• All Activity
  • entries
    270
  • comments
    0
  • views
    5,204

About this blog

こんにちは。「香港ウンチク話」ブログ管理人、Kaoriです。
大好きな香港の楽しさを毎日ブログでお伝えしています。
香港の最新情報やウンチク話、日本で開催されるイベント情報など公開しています。
Hi! My name is Kaori and Hong Kong Lover.
Pleas check my Hong Kong blog "Hong Kong Unchiku Story(香港ウンチク話)"

Entries in this blog

香港ウンチク話

P7056979_R.jpg
「郷に入れば郷に従え」と言いますが、香港には日本と違うルールがたくさんあります。
香港をもっと知るために知っておくと良い「香港ルール」をご紹介します。

今回のお題はタクシー。
香港でタクシートラブルな遭った方もいらっしゃるでしょうか?
2015年の「香港ポスト」さんの記事で、近年はぼったくりや乗車拒否が増えているという残念なニュースを読みました。
せっかく大好きな香港に来て、嫌な思いをして欲しくないなぁと悲しくなりますが、少しでも予防できることがあるので、知っておくと便利な香港タクシーのルールをお話します。

①チップは必要?
以前はチップ分を加算してお釣りをくれるドライバーもいましたが、今はきっちり返してくれますね(笑)。
普通に乗車しただけならば、特別にチップは要りません。

②追加料金が加算される!
目的地に到着したのに、料金をさらに加算されてしまった!ぼったくられたのでは?と思ったことはありませんか?
香港では乗車料金の他に以下のような場合には料金が加算されます。
・スーツケースやベビーカーを積んだ場合→5-7HKD程度
(トランクはもちろん、後部座席に乗せても徴収するドライバーもいます)
・海底トンネル、有料道路を通った場合→10~45HKD程度
(海底トンネルの場合は往復の通行料)
空港から香港島までタクシーに乗った場合は高速道路(青嶼幹線)や海底トンネル、スーツケース持込などで、提示された料金プラス50HKDくらい手動で加算されると思ってください。

③海底越えタクシーってなに?
17264567_1376756549050608_4010635659994404295_n.jpg
香港島⇔九龍半島をタクシーで移動する場合、通常のタクシーだと往復の海底トンネル通行料が加算されてします。
それはちょっと嫌だなぁと思われる方、香港には『海底越えタクシー(過海的士/Cross-Harbour Taxi)』というのがあります。
上の写真でタクシーの下に青い波が描かれたマークがある場所です(香港街道地方指南より)。
ここから乗車するタクシーは海底トンネルの通行料片道分だけの加算で済みます。
この『海底越えタクシー』は専用のタクシー乗り場がいくつかありますので、覚えておくと便利です。
◆尖沙咀→海防道と漢口道が交差したところ
◆上環→マカオフェリーターミナル
◆中環→交易広場(エクスチェンジスクウェア)
◆湾仔→駱克道(ロックハートロード) *歓楽街なので深夜の利用は注意してね
◆銅鑼灣→百徳新街(パターソンストリート) *エクセルシオールホテルの東側
『海底越えタクシー』乗り場以外の場所から海底越えをする場合、流しのタクシーを拾った場合は、乗車したときに目的地を伝えて可能かどうかを確認しましょう。
なかには海底越えを拒否するドライバーもいますのでご了承を。

④タクシーに乗車拒否された?
手を上げているのに乗車拒否された!という経験はありますか? もしかしたら、そこは駐車禁止エリアではありませんか?
流しのタクシーはどこでも停車してくれるわけではありません。
道路に黄色の二重線が描いてある場所は『駐停車禁止区域』なので、タクシーは止まってくれません。
タクシーを拾うときは二重線がないかどうかを確認しましょう。
目的地を伝えて拒否される場合は、先に告げたように『海底越え』してくれないタクシーだったり、勤務時間が終わって戻るところなのに目的地がまったく違う方向だったり、
意外と乗車拒否率は日本より高いです。
そこで「なぜ?」「どうして?」と問うよりも、さっさと他のタクシーを捜したほうが無難です。
また、夕方の16時前後はタクシーの交代時間で一番拾いにくい時間帯です。街を走っているタクシーが少ないと思います。
それでもどうしてもタクシーに乗りたい場合は、タクシーが常駐しているホテルやショッピングモール、タクシー乗り場などに行くほうがベターです。
また、台風直撃時にシグナル8や黒雨警報が発令されているときは外出を控えてください。
それでも外出してタクシーに乗る場合は多くは乗車拒否、乗車出来ても通常料金の3倍もの料金がかかります。

⑤遠回りされてる気がするんだけど?
目的地はすぐそこのはずなのに遠回りしてない?と思うことってありませんか?
実は香港は一方通行がとても多いんです。ホテル前に付けるのにグルッと大回りしたり、右に曲がったらすぐなのに左に回るなんて当たり前。
なるべくタクシーに乗ったら、同乗者とダラダラしゃべったりせずに「まだかな~」な感じで周りの様子をチェックするようにしています。
もし、納得できない場合は「あれ?そっちでいいの?」と確認します。
香港の地図をすべて頭に叩き込む必要はありませんが、ある程度の位置関係は把握しておいてもいいかもしれません。

⑥目的地は広東語で伝えるべし!
ドライバーの中には英語が話せない方もいらっしゃいます。
目的地を伝える場合は必ず広東語で記したものを見せましょう。絶対間違いがありません。
ガイドブックなどを持っていれば、その場所や住所が広東語で書かれたページを指差してください。
ホテルにあるホテルカード(住所と名前が広東語と英語で書かれているもの)は必ず持っておくと便利です。
私は以前、ホテル名を広東語で上手に言えず、ホテルカードも持っていなかったので「香港街道地方指南」という地図でホテルを指差して伝えようとしたら「老眼だから小さすぎて見えない!」と言われて降ろされたことがあります・・・とほほ。
それ以来、ホテル名と住所を広東語でスマホに入れて拡大して見せてます(笑)。

⑦料金はクレジットカード払いできる?
ごく一部の車両でオクトパスカードやクレジットカードが使えるらしいですが、私はまだ見たことがありません。
基本的には現金払いが主流ですので、現金を持っておくようにしてください。
また、500HKD、1,000HKDなど高額なお札で支払うとお釣りがないと言われることもあるので、なるべく100HKD札を用意しておいたほうが良いと思います。

⑧シートベルトは着用したほうがいい?
日本では後部座席に座っていてもシートベルトの着用が義務付けられていますが、香港でも同様に、前後部座席のシートベルト着用が義務付けられています。
違反した場合、日本ではドライバーが罰せられますが、香港では乗客が罰せられてしまいます。
「いやいや、シートベルトしろって言わなかったよね?」なんていう言い訳は通りません~。言われなくてもシートベルトを着用してくださいね。
香港のタクシードライバーさんは運転が激しい方もいるので、お尻が滑らないのでいいですよ(笑)。

【タクシーde広東語】
ちょっと知っておくと便利なひとことタクシー広東語をいくつかご紹介しますね。

■・・・へ行ってください→唔該、去○○(ンコイ、ホイ○○)
■(ガイドブックなどを指差して)ここへ行ってください→唔該、去呢度(ンコイ、ホイニードウ)
■ここで降ります→呢度落!(ニードーロッ)
■お釣りは要らないよ→唔找啦~(ンーザウラー)

せっかくの香港旅行で嫌な思いをしないためにも、是非是非知っておいてくださいね。

もうひとつ、残念なお知らせ。
来月4月9日より、タクシー料金が値上げになります。
赤のアーバンタクシーは初乗り24HKD、緑の新界タクシーは初乗り20.5HKD、青のランタオ島タクシーは19HKDと各車両2HKDほどの値上げです。
初めて香港でタクシーに乗ったときは12HKDだった記憶・・・。もう倍の値段になってるんですねぇ。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









View the full article

香港ウンチク話
P3095633_R.jpg
私はアルコール好き、特にビール好き。
そんな私に香港人の友人がよくお土産に持たせてくれるのがビール(笑)。
それも最近流行の香港クラフトビール!

最近は香港で製造しているクラフトビールメーカーなども増え『香港クラフトビール』も結構販売されています。
P5240740_R.jpg
以前、ご紹介した尖沙咀のレストラン『yumcha』にはHONG KONG BEER CO.のクラフトビールがいくつか置いてありますし、中環には香港クラフトビールが飲めるバーも増えています。ビール好きには本当に嬉しいですね~。
ただ、クラフトビールとは小規模の醸造所で製造しているので、コンビニやスーパーなどに流通していないものがほとんど。簡単に購入できないのが難点です。

P3095633_R.jpg
今回、いただいたがこちらの【Meow Beer】というメーカーのクラフトビール。2015年に生まれたばかりの新しいビールです。
なんと猫のイラストが入ってるんです~。ビール好き猫好きにはたまらない!
こちらのビールはまだまだ流通しておらず、『Beertopia』など毎年秋に開催されているクラフトビールイベントや、時々開催されるポップアップショップなどでの販売が主なようです。

image.jpg
友人はこちらのネットショップZTORE(士多)で購入してくれました。
『ZTORE(士多)』は香港製造の調味料なども多く取り扱っています。
香港にお住まいの方は是非購入してみてください!
残念ながら日本への発送は行っていないそうですが、相談すればご自身が宿泊するホテルに送ってくれることもあるようです。必ず事前にホテルにも相談をして、引き取りをお願いしてくださいね。

P3095656_R.jpg
今回、いただいたのがこの3種類。
左のピンクは「Triple Hopped」、女性向けに作られた味のようでアルコール度数も5%と普通のビールと変わりません。
真ん中の茶色は「Coffee Stout」、その名の通りスタウトビールです。アルコール度数7%とちょっと高め。
左の青は「IPA」はアルコール度数8%と強めのビール。
いやぁ、どれもこれもパッケージがかわいいっ!!!絶対、空き瓶も捨てませんww。

P3095680_R.jpg
フタにも猫が描かれているんです。フタも捨てられないじゃん!!

生力も藍妹も大好きだけど、最近はクラフトビールにはまっている私です。
他にもお勧めがありますので、またちょこちょこご紹介していきますね。
お土産に持って帰るのは大変ですが、持ち帰る価値あり!!

【Meow Beer】は公式サイトはないようですが、Facebookページがあって、販売のお知らせ情報やポップアップショップ情報などが出ていますので要チェックです!
昨年は大澳や珀麗灣の小さな士多(地元の商店)で販売されたそうです。

Facebook:https://www.facebook.com/meowbeer2015/



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話

FH000035.jpg
普段は香港に頻繁に通っていらっしゃる香港迷さんと、最新の香港ネタをお話することが多いのですが、最近、80-90年代の香港を知る方とお話する機会が何度かあり、ノスタルジーに浸っています(笑)。
私が初めて香港を訪れたのは96年。時間を戻せるならば80年代にも足を運んでみたかったなぁ(うーん、中学生だから難しいかなww)

時々「KAORIさんが住んでいた頃の香港はどんな風でしたか?写真はありますか?」と聞かれることがあります。
当時のはデジカメが出始めたばかりだし、カメラ技術も恐ろしくなさすぎなのでお恥ずかしい写真しかないのですが、数少ない2000年当時の香港写真をいくつかご紹介します。
「懐かしいな」と思ってくださる方がいらっしゃったら幸いです。

トップ画像は香港に住み始めて2日目に撮影したもの。
ジャンク船が写っていますが、当時はまだ観光用のジャンク船がなかったと記憶しています。
(当時住んでいた友達情報だと、貸切用のジャンク船だそうです)

IM000748.jpg
茶餐廳内でメニューを撮影した写真がありました。
朝のサンドイッチとドリンクのセットで18HKD!安いなぁ~。今じゃ考えられない値段です。もう閉店してしまったようですが、油麻地・天后廟近くの榮發餐廳という茶餐廳だった記憶。

IM000795.jpg
懐かしいー!映画『恋する惑星』の舞台となった「ミッドナイトエクスプレス」です。私が住んでいた時には既に改装されていたのですが、お店は存在していました。
トニーがやってこないかドキドキしちゃったりしてww。
その後、セブンイレブンになり・・・今もセブンイレブン?

