーナとサイモンは25年ぶりの共演だとか!サイモン・ヤム、大好きなんだ!!『PTU』からのファンです!!! 私、カリーナのInstagramフォローしてます!この人、どんどん綺麗になってない? 50歳超えたよね?身体もすごく締まってるし肌も綺麗。美魔女化してる!! サイモン・ヤムもおっちゃんになったなぁと思うけど、やっぱりカッコいい。香港人のカッコいいおっちゃん! 二人が昔を思い出しながら一夜だけデートするシーン。トラム120号に乗ってます!香港の街を歩いていると、こういう撮影シーンに出くわすチャンスがあるからワクワクしますね。 (一度も遭遇したことないけどさ・・・) 2人が若い頃によくデートで使っていたお店という設定で出たのが、私がお気に入りの茶餐廳だった! 思わず「うわっ!あそこじゃんっ!!!」って心の中ではしゃいでしまいました。 湾仔の『德如茶餐廳』は2年前に偶然見つけたお店ですが、香港式ミルクティーが絶品です!!この前行けばよかったー。行きのフライトでこの映画を観ていたら、滞在中に絶対行ったのに!! (鑑賞したのは帰国便でした・・・とほほ) ◆湾仔の路地裏で絶品ミルクティー発見!~ 德如茶餐廳(2016/2/29記事) https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/02/blog-post_29.html (Record Chinaより引用) こんな感じで撮影したんですねぇ・・・。 そしてお正月映画の醍醐味は出演者。本当にいろんなスターがチョイ出演するんです。何人知っているスターが出演しているでしょうね。 私が大好きなニコラス・ツェのお父様、謝賢(パトリック・ツェ)も出演してました! もう82歳なんですね。久々の映画出演のようですが、今回はギャンブラー役だよー。 これまた私が大好きな女優、羅蘭(ローラン)さんも!上品なおばあちゃんから下町のおばあちゃんまで演じられる、でもとても素敵な女優さん。日本で言うと・・・草笛光子さんのような女優さんだろうか。「桃さんのしあわせ」にも出演していました。 歌手の容祖兒(ジョイ・ヨン)も出演!彼女ももうアラフォーなんですねぇ。 と、これだけではありませんが、あちこちに「あれ?この人観たことある!」なスターがワサワサと出演しています。 映画の予告編はこちら! 映画自体はテンポが速くて、笑いが盛りだくさん。ストーリー性よりも娯楽重視なのでそのあたりはご了承を。それでもやっぱり楽しめるのがお正月映画です。まだDVD化されていないようですが、またゆっくり観たいなぁ。 香港映画ってさ、知ってる風景がたくさんでそれだけでも嬉しいのに、行ったことあるお店が映っていたりすると余計にテンションあがりますよね。 香港便のフライトは香港映画を観るべしべし! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  3. 今回の渡航は中秋節の香港を楽しむことが一番の目的だったのですが、中秋節当日に渡航した私に思いがけないお誘いが舞い込んで来ました!! 香港人の大親友Yとは別日にディナーの約束をしていたのだけど、「中秋節当日は予定あるの?兄弟たち家族とレストランを予約しているのだけど、よかったら香織ちゃんも来ない?」とのこと。 友達とは20年のお付き合い。こんな家族の場に参加できるなんて滅多にないぞ! 弟家族や甥っ子たちもよく知っているので、お言葉に甘えて参加させていただくことにしました。 中秋節は香港人にとって、旧正月と同じくらい大切な日だそうで、家族で過ごすことを大切にする人たちもとても多いのです。 大埔に住む友達と九龍塘で待ち合わせして、それまでに用事を済ませようとしたのだけど、友達から「仕事が早く終わったよ」と連絡あり。 そうだ!中秋節は会社も早く終わるのです。15時で退勤してしまった友達に合わせると早すぎるので、私は別でMTRで大埔に行くことに。 それでも銅鑼灣を徘徊していると、早上がりの人たちでバスも大行列!どのバス停も100人以上は並んでます・・・。これじゃいつまで待ってもバスに乗れそうにないなと思った私は、用事を別の日にしてバスではなくMTRで大埔まで行くことにしました。 銅鑼灣から紅磡までバスですぐなのだけど、どのバス停もすごい人でいつ乗れるかわからないし、トンネルも混雑してそうなのでMTRを乗り継ぐことに。 金鐘駅は朝のラッシュ並みの人で大混雑です。 九龍塘で東鐵線に乗り換えるまでもすごい列でした!!やっとの思いで大埔に到着。 香港時代に何度も通過したけど、下車するのは初めて。 今日は大埔に住む友人の家の近くのレストランでディナーです。 今回は友達が予約などの仕切りをしたそうで、このレストランは婚礼専門のレストラン。 20名近く集まるので個室を借りたそうです。こちらは大人のテーブル。 もうひとつのテーブルは子供専用。奥に麻雀卓もあるし、カラオケもある! 義妹さんがカラオケ好きだそうで、ひっきりなしに兄弟で歌っていました。香港映画は好きだけど、歌手は疎い私なのですごく勉強になった! 同世代なので知ってる歌手ばかりww 友達は6人兄弟の2番目(姉、友達、弟3人、妹)。ご両親はもう他界してしまったのだけど、兄弟はみんな仲良し。友達以外は結婚して子供がいるけど、友達は末弟家族と同居しています。 香港時代にも会ったことがある末弟さん家族とは今夏東京で会ったし、真ん中の弟さんの息子さんは日本語が上手で日本にもよく来るし、コンサートチケットをよく取ってあげました。上の弟さんの息子さんも日本のアニメが大好きで、今回頼まれていたものを買っていったところ。 兄弟の皆さんも私が参加することを喜んでくださって、お姉さんは私にお土産買って来てくださったり(いただいた蝶々パイが絶品!)、Google翻訳で一生懸命会話してくださったり。 みんな私を気遣ってくれて優しいの。本当に仲の良い兄弟なんだなと思いました。それぞれのご主人やお嫁さんもとてもいい人。子供もいい子ばかり。 「うちの兄弟は特別仲がいいと思う」って友達がいつも言ってるけど、天国のご両親も安心してるよね、絶対。 末弟の奥さんが私のためにと買っておいてくれた月餅。 『美心』が今年発売した「流心奶黃(とろけるカスタード)」月餅は大人気で発売されると同時にあちこちですぐ売り切れてしまったとか。 実は私も食べたいなぁと思っていたのです。友達も知らなかったようで「義妹が香織ちゃんに月餅買ってるの!すごく人気のやつ!嬉しくて言っちゃったけど、渡されたら聞かなかったふりしてね」とww。もちろん、演技しましたよww。 分かるかな?本当に中がとろーりとした黄身だったんです。甘すぎなくてすごく美味しかった!こんな月餅初めて!来年も売って欲しい!! さて、食事に話を戻しますね。 宴の食事は予め決まっていました。おいくらか分かりませんが、結構豪華な食事だったことは確かです・・・。 最初に運ばれてきたのは豚ちゃーん!! 『鴻運當頭乳豬全體』は子豚の丸焼き。香港ではお祝い事に欠かせない料理です。皮がパリパリで美味しいのですー。 次に出てきたのはロブスター!『上湯焗加拿大龍蝦』は茹で蒸ししたロブスターに上湯を加えてとろみをつけたもの。下には伊麺がひいてありました。 大きなホタテと野菜の蒸し物。『富貴珊瑚翡玉帶』とうメニューだと思います。上湯の味が付いていてブロッコリーはシャキシャキで美味しかった! カニ爪みたいなこのお料理は『黄金百花醸蟹拑』は縁起のよいオレンジに形を見立てたのかな?蟹肉ぎっしりでぷりっぷりでした。こんなの食べたことない! フカヒレスープもありますよー。 『紅燒龍皇雞絲生翅』は鶏肉の細切りとふかひれのスープ。右にある赤いソースみたいなのは酢です。これをかけていただくと美味しいの。 ぎょー!アワビも出てきた!! 『碧緑金銭扣原隻鮑魚』は弾力のある鮑と大きな冬茹。贅沢すぎる! まだまだ終わらないよー! 『清蒸沙巴龍躉斑』は蒸し魚。石斑魚(セッパンユー)は海鮮料理店でもよく食べますよね。このタレをご飯にのせて食べたいねん! 出たよー!頭付きの鶏ちゃんー! 「日本では鶏料理に頭は付いてこないのよ」とみんなに説明する私w。 『當紅脆皮炸子鶏』は皮をパリパリに焼いた鶏ちゃん。大好き! そろそろお腹が限界だぞ!!! チマキの『糯米鶏』が出てきたけど、お腹にスペースがないww うぉー!饅頭も出てきたー!せっかくなので恐る恐るいただく。美味しいっ!!!けどお腹が限界!!!あまったのでホテルに持ち帰ることにしました。 中に鹹蛋(タマゴの黄身の塩漬け)が入っていたよ。月餅と同じだね。美味しかった! もうお腹が限界を超えていますが、コレを食べなきゃ中秋節がしまらない!!! 丸いお団子『湯圓』はお正月や中秋節、結婚式などお祝い事には欠かせない料理。家族が円満でありますようにと願いをこめていただく伝統的なもの。 友達一族が円満でありますように(もちろん私の家族も!)願いをこめていただきました。 中にはゴマがたくさん入ってたよー。 家族を大切にする香港人に、こうした家族の場にご招待していただいたのはとても光栄でした。普通に旅行しただけでは味わえない体験、プライスレスな時間を過ごすことが出来ました。 友達と友達の兄弟たち、家族の皆さんに心より感謝です。 私も彼らが日本に来たときは精一杯もてなしたいと思いますが、その前に・・・もうちょっと広東語が出来ないとだめだな(笑)。 ここ1年くらいサボっていたら急激にヒアリング力が落ちてるようなので、もっと真面目にやろうと思います。頑張れ、私ー!!! もっと香港を楽しむために!もっと香港人の皆さんと交流するために! 中秋節の香港で・その②もお楽しみに! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  4. *ブログデザイン変更中のため、見づらいかもしれませんが今しばらくお待ちください* 2000年当時、私が住んでいた頃の【深水埗(サムソイポー)】と言えば、洋服や手芸用品の問屋街で、日本人なんて全くいなかったし、暗くなると治安が悪くなるので一人で行くなら暗くなる前に帰りなさい!と教えてもらっていました。どちらかというと観光客が足を踏み入れる場所ではありませんでした。 住んでいた当時はよくビーズアクセサリーや部品を買いに行ったり、自分が住んでいた太古とは雰囲気も違って楽しく、一人で行ってはよく徘徊したものでした。 それがどうでしょう!! 一昨年行ったときは、日曜日にイスラム系のアマさんでごった返しているではありませんか!昔は日曜は問屋も閉まっているので閑散としていたのに、この賑わいはなに! ◆日曜日の深水埗街歩き(2017/1/10記事) https://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/01/blog-post_10.html そしてグルメスポットにもなって、美味しいお店がたくさん!! あぁ、住んでいた当時にこのグルメ情報は知りたかったですわ・・・。 そして今年、香港政府観光局さんがイチオシしてパンフレットを出しているではないかぁ!!! このようなポスターをあちこちで見かけました。 一躍メジャースポットとなった深水埗、今回、太子寄りの深水埗をちょっと散策したのでご紹介しますね。 テクテク歩いてやってきたのが【春生雷堂】。建物は1931年に建てられたもので数年前に階層。一級歴史建築として歴史的建造物に指定されています。 ここは元々は薬局。上の階には九巴(九龍バス)の創始者が住んでいたそうです。 現在はリノベーションされて、「中醫藥保健中心(簡単に言うと漢方薬博物館のような感じ)」になっており、漢方の歴史が楽しめます。涼茶も飲めるみたいですね。 本当はここを見たかったのですが、祝日だったのでお休みでした。またリベンジしよう。 祝日とあって問屋街は静かでした。深水埗寄りだともっと賑やかなのでしょうが、本当に問屋街にいたので住民しかいません。 Googleマップで徘徊していて見つけた奇妙な建物。これお寺なの?と香港人の友人に聞いたら、ビル型の墓地なんだそうです。 【龍慶堂】というこの建物は1931年に設立され、1981年に現在の6階建てに増築されたそうです。さすがに中に入るわけにはいかないので外から見るだけ。 土地不足の香港はお墓問題もあるようです。日本では1族が1つのお墓に入りますが、香港では1人が1つのお墓に入るのだとか。 それじゃいくつあっても足りないですよね。 その近くにあったこちらのビル。一昨年くらいに話題になっていましたね。ただのビルなのですが、こんなカラフルな色に!!この辺りはローカルなエリアで比較的低層階のビルが多いので一際目立ちます。 ここってどこなの?行ってみたい!と思っている方も多いですよね。 Googleマップのリンクを張っておきますので場所を参考にしてください。 https://goo.gl/maps/6F8iAgQwoYK2 縦で撮影しないと全部入りきらない~! 何か有名なビルってわけでもなく、普通に人が住んでいる建物になります。撮影は控えめにね。 問屋街で閑散としている中、このお店だけ欧米人でとても賑わっていました! 入ろうとしたのだけど、狭い店内にたくさん人がいたので諦めた私・・・。Googleマップだと以前はボタン屋さんだったようですね。 ちょっとオシャレなアジアテイストの生活雑貨が置いてありました。欧米人の人が多かった。 店名、失念!すみません! 路地裏を撮影されている写真家・柴田誠さんを真似て、ちょっと路地裏も撮影してみました。誰もいない静かな路地裏です。 乾物屋さんで見つけた猫ちゃんー!!! 実は今回の香港滞在で猫を見つけたのはここだけなんです。ホテルのある銅鑼灣付近は猫いなかったもんなぁ。 推定3ヶ月、オス猫。店員さんにニャーニャーとじゃれていて、私に気づくと近づいてきてスリスリしてくれました。なんて人懐っこいの!!! うちの愛猫の弟に迎えたいっ!!! 深水埗駅周辺は何度となく徘徊していますが、太子寄りのほうはなかなか来ることがありませんでした。 低層階の建物が多くひしめいていますが、ここにもそのうち開発の手が伸びてくるのでしょうか・・・。 本当は気になって行きたかった茶餐廳もあったのですが、お休みばかり。この辺りを楽しむならば平日に訪れたほうが良さそうです。 昔、「香港でお気に入りの場所はどこ?」と聞かれたら真っ先に【深水埗】と即答していた私。 知っている風景がどんどん変わっていきますが、それでも私の中で【深水埗】は今でもお気に入りの場所のひとつです。 あ、そうそう。【深水埗】に行くならばここはマストです。 香港で有名なお菓子企業「嘉頓(Garden)」のビル。嘉頓のお菓子やグッズが買える他、ギャラリーやカフェ、レストランも併設されています。 こちらは来年には建て替えが決まったようです。行くなら今のうちです! (どうしてこうあれこれ壊してしまうのか・・・悲しい) 【深水埗】はローカルな雰囲気を残しつつ、多くの露店が立ち並び、新旧の美味しいお店が多くある場所です。 