IM000037.jpg
恐らく、深水埗から太古に帰るバスの中ではないかと思うのですが、よく見ると窓が開いてます!
何気に撮影してますが、これは空調なしバスですね~。懐かしい!
ちょっとの距離なら空調なくても利用していました。空調付きより料金も安いんです。このような空調なしバスのことを『熱狗巴士(ホットドックバス)』と呼んでいました。
「熱九巴士(イッガウバーシー)」から来ているようです。
真夏に乗るのはかなり勇気が要りましたよ~。窓を開けると外からの熱風と排気ガスに耐え切れず、閉めると風が通らずに熱く、どっちにしても熱いんですww。
残念ながら2012年にすべての『熱狗巴士』が引退してしまい、現在は空調付きバスのみ運行しています。

IM000557.jpg
IM000555.jpg
これまた懐かしい!中環のスターフェリー乗り場。現在の場所に移設されたのが2006年だったでしょうか。
この当時はAEL香港駅が出来たばかりで、現在のIFCビル付近はまだ工事中でした。
中環スターフェリー乗り場ってどんどん遠くなりますよね・・・。昔はMTR中環駅からもトラム乗り場からもアクセスが楽で、スタチュースクエアから地下道を抜けたら目の前がフェリー乗り場だったのになぁ。
スターフェリーは大好きですが、中環で歩くのが億劫な今日この頃。

IM000671.jpg

当時から大好きなネギクラッカーの『POP~PAN』。当時はこんな茶色のパッケージだったんだなぁ~。下の一口サイズのミニ『POP~PAN』は見かけなくなりましたね。

IM000339.jpg
IM000259.jpg
上は深水埗、下は旺角の写真です。当時の写真と現在の場所をGoogleマップで比べると、格段に看板が減っているのが分かりました。
ネイザンロードの看板が減ったのはよくよくご存知だと思いますが、深水埗の裏通りなどもやはり看板が減っているんだなぁ・・・とちょっと寂しくなりました。
これが香港の醍醐味だったんですけどね。

IM000338.jpg
一体どこの写真ですか?って感じですが、これは旧啓徳空港跡地です。
1998年に役目を終えた啓徳空港はターミナルビルはそのままでボーリング場などが出来たり、空き地と化した敷地内ではこんな風にマーケットが開催されていたこともありました。
現在はターミナルビルも取り壊され、旧滑走路には豪華客船用のターミナルが完成。
残りの部分は商業ビル、マンション、学校、運動場などが建設予定となっています。
巨大な敷地内に新しくトラムを走らせようという話もありましたねぇ。実現するんでしょうか。
2019年にはMTR啓徳駅が開業予定となっているので、この辺りもまたガラっと変わるでしょうね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









View the full article

香港ウンチク話
P1251658_R.jpg
ガイドブックにもたくさん美味しいレストラン情報が掲載されていますが、それでも「ガイドブックに載っていないツウなお店を知りたい」と常に思っているのは私だけではないと思います。
最近のガイドブックはローカルなお店の掲載も多く、それだけでも十分なのですが、あともう少し!ワンランク上のローカル情報を!と求めてしまいますね。
私が情報収集に役立てているサイトやアプリをご紹介します。

openrice_R.jpg
≪openrice≫
香港版ぐるなび?食べログ?とも言われる、グルメ情報サイト。基本的に香港に現存するほとんどの飲食店情報が掲載されています。これは定番中の定番サイト。
お店の入れ替わりの激しい香港で、新店・閉店・移転情報がかなりリアルタイムで更新されているのはこのサイトだけ。とっても重宝します。
お気に入りのお店に次に行ったらなくなっていた!なんてことはよくある話ですが、事前にこちらでチェックしておけば、そのような残念なことはほぼ回避できます。
また、料理の写真がたくさんアップされているので、オススメメニューも分かるし、メニュー名が分からないときは指差しで使えるのも便利。
私のベースはまずこれです。でも食評は参考程度に。

◆openrice公式サイトhttps://www.openrice.com/zh/hongkong(英語あり)
◆openrice公式アプリ(無料)
Google Play で手に入れよう
 


inshoku_R.jpg
≪飲食男女≫
香港人が参考にするグルメサイトはこちらでしょうか?
『飲食男女』は香港で「忽然1周」という雑誌を買うとセットになっているグルメ情報誌。これ単体では販売していないのですが、サイトやアプリで情報収集は可能です。
最新のおしゃれなレストラン、老舗茶餐廳のオジサンのインタビュー、レシピなどグルメに関するいろんな情報が掲載されています。
『飲食男女』アプリは残念ながら2015年から更新されておらず、現時点で起動できない状態です。
「蘋果動新聞」のアプリより『飲食男女』ページが起動できますのでこちらのアプリをDLしてくださいね。

◆飲食男女公式サイト:http://hk.etw.nextmedia.com/ 
◆蘋果動新聞公式アプリ(無料)
Google Play で手に入れよう
 


ufood.jpg
≪HK港生活/U Food≫
「東京ウォーカー」のような雑誌といっていいんだろうか・・・。香港のエンターテイメント、生活、グルメ情報が掲載された『HK港生活』。この中にあるのが『U Food』というグルメページ。もちろん、香港の書店やコンビニで雑誌も販売されています。
「openrice」のように飲食店情報も掲載されていますが、情報量としては「openrice」ほどではありません。
比較的、最新情報を参考にしています。
『U Food』アプリはitunesにて配信されていましたが、2010年以降リリースされていないので、『HK港生活』アプリをDLされることをオススメします。

◆U Food公式サイト:http://food.ulifestyle.com.hk/index
◆HK港生活公式アプリ(無料)
Google Play で手に入れよう
 

とりあえず、この3つをチェックしていれば間違いなし!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_3235_R.jpg
香港でご飯に困ること、ありませんか?
お手軽に焼味が食べられる太興は朝から夜遅くまで営業している上に、あちこちに支店があるのでとても便利。
がっつり食事から小腹が空いたときにも使えるので、お店を知っておくと重宝しますよー。

IMG_7770_R.jpg
今、香港に何店舗あるんだろうか・・・。
お店によりけりですが、旺角などの繁華街の支店は早朝から深夜まで開いている店舗もあるので何かと助かります。

IMG_7760_R.jpg
IMG_7759_R.jpg
焼味のせご飯がオススメ。もちろん焼味単品でもオーダーできます。
上は叉焼飯、下は五星級焼肉飯(クリスピーポーク)。お店のオススメメニューのひとつ。
たまらなく絶品~とまではいかないけど、満足いく味。
IMG_7757_R.jpg
夜遅くに行ったので「宵夜(深夜)」メニューでしたが、焼味の他になんとトースト類もある!
「厚多士(厚切りトースト)」はピーナッツバターと練乳たっぷりで高カロリーですが食べたくなりますねぇ。こちらもお店のオススメ人気メニュー。

IMG_7758_R.jpg
他にもこんな一品メニューあり。充実しています。
(価格は2012年当時のもの)

IMG_7762_R.jpg
【太興】と言えばこれ。『冰鎮奶茶』は氷を中に入れていない香港式ミルクティー。
これだと氷で味が薄まることがないんです。
このスタイル、最近では他のお店でも置いていますが、【太興】が先駆けだった気がします。

IMG_7783_R.jpg
缶タイプの奶茶もあるよー(パッケージは2012年当時のもの)。濃くて美味しいです。

IMG_6459_R.jpg
最近は映画『アベンジャーズ』とコラボしているようで・・・・ん?
あれ?あれ?あれれ?トニー・スタークが広東語話してるけど?フューリー長官もサミュエル・L・ジャクソンじゃないよね??そっくりさん???
だ、だ、だまされたww。ウケるんだけど!!

私が訪問した旺角の支店は朝7時~深夜2時まで営業しているので、深夜に小腹が減ったらお勧めですー。

【太興】
住所:旺角彌敦道639號雅蘭中心地下G25號舖
(Shop G25, G/F, Grand Tower, 639 Nathan Road, Mong Kok)
営業時間:7:00-2:00


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5240460_R.jpg
ここのところ、香港特集を組んでいる番組が多いのでまとめてご紹介します。
春ですねぇ、旅に出たいですねぇ、香港に行きたくなりますねぇ。

◆3/4(土) フジテレビ系 8:30~
「にじいろジーン」週末に行ける!魅惑の街・香港旅
http://www.ktv.jp/niji/

◆3/6(月) NHK BS1 14:00~
「Asia Insight選」台湾に移住する香港人
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20170306-11-26309

◆3/17(金) BS TBS 21:00~
「地球絶景紀行」香港・マカオ2時間SP アジアの至宝 煌めく
http://www.bs-tbs.co.jp/zekkei/

◆3/17(金) NHK 22:50~
「ドキュメント72時間」香港 チョンキンマンションへようこそ
http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-03-17/21/33089/2907048/

◆4/7(金) NHK BSプレミアム 22:00~
「岩合光昭の世界ネコ歩き」香港
http://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/

普段、海外取材しない「ドキュメント72時間」の重慶マンション特集は特に注目しています。この番組大好きで毎週観てるんです。
岩合さんのネコ歩きin香港もネコ好きさんにはたまらないですね~。
わー、こんなに香港特集があるなんて嬉しすぎます。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA203040_R.jpg
スマートフォンを利用している方も多いと思いますが、香港ではどのように使っていますか?現地で無料Wi-Fiのみ使う?日本からWi-Fiルーターをレンタル?それともSIMフリーだから現地でSIMを入れ替えるだけ?
日本のスマートフォンは大手キャリアから販売されたものは基本的にSIMロックがかかっており、海外で使用する場合はそのキャリアの海外使い放題サービスを利用するか(1日1,980円程度)、日本からWi-Fiルーターをレンタルしていくか(1日500円程度)、現地でフリーWi-fi環境のみで使用するかのどれかです。
最近はSIMフリーのスマートフォンにされる方も多いですよね。
私はSIMフリーにする予定がありませんので、香港に行くときはWi-Fiルーターをレンタルしていきます。
面倒と言えば面倒ですけどね・・・。

最近は無料Wi-Fiサービスが付いているホテルも増えているし、街中にも無料Wi-Fiスポットが多いので、Wi-Fiルーターはレンタルしていくけど使用する頻度が以前よりも少なくなっています。
スマートフォンを香港で快適に使うには?WI-FIルーターっている?お得情報は?などをまとめてみました。
ただし、私のスマホはiPhoneなので、設定方法などはそれ前提でお話させていただきますことをご了承ください!