街歩きするにはオススメのスポットですよ! 行かれるならば、お昼以降に行ったほうが露店が営業しています。朝早く行ってもお店は開いてないのでご注意です。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  5. *ブログデザイン変更中で見づらいかもしれませんが、今しばらくお待ちください* 私が愛してやまない香港の海鮮料理。 実は今回の渡航で海鮮料理を食べに行くタイミングがなく悶々としていたのですが、そうだ!東京にも香港の海鮮料理が食べられるお店があるじゃないかっ!!! と思い立って行って来ましたよー。 【喜記】は香港の銅鑼灣付近に数店舗お店を構える海鮮料理専門店。「避風塘料理」といって、避風塘(タイフーンシェルター)と言われる水上生活していた人たちが船の上で作っていた料理。 私は香港のお店はまだ行ったことないのですが、美味しくて人気のお店なので間違いない! 銀座にオープンして10月5日で1周年でした。ずっと来たかったのにタイミングを逃していたなんて・・・。 ランチタイムは近隣のオフィスの方々で混雑しています。 1,000円くらいでいただけるお得なランチセットもありますが、今日は海鮮を堪能したいのでランチコース。香港の海鮮料理を味わうコースで2,800円です。 前菜はキクラゲ、叉焼、奥のほうに白切鶏がありました。白切鶏うまーい! じゃーん!いきなり出てきたのが『ホタテの春雨蒸し』。春雨にたっぷりホタテエキスが染み込んでいてガーリックもたっぷりでたまらん!香港で大好きなメニューのひとつ。 もちろん汁までいただきました。 大きなホタテはカットされていたので食べやすかったです。 『大海老の香港醤油炒め』。海老は殻まで食べられます。香ばしくて醤油味も濃すぎず。そしてネギがシャキシャキで美味しい!ネギ嫌いなのに美味しくいただいちゃいました。 これは・・・ビールが飲みたくなるwww。 『季節のお野菜』は蝦醤炒め!この葉物はなんだろうか・・・。ヤウマーチョイかな?メチャクチャ美味しかったよぉー。 蝦醤買ってきてこういうの作りたい(絶対同じ味にはならないけどw)。 お肉もちょっと食べたくて、追加でいただいたのがこちら。 (コースには含まれていませんので悪しからず) お任せしてしまったのですが「豚スペアリブの豆豉蒸し」だと思います。ちょっとピリ辛。これも美味しかったー。 焼きそばと炒飯が選べるので、炒飯をチョイス。この辺りでお腹が満腹で、半分は打包(持ち帰り)させていただきました。パラパラっとしていてシンプルな味付けにホッとします。 『本日のデザート』はミルクプリンでした。シンプルなミルクプリンにたーっぷりの花奶(エバミルク)!!!!!!めーっちゃ好みの味!これ、バケツで食べたいwww。 デザートはタイミングによってマンゴープリンや他のデザートになるそうです。 東京でこんなに美味しい避風塘料理が味わえるなんて大満足!お値段に見合った、いやそれ以上の満足度でした~。もっと早く来ればよかったよぉ。 料理長の蔡さんは30年前に日本に来られたとのこと。笑顔が素敵な蔡さんと広東語でお話したのも楽しかったです。香港から帰ってきたばかりだけど、もう香港に帰りたい!! じゃーん!【喜記】と言えばコレ!お店オリジナルのガーリックチップが香港でも販売されていて、以前はシティスーパーやAEONでも購入出来ました(最近はあまり見かけないんですが)。 これ、東京でも買えますよー。【喜記】ファンの方にはたまらないと思います。 そして1周年記念ということで、11月30日まで1周年記念コースがあります。 車海老、タラバガニ、ホタテ、ロブスターなど海鮮料理が存分に楽しめる期間限定特別メニュー。絶対お得です! メチャクチャ癒されました~。 ディナータイムはアワビやフカヒレなど高級メニューもあります。 もちろん、避風塘料理には欠かせない「避風塘炒蟹」もあるので今度は夜に来ようかな。 香港人が作る香港の海鮮料理、是非是非一度味わってみてください。私、また近々別の友達と行く予定www。 【喜記】 住所:東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル 2F 電話番号:050-5594-5109 営業時間:平日 ランチ11:30-15:00、ディナー17:30-23:00 土日祝 ランチ11:30-15:00、ディナー17:30-22:00 *ランチメニューは平日限定 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  6. *ブログデザイン変更中で見づらいかもしれませんが、今しばらくお待ちください* 私はコーヒーが飲めません。出されたら飲むけど、カフェオレが飲めるようになったのもここ10年くらい。コーヒー好きの夫の影響か、美味しいコーヒーなどは分かるようになり、美味しいコーヒーで淹れるカフェオレは楽しめるようになりましたが、それでもまだコーヒー単体では美味しさが分からない・・・お子様口ですww。 今回はコーヒー好きの夫のために何かいいお土産ないかな・・・と探していて見つけたコーヒーの専門店に行って来ました。 例のごとく、Googleマップ徘徊で見つけるという地図オタクww。 【奧林比亜接巨珈琲(オリンピアグレコエジプシャン)】は1955年に創業された老舗のコーヒー豆専門店。中環で今年オープンした『大館』の裏手にひっそりと佇ずんでいます。 こんなところにこんなお店があったんだ!って感じだったのですが、高級ホテルも仕入れていたり、日本からもコーヒー豆を買い求めに来る業者さんがいらっしゃるほどとか! 『大館』脇の急な奥卑利街(Old Bailey Road)をひたすら登ります。頂上手前まで登ります。途中で何度息切れしたことかwww。 お店の雰囲気はもちろん、この看板もレトロで素敵です。こんなお店にずっと気づかなかったのはコーヒーアンテナが低かったせいですね・・・反省。 店内にコーヒーの香りが漂っています。この香りは大好き。 新旧マシンもあって面白い!夫を連れてきたら悶絶してただろうなぁ。 (お店の方に写真撮影の許可をいただいています) 昔のお店の様子や写真などに取り上げられた記事。歴史を感じます。 紅茶の国イギリスの領土だった香港、私がいた頃は今みたいにスタバもなかったし、美味しいコーヒーが飲めるお店は少なかったようですが(と、コーヒーが好きな友達曰く)、こういうお店があったんですね。 コーヒー好きでなかったのが悔やまれます・・・。 さてさて、販売している豆のリストです。 スマトラ、エチオピア、コスタリカ、ペルー、タイ北部、ホンジュラスなどの豆があるようです。夫に「酸味のある豆を買ってきて」と言われたのですが、コレを見ただけでは私はチンプンカンプンww。 おっと!隣に日本語で書かれたリストがあるじゃないかー! でもこれを見てもよく分からないので、レギュラーとエスプレッソの2種類を100gずつ買いました。 豆、粗挽き、細挽きの3種類から選べますが(別途料金不要)、夫は豆を自分で挽くのが好きなので、そのまま豆の状態で購入しました。 お店の方に「日本人?香港に住んでるの?」と聞かれて「日本から旅行に来たんです」と伝えたら、10月23日でお店が移転するという話を伺いました。 10月23日~31日まで移転のためクローズ、2018年11月~2019年1月までPMQで3ヶ月限定で営業されるとのこと。 どうやらビルが老朽化のため取り壊しになるようで、PMQでの出店が終わった以降の移転先はまだ未定のようです。 と、言うことは・・・・ このレトロな店構えはもう見られないのですかっ!!!!!!あーん、コレが最初で最後の訪問なんて・・・悲しすぎる!!! 香港にお住まいの方、10月22日までに行かれる方は是非!見納めですぞ!!! 買ってきた豆はまだ未開封。夫に美味しく淹れてもらおうと思います。 次に行くときは新しい転居先なんだなぁ。寂しいなぁ。 新しいお店の移転先等が決まったら、Facebook公式ページで紹介されるそうなのでチェックしておきましょう。 【奧林比亜接臣珈琲】 住所:中環奧卑利街24號地下 (G/F,24 Old bailey street, central) 営業時間:10:00-19:00 日祝休み 移転情報: 現店舗⇒10月22日まで 引越し作業⇒10月23日~31日 PMQ営業⇒11月1日~2019年1月31日まで(Staunton:S503号室) 2月以降の移転先は決まり次第Facebookにてアップ予定 Facebookページ:https://www.facebook.com/OlympiaGraecoEgyptianCoffee/ 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  7. 香港でWI-FIルーターを借りてみた~KKDAY

    *ブログデザイン変更中で見づらいかもしれませんが、今しばらくお待ちください* 今年1月の香港渡航時に現地オプショナル予約サイト【KKDAY】でAEL(エアポートエクスプレス)チケットを安く予約して、すっかり【KKDAY】の虜になっている私です。 ◆香港でエアポートエクスプレスに安く乗る方法~KKDAY(2018/1/29記事) https://hongkongunchiku.blogspot.com/2018/01/kkday.html 今回はAELの片道チケットはもちろんですが、WI-FIルーターを現地でレンタルしてみました。 私はSIMフリースマホではないので、いつも日本からルーターをレンタルして行くのですが、出発時に手荷物で持ち込むのも邪魔だし、帰国時に羽田でバスの時間がないのに返却しにカウンターまで走る・・・という行為が煩わしく、現地でレンタルしたらどうなのかな?と試してみました。 私と同じようにSIMロックのスマホをご利用されている方、お役に立てたら嬉しいです。 【KKDAY】では香港、香港・マカオ、香港・マカオ・中国と3種類のサービスがあります。 私は香港だけしか行かなかったので「香港4G」でよかったのですが、マカオや本土に行かれる予定の方はそれぞれのエリアでも使えるようにレンタルしてくださいね。 料金は申し込み時によって金額が異なります。 (KKDAYは台湾の企業なのでレート変動があるのだと思われます) 私が予約したときは「香港4G」が1日366円でした。 申込みのフォームに所要時間3日間とありますが、3日以上でもレンタルすることは可能です。私は滞在期間の4日間で申込みしました。 レンタル料は1日につき366円×4日間=1,464円でした。これは最安値です!!!!!!!! 日本のレンタル業者にある紛失や故障時の保障パック等のオプションは付いていません。 ちなみにイモトのWIFIだと同じ期間で5,160円(4G/あんしんパックなし)、グローバルWIFIだと4,840円(4G/1日500円の安心パック必須)という計算になりました。 レンタル期間が1日延長ごとに70HKDがかかってしまいますのでご注意です。 また、出発8日前からキャンセルチャージが発生します。お申込み時には注意事項をよくお読みくださいね。 受け取りカウンターは入国口のA出口から出てください。出て正面に小さな旅行会社のカウンターが並んでいるところの左奥、A05のカウンターになります。 小さなカウンターなのでお見逃しなく。レンタル会社は『爽WIFI』という会社です。 カウンターに行ったら、申込み時にメールで届いたバウチャーを見せてください。 印刷していってもいいけど、スマホ画面で見せても大丈夫。予約番号さえ分かれば大丈夫です。 レンタル専用カウンターなので特に料金表など掲示はしていませんでしたが、飛込みでのレンタルも可能なようです。 中身はシンプル。ケース、ルーター、ケーブル、充電器のみ。 そして何よりもサイズがコンパクト!日本でレンタルするともう少し大きなサイズなんだけど、ほどよいサイズなので助かります。 充電器はUSBの差込口が4口あるのでルーターの充電以外にもスマホの充電にも使えました。日本からUSBポート持って行ったけど全く使わず!これはありがたいです! ルーターの裏にIDとパスワードがあるのでそれを入れるだけ。受け取り時に簡単に説明してくれます。フル充電で引渡しなので受け取ってすぐにフルで使えます。 このルータ、ただのルータではないんです!!!! 「此機USB位置可當作外置充電~」と書いてあるのですが(最後の3文字は不明)、実は充電器にもなるんです! ほら!ルーター本体にUSBの差込口があるんですが、これでiPhoneもしっかり充電できました!実は持参した充電器がもう寿命を迎えそうで不安だったのですが、外出しても充電の問題はまったくなし! おまけにルータもずーっと接続していても全く問題なし。「香港4G」はバッテリー持続時間が14-16時間あり、ルーターのバッテリーを気にせず接続できたので滞在中もネット接続に気を使わずにすみました! 日本でレンタルして行くとルーター、変換プラグ、USBコードだけで複数差込できるUSBポートや充電器は別途有料オプションのことがほとんどですが、【KKDAY】のこのサービスだと必要なもの+あると嬉しい機能が最初から付いていてすべて込みでこの値段。 これはもう日本で借りることはなくなるなぁと思ってしまいました。 実は以前、日本の大手レンタル業者でレンタルして行ったのですが、現地で変換プラグも充電器もどちらも壊れていたことがありました。到着日の夜、充電していて気づいたのですが・・・。 幸いに変換プラグは予備を持っていたし、USBで充電できたので事なきを得ましたが、帰国してクレームをあげると料金は割り引いてくれましたが「もしかしてあなたが壊したのではないの?」と遠まわしに言うような対応で、非常に憤りを感じた経験があります。 その場合、日本のサービスカウンターに電話すれば代替品を香港で貸し出してくれたとのこと。細かく説明書を読んでいなかった私にも落ち度はありますが、壊れたものを貸し出す企業にも不安を覚えたのは確かです(3回チェックしているらしい)。 信頼できる企業でレンタルするのが一番かなと思いました。 (もちろん、それ以降はその企業は二度と使っていない) 言葉が出来なくてもカウンターでバウチャー見せるだけ、説明もシンプルなので十分理解できます。 24時間空港で営業しているので深夜便や早朝便で香港に到着しても問題ありません! 返却時も中身を私の個人データを確認してすぐ終わり!スムーズすぎ! 【KKDAY】はスマホアプリもありますので、ダウンロードしておくと便利です。 バウチャーなど画面で見せられますので便利です! 香港滞在中はSNSに写真や動画をアップしたり、現地で友達とSNSで連絡を取り合うことも多いと思いますが、ストレスなく自由に使えると旅もより楽しくなりますよね! 私はこれからこっちでWIFIルーターレンタルしまーす! 