①Wi-Fiルーターを日本から借りていく注意点
Wi-Fiルーターレンタル会社はいくつかありますが、まずは事前に予約して空港で引き取り→帰国時も空港で返却が一番いいです。
会社によっては自宅受取だと別途送料がかかったりします。
大手レンタル会社ならば深夜便早朝便でも成田空港または羽田空港では受取、返却が可能ですので、出発到着時間を気にせず利用できます。

実は以前、某企業でWi-Fiルーターをレンタルして香港に到着後に変換プラグと充電アダプタのコンセントの両方が破損していることに気づきました(充電しようとしても出来ない)。
幸いにも自分が持っている変換プラグとコンセントを利用したので問題なく利用できたのですが、これがよくなかった・・・。
帰国時にクレームをあげたら「香港で気づいた時点で香港から連絡しなければ、どちらかに非があるか分からない」と言われまして・・・。まぁごもっともです。
貸し出す前に二重チェックしていると言っていましたが、それで破損に気づかないのはおかしいなぁとも思うし、とても納得のいかない謝罪でしたが・・・。
必ず受け取った時点で中身を確認してください。目に見える破損はここで発見できます。
そして現地に到着して破損に気づいた場合は、レンタルセット内に必ず緊急連絡先があるので、現地から連絡して交換等の対応をしてもらってください。
帰国してからの事後報告は自身が破損させたとみなされます

②Wi-Fiルーターをお得に借りるには?
私は最近、フォートラベルグローバルWi-Fiさんを利用することがほとんどです。登録している旅行サイト4Travelさん経由でのレンタルだと他社と比較しても安いんですよね。
定期的に割引クーポンもくるので頻繁に行かれる方はいいかも?
http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/ranking.asp?ww_country=113
ちなみに私がいつもレンタルしているプランでの料金は4日間で2,600円くらいです。
ご自身がいつも借りている会社と価格を比べてみてください。
(別に4Travelさんの回し者でもなんでもありませんのでww)

③香港で無料Wi-Fiを上手に使う!
香港では街中に無料Wi-Fiがたくさん飛んでいます。日本もこうなればいいのになぁと思っていますが、なかなか追いつきませんね。
まず、香港国際空港ー!到着したらすぐこれに繋げば、入国審査で待ってる&バゲッジ待ちの間に、SNSのチェックとか日本のニュースチェックとか、香港の友達に連絡とか出来ます。
Wi-FiをONにすればいろんなWi-Fiが飛んでくるので『#HKAirport Free WiFi』をタッチすればいいだけです。
Hkia.gif
wifi01.gif
また、香港にあるショッピングモール、公共機関(タクシーやトラムは除く)、レストランチェーン店、公園などは大体どこも無料Wi-Fiがあると思っていいです。

左から、中環のショッピングモール「PMQ」、MTR、高級スーパーマーケット「city super」のログイン画面。
お店によりけりですが「PMQ」では1日20分×3回ほど無料Wi-Fiが利用出来ます。
「city super」では30分ほど利用できました。

④ホテルでWi-Fiを利用する場合
最近私が宿泊したホテルはどこも無料でした。チェックイン時にログイン方法とパスワードを設定してくれます。
左は土瓜湾の『ハーバープラザ8ディグリースホテル』、右は尖沙咀の『attitude on granvilleホテル』です。
昨秋宿泊したサービスアパートメントも無料だったし、ネット環境が快適すぎました。
wi03.jpg

ホテルによりけりですが、有料の場合は24時間で100~200HKDが相場だったかなぁ。
ホテルなんて夜しかいませんし、24時間使えてもあまり特はないですよね。無料Wi-Fiがないなら、日本からルーターレンタルしたほうが良さそう。
IMG_2029_R.jpg
もし、日本からWi-Fiルーターをレンタルし忘れても、ホテルによってはルーターの貸し出しをしています。『ハーバープラザ8ディグリースホテル』は1日50HKDでした。
これはレートによっては日本からレンタルするよりお得じゃない?
PA203040_R.jpg
また、こうした持ち出し用無料スマホを置いてあるホテルも増えてますね。
ここまで揃ってるとSIMフリースマホを持っていなくても、さほど困ることも不便を感じることもありません。

⑤最後に!
スマートフォンのデーターローミング設定はちゃんと行いましょう!
日本で使っているまま持って行ってネット接続すると、恐ろしいことになります~。
私、実はこういう設定がとても苦手で、毎回「あれ?何をどうするんだっけ?」と心配になっちゃいます。
どうしても心配な方、私はいつも空港の携帯キャリア会社で設定の仕方を書いた説明書をいただくか、その場でスタッフの方に設定してもらいます。
(自身のキャリアが見つからなかったらiPhoneなので他社さんでも設定してもらっちゃう私・・・)
また、海外でどのようにスマートフォンを使うかで設定方法が異なってきますので、私の分かる範囲でiPhoneの設定方法を書いておきます。

1.通話も通信も一切使わない、無料WI-FIは利用する
→「設定」→「機内モード」にする
*心配な人はこれが一番安心です。

2.通話とSMS(ショートメッセージ)のみ利用する、無料WI-FIも利用する
→「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」→「ローミング」→「音声ローミング」をON、「データーローミング」をOFF→「モバイルデータ通信」に戻り「モバイルデータ通信」をOFF
*私はいつもこの設定です。日本から家族から緊急の連絡がある可能性があるので、日本からの電話とSMS(ショートメッセージ)は受けるようにしています。
GmailやLINEなどその他のSNS等は無料WI-FIやルーターに接続してから受信になります。

便利な世の中だけど、追いついていくのも必死ですよね(笑)



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA234655_R.jpg
香港に行ったら絶対食べたいスイーツの二大定番はマンゴー系スイーツとエッグタルト。
これぞ香港だー!と思っている人も多いと思いますが、香港には他にもオススメスイーツがたくさんたくさんたくさーんあるんです。

例えばこのトップ画像のスイーツ。
香港ではフレッシュフルーツのスイーツが目立ちますが、お汁粉系のスイーツもとても充実しています。
これは【喳喳(ザザ)】というスイーツ。お店によっては「喳咋」ともいいます。
小豆や緑豆などいろんなお豆とハト麦が入ったお汁粉です。白くかかっているものはココナッツミルク。
お汁粉と言いますが、日本のお汁粉のような甘ったるさがないのが香港のお汁粉。
豆本来の甘さが引き立つように作られています。
また、必ずと言っていいほど暖かいもの(熱)と冷たいもの(凍)があるのでありがたい。
昨日みたいに寒い日は暖かいが【喳喳】が食べたい!

PA234661_R.jpg
これは私の大好物。え?なにこれ?とシンプルな色合いのこちらは胡桃のお汁粉合桃糊(ハップトウウー)】(お店によっては「合桃露」ともいう)。
ドロっとしてますがこちらも甘さ控えめなのでペロリと平らげられます。
土瓜湾にあった火鍋屋さんでママさんが出してくださった手作りの【合桃糊】が私の中でのここのものがピカイチだったのですが、残念ながら閉店しちゃってねぇ。もう一度食べたいなぁ。あれを超える【合桃糊】に未だ逢えず。

P1000221_R.jpg
団子系も香港は充実しています。【糖不甩(トンバッラッ)】というお団子スイーツ。
白玉のようなお団子を糖水で煮て砂糖とナッツをかけただけのシンプルスイーツ。なんか昔懐かしい味がします。おうちでも簡単に作れそうでしょ?

香港では丸いお団子(湯圓)は縁起物として、結婚式の前の日に花嫁がいただいたり、旧正月など家族が集まるときにいただいたり。丸い形が縁起がよいとされています。
ゴマの入ったゴマ団子入りスープも美味しくてオススメです。

IMG_1846_R.jpg
こちらはご存知の方も多いと思いますが、香港のタマゴカステラ【雞蛋仔(ガイダンジャイ)】
ふわっとしていて、美味しいお店のものだと冷めてもフワフワで美味しいです。最近はいろんな味が出たり、アイスをトッピングしたり進化系が多いですが、私はシンプルな【雞蛋仔】が一番好きです。
テイクアウトしたら簡単な朝食代わりにもなりますよ。

P5229572_R.jpg
こちらは【蛋散(ダンサーン)】。広東料理店などでシメのデザートで出てくることがあります。
粉とタマゴをこねて油で揚げたものに蜜をかけてあります。
フワフワで甘くて美味しい!お腹いっぱいなのに食べてしまうww。
中華菓子メーカーの『奇華餅家』などでも売られていますが、あちらはパリっとしてクラッカーのようです。
レストランでいただくのとはちょっと違うようなので、出来たらこのフワフワを食べていただきたい!写真のお店は佐敦の『金山海鮮酒家』です(ビルの中にあるほう)。

汁粉、団子、粉モノ系スイーツをご紹介しましたが、まだまだまだオススメはあるので、また次回のお楽しみに!



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P2265563_R.jpg
香港に関する書籍はたくさん出版されていますが、観光ガイド以外の書籍の中から私のオススメを6冊ほどご紹介します。
これはもう私がかなり気に入ってるお気に入り書籍の第一グループ(笑)。
書籍によっては廃盤になっているものもありますのでご了承ください。
中古でも入手可能なものもあります。

P2265549_R.jpg
転がる香港に苔は生えない
これはもう、香港好きさんには一度は読んで欲しい本です。
香港の中国返還を体験するために、香港に滞在した著者・星野博美さんの香港での体験やさまざまな香港人と触れ合った出来事などが書かれた1冊。
私はハードタイプしか持っていませんが、文庫本タイプもあります。かなりページ数が多いので文庫本のほうがオススメです。
とても深い深い香港のお話。返還前の香港をもっと見ておけば良かった!

P2265552_R.jpg
九龍城探訪/魔窟で暮らす人々
今はなき「九龍寨城」。あんなカオスな建物が本当にあったのか?と思うほど、現在、跡地に建てられた九龍寨城公園は穏やかな公園になっています。
ここに暮らしていた人たちはどういう生活を送っていたのか?当時の写真と人々の生活事情やインタビューが書かれた一冊。
4年もの歳月をかけて取材したそうで、当時の九龍寨城の中を取材した唯一の書籍だとか。
とにかく見ごたえあり!

P2265554_R.jpg
現代の香港を知るKEYWORD888
これは香港の辞書と言うべき書籍で、香港の地名や俳優、広東語など香港で888個の説明がされています。
完全に香港迷さん向けの書籍です。見ていて飽きません。

P2265558_R.jpg
アクション映画バカ一代
ジャッキー・チェンに憧れて香港に単身渡航した谷垣健治さん。香港ではスタントマンとして活躍し、出演されている香港映画も多いのです。
現在は日本でも映画、ドラマ、CM撮影のスタントコーディネーターやアクション監督をされています(映画「るろうに剣心」が有名です)。
そんな谷垣さんの「アクション映画愛」が書かれた一冊。ジャッキー・チェンに憧れてカンフー映画を観た殿方も多いのではないでしょうか?
アクション映画ファンの方にはオススメです!!!

P2265557_R.jpg
香港ルーフトップ
これはまた興味深い一冊。
香港の古いビルやマンションの上にこうした屋上住宅があるのをご存知でしょうか?
宿泊したホテルの窓から見えたこともあるかな?
あの屋上住宅の人々はどのような生活をしているんだろう。写真と図面が載った書籍です。正直なところ、良い環境とは思えない家屋も多いですが、それでも生きる人たちがいる。
元々はドイツと香港で出版されたのですが、反響があって日本語でも出版されました。

P2265561_R.jpg
香港路線バスの旅
著者・小柳淳さんのオススメバスルート・30路線が書かれている書籍。
香港のバスが大好きな人は必見!私がお気に入りの新巴15も書かれています。
これを読んで「次はこの路線に乗ってみよう」と妄想するのが好き(笑)

香港関係の書籍は増刷される率が比較的他の書籍に比べて低いかもしれません。
販売されたら即購入!見つけたら即購入!をオススメします~。
PCからご覧の方は、Blogの一番下の段に、私がオススメする香港書籍『管理人KAORIの香港書庫』を設置しておりますのでご参考くださいませ~。




https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_1351_R.jpg
日本でふと思いがけず「香港」を見つけると嬉しくなりませんか?
一昨年、『ファミリーマート』で販売された【Shine&Shine】というフルーツジュースは都内の香港迷さんたちをファミマに走らせましたねww。
何が嬉しいって「Made in Hong Kong」なんです!
職場の上司が偶然買ってて「香織さん、これ知ってる?」と見せてくれたときに思わずおぉぉー!と吼えてしまいました(笑)。
当初は「ファミマ!」にしか置いていませんでしたが、現在は郊外の我が家の近くのファミリーマートでも販売しています。
マンゴーは今の時期はありませんが、暖かくなったらまた販売されるでしょうか?
是非、全国展開して欲しいです。

IMG_8326_R.jpg
ショッピングモールでうろうろしていたらどこかで見たことのあるブランドが・・・。
【Morn Creations】のバッグがたくさん売ってる!!!
中環に唯一店舗を構えるこのお店、サメやクジラ、最近ではフクロウのバッグなどがあり、大人も子供も欲しくなる品。我が家にも数点あります。
パンダがないのは残念ですが、日本でも時々セレクトショップなどで取り扱いしています。香港で買うより少し割高になるけど、それでも欲しくなっちゃいます。

IMG_8010_R.jpg
一昨年くらいに日本の『李錦記』さんより発売していた【香港バル】シリーズ。
もう取り扱いないのかなぁ?結構お手軽に香港料理が作れる万能調味料でした。
ちょっと日本人向けの味付けになってたかな?

IMG_8099_R.jpg
こちらはまったくの想定外だったのですが・・・。
一昨年、車を買い替えたのですがカーナビを立ち上げると香港の夜景がぁぁぁぁ!!
初めて乗車したときに「えぇぇ!何で香港?」と雄たけびを上げました。
なんか、夫が操作したのかと(笑)。

何気ないところで生活圏内で思いがけず「香港」を見つけると、嬉しくなりますね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P2225535_R.jpg
「この春から香港駐在になっちゃった」という方もいらっしゃるでしょうか?
個人的には羨ましいですが、慣れない海外での暮らしは旅行で行くのとは異なります。
好き好んで香港で暮らすなら別ですが、会社の辞令で仕方なく・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も住み始めた当初は本当に大変でした。引越し1週間で5kgも痩せたほど(笑)。私の場合は主にホームシックでした。今の私からは想像できない・・・。
でも最終的には楽しい思い出がたくさんできました。
結果論ですが、駐在となると準備もたくさんあるし、特に奥様は大変ですよね。
私は親と夫の都合で国内外と転勤を経験しましたが、幸いにもどこの生活もとても楽しいものでした。
不安もたくさんあるでしょうが、誰もが行けるわけではない海外駐在。
期間も決まっているし、赴任地での生活を十分に楽しんで欲しいなと思います。

香港での美味しいお店やショップの情報はガイドブックにたくさん出ているので、日本から友達が来たときや自身の街歩きのために数冊用意することをオススメしますが、旅行とは違う香港での生活のノウハウが書かれた書籍があります。

【香港に暮らす】はJETROが発行している書籍で、駐在の方向けの書籍です。
ガイドブックに掲載されているようなオススメ情報はほとんど掲載されていません。
まず、香港とはどういう国なのか?風習は?といった香港の情報に始まり、渡航前の注意事項(健康診断、転校手続き、ペットの持ち込みなど)、緊急時の連絡先、医療のこと、日本語が通じる病院、日本人が通う学校、インターナショナルスクールの情報が詰まっています。
遊ぶためではなく、暮らすためのガイドブックです。

P2225537_R.jpg
香港で暮らす上で、まず気になるのが病院。気をつけていても具合が悪くなることはありますよね。
語学が堪能な方はいいですが、日本語しかできない・・・場合でも日本語対応している私立病院がいくつかあります(医療費は高いですが)。
個人的な意見ですが、歯の治療だけはある程度日本で済ませて渡航したほうがいいです。
駐在途中でも定期的に歯科検診は帰国時にやったほうがよいです。

P2225536_R.jpg
お子さんがいらっしゃると学校や塾などの事情も気になりますよね。
香港には日系幼稚園、日本人小学校中学校がありますが、高校はありません。
私の知り合いなどは、お子さんが高校生になったら帰国させて日本の家族に預けたり、高校入学と同時に奥様とお子さんが帰国される人が多かったです。
他国から駐在で来た方は小学校からインターに入れるかたも多かったです。
学習塾は日系の塾がいくつかあります。

P2225538_R.jpg
帰国までずっとひとつの家に住む人はどれくらいいるのでしょうか?
更新のたびに家賃が上がるので引越す人、家主のトラブルで引越さざるを得ない人、比較的引越しが多い気がします。
私は幸運にも2年間同じマンションで暮らしました。途中でオーナーさんが変わったりはしましたが特に問題はなかったです。
香港には日通さんやクロネコヤマトさんなど日系の引越し業者さんもいるので安心です。
私は帰国時にクロネコさんを使用しました。

今は分からないことは何でもネットで調べられるのでわざわざこうした本は不要?と思うかもしれませんが、いざというときにあると便利だと思います。
私が持っているこの書籍は1995年発刊と少し古いですが、駐在の先輩が帰国するときにいただきました。
amazonを始め、紀伊国屋などネット購入が出来ます。

【香港に暮らす~JETRO】
https://www.jetro.go.jp/publications/jetro/9784822410964.html

IMG_0127_R.jpg
そして併せてこちらも持っていけば完璧!
上野うねさん著書の香港に引越しました。。香港生活でびっくりしたこと笑ったことなどが漫画で描かれています。
香港駐在が決まったお友達や会社の同僚や上司にプレゼントすると喜ばれると思います。

ちなみに、香港で知り合った駐在のお友達はほとんどが帰国していますが、9割が香港に再渡航してないんです(笑)。
「本帰国してから香港行きました?」と聞いたら「えー、行くわけないじゃん」って方も多々(笑)。
香港駐在して香港にハマる人は、ほんの一握りだと感じました(笑)。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話

P1261796_R.jpg
お隣にあるマカオでは、2005年に20箇所以上の建物や広場が世界遺産登録され、カジノだけではなく「歴史散歩」も有名になりました。
が、しかし香港にはまだ世界遺産登録されているものがありません。
(個人的に私の中の世界遺産in香港はたくさんあるのですが・・・)

国際都市といわれるがゆえに、変化し続ける街が香港なのかなとも思いますが、歴史的建造物はたくさんあります。
香港政府が認めた歴史的建造物を『香港法定古蹟』に認定しており、現在114もの『香港法定古蹟』が香港のあちこちに点在しています。
意外と街中にもたくさんあります。いつも見ている建物が実は『香港法定古蹟』かも?
郊外に行かずとも中心地にある『香港法定古蹟』をまとめてみました。

NQDR8634_R.jpg
こちらは湾仔のシンボルのひとつと言ってもいいと思うのですが【舊灣仔郵政局(旧湾仔郵便局)】。1912-13年に建設されたこの郵便局、既に築100年が経過しており、香港に現存する最古の郵便局だそうです。
現在は湾仔地区の環境センターとして使われています。もちろん中に入れます。
◆開放時間:10:00-17:00
◆休館日:火曜、土日祝

IMG_0571_R.jpg
買い物に行ったことのある人も多いのではないでしょうか?
上環にある『西港城(ウェスタンマーケット)』【舊上環街市】といいます。
そう、ここは昔、上環地区の街市(市場)だったのです。
現在はショップやレストランが入ったショッピング施設になっていますが、1906年に建設された建物なので、こちらも築100年越え!
昨秋、なにやら「リースを2018年8月まで延長した」とか何とかって言うニュースを耳にしましたが、もしかして開発されてしまうのかしら?リニューアル?

IMG_0372_R.jpg
中環のこのエリアに行くと、どうしても高層のIFCビルや後ろの香港上海銀行、中国銀行などに目がいってしまいますが、その前にドンと構えている古きこの建物とモニュメントェ。
後ろの建物は【舊最高法院(立法會大樓)】という建物。昔は最高裁判所として利用されていたそうです。1912年に完成したもの。
現在は金鐘に立派なビルが完成しているので、そちらに移ったのではないかと思います。
その前にあるモニュメントは【和平紀念碑】です。1923年に建てられたもので、戦没者を弔うために建てられたそうです。
【舊最高法院】には戦時中の弾痕がいくつか残っていると香港通の方のサイトで見たことがあります。
いつも素通りしているけど、じっくり散歩してみたい。

P1251450_R.jpg
パワースポットとしてすっかり有名な【大坑蓮花宮】は1846年完成の築150年もの建物。大坑地区は中秋節になると『ドラゴンファイアーダンス』が開催されることで有名ですが、天井にはドラゴンの絵が描かれています。

PA203188_R.jpg
MTRの開通でアクセスしやすくなった西營盤。
おしゃれなレストランやバーなども増え、足を運ぶことが多くなりましたが、ちょっとここだけは怖い・・・。
【舊精神病院(西營盤社區綜合大樓)】は元々は精神病院で香港でも有名な心霊スポットのひとつ・・・。現在はリノベーションして上を住宅に、精神病院だったところは西營盤地区センターとして生まれ変わっています。
レトロな建物は雰囲気がよく、最近は若いカップルがウェディングフォトと撮りに来るそうですが、昔から知っている人は「何でこんなところで?」と首をかしげるのだとか(笑)。

IMG_5314_R.jpg
何気に尖沙咀エリアにも多いです。
これは有名な【尖沙咀鐘樓】。昔ここに九廣鐵路の終着駅があったことから、1915年にこの時計台が建てられました。現在は紅磡駅が終着駅となっていますが、駅は無くなったけど糖境内はそのまま時を刻んでいます。

P5230143_R.jpg
高級ショッピング、高級レストラン、高級ホテルと高級づくめが終結している高級ショッピングモール『1881Heritage』は元々は【尖沙咀前水警總部】。尖沙咀の水上警察本部でした。実は1881年ではなく1884年に建てられたものです(Wikipediaでは1881年ですが、政府サイトでは1884年)。私が住んでいた頃はまだ高い石垣に覆われた水上警察でした。

P7056689_R.jpg
ビクトリアハーバーを見渡せる公園『シグナルヒルガーデン』はシンフォニーオブライツや花火で混雑するプロムナードより穴場だと言われています。
ただ、ニューワールドセンターの建設によってビクトリアハーバーを綺麗に見渡せないですが・・・。
そこにあるのが【大包米訊號塔】。レンガ造りのこのタワーはラジオが普及するまで、ここで時報を伝えていたそうです。
建物内は9:00-11:00、16:00-18:00の毎日4時間だけ開放されており、上ることが可能です。

郊外に行くと趣のある歴史的建造物も多いですが、意外と市街地にも多いので街歩きにも飽きないですね~。

来週は「私の中の香港法定古蹟」を紹介しちゃおうかな~。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA213634_R.jpg
湾仔にある【The Pawn】は築100年以上の歴史を持つ質屋の建物。リノベーションして、ブリティッシュ料理のお店になったのはもう結構前の話です。
私が住んでいた頃はここはまだ普通に質屋として利用されてたんだなぁ。
何回もトラムで前を通った。趣のある建物だったから覚えてる。でも写真におさめていなかった自分に「バカヤロー」と言いたいです(笑)。
香港で暮らしていた時代に今ほどデジカメが普及していれば・・・。
リノベーションされてからも何度も通ったのですが、行こうと思いながら行けず。
何年か越しで叶いましたがどんな雰囲気だったでしょうか?

IMG_5058_R.jpg
22時過ぎての来店だったので、GFのレストランはクローズしていて様子を見られず。
1FのBarへ直行しました。
Barの名前が『Botanicals Bar』というとは知りませんでした!