間違えて日本まで持ち帰らないよう気をつけないとwww。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  8. 香港滞在中はお土産物屋さん的なお店にはほとんど行きません(帰国時に空港で買う程度)。 友達へのお土産は主にスーパーやドラッグストアがほとんど。 今回もスーパーを回っていろいろ買いました。今回見つけた新しいものとか私のお気に入りなどをご紹介します。 さてさて、トップ画像は去年くらいから香港で人気のチップス。 右はポテトチップスですが、左はフィッシュチップス。あれですよあれ!魚の皮チップス!それに鹹黄(塩漬けタマゴの黄身)がまぶしてあるんです。 「金鴨」はシンガポールのブランドであちらでも大人気なんだそう。値段をよく見ると55HKD。1袋で800円弱は結構いいお値段ですけど美味しいに違いない・・・。 食べたらまたレポします。スーパーではなくセブンイレブンで販売しています。 香港と言えば豊富な出前一丁!とにかく種類が豊富すぎて迷います。 棒タイプも結構オススメ!トンコツ味は美味しかったですよー。 麺といえばこてもオススメ。"福"が興奮を呼びそうな「上湯伊麵」と「上湯米粉」。実は香港日清食品製品なのです。 伊麺(イーミン)とはリングイネのようなちょっと平たい麺。香港の数多い麺の中で好きな麺ベスト3です。 「米粉(マイファン)」はビーフンです。 スープも付いているのでインスタントラーメンのように作ればいいだけ。 それにしても3袋で8.5HKDって120円くらいですよ・・・安すぎる!!! ちなみにこちら、Amazonで売ってますww(2018/10/4現在)。 麺と言えば、台湾のインスタントラーメン「KIKI」が!!香港ではネット購入しか出来ないって聞いたけど、セブンイレブンで結構見かけました。 これは最後の最後にインタウンチェックインした後に、香港駅のセブンイレブンで見つけてしまいました・・・。もう荷物一杯過ぎて買えなかったよ。次回の課題! このTempoデザイン、新しいよね。散々迷ったのですが、Tempoは毎回買っているので家に100個近いTempoがあり、今回は泣く泣く購入を諦めました・・・。人に配っても使い切れないww。 香港人の友人はTempoよりも上にある「ZENSES」を持っている人が多いんだよね。 よく見たらグレープフルーツとかリンゴとか、種類も豊富なんだ!次はこれ買おうかな。 ミネラルウォーターもだけど、炭酸水の種類も多い香港。日本で見かけないものも多くて気になる! 私の大好きな「藍妹(ブルーガール)」、日本でも販売してください! 実は今回、ビールは飲んだけど藍妹は飲まなかった(飲むタイミングがなかった)私・・・。 オリオンビールとかも普通にスーパーで買えるようになったんですね。 私が住んでいた2000年頃はアサヒスーパードライとキリン一番絞りorラガーくらいしかありませんでした。 このパックドリンクも大好きだしお土産に持って帰りたい! NESTEAシリーズは香港に住んでいる頃から好きだけど、あの当時はレモンくらいしかなかったなー。マンゴーティーにハチミツ洋梨!それにしても安い。6パックで10.5HKDですよ。 こっちも気になるなぁ。左は緑茶のリンゴ味(アップルティーみたいで美味しい)、右はサトウキビ。こういう日本には絶対ないものに引かれる・・・。 あぁ、これも欲しい。けどこの量はムリと判断し、ペットボトルを1本持ち帰り。 でも結局、他のパックジュース買って帰りましたw。 香港らしくはないけれど、日本では販売していないシリーズも好き! RITZのトーストチップス、これ私が絶対好きだと思う。しかもチェダーチーズとサワークリームオニオンなんてどっちも好物なんだけど! 散々迷ってサワークリームオニオンを購入。食べるの楽しみ!期待大! ジャスミンライス買って帰りたいけど重いなぁと思っていたら、こんなパックのジャスミンライスが!佐藤のごはん的で使いやすそう!これは買いましたよー。 インスタント奶茶はマストなのだけど、今回はこちらのブランド「TW捷榮」のものを購入。先日、香港猿創のRonnoさんに飲ませてもらって美味しかったの。 そういえば、3年くらい前に香港人友人が美味しいよって言ってたな。あまり見かけなかったので忘れていました。味が滑らかでした。 昨年、Twitterで話題になったクノールの「麻辣鮮露」。辛いものが大好きな人にはオススメ!一時期はスーパーで売り切れ続出だったと聞きますが、もう落ち着いたのかな。たくさん在庫アリ。 シティスーパーにて。このクロテッドクリーム、買いたかったなぁ。スーツケースがもう既にやばかったので今回は見送り。 シティースーパーはバターの品揃えがローカルスーパーとまた一味違いますね。オーガニックバターが多かったです。 日本からは考えられない値段。とにかく安い!こちらもまた次回繰越・・・。いつになったらバター買って帰れるのだろうかww。 こちらは日本に持ち帰りは出来ないけど(豚肉が入っているため)、住んでいた頃にもっとこういうを楽しんでおけばよかったといつも思う。 「湾仔碼頭」というブランドで、白菜、キャベツ、シイタケなどなど具が違って種類が豊富!皮が薄くて餡が大きく汁多めって書いてある。キッチンのあるホテルに泊まったら食べてみたいな。 おまけですが・・・。 セブンイレブンで見つけたハングル文字のこれ。あれ?前に買ったヤクルトのグミ?と思ったら、なんとヤクルトのパックでした。女性が顔にのせるあれですよww。 ヤクルトのにおいがするのでしょうか・・・。買う勇気がありませんでした。 思いっきりヤクルトのパッケージですが、商品名にはどこにもヤクルトの文字はありませんwww。 買っても買わなくても、スーパーめぐりは本当に楽しい! ウェルカム、パークン、シティースーパー、セブンイレブン数点をいろいろハシゴして満足してしまった私です。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  9. 渡航ごとに宿泊先とホテルを変える私ですが、今回は銅鑼灣に宿泊しました。 本当は北角ステイ予定だったのですが、金額と日程で自分好みのホテルが見つからず、滞在中に大坑の舞火龍(ドラゴンファイアーダンス)を観に行く予定だったので、便利かなと思ったからです。 銅鑼灣は香港に住み始めて初めて働いた日系企業があり、仕事終わりに買い物したり、太古からも近いので買い物や食事に来たりと馴染み深い街のひとつです。 旅行で来るようになってから銅鑼灣はゆっくりしたことがなかったので、昔と変わった銅鑼灣を徘徊するのを楽しみにしていました。 今回私がチョイスしたのは【バタフライ・オン・モリソン】でした。バタフライ系列のホテルは香港にいくつかありますね。 1泊1万円でスペーリアサイズの部屋を予約しました。 一人だし、そんなに狭くないでしょ?ベッドもダブルorセミダブルっぽいからいいかなーと。 ホテルはタイムズスクウェアの裏手の方にあります。MTR銅鑼灣駅A出口(タイムズスクウェア出口)から徒歩7分くらい。最寄は銅鑼灣だけど住所は湾仔なんですよね。銅鑼灣と湾仔の間くらい。駅から少し距離はあるけど、全く不便ではありません。 近くにコンビニもあるし、ホテル裏手には街市もあります。飲食店もたくさん! エントランスのガラスに描かれた模様が可愛い。 チェックインの時、とても感じがよくてこんなに感じがいいのは初めてかもしれない!! 予約されてますか~、パスポート見せてください~。はい、ありがとうございます。 で、そこからホテルに備え付けられているものの説明。写真は撮れませんでしたが、ドライヤーやポット、変換プラグなど無料でありますよ・・・と絵で説明してくれました。 あ、WI-FIは?と聞いたら、特に設定せずとも無料で使えるとのことでした。 もうねぇ、フロントの男性の説明がとても丁寧で感じがいいの! そして最後に・・・。 「香港へは初めてですか?あ、何度もいらしているのですね。今日は中秋節なので隣の大坑では香港の伝統的なお祭り、ドラゴンファイアーダンスが開催されるのです。歴史あるイベントなので是非足を運んでみてください」と政府観光局のパンフレットをくださいました。 思わず「明日行く予定なんです!」と話すと「それは素敵ですね!素晴らしい思い出が出来ると思います。香港滞在を大いに楽しんでくださいね。何かありましたらサポートしますから遠慮なく言ってください」って。 あのねぇ、高級ホテルなら分かるけど街中の安いホテルでこのホスピタリティってなにー!!!もう一発でこのホテルが気に入ったのは言うまでもないのですが、部屋に行って更にびっくり・・・。 あれ?予約したのはスペーリアの入ったらすぐベッドの部屋だったはずなんだけど、デラックスルームにグレードアップされてるぅぅぅぅぅぅ!!!!!! 少し前に滞在した友達が偶然同じホテルで、彼女はデラックスだったから覚えていたんです。 私が予約した部屋じゃないけどええのんか?と一瞬考えちゃって、でもこの部屋のカードキー渡されたし、間違えじゃないよね? しばらく部屋で「間違えました!」って来るのを待っていたんだけど、来ないからありがたくこの棚ボタをいただき、スーツケース開けて荷物を開封! ベッドはクイーンサイズ。真ん中にある花のクッション、私は毎晩抱えて寝ておりました。向こうには小さなソファがあって荷物置き場に最適。 スーツケースは写真手前のベッド横に広げていました。 バスルームはコンパクト。特に洗面台は小さくて荷物が置けなかったので、便座上にある棚を利用しました。 シャワーブースは小さいけど女性ならモウマンタイ!水圧もばっちり! 便座上の棚。タオルとアメニティ(歯ブラシ、歯磨き粉、コーム)がココに揃っています。 部屋に入って左にある机にはマグやポット、そしてフリースマホ(結局一度も使わず)、お水が毎日2本備え付けられていました。 ベッドの向かいにテレビ、その隣の鏡の裏がクローゼット、引き出し、冷蔵庫、セキュリティボックスになっています。 ドライヤーはその引き出しの中に入っています。分かりにくいのでご注意を! しっかり大きなドライヤーです。 なんか暗い部屋だなぁと思いでしょうが、両サイドが窓になっているので中が丸見えになっちゃうの!! チェックインの時は枕に蝶が数匹付いてたのが可愛くて。これはクリップになってます。 片方の窓からはタイムズスクウェア方面が。裏手にあるベストウエスタンホテルがちらっと見えます。 もう片方の窓からは、跑馬地方面からのトラムが走る道路が見えます。 朝方、トラムの音で目覚めました。香港に住んでいたときもトラム沿いに住んでいたので、夜遅い時間や早朝にトラムの音がしたのが本当に懐かしい。トラム沿いのホテルにして大正解でした!!! 私は9Fに宿泊したのですが、1フロアに6部屋くらいしか客室がなく、隣に台湾のカップルが宿泊していましたが音は全然聞こえず。夜は静かに過ごすことが出来ました。 もちろん、客室カードを当てないとフロアボタンが押せないようになっています。セキュリティはバッチリ。 チェックアウトのときのスタッフもメチャ感じよかったですよー。 思わず「とてもいいホテルだった。また絶対泊まりたいと思ってます」って言っちゃったわよ。 ここ数年の経験ですが、母と行ったパッケージツアーに付いているちゃんとしたホテルよりも、こうしたリピーターさん向けの小さなホテルのほうが、スタッフがちゃんとしている感じ。 前回、一人で宿泊した上環の【ホーミーホテルセントラル】もとても感じよかったし。 今回、私はagodaで予約をして事前に決済を済ませていたのでクレジットカードの提出やデポジットなどは不要でした。 あー、また泊まってもいいなぁ。MTRも近いけどトラム駅のほうが近く、しかも北角方面と中環方面の両方に行く停留所が一番近いので、道路渡って行くとかする手間が省ける! おまけにホテルの前は九龍半島行きのバス停なので、MTRでグルっと周るより楽! 私の行動スタイルにうってつけのホテルじゃん!!! また絶対泊まろうと心に決めたホテルでした。 【バタフライ・オン・モリソンブティックホテル】 Butterfly on Morrison Boutique Hotel / 銅鑼湾晋逸時代精品酒店 住所:香港銅鑼灣摩理臣山道39号 (39 Morrison Hill Road, Wanchai) チェックイン:14:00 チェックアウト:12:00 公式サイト:https://www.butterflyhk.com/eng/ *空港からはA11(北角碼頭行き)バスで「杜老誌道, 軒尼詩道」下車、徒歩5分 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  10. 無事帰国しました&最新情報あれこれ

    先週、無事に帰国しました! 幸いにも天候に恵まれ、当初はいろいろ予定していましたが、渡航前の疲れが取りきれなかったので4日間ゆっくり過ごすことにしました。ホテル付近からほぼ外出をしていない私です(笑)。 恒例のお土産撮影。今回は重いものをいくつか買ってしまった上、香港人の友人からのお土産がとてもたくさんあって、スーツケースの重さが過去最大w。 移っている以外にもいろいろあったのです。またこの辺りは皆様にお伝えしていきますね。 まず先に直近の最新情報をいくつかご紹介しておきます。 10/6-14まで銅鑼灣・ビクトリア公園テニス場で開催される「香港テニスオープン」に大阪なおみ選手が出場されるそうです! ビクトリア公園には大阪選手の入った幕が掲げられていました。 香港でも大阪選手は人気みたいですよ。この期間滞在される方、香港にお住まいの方、足を運んでみてはいかがでしょう?? 香港テニスオープン2018公式サイト:https://www.hktennisopen.hk/en/ 香港国際空港第1ターミナルの出国審査を出たところに会ったお土産ショップとフードコートが工事中になっています! 6月くらいから工事をしているようですが、工期など特に明記がなく・・・。いつまで続くのでしょうね。 ここでお買い物や食事をされようとしている方はご注意くださいね。 来年2019年に開通予定のMTRの新路線「沙中線」の駅が九龍城に出来ていました! 九龍城までMTRで行けるようになるのは便利だけど、街の雰囲気が一気に変わりそうな予感・・・。 空港からバスで銅鑼灣まで向かう途中の中環。先日香港を襲った台風山竹の爪あとがまだ少し残っていました。 郊外はまだ倒れた木がそのままになっているところも多いようです。 「あ!これはお知らせしなきゃ!」と慌てて写真を撮ったものばかりですが、直近で行かれる方は覚えておくといいかもしれません。 今回はあっという間の滞在すぎて、あれ?私香港に行ったよね?と未だ夢見心地ですww。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  11. 2018年の中秋節は香港で過ごします!