PA223666_R.jpg
こんなレトロな趣のあるBarに来たにも関わらず、ビール怪獣の私はビールですww。
お友達はおしゃれな飲み物。

PA223667_R.jpg
よく見ると、ほおずき入りなんです~。かなーりアルコール度数の高いリキュールでしたが、メニュー名は忘れた~。ご存知の方、教えてください。美味しかったの。

IMG_5064_R.jpg
やはり欧米人が多かったですね。
しっぽりと友達と語らいながら飲めたらなぁと思っていましたが、金曜日とあって混雑しているのと、DJナイトだったようで、隣に座ってる友達の声すら聞こえない状態(笑)。いやぁ、これは想定外でした。
店内暗すぎるのと、私のカメラの腕がダメダメすぎて、これだけしか写真がありませぬ・・・とほほ。

PA223673_R.jpg
深夜に来てささっと飲んで閉店だったので、今度はゆっくりと着たいと思いますが、出来ればGFの雰囲気も楽しみたいです。ランチに来たほうがいいかなぁ。
古い建物をこのようにリノベーションすることが最近の香港は多いですが、何でも取り壊してビルにすればいいってもんじゃないー!
新しく生まれ変わらせて、いつまでも保存することも大事ですよね。

【The Pawn】
住所:灣仔莊士敦道62號
(62 Johnston Road, Wan Chai)
営業時間:11:00-15:00、18:00-24:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA213588_R.jpg
初めて香港に行く人も、気になる香港のトイレ事情。
「香港のトイレって汚いって聞くけど・・・」というのは昔の話。
2003年のSARS以降、清潔なトイレが増えました。それでもやはり日本に比べるとトイレ事情が異なります。
日本では誰でも気軽に使える無料トイレがあちこちにあって困りませんが、香港でトイレを探すのは日本ほど容易ではありません。
香港でトイレを使用する際に気をつけることなどまとめてみました。

IMG_0068_R.jpg
①綺麗なトイレはホテルへ行く!
香港は観光地なので、街のあちこちにホテルがあります。尖沙咀ならペニンシュラやホリデイインゴールデンマイル、中環ならマンダリンオリエンタル、銅鑼灣ならパークレーンなど、ある程度のホテルを頭に入れておくと便利です。
ただし、ホリデイインゴールデンマイルのホテルは昨年行ったときは宿泊者でないと利用できないよう鍵がかかっていました。
近くにあったレストランのスタッフに事情を話して、鍵を貸していただけましたが、こういうホテルももしかしたら増えているかもしれません。
「宿泊者ではないがトイレを貸してもらえるか?」と聞いたら滅多に「駄目です」とは言われないと思うんですけどね~。
ちなみに私、ペニンシュラホテルのトイレで石井ふく子さん(「渡る世間は鬼ばかり」のプロデューサー)にお会いしましたww。高級ホテルのトイレは芸能人遭遇率も高いかも。

P7046343_R.jpg
②次に困ったらショッピングモールのトイレへ!
これまた香港のあちこちにあるショッピングモール。
尖沙咀ならiSQUARE、K11、The One、旺角ならランガムプレイス、中環ならランドマーク、PMQ、金鐘ならパシフィックプレイス、銅鑼灣ならハイサンプレイス、タイムズスクウェア、そごう。これだけ覚えておくと便利です。
ショッピングモールのトイレなんて簡単に見つかるでしょ?と思いきや、意外とそうではありません。
トイレの標識が日本のように細かく親切ではないところも多く、「こっちだよ」と書かれているのに見つからずにグルグルしちゃうことも多々。
また、ショッピングモールによってはトイレに鍵がかかっていて、スタッフに鍵を借りないと入れないところもあります。
トイレを見つけたのに入れなかった場合は、近くのショップやレストランのスタッフに「鍵を借りたい」と伝えれば大丈夫です。
鍵を借りないと入れないなんて日本では考えられないですね~。

P7046123_R.jpg
③MTR駅構内で利用する!
一昔前までは、MTR駅構内にはトイレはなかったのです。
緊急時には駅員さんに言えばスタッフ用のトイレを借りることが出来ましたが、どこの駅にもトイレが設置されている日本からは信じられない~。
しかし、近年は新しい路線の駅にはトイレが設置されているほか、主要駅にも増設工事が行われて、ほとんどのMTR駅構内にトイレが設置されています。
「洗手間」と書かれているのがトイレの意味です。
MTRのサイトで駅構内のトイレを掲載されているページがあるのでご参考に!
http://www.mtr.com.hk/ch/customer/services/nearbytoilet.html

PA223774_R.jpg
④最終手段は公衆トイレ!
周りに何もないー!トイレ行きたいー!となった時に「公衆トイレ」という手段もあります。広東語で「公廁」と書きます。
ただ、こちらは比較的できれば最終手段がよろしいかと思います。
最近は綺麗な公衆トイレが増えています。この前行ったときに赤柱マーケットの入り口のトイレを使いましたが綺麗になりすぎててびっくりー!昔は息を止めないと出来なかったし、ミュールとか履いて入りたくなかったレベルでした。
しかし、綺麗だけどケアが行き届いていないところもありますから、ある程度覚悟を。
2階建てのトイレや、掃除のおばさんが住んでると思われる部屋つきトイレなど興味深いものも多いです(今はないかな?)。

公衆トイレは街中にいくつかありますが数はそんなに多くありません。街市内や公園にあるのも公衆トイレです。


PA224105_R.jpg
⑤意外とレストランのトイレは綺麗ではない!
高級レストランは別として、それなりのレストランでもトイレは思った以上に汚い・・・ということもよくあります。
不衛生というわけではありませんが、裏口から外に出て近隣の飲食店と共有しているトイレもあったし、トイレで掃除のおばさんがご飯を食べているなんてこともあり、日本ではあまり見られない光景・・・ということがよくあります。
ただ、掃除はそれなりにされているので昔ほど不衛生で使えないということはありません。
レストランが綺麗でも建物自体が古ければトイレもそれなり。新しいビルならトイレも綺麗です。

PC172969_R.jpg
⑥ホテル以外のトイレはティッシュは必須アイテム!
ホテルのトイレに行くときは、98%トイレットペーパーが付いているので問題ありませんが、それ以外のトイレに行くときはティッシュは必須アイテムです。
出来れば日本のポケットティッシュよりも厚手の香港ティッシュ「Tempo」を持参することをオススメします。

image.jpg
⑦子連れさんに嬉しい!トイレを探すアプリ!
オムツ換えが必要な小さな赤ちゃんなどをお連れする場合、絶対に『ToiletRush衝廁』というアプリが便利です。
このアプリでは香港のどこにトイレがあるか?だけでなく、オムツを換えられる設備があるトイレや、衛生状態なども掲載されています。
綺麗なトイレを使いたい!子供のオムツを替えたい!そういう方は出発前にこのアプリを入れておくと便利です。無料アプリです。
↓ダウンロードはこちらから↓ 
iOS ⇒ https://itunes.apple.com/hk/app/toilet-rush-chong-ce/id310722636?mt=8
Android ⇒ https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nuthon.toiletrush&hl=ja 


PA203022_R.jpg
⑧チップは要るの?要らないの?
昔はトイレにはお掃除をしてくれたりする「おトイレおばさん」がいるトイレが多く、ホテル、レストラン、ショッピングモールなどのトイレに行くのにチップが必要でした。
食事中にトイレに行くのに小銭を持っていくのが当たり前だったんですよね。
そう言えば、そごうのおトイレおばさんがメッチャ怖くてねぇ。チップが少ないと舌打ちするんだよ・・・。
手を洗うとタオルを差し出してくれたり、今自分が使ったトイレをチェックして綺麗にしたり、そういう方がいらっしゃったのはもう昔。最近はほとんど見かけません。
高級ホテルなどではまだいらっしゃることが多いと思うので、ポケットに小銭を忍ばせて置くとよいと思います。2~5HKD程度で十分です。
もし、お金を持たずにトイレに入っておトイレおばさんがいた場合、サービスを断ればいいと思います。
チップの習慣はイギリス返還時にはまだ根強く残っていましたが、徐々に無くなってきた気がします。

昔は空港、ショッピングモール、レストランのトイレに入ると必ずと言っていいほど便座に足跡が付いていることがありました。
ここに上って用を足してるの?と不思議に思った人も多いですよね。
香港人の友達いわく、親に「便座は不衛生だから直接座らず、便座にしゃがむんだ」と教えられたそうです。友達、ピンヒール履いても便座に上ってしゃがめるって・・・(笑)。

生理現象はどうにもならないし、なるべくストレスのないトイレを利用したいですよね。
私はいろんなトイレを体験したので、怖いものはありません・・・(笑)。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19








Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite

ninja_icon_mobile_x2.pngninja_icon_mobile_x2.png

View the full article

香港ウンチク話
P1272643_R.jpg
香港の街を歩いていると「あれ?これ日本にもあるぞ?」というお店を見つけたり、怪しい日本語を見つけたり。そんな香港で見つけた日本をご紹介します。
今回は日本のチェーン店や日本料理店です。

IMG_0151_R.jpg
IMG_0153_R.jpg
あれ?かつや?ってあの「かつや?」
深水埗を通ったときに、とんかつチェーン店の【かつや】がオープンしていました。現在香港に7店舗支店があるみたいです。
香港での名前は【吉豚屋】。『吉野家』に対抗してるんでしょうか?(笑)。

IMG_6290_R.jpg
【サイゼリア】もあるじゃん!いつのまに!中心地よりは比較的、郊外の住宅街にお店があるようです。広東語では【薩莉亞意式餐廳】
人気メニューのミラノ風ドリアは日本では299円のものが、27HKDでした(2016年10月現在)。
香港で食べるほうがちょっと割高?

P7056576_R.jpg
日本のラーメンは本当に人気。特に豚骨ラーメンは香港人の舌に合うようで、大人気です。【一蘭】は銅鑼灣と尖沙咀と2店舗あります。
都内でも【一蘭】に行くと観光客が多くて入れないくらいですよね・・・。
CIMG8380_R.jpg
一足先に香港に進出した旭川らーめんの【山頭火】。4店舗あった支店は、現在尖沙咀店を残すのみとなりました。
DSCN5216_R.jpg
2005年に久しぶりに香港に行ったときに【銀だこ】が出来ていてびっくり!
現在は太古に1店舗残すのみ。ブームが去るのも早い香港です。
昔ね、ハーバーシティのフードコートで美味しくないベチャベチャのたこ焼きを日本人の友達と食べたのを思い出すよ・・・美味しくなくて、でも高くて。それでも食べたかったんだよね~。
今駐在している皆さんは本当に恵まれてると思う。当時は美味しい日本食のお店なんて一握りだったし、高いし、チェーン店なんてなかったし。

IMG_7840_R.jpg
チェーン店でもなく、香港で「日式(日本スタイル)」と言われる日本食レストランも本当に増えました。
メニューを見ると日本人が絡んでいるかどうかよく分かります。
こちらの日式レストランはメニューがとても斬新でした!「サーモンの兜塩焼き」って!
日本で食べたことはないけど、絶対美味しいでしょ?
サーモンって基本的に切り身で販売しているから、頭をゲットするならば1本丸ごと入手しないと難しいですよね。
斬新なメニューだと思いつつ、逆に教えてもらった感(笑)。

DSC01170_R.jpg
【義順】のこの看板の日本語訳も大好き!
「生姜味の牛乳プリンもある」って可愛いし、「スティームエツク」の「テ」の横棒が足りないとか、突っ込みどころはたくさんなんだけど、憎めない!
IMG_7799_R.jpg
でも日本語メニューの日本語訳は完璧なんです!これは日本人の方が添削したんだろうなぁ。

P7046341_R.jpg
あ、そうそう。香港に【ABCクッキングスタジオ】がオープンしています。
尖沙咀の「K11」と中環の「PMQ」にスタジオがあります。和食や和菓子のレッスンが香港人女性に人気のようです~。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P1251505_R.jpg
ここ数年、すごい勢いで変化していく香港。
行く度に肌で感じます。オープンしたお店が次に行ったら閉店していたり、古めかしいビルが取り壊されて綺麗なビルに生まれ変わっていたり。
人々が生活しやすく変化していくことは必要だと思いますが、風情ある風景がなくなるのは寂しい気がします。
時々、こんな記事をアップしていますが、私が変わらないで欲しいと思う風景やこれから変わるだろうなと思う風景をアップします。

トップ画像は中環方面からスターフェリーの乗って見える尖沙咀の風景。
左から高層ビルを紹介しますね。
「北京道1號(ワンペキンロード)」は2004年に完成した商業ビル。
以前は日本人にも人気の『王子飯店』が入っていたことで有名です(現在は「1881Heritage」に移転)。
その次は「ハイアットリージェンシーホテル」。ネイザンロード沿いにあったホテルは取り壊され、現在は『iSquare』という商業ビルに。2009年に現在の場所にオープン、階下には『K11』という商業施設があります。
その横にちょこんと低い建物があるのが「ペニンシュラ香港」のタワー。私が住んでいた頃は、この風景の中でペニンシュラタワーが一番高かったのです。
啓徳空港があった頃は、九龍サイドのこの辺りには高層ビルを建ててはいけないというルールがあったので、高いビルは空港がランタオ島に移設されてから出来た新しいものばかりです。
そして右の建築中のビルは元々は「ニューワールドセンター」という商業ビルでした。
取り壊されて現在は新しいビルが建築中。正直なところ、ハーバー沿いにこんな高層ビルが出来るのは嫌だなぁ。景観が変わっちゃう。
あと何年かで完成しそうですが、どうなっちゃうんだろう・・・。

P1251426_R.jpg
北角にある『新光戯院』は広東オペラ劇場。香港でこうした劇場が数少なくなっています。
残念ながら、長い間、賃料の問題で何度も閉館の危機に直面しています。
こういった劇場は残すべきではないでしょうか。香港に行くたびに、北角を通りかかるたびに、存在を確認してホッとしています。
いつどうなるか分からないので、今のうちに劇場に行ってみたいと常々思っています。

P7056875_R.jpg
P7056881_R.jpg
オープンして100年以上になる油麻地のフルーツマーケット『油麻地果欄』。遠くから建物全体を見るととても古い建物ですが、二級歴史建築に指定されている歴史的建造物です。
残念ながら昨年9月に大規模な火災が発生しました。当分再開の目処は立たないと聞いていましたが、現在はどうなっているのでしょうか?
戦前の建物がとても趣があったのですが、取り壊し?新しいビル建築?となるととても悲しいですね・・・。

P7035926_R.jpg
尖沙咀にひっそりとある街市。その奥にはフードコート『海防道臨時熟食小販市場』
街市というとビルになっていて、最上階にフードコートがあるイメージですが、ここはちょっと違います。
掘っ立て小屋のような、この密閉感がたまらない!
尖沙咀の繁華街にこんなところがあるなんて、意外と気づかない人も多いと思います。無くならないでねー、取り壊さないでねーとこちらもビクビクしています。
■尖沙咀唯一の大排檔~海防道臨時熟食小販市場(2015/9/8記事)
http://hongkongunchiku.blogspot.jp/2015/09/blog-post_10.html

P7046439_R.jpg
ネイザンロードから多くの看板が消え、昔ほどのスリルが味わえないのは皆さんご存知だと思いますが、裏道にはまだびっしり看板が並んでいるところもあります。
中環の「威霊頓街(Wellington St.)」のこの一角だけは、見上げると看板がぎっしり!
この周辺のビルは再開発で取り壊しされていないので昔のままのようですが、付近はあちこち取り壊されているので、ここもそのうち・・・ということになるのでしょうか。
ここにある筷子記、ずっと行きたくて行けてないんだよねぇ。

P5239687_R.jpg
鰂魚涌のトランスフォーマービル群(私が勝手に命名w)も圧巻ですが、実はそんな場所はたくさんあります。
この一角も私が大好きな場所。北角から炮台山に向かう最初のカーブ、ここにはキングスロード沿いに古いビルが両サイドにみっちり並んでいます。バスの2Fの一番前に座っていると、渓谷を通っているようで圧迫感があるんですよね。
この付近のビルも古いし、私が住んでいたときから比べると取り壊されて新しいビルが建ったりもしているので、いつまでもこの圧迫感は残っていないんだろうなぁと思っています。

P5239771_R.jpg
ベタだけどね、この風景もすきなの。これぞ香港!っていう風景。
昔と比べると後ろに高層マンションがドンドン建ってるし、たくさんあったサンパンも減ってるし、行く度にちょっと寂しくなる。
昨年末にMTRが開通して、後ろの「利東邨」には新しく駅ができました。
香港仔周辺へのアクセスがしやすくなったことから、既に訪れる観光客も増えているようです。
これを機に家賃が高騰したり、古いものが建てかえられたり、そうやって街の風景がまた変わっていくんじゃないかなぁと懸念しています。

次に行ったらまたどれだけ風景が変わっているのか、確認するのもちょっと寂しい。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19








Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite

ninja_icon_mobile_x2.pngninja_icon_mobile_x2.png

View the full article

香港ウンチク話
P2193379_R.jpg
この週末は寒かった!北陸、山陰地方もすごい雪のようですね。お住まいの皆様、さぞかし不便な日々だと思います。
東京は雪こそ降りませんでしたが、とにかく寒い!こういう寒い日は暖かい鍋が恋しくなります。
日本でも火鍋が食べられるお店は多いですが、昨年香港仲間さんに教えていただいた都内の火鍋屋さんをご紹介します。香港料理じゃないけど許してね。

IMG_8884_R.jpg
池袋にある【逸品火鍋】
常にお客さんでいっぱいなので予約しないと入れません!
でも24時間営業っていうのが嬉しいですね。っていうかすごいな!
ディナーで行かれる場合は必ず予約して行ってください。
店内に入るとスパイスの香りがプーンとします。メニューには四川系の料理が多いです。
お客さんの多くが近隣に住む中国人だったり、中国人旅行者だったり。
日本なのに日本語があまり飛び交いません(笑)。

コース料理が2,580円~とお安いのも嬉しいのです。日本の居酒屋だとなかなかこの値段ではないですよねぇ。
鍋は単品でもあります。2名分からオーダー可能です。他にもアラカルトでオーダーするならば、少し少なめの人数分オーダーしたほうがいいかもしれませんね。

P2193374_R.jpg
やっぱり鴛鴦鍋だよね~。右は麻辣スープ、左は白湯スープ。これが食べたいんだ!

P2193361_R.jpg
羊肉をいただきました。羊肉は身体を温める効果があるので冬にはもってこいの食材!

P2193368_R.jpg
お野菜もどーんとついてきます。

IMG_8869_R.jpg
アラカルトメニューもとても豊富です。どれにしようか迷うくらい。
初めて来店したとき、鍋を食べに来たのにアラカルト料理でお腹いっぱいになり、鍋まで到達できませんでしたww。

IMG_8871_R.jpg
『豆腐千切りとセロリの和え物』。「豆腐干」大好きー!「豆腐干(トウフガン)」とは、豆腐を圧縮させて千切りにして乾燥させてたもの。

IMG_8877_R.jpg
『金針菜の豚肉蒸し』、これも美味しかった!豚の下に金針菜が入っています。

IMG_8876_R.jpg
『卵黄と海老の黄金巻き』はその名の通り、卵の黄身と海老を衣につけて揚げたもの。こんな料理は初めてみました。本土にあるのかしら?

IMG_8874_R.jpg
『空芯菜炒め』は想像通りの味。まずくなりようがないですね~。

池袋はいつの間にかチャイナタウン化していますが、美味しい中華も増えて嬉しいなぁ。
実は一昨年教えていただいて以降、何度か足を運んでいます。
近隣に同じ名前の支店があるので、訪問するときはお間違えのないように!

ちょっと豆知識。
香港でも定番の「火鍋」ですが、【火鍋(フォーグォー)】という言い方の他に【打邊爐(ダービンロウ)】という言い方もします。意味は一緒です。
香港人の友人に聞いたところ、「火鍋」は中国語で香港では【打邊爐】と言うことが多いそうです。
私も香港人の友人と話すときは【打邊爐】を使います。

春の気配を感じつつも、まだまだ寒い日も続くと思います。
日本の鍋もいいけど「火鍋」で身体を温めましょう!

【逸品火鍋】
住所:東京都豊島区西池袋1-39-1 ウエストコアー4F・5F
電話番号:03-6907-4898
営業時間:24時間
ぐるなびサイト:https://r.gnavi.co.jp/p665000/


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_5036_R.jpg
【譚仔雲南米線】と言えば、香港のあちこちにチェーン展開している米線のお店。香港内に45店舗もの支店を持つ最大の米線チェーンです。
「米線(マイシン)」とはライスヌードルのこと。中国雲南省発祥の麺ですが、日本だと「ビーフン」という言い方をしますね。
【譚仔雲南米線】は前から行きたかったお店ですが、『香港時間』のVictorさんに美味しいよとオススメされて、やっと行ってきました(←そんなお店ばっかり!行きそびれているお店がありすぎ!)

IMG_5040_R.jpg
お店は湾仔・太源街。比較的新しい支店なのかな?店内はとても綺麗でした。
IMG_5039_R.jpg
台風シグナルが解除されたあとだったので比較的お客さんが少なめだった気がします。
こちらの湾仔支店は閉店時間も比較的早いみたいです。

■オーダー方法について
「米線」のオーダーはビギナーさんにはちょっと難しいかもしれません。自分でスープと辛さと具材を選ばなくてはいけません。雲呑麺のように「雲呑麺ください」だけではないので、覚えておくと便利だと思います。
メニューは英語表記がありますので、わからなくても調べやすいです。
こちらのお店は3種の値段があり、選べる具材がそれぞれに違いました。
私はトッピングが1種類だけ選べる「墨丸」(イカミンチボール)入りにしました。
あとはスープ。オーソドックスな辛くない「清湯底」は追加料金は不要ですが、麻辣湯底など酸っぱ辛いスープは1HKD程度の追加料金が発生します。
辛さは10段階から選べます。一番辛くないのは10→特辣となります。
追加トッピングもできますが、基本的にモヤシとニラは必然的についてくるのでそれを頭に入れておくとよいと思います。
それ以外のメニューはそのままオーダーすれば大丈夫です。

自分でスープ、辛さ、トッピングを選ぶという麺システムは香港ではよくあります。
『車仔麺』というソウルフードも同じシステム。こちらでは麺も選べます。
広東語をいちいち理解しながらひとつずつ選ぶのはなかなか難しいですが、お店によってはオススメの組み合わせメニューのあるところもあるので、旅行者にはありがたいですね。

IMG_5036_R.jpg
私がオーダーした「墨丸」
スープは辛くない「清湯底」(追加料金は発生しない)、辛いものは好きですが、このときは欲してなかったので、一番辛くないであろう「10小辣」をチョイスしたのですが・・・・。あれ?辛いぞ?とっても辛いぞ?美味しいけど辛いぞ???10小辣だよね?スープは清湯底だよね?これ辛いの?辛くないでしょ?あれ?

PA213647_R.jpg
いつもは冷たいものを控えているのですが、なんとなく「凍奶茶(香港式アイスミルクティー)」をオーダーしておいてよかった!!!ピリピリと辛さにやられた舌を癒してくれる(笑)。
しかし、この凍奶茶が意外に滑らかで美味しかったのにびっくり!

IMG_5038_R.jpg
私が昨秋訪問したときは34HKDでした。美味しかった奶茶が9HKDなんて安い!
写真を拡大していただくとわかりますが、「凍奶茶」を略して「冬T」と書いてあるのがわかりますか?
「凍奶茶」は広東語でドンナイチャ。「凍」も「冬」も同じドンという発音。そしてTはティーの意味。
茶餐廳用語のひとつです。こうしてレシート見るのも楽しいですよ!

思いがけず辛かったのですが、品のある辛さというか「うま辛い」感じでしたね。どうせならビール飲みながら食べたほうがよかったかも(笑)。
辛いものが苦手な方はご注意ください。
雲南料理・・・と言うだけあって、辛いものが比較的多いです~!

【譚仔雲南米線】と同じくらい米線が有名なお店がもうひとつ。
【譚仔三哥米線】というチェーン店があります。こちらも香港内にたくさん支店をもつお店です。
名前が似ているので、恐らく姉妹店だったと思うのですが、次回は【譚仔三哥米線】を試してみたいと思いますー。

【譚仔雲南米線】
住所:灣仔太原街8號A&B舖
(Shop A&B, 8 Tai Yuen Street, Wan Chai)
営業時間:11:15-21:40 土日祝11:00-21:40


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5230114_R.jpg
今日は香港マラソンが開催されます。
私の香港仲間さんも参加していますー。香港人、日本人の皆さん、がんばってくださいー!
さて、久しぶりにFacebookでシェアした香港の旬な情報や事件、事故、ニュースなど、知っておくと「ツウ」な情報をBlogでもシェアしたいと思います。
昨年からちょこちょこやっていますが、ちょっとリニューアル。
月1回くらいで情報をピックアップしてまとめようと思います。カテゴリ別に分けてみましたがこちらのほうが見やすいかな?

【最新ニュース】
■タクシー料金がまた値上げです。
4月9日より初乗り料金が24HKD(アーバンタクシー)になるそうです。
ちょっとずつだけど何もかもが値上げ・・・・。



【事故】
■2/10(金)の夜、MTR車両内で火災が発生。
金鐘から尖沙咀に向かう海底トンネル内にて60代の男性が焼身自殺を図りました。
17名が負傷、2名が重体という大事故となりました。
以前の香港ではこんな事件は起きなかった・・・。怖すぎます。注意しようにも防ぎようがないですよね・・・。
巻き添えになった方々の1日も早い回復をお祈りします。


■芸能界からも心配なニュースです。
1月にタイでCM撮影をしていた俳優のアンディ・ラウが落馬し、骨盤骨折などの重傷を負いました。回復までに1年くらいかかるだろうと言われています。
ゆっくり療養して、また元気な顔を見せて欲しいです。
快D好返!(早くよくなって!)