    さてさて、今日は中秋節! 香港では今日は家族でお月見して月餅食べて、明日は祝日。子供も夜更かしや夜遊びが許される日です。 中秋節は春節(旧正月)と同じくらい、家族で過ごすことを大切にしている日です。 そんな日に私は・・・飛びます!香港へ! 中秋節を香港で過ごしたことはありますが、結構久々なので遅い遅い夏休みを取って行くことにしました。 中秋節の香港の風景や気になるお店、最新スポットなどいろいろ巡ってきますね。 日ごろの行いがよかったのか(繁忙期が終わってもズルズルと仕事が忙しかっただよぉ)、台風も滞在中は来ないようなので平和な中秋節が過ごせそうです。 滞在中、ライブ配信も考えております。 FacebookもしくはInstagramで告知しますので、よろしければご覧ください。 (以下のリンク先をクリックしてください) 香港と日本とで同じ月を見ながらお祝いしましょう。 では、行って来ます~! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  12. 私が愛してやまない香港アクセサリーショップ【香港猿創】さんが9/23(日)まで期間限定でポップアップストアを表参道にオープンしています! 新作もあると聞いていたので早速お邪魔してきました~。 東京メトロ表参道駅A3出口を出て、左に進み小道を左に曲がると会場があります。このビルの2Fになります。 1Fに「Bamboo」というカフェがあります。 香港から個数限定でやってきたダックちゃん。 左の小さなダックはエコバックに、右の大きなダックは抱き枕です。 エコバッグには香港ドルコインの柄が!!!使うのが楽しくなりますね。 ちなみに、購入するとこの金具も一緒につけてくださるそうです。 香港の燒味屋さんで吊るされているように、おうちでも吊るせるように特別に作られた特注金具だそうです。こういう気遣いも嬉しいね。 こんな箱に入っています。個数限定なので欲しい方はゲットしてくださいね。 さてさて、では商品をご紹介しましょう!! 新作の【獅子山下】シリーズ。 「獅子山」とは黄大仙にある獅子の頭のような形の山。この山をモチーフにしたアクセサリーってどんなんだ? 香港迷さんには分かる形かもしれません。これ、先日の山竹台風が上陸する直前に完成した出来立てホヤホヤのアクセサリーです。 ハードに見えますが、女性がつけてもそんなにゴツくない感じ。これからのシーズン、ニットの上に合わせると素敵なネックレスです。 小さめのネックレスとブレスレットもあります。どちらもゴールドとシルバーの2種類あり。斬新なデザイン!相変わらず香港迷の心をくすぐるデザインです。 さて、こちらは団地の【俯瞰香港】シリーズ。香港の団地って上から見ると「井」の字に見えるんですよね。それをモチーフにしたデザインってどうなの? 「井」の字の間に石が入ったネックレス。言われないと団地がモチーフなんて絶対分からない!オシャレすぎる! 私が死ぬほど悩んでしまった【俯瞰香港】シリーズのリング!これはもう次には絶対買いますよ。 石が間に入っているところもあり、そして重ね付けが出来るようになっています。2-3連にしてつけるとより一層素敵です。私はメーッチャ気に入ってしまいました! ネックレス、ピアス、ブレスレット、リングのデザインがあります。 数に限りがあるので早い者勝ち!!!!!!! 少し前に発売された香港風景のピンタイプブローチ。扇形です。 香港風景デザインシリーズは私もリングが大のお気に入りでしょっちゅう付けています。 ネックレスも数タイプ、リング、ブレスレット、カフスなどなど種類が増えています。 香港好きならひとつは絶対持っていて欲しい一品。 今年発売された豚ちゃんネックレスもオススメ!赤の豚ちゃんは目を入れたほうがいいかどうか、試作段階で私もアドバイスさせていただいた一品です。可愛いー!! 人気の平安シリーズ。私も昨年ネックレスを購入しました。ピアスもあります。 ちょっと平たいパールを厳選して作っているアクセサリー。 大きめと小さめがあります。 香港迷さんにはツボの広東語シリーズ。ネックレスも広東語だと映える! 小さめタイプの広東語ピアス。セットではなく片耳のみの販売です。 あぁ、これも欲しくなる・・・。 広東語シリーズにブレスレットが仲間入り!これは「型仔(かっこいい男性)」と書いてあります。この形はリングもありますよ。重ね付けするのが素敵なの。 こちらは広東語シリーズのキューブ。アクセサリーではありませんが、インテリアにいかがでしょう?広東語の勉強になりますよ! キューブの広東語の意味を訳してくれた表がありますが、口語も多くて勉強になる。でも全くわかんないwww。 こちらも人気のバウヒニアシリーズ。バウヒニアってだけで、テンションがあがる! ネックレス、ピアス、ブレスレット、リングがあり。 パンダ、イルカ、猫などの動物シリーズもあります。いろいろ細工があって、見ただけでは分からない魅力が詰まっています。 私が初めて【香港猿創】さんを知ったのはこのアクセサリー。 香港らしいエッグタルト、菠蘿包、中秋節のランタンシリーズでした。これを見て「斬新だなー」と興味が沸いたんですよね。こういうアクセサリー、ありそうでなかったんだもん。 どれをとっても素敵なデザインばかりだし、デザイナーのRonnoさんが生み出すものが毎回ツボすぎです。 香港にはたくさんの素敵なデザインのものがありますが、本当にここのアクセサリーは大好き。いくつ買っても足りない(笑)。 そして、このBlogをご覧になってお店に行かれる方に朗報。 デザイナーのRonnoさんより「香港ウンチク話のブログを見た」と言えば、VIP価格の15%OFFでお買い物が出来るとのこと。 (今回の表参道のポップアップストア限定です) 何度か東京でポップアップストアを開催しているRonnoさんより、もっともっと日本の皆様に香港のことを知ってほしい、【香港猿創】のことを知ってほしいという気持ちを込めてのご厚意です。 香港が好きな人はもちろんですが、香港に興味はない人にも是非是非足を運んで欲しいイベントです。 Ronnoさんはストアに常駐していますが、英語もしくは広東語のみです。 日本人の通訳さんもいらっしゃいますので、デザインのことや質問、要望などは通訳さんを介してお伝えすることができます。安心してお買い物してくださいね。 ストアではRonnoさんが香港で買ってきた老婆餅と港式奶茶(香港式ミルクティー)がいただけます。エバミルクをさらに加えて作ってくださっているので、さらにさらに美味しいですー! この週末は是非、表参道に足を運んでくださいね! 期間:2018年9月21日(金)-23日(日) 時間:11:00-19:00(最終日は17:00まで) 場所:カセット表参道 東京都港区北青山3-5-23NOI omotesando 2F (東京メトロ表参道駅A3出口より徒歩2分) 香港猿創公式サイト:https://www.hkoapes.com/index.php 今回、こちらのポップアップストアに行けない方、香港では中環・PMQと香港国際空港第2ターミナルにお店があります! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  13. 香港マカオを襲った山竹と台風の話

    日曜日に香港、マカオを襲った台風。本当にスーパー台風でした。 香港人の友人もこれほど酷い台風は体験したこと無いと口々に語っていました。 幸い、香港では死者が出なかったようですが、今回の台風の被害の状態と台風にまつわるお話をしたいと思います。 ・日本では台風22号と報道されていますが、番号で呼ぶのは日本だけで、日本以外のアジア諸国では日本を含む14カ国から成る「台風委員会」に加盟国が登録してある140個の名前を順番に利用します。 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html 今回の台風は「山竹(Mangkhut)」という名前で呼ばれました。日本語での意味はフルーツのマンゴスチン。日本も加盟しているのであれば、いつまでも番号で呼ばずにこの登録名を使えばいいのになと思うのですが・・・。 ということで、今回の台風22号、もとい『山竹(マンゴスチン)』といいます。 ・日本では台風に関する警報が特になく、会社や学校などの判断で休校になったり早期退社されたりしますが、香港は台風に関するシグナルが決まっていて、シグナルごとに注意事項が異なります。 ◆シグナル1・・・台風が近づいていますよという警報。天候に大きな変化はあまりない。 ◆シグナル3・・・風速41-62km、幼稚園は休園になる。 ◆シグナル8・・・台風直撃。学校は休校、オフィスも出勤停止、マーケットも停止。飲食店やショップも休業。交通機関も停止。 ◆シグナル9・・・大型台風直撃。 ◆シグナル10・・・超大型台風直撃。←今回の『山竹』はこれ それに併せて、暴雨警報も発令されます。 黄色暴雨警報(Amber)・・・雨量30ml/h以上 紅色暴雨警報(Red)・・・雨量50ml/h以上/幼稚園休園、学校休校 黒色暴雨警報(Black)・・・雨量70ml/h以上/オフィス出勤停止、外出禁止 今回の『山竹』はシグナル10が発令されました。 通常の台風上陸だとシグナル8くらいで、私が一昨年渡航時に体験したのもシグナル8でした。シグナル10は何年かに1度しか来ないくらいの超大型台風なのですが、実は昨年もシグナル10が発令されるほどの超大型台風が上陸し、香港はもちろん、お隣のマカオが甚大な被害を受けました。2年連続でシグナル10が出ることはかなり稀なんだとか。 今回の『山竹』はシグナル10と言えど、シグナル10強とも言えるほどの超大型だったと思います。 先日、日本を襲った台風21号の被害を見たせいだと思いますが、香港は『山竹』が上陸する前に大澳の漁村や離島民に香港政府から避難勧告が出ました。これはとても異例なことです。 (Yahoo雅虎香港より引用) ビクトリアハーバーは海面が3.5mも上昇し、海沿いの建物は海水でガラスが割れるなどの被害が多かったようです。 香港島東にある住宅街・杏花邨は海沿いにマンションが立ち並んでいますが、海水が上昇したために道路はもちろん、マンション入り口にも海水が押し寄せてきました。 紅磡ではビルのガラスが割れて、書類が舞い上がっていました。 九龍サイドの住宅街・將軍澳でも住宅で窓ガラスが割れた家が多かったようです。 また、強い風のせいで建物が揺れ(香港の高層マンションは台風に備えてある程度揺れるようになっている)、乗り物酔いみたいになった友人も多かったです。 何文田に住む友人の家は窓の隙間から雨が入ってきて部屋が水浸しになっていました。 映画の撮影にもよく使われる、中環にある歴史的建造物のガス灯の階段も崩壊しています。 大角咀では建設中のビルのクレーンが落ちたし、ハーバーグランドホテルもガラスが割れて海水が入るし、香港中あちこちで甚大な被害でした。 被害の様子はこちらです。 9/16は朝からシグナル10が発令され、夜遅くにシグナル8へ、今朝にはシグナル3になりました。 通常であれば学校も通常通りなのですが、安全確保のために昨日は学校はすべて休校となりました(ちなみに今日も休校とのこと)。 しかし、会社となると行かねばならないのかなぁ・・・。 今回は大変な被害だったのに交通網の安全が確定されておらず、朝になって数を減らして運行するMTR、運休したバスに翻弄された香港市民の人たち。大変だったと思います。 大埔に住む友人は電車がなくて、午後から出勤したものの結局は会社までたどり着けなかったとか。また他の友人は3時間かけて出勤したとのこと。 大圍駅には人が押し寄せ、大変なことに・・・。台風も大変だけど、台風の後も大変。 香港にお住まいの方はもちろん、旅行中の方も大変な思いをされたと思います。 ちょうど、旅行中の方からメッセージでいろいろ質問をされたので、今後のためにも皆さんにシェアして置こうと思います。慣れない海外で災害に遭うのは不安ですよね。 ①天気情報を把握しておくこと 香港渡航時にはスマートフォンに香港天文台のアプリ(無料)をダウンロードしておくと便利です。すべての警報が出ていますので、今、何に注意しなければならないか、何時頃上陸する予定なのか分かります。 また、ホテルなどにいる場合はテレビを付けたら画面の上に発令中の警報がずっと表示されています。 (画面の上には時刻と天気、気温が出ている) 宿泊先のホテルや建物、MTRなど台風シグナル1が発令されたら警報を必ず掲示されるようになっています。 これを目安にするのも良いでしょう。 台風シグナルは1⇒3⇒8⇒9⇒10と出るのが通常です。2,4~7数字は表示されません。 ②エアラインに状況を確認する 台風直撃日が帰国日だったりする場合、自分の飛行機が飛ぶのかなど必ず航空会社に確認してください。 LCCでも前日にはキャンセルが可能な場合もあります。ただし、電話がとにかく通じない・・・。根気よく掛けるか、香港以外の事務所に掛けるのもありかもしれません。 また、メールもしておいたほうがいいでしょう。 ③食料品を買っておく 滞在中に台風が直撃する場合は事前にお水や食料を買っておきましょう。 大体、まる1日はホテルに缶詰になります。また、台風が来る前日はスーパーもコンビニも非常に混雑しているし、水など売り切れることもあります。 台風が来ると分かっていたら、早めに対策することをオススメします。 ④リアルタイムで状況確認するならSNSが一番 広東語も英語も分からない、今どうなっているのか状況を知りたい!と不安になったら、SNSを活用されると良いでしょう。 特にTwitterなどはリアルタイムで情報がシェアされますので、同じように旅行に来ている日本人の方や香港に住んでいる日本人の方と情報交換が日本語で出来ると思います。 ⑤むやみに外出しない 一昨年、シグナル8でやむを得ず外出した私ですが(ホテルを移動しなければならず、次のサービスアパートメントにアーリーチェックインできなかったため)、シグナル8が解除されるまでは基本的に外出は控えるほうがよいと思います。 どうしても必要がある場合は大型ショッピングモールへ避難しておくとよいかもしれません。 台風が直撃してもモール内のスーパーマーケットと映画館は営業していることが多いです。 9月も半ばを過ぎましたが、まだ台風がやってくる可能性は大。 来週は中秋節です。家族で安心して過ごせますように。 1日も早い復興を日本より祈っています。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  14. 香港もちょっとずつ秋の気配でしょうか?この週末は結構涼しかったみたいですね。 涼しくなると行動範囲も広がるー!!!いろんなところにいきたいぞ! 香港に何度か訪れて「もう中心地はいいから郊外を楽しみたい!」という人には必ずオススメしているのが【屏山文物徑(ピンサン・ヘリテージ・トレイル)】。 新界地区の天水圍、屏山には600年近く前に大陸から移住して来た「鄧一族」が建てた歴史的建造物が点在しています。それを回るルートがこの【屏山文物徑】。 以下の歴史的建造物から成り立っています。 聚星樓 上璋圍 楊侯古廟 古井 社壇 鄧氏宗祠○ 愈喬二公祠○ 覲廷書室○ 洪聖宮○ 清暑軒○ 屏山鄧族文物館○ 述卿書室古門樓 暑い時期はちょっと大変ですが、これからの時期なら楽しく歴史散歩できるかもしれません。