【買収】
■1月には香港マクドナルドが中国企業に買収、先週は香港のテレビ局「TVB」が中国企業への買収計画があるというニュースが流れました。
2017年は香港返還20周年を迎えますが、まだまだ一国二制度。あと30年はまだ中国ではなく香港です。なのに、どんどん中国化が進んでいきますね・・・。





【日本の香港ニュース】
■2月上旬に飛び込んできた残念なお知らせ。
昨秋10月に東京・曙橋にオープンした『正記冰室』が急遽閉店しました!!
オーナーさんにお話を伺ったところ、賃貸に関するトラブルだったとのこと。
香港迷さんたちも通っていたのでとても残念です。
また別の形でオープンするかどうかは現時点では確定していないそうです。


ちょっと残念なニュースが続いています。
来月はもっといいニュースをお伝えしたいなぁ。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P1261901_R.jpg
ウンチクフォロワーさんから「ネタになりそうな面白いレストランはありませんか?」というご質問をいただきました。
美味しいお店・・・というご紹介はしておりますが「ネタになる面白い店」と言う切り口も面白いなと思ったので、私が行ってみた&見つけた面白いお店をご紹介します。
P1261898_R.jpg
トップ画像でご紹介したのは湾仔にある金福茶餐廳
もう、店頭が出前一丁一色!店内は普通の茶餐廳のようです。こちらのお店、以前からあってopenriceで過去の様子を見ると普通の茶餐廳の店構えだったようです。
出前一丁に改装したんですねー。
IMG_9970_R.jpg
特に出前一丁がオススメというわけではなく、「この店の公仔麺(インスタントラーメン)は出前一丁を使っていますよ~と書かれています。でも惹かれる店構え!
【金福茶餐廳】
住所:灣仔皇后大道東133號 (No. 133, Queen's Road Central, Wan Chai)
営業時間:7:00-19:30 日曜定休
480.jpg
(openriceより引用)
そう言えば、紅磡にある唐人坊というタイ料理レストランがあるのですが、こちらには出前一丁グッズが展示されているようです。正直、こちらのほうが面白そうですが・・・なぜタイ料理なの?(笑)
どちらも気になる方はハシゴしてみてくださいね。
【唐人坊】
住所:紅磡崇潔街43-45號地下 (G/F, 43-25 Sung Kit Street, Hung Hom)
営業時間:7:30-18:00 日曜定休

IMG_9708_R.jpg
こちらのお店は比較的子連れの方にはオススメかもしれません。
点心代表は定期的にキャラクターとコラボしているレストランです。
昨年、私が見たときは(お店には行ってません)、キキララとのコラボ中でした。ピンクとブルーの餃子とかすごいな(笑)。
過去にこびとずかん、ぐでたまなどとコラボしていましたが、現在は「クレヨンしんちゃん」とコラボ中!中環にもお店があるようです。

【点心代表】
住所:尖沙咀彌敦道100號The ONE 3樓L308號舖
(Shop L308, 3F, The ONE, 100 Nathan Road, Tsim Sha Tsui)
営業時間:11:00-23:00

P7056951_R.jpg
P7056962_R.jpg
日本でも増えているスタバのコンセプトストア。
こちらは以前にもブログでご紹介しましたが、香港にも2店舗コンセプトストアがあります。
どちらも地元の人気ブランド『G.O.D.』とコラボしているのですが、上の写真は旺角にある香港の芸術をテーマにした旺角洗衣街店。この写真だけだととてもスタバとは思えませんね。
【星巴克・旺角洗衣街店】
住所:旺角洗衣街89-91號偉基樓1樓及2樓
(1/F&2/F, Wai Kee House, 89-91 Sai Yee Street, Mong Kok)
営業時間:8:00-23:00 土日8:00-24:00
IMG_1274_R.jpg
RIMG0380.jpg
こちらは昔ながらのレトロなカフェ「冰室」をイメージした中環都爹利街店。
ちなみに入って手前は普通のスタバですが、置くが冰室エリアです。
どちらのコンセプトストアにも限定の香港スイーツがあり、珈琲蛋達(コーヒーエッグタルト)や菠蘿包などあります。

そうそう、都爹利街店はお店の入り口の階段にあるガス灯もオススメ。
100年以上前に建てられてガス灯が今もなお現役で、夕方になると明かりを灯します。香港法定古跡に指定された歴史的建造物で映画やドラマの撮影にもよく使われてます。

【星巴克・都爹利街店】
住所:中環都爹利街13號樂成行地庫中層
(Floor M2, Baskerville House, 13 Duddell Street, , Central)
営業時間:7:00-21:00

P1272597_R.jpg
最後にもうひとつネタになるお店を。
昨年、ご紹介した九龍餐室。この菠蘿包の写真だけ見ると何が?という感じですが、よく見てください。バターが小さくないですか?
IMG_0179_R.jpg
じゃじゃん!この菠蘿包の大きさ分かりますか??私の顔ほど・・・とは言いませんが、ジャンボな菠蘿包があるお店です。これは食べ応えありますよー。他の料理も美味しいのでオススメ。
IMG_0147_R.jpg
お店はこちら。深水埗にあります。西九龍中心の近くです。

【九龍餐室】
住所:深水埗汝州街282號地下
(G/F, 282 Yu Chau Street, Sham Shui Po)
営業時間:6:30-23:00

皆様から「こんな特集して」「こういうお店を知りたい」というリクエストは可能な範囲でお答えしていきます!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_4919_R.jpg
10月の香港で買えばよかったとメッチャ後悔しているものをご紹介ー。
前回は買って良かったもの&買えば良かったものをご紹介しましたが、今日は「メチャクチャ後悔しているもの」をまとめました・・・うううっ。

香港のドメスティックブランド【bossini】で販売している香港グッズ。
私が行った時、実は全部半額だったのです。にもかかわらず、ポーチひとつしか買っていない私は多分バカモノですー。
今見たら、獅子のバッグとか靴下もあるじゃんか!!

IMG_4920_R.jpg
香港Tシャツも種類が豊富です。いつも迷って買わない。私はそんな買い物の仕方をしますが、香港に居るときは迷ってはダメです!

IMG_4921_R.jpg
【bossini】全店で販売しているのかどうか分かりませんが、確実に佐敦のお店にはあると聞いています。ここはお店が大きいので種類も豊富です。
ネイザンロードとオースティンロードの交差点の角にあるのですぐわかります。

住所:九龍彌敦道172-174號太平洋大廈地下及一樓
営業時間:11:30-22:30

IMG_4915_R.jpg
IMG_4914_R.jpg
台風が来ていたので滞在中に使う傘を捜していたら、コスメショップの【SASA】でこんな可愛い傘が!!
折りたたみと普通と2種類ありました。
本当は台風のときだけ使って捨ててもいい安いどうでもいい傘を捜していたのですが(コンビニ傘が見つからず)、これなら日本に帰っても使えるー!

IMG_4916_R.jpg
値段が・・・69HKDって書いてあるけど、そんなに安いはずがない。傘をもってレジで聞いたところ、180HKDのお買い物をしたら69HKDで買えるとのこと。
むむむー、180HKDもここで買いたいものがない・・・ので諦めました。
これ、おしゃれで可愛いです。無理にでも買えばよかったなぁ。

PA203266_R.jpg
銅鑼灣のストリートマーケット【渣甸坊】で見つけた10足100HKDの短い靴下。
セサミストリートとかバーバパパとか、こんな可愛い靴下は日本にありそうでないし、しかも安い!!散々悩んだけど10足も要らないなぁと思って購入せず。
いや、買おうよ。お友達にお土産で配ってもいいじゃんか!

大した金額でもないのに、時々セコい自分がいやになります。
香港に行くと毎回「買えばよかったなぁ」と思うものがたくさん。次回こそは!!!
ってまた買い残ししそうな予感です(笑)。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA224202_R.jpg
最近、ちょっと中華料理の種類を気にするようにしています。
【潮州料理】は私が好きな中華料理のひとつ(細かい違いは分かりませんがww)。
中国には北京料理(京菜)、上海料理(滬菜)、四川料理(川菜)などいろんな種類の料理が地方によって異なりますが、【潮州料理】は広東料理(粤菜)のひとつです。
私が大好きな「鹵水(ローソイ)」や牡蠣が苦手な私でも食べれちゃう「蠔烙(オイスターオムレツ)」なども【潮州料理】です。

DYJN7899_R.jpg
10月に行ったときに、初めて日本人香港人の交流会に参加させていただきましたが、その会場となった【潮州料理】レストランが美味しかったのでご紹介します。
【龍鳳廚坊】は本当にローカルな場所にあります。ちょっと深水埗寄りです。
グルメな香港人メンバーさんのセレクトでした。10人以上でいただいたので、いろいろ食べられましたが、メンバーさんのセレクトなのでメニューも値段も一切見ていません・・・。分かる範囲でメニュー説明しますね。

PA224180_R.jpg
前菜にいただいたこれも美味しかった。香港人の人に聞いたら「塩豆腐」と言われたのですが、メニュー名は『鹽水乾炸豆腐』。名前のとおり乾燥した塩味豆腐みたいで、酒のつまみにいい感じでした。

PA224194_R.jpg
この蓮根も美味しかった。ピリ辛炒め?

PA224202_R.jpg
トップ写真はもうメチャ美味しかった『宮廷格格肉』。豚バラをトロットロに煮込んであっていくらでも食べれちゃう!!



PA224214_R.jpg

これがすごく美味しかったのですが、メニュー名不明です。
ズッキーニとナスに魚のすり身(多分)をのせてるもの。すごくいい味でした。メニュー名知りたい!

PA224211_R.jpg
こちらは『炸子雞』(パリパリチキン)。美味しくないはずがありません。

PA224219_R.jpg
多分、『九肚魚烙』(白身魚のすり身揚げ)。九肚魚、大好き!!

PA224207_R.jpg
通菜(空心菜)と・・・羊肉かな?の炒め物。

PA224215_R.jpg
回鍋肉(ホイコーロー)っぽいもの。これはちょっと食べなかったので味は不明。

PA224227_R.jpg
フルーツみたいー!と思いきや、豆腐です。上にのっている白丸はホタテ、赤いのは確かトマト。
『帶子水晶豆腐』といいます。滑らかでした。初めて食べた!

PA224231_R.jpg
『豆苗』~!香港の豆苗はどうしてこんなに太くて美味しいのか!!!
日本で売ってるカイワレみたいなヒョロヒョロ豆苗まなくて、これくらいしっかり太いヤツを食べたい!

PA224232_R.jpg
『荷葉飯』(ハスの葉ご飯)は宴会メニューの定番。大人数じゃないと絶対食べ切れません。

PA224222_R.jpg
PA224225_R.jpg
大人数なので常にテーブルにドーンとお料理がありました。お酒もススんで楽しかったです。
これだけ食べてしこたま飲んで、一人150HKDでした!
お店自体も安いですが、やはり中華は大人数で食べるほうがお得だしいろんなものが食べられていいですね。
声をかけていただき、楽しい交流もできました。ありがとうございました。

こちらのお店、英語表記ももちろん日本語表記もないし、メニューも確か写真なしなので(恐らく)、ビギナーさんにはかなりハードルの高いお店ですが、openriceなどの写真を見せて指差ししても大丈夫だと思います。
深夜遅くまで営業していますが、女性少人数で訪れるならば帰りはお店の前からタクシーを拾ったほうがいいかもしれません。
問屋が多いエリアなので、夜遅くは人通りが微妙です。
一番近い最寄り駅はMTR太子駅D出口です。


【龍鳳廚坊】
住所:太子白楊街21號地下
(G/F, 21 Apliu Street, Prince Edward)
営業時間:11:30-15:00、17:30-25:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
HWCP5940_R.jpg
香港には魅力的な飲み物がたくさんあります。
コンビニで手軽に入手できたり、街中にお店がたくさんあったり。日本にありそうでないものもたくさんです。ちょっとお土産にもなりそうなものをご紹介します。
滞在中に、持ち帰りにお役立てくださいー!

トップの写真は皆さんご存知の【星巴克(スターバックス)】のスイカジュース。
帰りの空港でこれを買って帰る人も多いのではないかと思います。私も久しぶりに買いましたー。ジューススタンドのスイカジュースより若干味が薄いかな?
以前は「空港内ならここのスタバにしかない!」と聞いていましたが、あちこちのスタバで見かけましたよ。
IMG_2139_R.jpg
スイカジュース以外にも、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなんかもあります。
スイカとキウイはオススメです。

P5229380_R.jpg
香港に住んでいたときによく飲んでいた【果汁先生(Mr.Juicy)】。ここのオレンジジュースが濃すぎず薄すぎずちょうどいい美味しさ。
小さなペットボトルもあるので、ちょっと飲みたいなというときにぴったり。
P5240719_R.jpg
オレンジ以外にもリンゴがありますが、昨年販売された「楊枝甘露」(写真左)はメチャオススメです!少しさっぱりした「楊枝甘露」
写真右の「香芒蜜瓜桃」はメロンとマンゴーのドリンク。薄味です。

IMG_6434_R.jpg
いやいや、ドロっとした「楊枝甘露」が飲みたい方にはこちらがオススメ。【鴻星】「楊枝甘露」はコンビニで販売してます。
空港から【許留山】が撤退した今、空港に着くとコンビニに駆け込んでこれを買うのが定番になりつつあります。
要冷蔵なので夏場の持ち帰りはご注意ください。
一度夏に持ち帰ってうっかり常温で1日置いていたら、発酵してしまいました・・・。
左のドリアンも試したいけど勇気がないです。次に見かけたら試してみよう・・・・かな?

IMG_6270_R.jpg
コンビニドリンクでお気に入りなのがこれ。香港の牛乳ブランド【十字牌(Trappist Dairy)】のフルーツ牛乳。1960年代にはランタオ島の修道院で生産が始まったメイドイン香港の牛乳ブランド。現在は新界地区にて製造しているとのこと。
私が住んでいたときは「香港の牛乳は飲まないほうがいい」と言われて避けていたのですが、元々牛乳大好きの私にとって、日本製の1L500円近い牛乳はなかなか手が出ず・・・。
こういうフルーツ牛乳が当時あったらよかったのになぁ。
IMG_6275_R.jpg
私のイチオシの「芒果木瓜(マンゴーパパイヤ)」。滞在中2回は飲みます。絶対飲みます。飲めなかったら持って帰ります。
マンゴーの甘さとパパイアのフレッシュさのミックスがいい感じ!

IMG_6474_R.jpg
「香焦(バナナ)」はちょっと甘すぎたかな。本当にバナナ牛乳です(笑)。
子供さんとか絶対好きな味だと思います。

IMG_1953_R.jpg
ばら撒き土産にするならば、【維他(Vita)】シリーズがオススメ。このレモンティーは香港に興味がない人でも「美味しい」と喜んでもらえます。会社の女子とかに配ると喜ばれます。
ただし、重いので持ち帰りは覚悟はしてください(笑)。

IMG_0064_R.jpg
【維他(Vita)】は滞在中にも飲んでしまいます。豆乳っぽくないものも多いです。

IMG_1952_R.jpg
【NESTEA】シリーズもいいですね。レモン以外にスイカとか梨とか、日本人の口にも合いそうなものが多いかな。

PA224067_R.jpg
あ、これもオススメです。【陽光】というドリンクメーカーもレモンティーパックが有名です。こちらの「レモンカシス」が美味しい~。

RIMG0389_R%2B%25282%2529.jpg
ちょっと身体によさそうな漢方っぽいフルーツドリンクも女性ウケします。自分にも買いたい!
IMG_5011_R.jpg
IMG_5012_R.jpg
日本のスーパーもそうですが、ドリンク売り場に行くととにかく種類が多くてびっくりします。
こちらは某ローカルスーパーのお茶エリア。パッケージが微妙に違いますが「烏龍茶」「解茶」「玄米茶」「白茶」「十八茶」などなど同じメーカーのお茶だけでもこんなにたくさん!

緑茶を買うときにパッケージに「加糖」と書いてないか注意してくださいね。
書いてあれば、砂糖入りの緑茶です。
「えぇぇ!!!」と初めて飲んだときは衝撃的でしたが、慣れるとこれが美味しいんです(笑)。

P7035742_R.jpg
ちょっとオマケ。香港滞在中は絶対レストランでも飲むしコンビニでも買うビールは【藍妹(Blue Girl)】。日本ではあまり販売していません。
これが一番美味しくて好き!
P7067001_R.jpg
次に買うのはこちら【Blue Ice】。かなりさっぱりしている軽めのビールです。飲食店で置いているところはあまり見ないけど、コンビニではほとんど販売しています。

IMG_9691_R.jpg
青島ビールは基本的に香港で飲みません。だって日本でも普通に飲めますし売ってますしね。
なるべく日本で売ってない飲めないものが飲みたい!
サンミゲルビール(生力)が大好きでしたが、最近は日本でも売っているところが増えたし、香港の飲食店で置いているところが減ってきたので香港で飲まなくなってしまいました。
エアラインでも見かけなくなりましたねぇ・・・。

P5240738_R.jpg
最近はこうした香港地ビールが飲めるレストランが増えたり、売っているところも見かけるので、特別な人にお土産にしたり、自分用にちょっと買ったりもします。

って、結局ビールネタで〆ちゃってすみませんー。




https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_4902_R.jpg
新聞をリサイクルして財布やバッグにしているお店があると、香港仲間さんに教えていただいたので行ってみました。
【Recycled】はその名のとおり、香港の新聞や英字新聞やチラシなどを使ってバッグなどを作っています。
私がお邪魔したときは、店頭にオバマ元大統領のイラストを使った英字新聞のバッグがありました。

PA203345_R.jpg
日本に持ち帰るのはちょっとかさばりますが、こんな書類BOXもあります。

IMG_4901_R.jpg
こちらはiPadケース。よく見ると真ん中のは日本の新聞です!!!

IMG_4900_R.jpg
主に英字新聞を使ったものが多かったように思います。
できれば蘋果日報(アップルデイリー)とか広東語新聞がもっとあればいいなぁと思いました。
このお店、結構前からありますが、以前のお店(以前は結志街にあり)のときは結構広東語新聞のリサイクルものがあったようです。

IMG_4899_R.jpg
じゃじゃジャーん!今回私が買いに来たのはこれ。香港の牛乳パックをリサイクルしたお財布!
『維記』のパッケージは3種類ありました。散々迷って左の緑を買いました。180HKD。
他に新聞柄のお財布もあったのですが、広東語ではなかったので諦めました。
香港滞在時の財布として使おうかな~。でも使うのに結構勇気がいるかも(笑)。

P1295527_R.jpg
そしてこちらも買いました。広東語新聞・星島日報の名刺入れ。これは60HKDだったと思います。
英字ばかりで広東語ものを探すのに苦労しました・・・。
この名刺入れは普段使いしています。

P1295525_R.jpg
香港に行くときは忘れないように持っていかなきゃ!


【Recycled】の名刺入れ、先日渋谷ヒカリエで開催されたPMQのイベントでデザイナーさんの一人がこちらの名刺入れを持ってらっしゃって、「それ【Recycled】で買ったの?」と話が弾みました。

同じデザインが2つとないので、あなただけのオンリーワン(古いなぁ~)を探しに行ってみませんか?

PA203343_R.jpg
お店はこんな感じです。
『蓮香樓』の前の道を上環方面に30mほど行くと右手に見えます。

【Recycled】
住所:中環威霊頓街176号くらい
(正式な住所が分からないので憶測ですみません)
営業時間:10:00-20:30



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_6518_R.jpg
80年代に大ブームとなった香港映画【霊幻道士】
チャイニーズゾンビとも言うべきか、死んだ人が成仏できずに蘇るキョンシー。
アクションありコメディありで日本の子供にも大人気の映画でした。子供の頃に観た人も多いですよね。
ちなみに、テンテンちゃんが出演していたのは【幽幻道士】で台湾の映画です。【霊幻道士】を元に作られた作品で、日本ではドラマにもなりましたね。

あれから30年近いときを経て、2013年に公開されたのが『キョンシー(殭屍/Rigor Mortis)』です。
コメディ要素はまったくなし!完全なるホラー映画です。
映画「呪怨」の監督としても有名な清水崇監督がプロデュースしたんだとか。

正直なところ、ホラー映画は苦手なので鑑賞を躊躇していましたが、過去の【霊幻道士】作品に出演していた俳優陣が出演していると聞いていたので、やっと重い腰を上げて鑑賞してみました。ドキドキ。

IMG_6504_R.jpg
貧困街を出て人気俳優になるもすっかり落ちぶれ、妻も子もなくし、廃墟寸前の高層マンションに引っ越してきた錢小豪(チン・シウホウ)。演じるのは錢小豪本人です!
【霊幻道士】シリーズでは一番若かったですよね。なんとなく面影が残ってますが、この撮影当時50歳。見えないわ!

IMG_6499_R.jpg
廃墟マンションの住民、末期の肺がんを煩った道士ガウを演じるのは鍾發(ジョン・ファッ)。
【霊幻道士】シリーズではコミカルな役だった気がしますが(まぁそもそも【霊幻道士】がコメディ映画だしww)、今回の【キョンシー】では怪しい道士を演じています。
ニコリともしないワルっぽさがかっこいい!

IMG_6521_R.jpg
道士兼廃墟マンション内の茶餐廳のシェフ・ヤウを演じているのが陳友(アンソニー・チェン)。
【霊幻道士】のときは脇役でしたが、今回はメインどころ。めがね、覚えてます!
映画出演はかなーりお久しぶりのようです。

IMG_6506_R.jpg
廃墟マンションに妻のムイと暮らすトンを演じるのが呉耀漢(リチャード・ン)。
目が大きくて印象深いお顔なのでご存知の方も多い俳優さんだと思います。
【霊幻道士】では3に出演していたのかな?

IMG_6514_R.jpg
舞台となる廃墟マンションの外観。こんなに大きなマンションですが、数人しか住んでいないんです。
IMG_6491_R.jpg
錢小豪が入居したのは、いわくつきの2442号室。
他にもたくさん部屋が空いてるのに、わざわざなんでこの部屋に入居させるんでしょう(笑)。

IMG_6493_R.jpg
住民に料理を振舞うヤウ道士。道士には米が欠かせない道具だったのに、近年は道士としての仕事がないから料理に使うしかないとか言ってました。
ちゃんと黒白エバミルクも並んでますね~。

ホラー映画として面白いのかどうか分かりませんが、【霊幻道士】を観たことのある人は登場人物で楽しめるかもしれません。
ホラーというより、ちょっと切ないストーリーな気がします。最後は「え?そういうこと?」という感じ。
正直なところ、ホラーは嫌いだけど別に怖くなかったかも(笑)。

【霊幻道士】と言えば、やはりチェン道士と弟子のモンが欠かせないキャラクターですが・・・。
U1584P28T3D2240794F358DT20081107152739.JPG
(sinaサイトより引用)
チェン道士演じる林正英(ラム・チェンイン)は1997年に44歳の若さで肝臓がんで逝去。
私の中で道士と言えば彼の顔しか浮かびません。眉毛が印象的だったよねー。
loadImage.jpg
(wikipediaより引用)
モン演じる許冠英(リッキー・ホイ)は2011年に心臓発作にて65歳で亡くなりました。
マイケル、サミュエル、リッキーと「ホイ三兄弟」と言われ、映画[Mr. Boo」を始め80年代のコメディ映画には欠かせない存在でした。

映画のエンディングでは彼らへのメッセージもあります。
【霊幻道士】ファンの人は一度は観てもいいかも!



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19








ninja_icon_mobile_x2.png

View the full article