都会の喧騒から離れて、中心地では見ることがない歴史的建造物を見るのも香港を楽しむ秘訣のひとつです。 以前、○印の半分を周ったのでご紹介しますー! 【屏山文物徑】ルート内にはこんな地図があります。この通りにまわるといいと思います。 ◆覲廷書室◆ こちらは『覲廷書室』という建物で、1870年に建てられたもの。 官吏の採用試験「科挙」に合格した優秀な覲延公を記念して建てられたもので、当時は「科挙」を目指す学習塾として建てられましたが、近隣の子供たちの学校としての利用もあったようです。 ◆清暑軒◆ 『覲廷書室』の敷地内隣にあるのが『清暑軒』。 1874年に完成したこの建物は宿泊施設として建てられました。 当時の浴場(写真左上)や台所(写真右上)などもそのまま残っています。 透かし窓など、細かい装飾がされていて、とても綺麗な建物です。 ◆鄧氏宗祠・愈喬二公祠◆ 二つ仲良く並んでいますが、左が『鄧氏宗祠』、右が『愈喬二公祠』。 『愈喬二公祠』は学習の場として利用されていました。 16世紀初頭に建てられたとのことで、500年近い歴史のある建物です。 『鄧氏宗祠』1550年に建てられたそうで、当時も今も集会場として使用されているそうです。 どちらの建物も扉の裏に鮮やかな絵が描かれています。そして屋根の上にも日本の「鬼瓦」みたいな彫刻が。色鮮やかでいいですよね。 ちなみにこちらの建物は「三進兩院式」という建築様式らしく、これほどの規模のものは香港でも最大級のものだそうです。 ●開放時間:9:00-13:00、14:00-17:00 ●定休日:旧正月三が日 ◆屏山鄧族文物館◆ 【屏山文物徑】のシメはこちらの『屏山鄧族文物館』へ。最後に行くのがオススメです。 なぜならば、ココまで急な坂道を登るので結構しんどいのです(笑)。 「鄧一族」にまつわる歴史や一族に関するものが展示されています。鄧さんなんて、全く知らない方ですが、でも香港の歴史がわかって面白い! テラスに出て外を眺めていたら、見慣れないものが!これは古墳?何?と一緒に行った香港人の友達に聞いたら、「鄧一族」のお墓だそうです。ココは一族以外の人は入れないんですって。 古墳のようなお墓ですね。 トレイル後半の部分だけ、全体の半分くらいを楽しみましたが、次は全行程制覇したい! 他にも興味深い建造物がたくさんあります。 【屏山文物徑】はMTR天水圍で下車すると行きやすいです。帰りはLRT屏山駅からMTR元朗駅に出るルートが良いと思います。 ◆聚星樓 MTR天水圍駅近くにあるのが「聚星樓」。香港に現存する唯一の塔で、鄧一族の合格祈願した風水塔です。 ここ、行きたかったんだー。ちょっと徒歩で距離があったので断念しちゃったけど次回は行くぞ! ●開放時間:9:00-13:00、14:00-17:00 火曜休み (wikipediaより引用)ちなみに、『鄧氏宗祠・愈喬二公祠』を訪れたら、絶対に見逃さないで欲しいものがひとつ! 元朗エリアで人気の茶餐廳『華嫂冰室』がなんとこの近くにあるのです! 『鄧氏宗祠・愈喬二公祠』は大きな広場にあるのですが、その広場を見渡すと、緑色の3階建てくらいの建物がありますー。 一昨年くらいに觀塘に支店がオープンしたけど、やっぱり本店のほうが風情あります。 (openriceより引用) 【華嫂冰室】 住所:元朗屏山坑頭村 営業時間:8:00-13:00;14:00-17:00 定休日:日曜 また、坑頭村付近は【屏山文物徑】の歴史的建造物も多いですが、中心地では見ることのない昔ながらの建物も多いです。興味深いです。 しかし、実際に人が住んでいる建物も多いので、むやみに写真を撮ったりしないようご注意くださいね。 どうしても撮影したい場合は一言声をかけて許可を取るようにしてください。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  15. 香港に行くとほとんど買うものが調味料だったり食材だったり食べるものが多いのですが、食料品以外で買ってよかったものをご紹介します。 ちなみに・・・私は帰国したら、スーツケース広げて中身を並べて写真を撮るようにしています。人にあげるお土産も全部並べちゃう。 いつ何を買ったか分かるように。自分の中でのマイブームもよく分かります。そして並べると必ず愛猫が物色しに来ますが・・・ww ①【陳枝記】の包丁 お料理が好きな殿方、主婦の皆様には断然オススメ!!!! 上海街にある【陳枝記】の包丁!薄くて切れ味も抜群です。 料理研究家の山本麗子さんが香港に行くと20本くらい買いだめしていて、小柄な彼女がいつも特注でお店にある包丁を短めに加工してもらっていたら、いつの間にかそのサイズが商品化されてしまったという包丁。 こういう包丁は叉焼を切ったりするのにとても重宝しています。薄いスライストマトをカットするときも使っています。 このサイズは200HKDでしたが(2016年1月の価格)、山本麗子さんが8年位前にテレビで紹介していたときは100HKDでした。また値上がりしてるかな? でもそれだけ出す価値はありますよ!! お料理が好きなお友達にもプレゼントしましたが、すごく喜ばれました。次は母にも買ってあげよう! 【紹介したブログ】 ◆香港の合羽橋でキレキレの中華包丁ゲット!~陳枝記老刀莊(2016/3/24記事) https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/03/blog-post_24.html ②茶餐廳用カップ&ソーサー じゃーん!茶餐廳で出されるカップにはいくつか種類がありますが、これも見かけますよね。このカップ&ソーサーは38HKDでした!こんなに安いとは!!! PMQで期間限定オープンしていた【黒地】で購入しました。現在、PMQにこのお店はないので、石峽尾のお店まで行くと見つかるかも! 香港に住んでいた2000年頃に茶餐廳で撮影した熱奶茶の写真が出てきました。同じカップだけど緑のラインの太さと色が微妙に違いますね。 そして欠け具合がいい!!赤いやつも欲しいなぁ。 ③中華小皿 ちまちまと買い揃えている小皿。デザインが綺麗なものはあまり使いたくないですが、右下の蝶柄はよく使っています。 左のちょっと小さなものも意外と使い勝手がいいのでお気に入り。 いろいろ買い集めているので購入場所は覚えてないけど、中環の【興祥富記】とかいいよね。あそこお店の雰囲気も大好き! また今度行ってみようかな~。そしてまた皿が増える・・・ww。 ④Tempoのウェットティッシュ お土産の定番でもある「Tempo」ティッシュですが、持ち歩きティッシュだけじゃない!ウェットティッシュは香港滞在中も使えるし、機内でも日本に持ち帰っても使えるから滞在中に1-2個は買っちゃいます。6HKDくらいです。 さすがTempoだけあって、ウェットティッシュも厚め。日本の薄いシートより使い勝手がいいのが嬉しいです。 ⑤香港カレンダー また次回香港に行ったら買わなきゃいけない香港カレンダー。 中でもこの【Sketches of Hong Kong】シリーズが気に入っています。今年1月に2018年も買ったから3年目。 香港の風景がスケッチされているカレンダー。毎月違う風景に癒されます。 このカレンダーはもうカレンダーとして機能はしてません(笑)。リビングに飾ってあるお気に入り! カレンダーと言えば、このミニタイプもお土産にオススメ!5HKDくらいなのでばら撒きにもいいですよ。私はキッチンにかけて「あれ?明日休みだっけ?」と香港の祝日と日本の祝日がごっちゃにww。 なんかこうしてみると、ビギナーさん向けのお土産にはなっていない感じですが(笑)。 まだまだ買ってよかったものはたくさんあるので、ご紹介していきますね。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  16. 香港はホテル代が高い!!!香港一人旅さんを悩ますのがホテル代ですよね。 最近、お仕事で初めて香港に行く方にホテルのことをいろいろ聞かれて、香港のホテル事情って私たちは慣れているけど、初めての人にはびっくりすることも多いんだなぁと改めて感じました。 私はいつも1泊1万円弱くらいのホテルを探すようにしています。もっと安ければなおいいですけどね。 最近、一人旅リピーターさんに嬉しい、バジェットホテルが香港では急増していると思いませんか?知らないホテルがどんどん増えてる!香港を歩いていても、ホテルサイトを見ていても、Googleマップを見ていても「あれ?こんなホテルあったっけ?」って思います。 バジェットホテルとは、低価格の最低限のサービスのみのホテル。 とはいえ、ベッドとシャワーがあって、セキュリティもしっかりしているし、アメニティも最低限ある、ルームクリーニングもしてくれるところが多く、香港滞在中はホテルで寝るだけの私にとっては十分です。 が、メリットも多ければデメリットもありますよね。 そんな話をいくつかまとめてみようと思います。 ①バジェットホテルは立地が最高! バジェットホテルはMTR駅の徒歩圏内はもちろん、中心地にあることが多いです。 彌敦道沿いで油麻地駅からすぐのところにある「カサ・ホテル」「インホテル」、廟街の目の前にある「キングスホテル」「シルカシービューホテル」、中環と銅鑼灣にある「ミニホテル」、湾仔の「JJホテル」、上環の「ホーミーホテル」などなど街の喧騒の中にひょっこりあるホテルが多く、香港ステイを満喫できること間違いなし。 ②バジェットホテルは価格が魅力的! ある程度立地によりますが、バジェットホテルの魅力は価格。 どれも1万円以下、5,000円前後というホテルも多い! 普通のホテルだと1泊15,000円以上は確実にします。一人で泊まるのにこれはちょっと痛い・・・。 ホテル代が高い香港で、一人旅をするリピーターさんには、1万円は嬉しい価格。 ただ、香港のホテルは週末が高い。金土は平日の倍近い価格になります。 ③バジェットホテルだけどサービスは問題なし! ベッドとシャワーだけの個室・・・というわけではありません。 アメニティもそこそこあり、冷蔵庫やテレビもある、無料WI-FIもある、ドライヤーもある、ホテルのセキュリティもちゃんとしている、清掃も行き届いている、そんなホテルが多いのです。 値段の割りに立地がよく、サービスもこれだけあればいい!という魅力が満載のバジェットホテルですが、もちろんデメリットもありますよ。 ①客室に窓がない部屋も!! 客室に窓がないってどういうことやねん!!!! ですが、バジェットホテルの一番安い部屋、5,000円弱の部屋などはご注意。客室に窓がないこともあります。予約するときになからずチェックしてくださいね! 安ければいい!という方はいいですが、やはり窓がないと火災とか起きたときに怖いなぁと個人的に思う・・・。 初香港で泊まった旺角のホテル、角部屋だったけど小さな窓が1つしかなくてびっくりしたのを思い出すなぁ。 ②バスタブは確実にない! バジェットホテルだけではありませんが、香港にはバスタブがないホテルも多いです。一般家庭でもない場合が多いです。 私は旅行中くらいバスタブがなくても特に困りませんが、毎晩お湯をはってお風呂につかりたい方はバジェットホテルは厳しいかもしれません。 また、シャワーブースがしっかりガラスで仕切られていればいいですが、なかにはシャワーカーテンだけだったり、便座の上にシャワーが付いていて、トイレとシャワーが一体になっているホテルもあるので、事前にホテルのバスルームは写真や宿泊者の口コミなどチェックしておくと良いかも! ③壁が薄いよー! バジェットホテルは客室の目の前にエレベーターホールがあったり、壁が薄かったり、ドアが薄かったりするので、隣の音や通路で人が話している声がよく聞こえます。 音が我慢できない人にはちょっと厳しいかもしれませんね。 ④大柄な男性は注意!部屋が狭い! 女性なら大して困りませんが、大柄の男性はご注意! バジェットホテルならシングルルームよりもツインかダブルの部屋を取ったほうが無難です。 私も一昨年、セミダブルが5,000円くらいのホテルだったので、もう2つグレードアップして7,000円でツインの部屋にしましたが、これが大正解。 バジェットホテルはベッドも比較的小さいので、使わないベッドのほうにスーツケースを広げて利用しました。 ツインルームを2人で利用するのは結構厳しいかも。家族ならいいけど、友達同士ならもうちょっと高いホテルに泊まったほうがいいかもしれませんね。宿泊代も折半になるので、もう少し広いところに泊まれます。 自分の旅に合わせて、ホテルをチョイスするといいと思います。 私は母や夫、友達と行くときはフリーのパッケージツアーで申し込みます。そのほうが楽なので。 個人で行くときはエアラインとホテルを自分で手配しています(エアラインはマイレージのことが多いですが)。 一人旅なら、ホテルは1泊10,000円前後で探して、設備や口コミを参考にしつつ・・・かな。 (tripadvisorより引用)最近気になっているのが、上環に新しく出来たカプセルホテル【Sleeep】。 1泊してもいいし、数時間の仮眠も出来るというホテル。 45分で99HKD、8時間で400HKD、1泊で600HKDくらいのようです。確か昨年末あたりにオープンしたばかりですが、海外渡航者にもかなり評判がいいとのこと。 日本のカプセルホテル文化がとうとう香港へ・・・ですね。 早朝便で香港に到着して、ホテルのチェックイン時間までちょっと休みたいという方や、トランジェットで香港滞在する方も利用しやすいかもしれません。 時間単位で利用できるのは嬉しいかも! 香港のホテル、どんどん進化しています。 (名前も変わるから本当についていけない~) 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  17. ガイドブックによく出ている【女人街】と【男人街(廟街)】。 お土産物を探すには楽しい通りですが、実はこれ以外にもたくさん香港にはたくさんのストリートマーケットがあるのをご存知でしょうか? 基本的には香港市民向けの露店が多く、食料品や生活グッズ、衣料品などが主なのですが、探してみるといろいろ掘り出し物が見つかります。 そんな数あるストリートマーケットの中で、私のお気に入りをご紹介します。 ◆花園街(旺角)◆ ガイドブックなどで見かける【花園街】はスニーカーなどスポーツ用品が安い通りと書いてあると思いますが、これは旺角やら油麻地付近の【花園街】で、同じ通りでも北のほうに行くと市民の生活用品や八百屋などが立ち並ぶ露店街になります。 旺角の花園街市からMTR太子駅までの距離だけです。 私が行ったときは旧正月前だったので、利是袋(お年玉袋)やお正月飾りのお店がたくさん! 私が買いたいものはこのお店に。タオルを売っているお店です。 香港ドルのバスタオルを買いました!3枚で100HKD。私が行ったお店は100HKDと1,000HKD札柄しかなかったです。パッと見、置いてなかったのでお店の人に「香港ドルのタオルはないですか?」と聞いたら、下のほうから出してくれました。 他にも、ストリートフードで有名な【奇趣餅家】もあるし、太子までぶらぶら歩くのも楽しいです。 ◆渣甸坊(銅鑼灣)◆ 個人的にとても大好きで昔よく通った通り【渣甸坊(ジャーデンズクレッセント)】。香港島の「女人街」とひそかに思っています。 ニットのスカート、ストッキングなどなどいろいろ買いました。こちらは女性もののお店が多いです。お土産屋はなし。小さな通りで距離もそんなに長くないけど、絶対掘り出し物はあるはず! この写真のスニーカー靴下、10足で100HKDですよ!セサミストリートとか可愛いんだけど! ちらちらっとだけど、スマホグッズのお店もありました。 ビタソイのiPhoneカバーを買ったのはこの通りですー。 ◆利源東街(中環)◆ 高層ビルの隙間にある細い通り【利源東街】は女性向け。 欧米人観光客やフィリピン系のアマさん(お手伝いさん)などが多い気がします。 こちらも女性用の衣料品、バッグ、アクセサリーのお店が多く、お土産もののお店もあります。 こんなチャイナドレスっぽいのが結構多い。試着はどこでするのだろう・・・w。 偶然、エコバッグを売っている露店を発見!リヤカーですぐ逃げれるように! 1枚10HKDは安い!と思ったけど、質がイマイチだったのでやめておきました。安かろう悪かろうな感じだったのが残念。 ◆砵典乍街(中環)◆ 石畳の【砵典乍街(ポッティンガーSt.)】は映画や雑誌の撮影にも行われるスポットでもあります。上まで登ると新しい観光スポットの『大館』がありますが、道の下のほうにはお店がたくさん!! 一番下のクイーンズロードから続く【砵典乍街】は、最初は裁縫グッズなどのお店があり、徐々にオモチャっぽいものやお土産になりそうなものの露店が出てきます。 これから中秋節⇒ハロウィンと続くので、売るものもそういったものが多いかな。欧米人向けって感じ。 探していた香港旗ワッペンはここで買いましたよー! こんなのもありました。いくつ買ってもいいかもね。いろんなものに貼りたい! ◆福榮街(深水埗)◆ 深水埗はガラクタ街、電脳街、本当にいろんなストリートマーケットがたくさんあって面白いのだけど、お気に入りのひとつはオモチャ街の【福榮街】です。 オモチャの問屋さんが多いので、いろんなものがとーっても安く買えちゃいます。 【福榮街】の一角がオモチャ街。北河街~南昌街の間にたくさんお店があります。 深水埗駅B2出口が一番近いです。 前に行ったときは中秋節前で、提灯とか中秋節グッズがたくさん!ハロウィン、クリスマスと続くから賑わいは続きますね。 面白ファンは10HKDで売ってました。この右のファンは今でも使ってます。大人でも楽しいオモチャ街! 今日はとりあえず5選ということなので以上で。 まだまだ楽しいストリートマーケット、見つけたらご紹介しますね。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  18. 香港にはいろんなところに看板猫がいる。乾物屋にも八百屋にも街市にも茶餐廳にもいる。 あれー、香港に住んでいたときにこんなにあちこちで猫みたかなぁ。全く覚えがない(当時は全く猫に興味なし)。 猫を飼い始めて4年、すっかり猫ラバーになった私は香港でも猫を求めて徘徊していますが、去年からとある香港グループで話題になっていた看板猫に会ってきました。 中環の「PMQ」の入り口正面にある【創藝無限・心靈便當店(Soul Art Shop)】というお店は、ラッキーアイテムを売っているお店。 中国っぽいオシャレで可愛いグッズがたくさん売っています。買いたいものがたくさんあってウズウズウズ・・・。 でも一番の目的はチミだよ!!看板猫のTigerくん、オス、3歳。なんという毛並みの良さ!愛想の良さ!うちの娘のムコになって欲しいくらいのイケニャンです~。 オバちゃん、こちらのTigerにゃんていかがですか?お安くにゃってますよ! いや、オバちゃんは赤いTigerよりキミがいいわ!! もうTigerくんが可愛すぎて可愛すぎて。なでなでさせてくれるなんて感無量! 店員さんに許可いただいて、彼の写真バシバシ撮っていたら「オヤツあげてみる?」と言われて、私の手からオヤツを食べてくれました。 店員さんに彼が香港好き日本人の間で人気になっているとお伝えしたら、とても喜んでくださいました。彼目的で行くニャン好きも多いですよね。 それだけで去るのは失礼なので、買いましたこれ。 本当は写真集かチビタイガーが欲しかったのだけど、これならおうちに飾れると思って。 8枚入りで80HKDでした。オランダのカメラマンさんが撮影したらしいですね。今度は写真集買おうかなぁ、やっぱり。 時間がなくて、Tigerくんメインの来店となりましたが、今度はまたゆっくりラッキーアイテムを見に行こうと思います。 ・・・って言いながら、またTigerくん撮って終わっちゃう気がするけどね(笑)。 イケニャンの看板猫に会いたい人は、【創藝無限・心靈便當店】へ!! 【創藝無限・心靈便當店】 住所:香港中環状鴨巴甸街24-26號A (Shop A1, G/F, 24-26 Aberdeen Street, Central) 営業時間:12:00-20:00 公式サイト:http://soulartshop.com/ 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  19. 日本でも古くから愛されている日清「出前一丁」ですが、香港では日本以上に香港市民の味として親しまれています。香港では「チョッチンヤッテン」といいます。 香港土産の定番として「出前一丁」とあがることがありますが、香港に行ったことがない人にとっては何のこっちゃ?ですよね。 香港で「出前一丁」がどれだけ市民権を得ているのか、まとめてみますね。 まず、スーパーに行けばこんなにたくさんの種類の味があります。日本で販売しているのは左上の赤いパッケージだけですよね? 海鮮味、XO醤味といった香港らしいものに加え、日本のラーメンが大好きな香港人にウケるトンコツ味や醤油味など合計16種類近くあるんです。 1つずつバラで購入できるので、お友達に面白いお土産としてもいいかな? お友達にお土産でもらった、最新作の出前一丁は韓国の辛ラーメンに似てます。あれより麺が太いです。 カップタイプもあります。こちら、最近リニューアルして清仔(出前一丁坊や)のイラストが大きくなっています。 どんぶりサイズもありますよ。とにかく値段が安い!3つで20HKD(300円弱)ですもん! 香港らしくマカロニもあります。マカロニは香港の朝ごはんの定番です。 写真がないのだけど、棒タイプのラーメンやビーフンもあります。 旧正月が近くなると、旧正月バージョンのパッケージでお年玉袋(利是袋)が付いたお得パックも限定販売されます。 湾仔を歩いていて見つけた、出前一丁デザインの茶餐廳!店内はいたって普通のようですが、店頭に清仔ファミリーのイラストふんだんで入りたくなる! まだ行っていないですが、紅磡に出前一丁グッズが展示されている茶餐廳があります。 香港式出前一丁を食べたければ茶餐廳へ! スパムやハム、目玉焼きをのせたシンプルなもの、トマトやサテで味付けたもの、鶏肉をのせた汁なしなどバリエーションがとにかく豊富!こんな調理法、日本にはないですよ~。初めて見たときはかるーくカルチャーショックでした(笑)。 私は写真の『沙嗲牛肉』が好き。これはマカロニで食べても美味しいけど、やっぱ出前一丁だよねー。 朝ごはんなどセットとして、置いてあることが多いです。 出前一丁とパンとタマゴとハム、そして奶茶。香港人は朝からしっかり食べます! そういえば、空港内の【翠華】で出前一丁の焼きそばもあったなww 香港国際空港第2ターミナルにあるこちらでは、オリジナル出前一丁が作れるほか・・・。 グッズも販売しています。日本では売っていないグッズがたくさんー! 私も買いました!なかでもワッペンが気に入ってます~。 銅鑼灣で見つけたので思わずパシャリ。 こちらのカフェバー『辦館 LOF10』では出前一丁使ったメニューがありますよ的な広告。オシャレなカフェバーにも浸透している出前一丁!すごいでしょ? 今年は創業50周年ということで、こんなCMが流れています。 子供の頃は「インスタントラーメンなんて身体に悪い!」と母に食べさせてもらえなかった反動か、大人になってから時々だけど無性に食べたくなる出前一丁。 こんなにたくさん種類があるなら、香港で買ってきてもいいし、茶餐廳で食べてみたいな?と思いませんか? あー、食べたくなった。次の香港で絶対食べよ! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  20. 香港に関する質問の中で「オススメのホテルはどこですか?」とよく聞かれます。 快適に香港滞在を過ごすためにも、ホテル選びは大事! 近年はどんどんホテル代も高騰している香港だからこそ、安くていいホテルを見つけたい! 最近、私は一人旅と二人旅の両方楽しむようにしているので、単身で、家族で香港に行かれる方にアドバイスが出来たらいいなぁと思います。 まず、ホテル選びのお話を。 私は特に高級ホテルに泊まりたいというセレブリティな願望はありません(いや、泊まれるものなら泊まってみたいけどお財布がね・・・w)。かといって、一応女性一人で泊まることを考えるとホステルに泊まる勇気はないw。 ある程度の清潔感と最低限の設備(ベッドとシャワーと冷蔵庫)があれば、あとは値段に応じてホテルを決める感じです。 二人旅ならばフリーのパッケージツアーでなるべくホテルが確定しているものをチョイスします。格安だと旅行直前にホテルが決まるし、郊外のホテルになると動きづらいのが難点。私が引率するわけだし(笑)。少しでも楽な中心地のホテルがいいかな。 先にホテルが決まっていたほうが、安心して旅行の予定が立てられますしね。 一人旅ならばホテルサイトでにらめっこ。大体1泊1万円前後に設定して、あとは口コミ評価が高いもの、設備がある程度整っているところをチョイス。 この時点で、場所は設定しないんです。だっていろんなところに泊まりたい!それぞれエリアに特徴があって楽しいもん。いろんなところ泊まったけど「ここはもう来なくていいや」ってエリアはありませんよー。 家族で行くならば古くからあるホテルを選ぶのがオススメです。建物の作りがしっかりしていて壁が厚いので隣の音が気になりません。部屋も広いところが多いです。リノベーションしていれば古いホテルでも問題なし! 最近はオシャレなブティックホテルが増えていますが、新しいと比較的壁が薄く客室も狭いところが多いです。 さて、ではここ数年で泊まったホテルをご紹介します。 メリット・デメリットも敢えて書きますのでご参考になれば! ちなみに2015年から香港通いを再開して以来、ほとんどエリアには泊まっていないよww ◆ゲートウェイホテル(Gateway Hotel) 尖沙咀◆ 近年で泊まった中では一番綺麗で素晴らしかったホテル。マルコポーロホテル系列で、ハーバーシティの真ん中くらいにあります。 雨が降ってもハーバーシティと直結しているからショッピングもレストランも問題なし! 客室も壁がしっかりしているので隣の音なんて全く聞こえず。そしてネスレが設置されてるし、フリースマホもある! シニア夫婦だったりファミリーで訪れる人にはイチオシのホテルです。 こんなホテルに一人で泊まったのが悔やまれる・・・夫とか友達とかと泊まるべきだったわ・・・。 私が滞在したときがたまたまなのかもしれませんが、大陸の観光客がすごく多かった・・・。ロビーがあまり広くないので、チェックアウトは少し早めにやってしまったほうがよいと思います。 <過去のホテル滞在記事> ◆尖沙咀・ゲートウェイホテルに泊まってみた! https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/02/blog-post.html ◆Attitude on Granville 尖沙咀◆ 2016年にオープンしたばかりのホテル。尖沙咀の人気レストラン「Yum Cha」の上にあるホテル。 もうここはホテル内がいちいち可愛いっ!!!!!! 部屋の壁にイラストが描かれていたり、トイレには可愛いタイルだし、アメニティも可愛い香港雑貨だし・・・。 そして立地が最高!尖沙咀のど真ん中にあるんだもん。便利で仕方ないでしょ! こちらのホテルは女の子同士とか若いカップルさんで使って欲しいかな~。 ホテル付近にはショップもレストランもたくさんあるし、夜遊びしても大丈夫! 私が宿泊したのは一番広い「スタジオスイート」という部屋でした。 <過去のホテル滞在記事> ◆女子旅にオススメ!大人可愛いブティックホテルオープン!~Attitude on Granville@尖沙咀 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/11/attitude-on-granville.html ◆パンダホテル(Panda Hotel) 荃灣◆ 昔から格安ツアーのホテルとして有名なパンダホテル。OL時代に会社の先輩がよく泊まっていたのもパンダホテルwww。 なので名前だけは知っていたけど、荃灣なんて遠いなぁ・・・と思っていました。 たまたま香港人友人ご仕事の関係で女性限定フロアの予約が取れることになり、さらには出発2週間前にプロモーションが始まって部屋の値段がグンっと下がったのは嬉しい話。 大陸の観光客が多いですが、女性専用フロアに泊まる女性は少ないのか、賑やかなロビーとは比べ物にならないくらい穏やかなフロアでした。 客室もパンダとかアヒルとか女性っぽい演出。荃灣の街はショッピングモールもあるし、レストランも多いし何も困りません。ここだけでも滞在が楽しめる~。 ただ、尖沙咀まではMTRで40分くらい、MTR荃灣駅までは徒歩10分くらいと中心地で遊びたい人にはちょっと遠いかも。 ホテルから尖沙咀に1時間おきにシャトルバス(宿泊客は無料)が出ているので、それを使えば20分くらいで行けちゃいます。予約して利用すると便利ですよ。 荃灣探検のためにまた泊まりたいと思うくらい。 香港ディズニーランドが近いので子連れファミリーさんとかいいかもね! <過去のホテル滞在記事> ◆レディース限定フロアがある穴場ホテル~パンダホテル@荃灣 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2015/09/blog-post_21.html ◆ハーバープラザ8ディグリース 土瓜湾◆ パッケージツアーで泊まったホテル。こじんまりとしたツインだけどスーツケースを広げるくらいのスペースはあります。 ハーバープラザ系列なので悪くない。シングルベッドがちょっと小さめなので大柄の男性にはちょっと厳しいかもしれませんが、女性なら特に問題ありません。 ホテル周辺は市場があったりスーパーがあったり。ちょっとあるくとローカルな飲食店がたくさんあるので何も困らないかな。 ただ、現時点ではココまでの交通網がバスしかないので、初香港の人は不便かもしれませんね。もう少ししたらMTRの新駅が近くに出来るのでそうなったら便利になるかな? 尖沙咀までタクシーで50HKDくらいです。 フロントの装飾が8度傾いているのでガン見すると酔いますからご注意を(笑)。 今はなき、てるみくらぶの格安ツアーで行ったので値段の割にはちゃんとしたホテルでした! 可もなく不可もなく、また泊まることがあればそれもいいかなと思う感じ。 <過去のホテル滞在記事> ◆なぜか8度傾いているホテル~ハーバープラザ8ディグリース@土瓜湾 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/06/88.html ◆リーガルオリエンタルホテル 九龍城◆ 今年1月に人生3度目のリーガルオリエンタルホテル滞在。過去2階は最初から高層階で特に問題はなかったのだけど、今回に限って低層階。別に低層階でもいいのですが、カビ臭い・・・・。どうしても我慢できずにフロントに交渉して10階の部屋に変えてもらいまし た。低層階は通気口からカビの臭いが流れてきます。部屋の掃除も行き届いていない感じで、今回は残念な滞在でした。 前はそんなこと感じなかったけどなぁ。恐らくもうココに泊まることはないかなと思います。残念だけど。 今回は九龍城を満喫したかったのでこちらに泊まりましたが、そういう目的がなければわざわざ泊まることもないかな。MTR駅もちょっと距離がありますしね。 来年にはMTR新駅が開通する予定だから、ホテル代がさらに値上がるかしら?恐らく近隣にホテルが増えるんじゃないかと予想しております。 <過去のホテル滞在記事> ◆九龍城に宿泊しました~リーガリオリエンタルホテル@九龍城 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2018/02/blog-post_26.html ◆ホーミーインセントラル 上環◆ セントラルと言いながらも立地は上環ですが・・・w。 カミングアウトします。実はこのホテル、私が初めてホテルサイトで検索して予約を取ったホテルですwww。いつも友達に頼んだり手配してくれることが多かったので、自分で探して・・・というのがココが初めてでした! MTR上環駅がすぐだったので移動がしやすいなと思ったこと、乾物を買いたかったので乾物街に泊まりたかったこと、そして何より値段が安かったことで即決してしまいました。 最初、見たときはシングルルーム4,000円台。でも窓なしだからこの値段ならもっとグレードを上げよう!と思って、一人滞在なのにツインを予約。時期も安かったのか1泊7,000円くらいでした。 結果的に、ツインでよかった。逆にツインに二人泊まったら狭かった。そんな広さでした。 ベッドはひとつだけ使って、使っていないベッドにはスーツケースを広げていました。 バスルーム、トイレがとてもミニマムだったので完全に女性向き。男性だと窮屈かも。 フロントスタッフはとても感じがいいし、掃除も行き届いているし、この値段でこれはコスパ高いと思いました。 ただ、別の時期に友達が宿泊したときは目の前が工事中で日中うるさかったとのこと・・・。 ここのホテルはまた泊まりたいと思っています。尖沙咀と北角にも同じグループのホテルがあるけど、セントラルの方が広い感じです。 ただ、宿泊した一昨年に比べ、既に価格が上がってますね・・・。ホテル代、まだまだ高騰するんかな・・・。 <過去のホテル滞在記事> ◆乾物街のオススメホテル~ホーミーホテルセントラル@上環 https://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/06/blog-post_12.html 年内にも香港に行ってくるので、またひとつご紹介できるホテルが増えると思います。 いろいろ参考になれば嬉しいです! さて、次はどこに泊まるでしょうか??? お楽しみに! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  21. モンスターマンションのブームから、日本のみならず世界のミュージシャンがミュージックビデオ(MV)を香港で撮影しているのをよく見かけます。 (現在、モンスターマンションの撮影は禁止。事前に許可が必要です) 気になっているミュージシャンもいれば、MVを見たことがきっかけで好きになっちゃうミュージシャンもいます。私、暇さえあればYoutubeでいろいろ検索しているのですが、そんな、香港で撮影されたMVをまとめてみました。 過去に撮影されたものもご紹介します~。 ◆Mondo Grosso / ラビリンス◆ 記憶に新しいのが女優・満島ひかりさんをボーカルに起用したMondo Grossoの「ラビリンス」。オープニングがモンスターマンションから始まり、餐廳の中に入ったら今度は油麻地・男人街へ出て、最後に深水埗・鴨寮街へ。 さすが元Folder!ダンスはお手の物。観光地ではない香港の風景が魅力的で「これはどこ?」とネットで話題になりましたよね。 ◆クレイジーケンバンド / 香港的士◆(動画は一部のみ) ボーカルの横山剣さんは香港迷としても有名。「香港グランプリ」という曲もありますが、2016年に発売された「香港的士」は私も大好きな曲! 歌詞の中で「ウォーアイニー我愛你」と普通語で歌っているのが残念ですがwww。 ◆Vamps / The Jolly Roger◆ L'Arc〜en〜CielのHydeが参加するロックユニットVampsも香港で撮影。昨年活動休止しちゃいましたね。ジャンク船で演奏しているのは似合ってる! ◆セレイナ・アン / Love&Sweet◆ 2016年に日テレ「ZIP」の朝のコーナー「青空キャラバン」に出演していたセレイナちゃん。可愛くて歌も上手くて売れるといいなぁと母心で観ておりましたww。 そんな彼女が初めて海外でプロモーション撮影したのが香港~。 若くて可愛い女の子が香港の風景でより一層可愛く見える!! ◆Han-Kun / 無問題◆ 私が去年から激ハマリのMV!!!Han-Kunは湘南乃風のメンバーなんですねぇ。 ジャッキー・チェン映画のエンディングのメイキングっぽいつくりなんです。ジャッキーが出てるよ!!!と途中まで本気で思ってましたよww。ものまねタレントのジャッキーちゃん!大好きです! 歌詞も頭に残って離れない~!「一家に一台、無問題」ってwwww ◆Alan Walker / Sing Me To Sleep◆ 海外アーティストもよく撮影しています! ノルウェーで活躍する音楽ディレクター、アラン・ウォーカー。弱冠20歳ながら世界的に活躍しています。一度は彼の曲は聞いたことある人も多いのでは?私も大好きなのです。 モンスターマンションや営業前の旺角辺りでアジアの混沌とした雰囲気が出てるし、中環での撮影は近代的な雰囲気が出てるし。素敵です。 ◆Iggy Azalea / Mo Bounce◆ オーストラリア出身の女性ラッパーIggyも香港で撮影してる!! 香港の風景にダイナマイトボディが映える~。ヒップが一番印象に残るかもww 踊っている小さな女の子が可愛い! ◆Gallant x Tablo x Eric Nam / Cave me in◆ アメリカのR&BシンガーのGallantと韓国のシンガーTablo、Ericとのコラボ作。 Gallantの甘い声がすごく好き。シャレオツなMVに仕上がってるなぁ。 韓国のMVでも香港で撮影されたものがたくさんあります。 ◆Akcent / Dilemma◆ ルーマニアの音楽グループ、Akcent。知らなかったグループだけどさ、ルーマニアとか世界のミュージシャンが香港でMV撮影してるってすごいね~。 さて、ココからは懐かしいMVです。 ●浜崎あゆみ / fated● 浜崎さん、この作品と「glitter」は香港で撮影しています。そして両作品とも、ショーン・ユー(余文楽)が相手役で出演してるのー!!!!!! なんか・・・悔しいww 私のショーン! ●Gackt / Another World● 2002年にリリースされたこちらの曲。ちょっと前の香港が見られます。MV内に今は無き熱狗巴士(ホットドックバス)が走ってるよ~。 ●B'z / Home● 1998年にリリースされた曲なので、ちょうど私が香港に住むことが決まった頃の香港。返還直後の香港で撮影されたんですね。途中、ビルの上を飛行機が通る風景があるけど、既に九龍城砦は取り壊されているから、その近くのビルの上で撮影されたのかな? いちいち懐かしいシーンが多くて見入ってしまいます! (YoutubeのB'z公式サイトではMVが全部公開されていません・・・) ●The Police / So Lonely● 1978年リリース!このMVは日本の地下鉄構内と香港の街中で撮影されています。中盤で信号機ではなく有人で交通整理してるところが撮影されてますが、これってペニンシュラ前かな?1978年頃にまだこれがあったと考えるととても興味深い! まだまだたーっくさん、香港で撮影されたMVがありますが、個人的なお気に入りも含めて一部をご紹介しました。 youtubeの私のページでは「香港で撮影したMV」というライブラリ内にこれらのMVや他に見つけたMVがたくさん入っています。よかったら見てね~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  22. 香港スイーツと言えば、マンゴープリンやエッグタルトが思い浮かぶ人が多いでしょう。 香港はフルーツを使ったスイーツも多いですが、香港人が好きなのはお汁粉系のスイーツなんです。 お汁粉系は温かいものと冷たいものがあるし、お汁粉というと甘いイメージがありますが素材の甘みを生かしたものが多く、甘すぎないので大好きです。 私はお汁粉系の中でもクルミのお汁粉「合桃糊」が大好き!香港スイーツで好きな3大スイーツのひとつです(他は楊枝甘露、雞蛋仔)。 油麻地で香港人の友達と火鍋を食べて、スイーツでも食べようということになって、この近くに何かないか・・・と思って見つけたのが【合桃緣】でした。 何の前情報もなく入ったお店で、こんなところに?って感じだったのですが美味しくて、帰国して調べたら『香港魂』さんのBlogで昨年紹介されてたんですね! ずっと屋台で営業していて、お客さんのサポートで最近店舗を構えたお店だったそうです。 そう思うと余計感慨深い~!!! ◆逃げ続ける伝説のデザート屋台~合桃緣(香港魂さん記事) https://hongkongsoul.blogspot.com/2017/10/blog-post_13.html メニューはとてもシンプルです。 楊枝甘露が売り切れでしたが、売り切れてなかったら食べちゃってたかも(^^;) お店の名前にクルミを意味する「合桃」が入っていたので、やっぱクルミのお汁粉がオススメなのかな?と思ってオーダーしました。 『合桃糊』濃厚~!甘すぎなくて美味しい~!ドロっとしていてビジュアル的にイケてないかもしれませんが、味は保障します!! 一緒に行った母は『杏仁糊』を。杏仁のお汁粉です。こちらも甘すぎなくていい感じ。「こんなスイーツ、日本にはないわね」って喜んでた。どちらも温かい「熱」にしたので、体が温まります。 スイーツ店には必ず香港スイーツ男子!「甘いものは苦手」な男性が当たり前で育ってしまったので(父と弟がスイーツがダメ)、香港に住み始めて男の子のグループが牛乳プリンをほおばっていたり、奶茶を飲む香港オジサマを目の当たりにしたときは衝撃でしたww。甘いものが苦手なうちの男どもが異色だったんですねww。 こんなビルの谷間にあって大丈夫なの?と心配でしたが、『香港魂』さんのBlogを拝見すると、上水から通う常連さんもいるとのことで安心しました。 この火鍋屋さんの向かいのビルの通路をズイズイと入っていくと、左にポツっとお店があります。 Googleマップで見つけて行ったのですが、位置が微妙にズレているのでご注意! 住所は旺角ですが、油麻地寄りです。MTR油麻地駅から行くほうが近いです。 予断ですが・・・。 『合桃糊』が大好きな私が一番美味しいと思ったお店は土瓜湾にあった「滿口福火鍋菜館」というお店。 香港人の友達がオーナーさんとお友達ってことで一度連れて行ってもらったんだけど、海鮮料理も半端なく美味しかったし、最後に出してくれたオーナー手作りの『合桃糊』がメチャクチャ美味しかったんです! トロみ具合とか、甘さとかもう全てが好みすぎてお代わりしちゃったんですよ、私ww。残念ながらお店は閉店しちゃったので、もうママさんの『合桃糊』は味わえないんだよなぁ。コレを超える味になかなか出会えません。 【合桃緣】 住所:旺角廣華街1號仁安大廈32D號舖地下 (G/F, Shop 32D, Yan on Building, 1 Kwong Wa Street, Mong Kok) 営業時間:15:00-24:00 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  23. 先日、香港ドル紙幣の新しいデザインが発表されました。 今年末から導入が開始される予定とのことですが、新しい紙幣のデザインのご紹介も含め、香港ドル札のお話をちょっとさせていただきますね。 ①香港ドル紙幣は6種類! 10、20、50、100、500、1,000ドルの6種類です。 お札の色がそれぞれ分かれていて、10(紫)、20(青)、50(緑)、100(赤)、500(茶)、1,000(黄)です。 ちなみに1,000ドル札は滅多にお目にかかれませんww。両替してくれない商店も多いので、両替時に混ざっていたら500ドル札に換えてもらったほうが便利です。 ②香港ドル紙幣は3つの銀行が発行している! 日本は紙幣は日本銀行のみが発行しているので、お札の種類は1種類のみですが、香港は3つの銀行(香港上海銀行、中国銀行、スタンダードチャータード銀行)が発行しているので、同じ金額のお札でも3種類のデザインがあるんです。 日本の日銀のように中央銀行が存在していないからこんなことになっちゃってるらしいです。 この写真を見比べると分かると思いますが、左からスタンダートチャータード銀行、香港上海銀行、中国銀行発行の20ドル札です。 色は各銀行統一されていますが、デザインが違うのが分かりますね。 現在の紙幣は香港上海銀行は獅子のデザイン、中国銀行は中環にある銀行ビルのデザイン、スタンダードチャータード銀行は縁起物がデザインされています。 ③10ドル札だけは別格! 10ドル札は過去に上記の3行から発行していたのですが、現在は香港政府が発行しています。10ドル札だけ香港政府発行!ネット検索すると「香港ドル紙幣は15種類」と書いてありますが、この10ドル札は含まれてないんですよ・・。 私が住んでいた頃は10ドルコインが主流でしたが、2002年に紫の紙幣が発行、2007年にはプラスチック紙幣で透かしが出来ました。 このプラスチック紙幣がなんかオモチャのお札みたいで違和感ですww。 上が2002年に発行された10ドル札。麻で出来た紙幣だそうです。 下が2007年に発行された新10ドル札。透かしが出来てプラスチック製(ポリマー紙幣)になりました。プラスチックなだけに手で千切ることは出来ません。これが一番流通しているかもしれません。 ちなみに、一番左上の緑の10ドル札は1992年に香港上海銀行から発行されたものです。我が家の家宝ww。 ④英国領土時代の紙幣を見つけたら保管すべし! 現在は紙幣の色が金額でしっかり分かれていますが、イギリス領土時代の紙幣は今と異なる色をしていました。 50ドル札は紫、20ドル札は香港上海銀行がピンクっぽく、スタンダードチャータード銀行が黄色っぽい色。 私が住んでいた頃、20ドル札は中国銀行だけが青で他行は色が違ったので、色だけで金額を区別するのに最初は慣れませんでした。 もし、香港でこれらの色の紙幣を見つけたら使わずに保存しておくといいかもしれないですね。 ちなみにワタクシ、この紫の旧50ドル札を手にしたにも関わらず、いつの間にか使ってしまってすっごく後悔しております・・・。どこで使ったのか・・・覚えてない・・・。 ふーん、そうなのか。香港ドル紙幣って興味深いなぁ・・・と思っていただいたところで、今回発表された新しい紙幣のデザインをご紹介します。 (香港新浪サイトより引用) 新しい紙幣は裏面が縦型のデザインになっています。これはすごく斬新! デザインには香港の文化を取り入れて3行共通のデザインとなっているようです。 20ドル・・・飲茶 50ドル・・・蝶(香港に生息している3種の蝶らしい) 100ドル・・・広東オペラ(粤劇) 500ドル・・・香港ジオパーク(西貢にある地質公園) 1,000ドル・・・国際金融都市香港 紙幣デザインを紹介したニュース動画がありますので、よかったらどうぞ~。 500、1,000ドル札は今年末より、20、50、100ドル札は2019年より導入される予定だそうです。 新しいデザインに香港人の反応は賛否両論のようですが、私は早く新しい紙幣を手にとってみたいな~。 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  24. 時々、香港に初めて行かれる方や何度か足を運んでいる人に聞かれること。 「ビクトリアピークって行ったほうがいいですか?」「夜景は絶対観るべき?」 人それぞれの趣味趣向もありますので、一概に「絶対行くべき」「行かなくてもいい」と個人的には言い切れないのですが、すこーしだけぶっちゃけてメリットデメリットを話すのもいいかな?と思いました。 よく聞かれる質問、ちょっとまとめました。 ◆ビクトリアピークは行くべき?◆ 100万ドルの夜景が一望できるスポットとして、香港では定番の観光スポット。 しかし、意外にも「行ったことがない」という声もよく聞きます。 実際、香港ビギナーの我が母も未体験。「いつか行けたら」と消極的。これはピークに行くよりお買いものしたい!美味しいものを食べたい!という欲が勝っているのですが・・・(笑) <メリット> ・夜景だけでなく、昼間でも香港を一望出来るので気持ちがよい。 ・天気がいい日は新界方面までよく見える。 <デメリット> ・ピークトラムは常に混雑、週末や夜は特に混雑し、乗車まで1-2時間ということも。 ・天候によっては夜景が綺麗に見えないこともある。 私が住んでいた2000年頃に比べ、観光客が増えているのかいつも混んでいるピークトラム。私は行きはバス、帰りはピークトラムのパターンが多いのですが、8年前に久しぶりに行ったときにピークトラムに乗るのに40分かかりました・・・。別の友達は2時間待ったらしいので、まだマシなほうかも。 特に週末と夜景がきれいな時間帯は混雑必須! セントラルスターフェリー乗り場から15番バスで山頂まで行けますが、意外とこれも混雑。 そして天候に左右されますね・・・。登ったはいいけど、空気がきれいでないと景色も夜景もきれいに観えないし。 <行くならば・・・> 行き帰りはバス、日中であれば帰り徒歩という手段もあり。 当日の天気や空気の状況を見て判断することをおすすめします。行けたらラッキーくらいな感じで! また、KKDAYなどで予めチケットを買っておいて、ピークトラムに優先乗車できるようにしておくのもいいですよ。 <KKDAY/香港ピークトラム優先乗車券セットチケット金~日> https://www.kkday.com/ja/product/2322 ◆シンフォニーオブライツは見るべき?◆ 毎晩20時に香港島と九龍サイドの一部がライトアップされる光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」。 香港と言えば夜景ですから、綺麗な夜景がさらにアップするこのショーは一度は見て欲しいと思いますが、一度見たらもういいよねという声もチラチラ・・・。 <メリット> ・普段の夜景がさらに綺麗になるショー。レーザービームやネオンがキラキラするので大人はもちろん、お子さんも楽しめる! ・毎晩開催しているので滞在中何度も見ることができる。 <デメリット> ・20時というご飯時にショーが見えるスポットに行かなければいけない。 私は初香港の友達は一緒に連れて行くし、初めての人にもオススメします。1回見たらあとは個人の判断にお任せ。 また見たければ見ればいいし、1回見て満足したならそれでいいし。 個人的には4-5回見ましたが、最後に見たのは8年前です(笑)。それ以降、初香港の友達を引率していない、20時という時間に尖沙咀プロムナード付近に行くタイミングがないというのが理由かな。ちょうどご飯食べてることが多いんですよね・・・20時ってww。 <行くならば・・・> 早めに晩ごはんを済ませるか、ショーが終わってからご飯を食べるのが一番いい。 また、ショーが見えるレストランで食事をするのもあり! 時期によってはプロジェクションマッピングなどもやっているので見る価値はありますよ! ◆ペニンシュラでアフタヌーンティはダメ?◆ 写真はペニンシュラじゃなくて系列のレパルスベイのアフタヌーンティですが・・・。 香港に行ったらアフタヌーンティはオススメ。 日本だと敷居が高い感じがするけど、香港は街中のあちこちに高級ホテルがあるし、旅の記念にちょっと優雅に過ごすのも楽しいですよね。 オススメはたくさんあるけれども日本人にとにかく人気なのがペニンシュラホテル。 アフタヌーンティの王道と言ってもいいのかな? 先日、家族旅行した上司も念願のペニンシュラでアフタヌーンティしてきたそうです。 でも中には「ペニンシュラはちょっとね・・・」という声も聞きます。それはなぜ? <メリット> ・香港でも歴史のある高級ホテルでのアフタヌーンティはテンションがあがる! <デメリット> ・時々日本人観光客が行列を作っていて異国感がうせる。 ・タイミングによっては並ぶ。 ペニンシュラがダメなんじゃないんです。 ペニンシュラが日本人に人気過ぎて日本人が多くて、異国感がちょっと薄れてしまうと思う人もいるんだと思います。ここでアフタヌーンティは未体験ですがカフェ利用は何度かしました。やはり日本人が多くて内緒話が出来なかったり(笑)。でもこれはペニンシュラに限ったことではないかなと思います。 格式高いホテルなので1度はここでアフタヌーンティを味わってみたいと常々思っています。 ちなみに私のオススメはインターコンチとマンダリンです。旧リッツも好きだったけど、新リッツはまだ行っていないのでそっちも試したいな。 ペニンシュラはずっとあるホテルだから、いつか行けるとついつい後回しになっちゃうね。 <行くならば・・・> スムーズに入るためには事前に予約しておいたほうがベターです。 これはペニンシュラに限らずどこでも同じ。ちなみにインターコンチは予約不可なので開始時間に行かなければ並んでしまいます。 ◆オープントップバスツアーは申し込むべき?◆ 香港と言えば二階建てバスから尖沙咀~旺角あたりの彌敦道を看板をスレスレの位置で通るスリリングなバスツアーが昔は有名でしたが、今もこれを体験したい人は多いと思います。 でも「ツアーで申し込んだほうがいいですか?本当にスリリングが味わえますか?」とよく聞かれます。 ちなみに基本的にオープントップバスツアーはツアーに申し込まないと乗れません。 多分みんな、ジャッキー・チェン映画などを観てあれと似たようなものを想像してますよね。実際はどうでしょうか? <メリット> ・路線バスの二階建てでは味わえない、オープントップバスで看板を街を満喫できる。 <デメリット> ・近年は横にはみ出た看板が少なくなっているため、昔のようなスリリングさは味わえない。 ・油麻地や旺角の歓楽街の看板を通ることもある。 皆さんが想像する香港の風景の中に、大きくはみ出た看板があると思いますが、看板がたくさんあった彌敦道はここ数年で激減しています。 上を向くと「あれ?ここに●●の看板がなかったっけ?」ということは多々。 過去の香港を知っている人は、近年の看板の減少は気づくと思います。 ジャッキー映画でビルの上からジャッキーが看板を伝って降りてきたり、バスの上で看板をくぐりながら戦ったり、あぁいう風景はもうほとんどないと思ってください・・・えーん。 以前、オープントップバスツアーに参加された方から「彌敦道から裏道に入って歓楽街の看板をガイドさんが紹介していた。子供がいたのでちょっと嫌だった。」という声を聞きました。 でも最近はこの裏路地の看板すらなくなってきていますからね・・・寂しいです。 <体験するならば・・・> オープントップではないですが、路線バスの2階でもある程度のスリルは味わえると思います。日本には二階建てバスが運行していないので、それだけで楽しいと思います。彌敦道を走る路線バスで体験すれば100円くらいです。 また、香港島を走っていた【人力車巴士】は現在は路線を九龍まで延ばして運行しているので、尖沙咀界隈を走ります。こちらだと大人200HKD(子供100HKD)で体験できます。 裏路地の看板も減ってきているので、バスよりも徒歩で歩いて楽しむのもいいかも! いずれも個人の感想なので、実際に行って楽しかった面白かった行ってよかったと思う定番モノはたくさんあります。 食わず嫌いせず、まず気になるならば人の意見に左右されずに試されることをオススメしますよ! オープントップバスツアーは私も未体験ですが、チャンスはたくさんあったので体験しておけばよかったと今でも後悔しています。人の意見に左右されてしまって結局は行かずじまい。 あんなに看板があったのがなくなるなんて思ってなかったなぁ・・・。あの当時の看板をスリリングに体験しておけばよかったです。 私のように、後悔しないようにね! 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
  25. いやー、日本は連日暑くて嫌になりますね・・・。 先週、香港から遊びに来た香港人の友人が「香港のほうが涼しい」と言っていました(笑)。 私が香港に住んでいた頃は香港のほうが断然暑かったのですが、ここ数年の日本の夏はどうなっちゃったのでしょうか・・・。 本当に命に関わる暑さです。こまめな水分補給、塩分補給はしっかり行って、屋外での活動や無理な外出は控えてくださいね。 さて、香港に行くと元気になるものを求めて彷徨ってしまいませんか? 私は漢方が好きなのですが、家で煎じたり・・・というのが面倒なのでなるべくお手軽にいただけるものが好きです(めんどくさがりやなんですねww)。 1月の香港は病み上がりだったので、特にこの願望が強かったかも。 渡航前にネット検索して気になったものがあったので、上環まで行ってきました。 【源吉林】は1892年創業、120年以上もの歴史を持つ老舗です。 開業当時から『甘和茶』を販売しています。これは多くの香港人が一度は飲んだことのある漢方入りのお茶なんですって。香港人の皆さん、おうちにありますか? 【源吉林】さんの建物が本当にレトロ!!!!この店構えがたまりません!本当は全貌を綺麗に撮影したかったのですが、お店の前にワゴンが停まっていたので出来ず。 わかります?この真ん中にある緑の3階建ての古い建物。周りに綺麗な建物がちらちら増えてるのに、ここだけタイムスリップしたみたい~。 お店の入り口は開いてるけど、店内が薄暗くて営業しているのか分かりにくいかもしれませんが・・・。 大丈夫!元気よく「你好!」と入っていきましょう! この店の中も風情あっていいなぁ。天井からぶら下がってるファンとかファンの向こうにある屋号とか格子とか。 (店内はお店の方の許可をいただいて撮影しました) これこれ!これがお目当ての『甘和茶』。他にお茶の種類はありません。『甘和茶』だけ! 右の器に入っているものが何か、売り物なのかどうかは不明ですww。 とりあえず1箱買ってみました。10包入りで40HKDでした(2018年1月現在)。 中にこうして1包ずつ入っています。 そして1回分ずつの茶葉が小さな箱に入っていて、その箱を説明書で包んであります。この小さな箱が可愛すぎて捨てられない~。何か用途はあるかしら? 説明書によるとこの『甘和茶』は28種類の成分が入っているとのこと。 藿香、荷葉、布渣葉、甘草、防風、黄芩、梔子、金銀花、葛根、香薷、淡竹葉、青蒿、 紫蘇葉、紫蘇梗、木瓜、苦杏仁、蒼朮、茵陳、烏葯、桑葉、苦丁茶、澤瀉、檳榔、 薄荷、連趐、砂仁、山楂、黄連。 分かるものもあり、分からないものありますが・・・w。 効果としては感冒初起(風邪の初期症状)、清熱滞(体内の熱をとる)、解暑渇(暑さを解消する)、醒酒醉(酔い覚まし)だそうです。 この猛暑で胃腸の調子が悪かったり、暑くてビールを飲みすぎて二日酔いになったり、体に熱がこもっててうまく発汗できなかったり、夏風邪を引いている人・・・にはうってつけ!まさにこの猛暑にぴったりの漢方茶です!! 使い方ですが私は家にある急須に1箱入れてお湯をたっぷり入れて、温かいうちにいただきました。 やかんで煮出して飲んでもよいそうですが、どちらも淹れたら1日で飲みきったほうがよいそうです。 香りも色も味も普洱茶に近いですがカビっぽい香りはあまりしません。どちらかというと普洱茶よりも飲みやすいかも。 これを飲むと利尿作用がすごいようです。うちの母が飲んだらトイレいきっぱなしだったとか(笑)。 今の時期はもちろんですが、風邪に効果のあるお茶なので年中ストックしていてもよいのではないかと思います。 具合が悪ってからより、悪くなりそう・・・って思ったときに淹れて飲むと効果的なのではないかと思います。 賞味期限が4年くらいあるので、慌てて飲まなくても大丈夫ですが、茶葉なので風通しのよい湿度の低いところで保管したほうがよいと思います。 『甘和茶』は上環の【源吉林】さんで販売している他、私はドラッグストアのマニングスでも販売しているのを見かけました。 上環まで行く用事がなければ、街中のドラッグストアにも置いてあるところはあると思いますので探してみてくださいね。 小さな箱に入っているのでバラ撒き土産にもなるかも? 香港に行かれる予定のない方、楊さちこ先生の「アジアンコスメオンライン」や香港雑貨を取り扱う「JUMBO」さんでネット購入出来るようです。 今、記事を書きながら飲んでます! ここ数日、暑さで食欲も落ちるし熱も体内にこもっていてスッキリしなかったのだけど、明日は元気になってるかな? 【源吉林】 住所:上環蘇杭街112號 (112, Javois Street, Sheung Wan) 営業時間:9:00-17:00 土日休 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック <Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています> 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック <旬な情報をシェアしています> *どちらも登録なしで閲覧可能です* View the full article
×