• All Activity
  • entries
    260
  • comments
    0
  • views
    4,051

About this blog

こんにちは。「香港ウンチク話」ブログ管理人、Kaoriです。
大好きな香港の楽しさを毎日ブログでお伝えしています。
香港の最新情報やウンチク話、日本で開催されるイベント情報など公開しています。
Hi! My name is Kaori and Hong Kong Lover.
Pleas check my Hong Kong blog "Hong Kong Unchiku Story(香港ウンチク話)"

Entries in this blog

香港ウンチク話
P7035844_R.jpg
先日放送されたNHK番組「ドキュメント72時間」でも特集された【重慶大厦(チョンキンマンション)】。旅行に行ったら一度は行ったことがある場所でしょうか?
私の香港人友人の半分くらいは「あんな怖いところ行っちゃダメ!」とか「私は怖くて一度も行ったことがない」と言います。
安宿や両替商があり、バックパッカーを始め旅行者の人にはいろんな意味で便利なところですよね。
さて【重慶大厦】は悪の巣窟なのか?行くべきではないのか?

changhing.jpg

【重慶大厦】は1961年に建てられたビルです。【重慶大厦】とひとくくりに呼んでいますが、実は5つのビルの総称です。
A棟~E棟まであり、それぞれの建物はGF以外では繋がっていません。
また、商業ビルと思っている方も多いですが、居住エリアもあるので住んでいる方がいらっしゃいます。
ちなみに【重慶大厦】の不動産情報を確認したところ、1Rで1ヶ月6,800HDKという賃料の部屋がありました。風呂トイレ付です。どうですか?住んでみますか?

IMG_6306_R.jpg
入り口を入ってGFと1Fは両替商が多いことで有名です。
ココで両替する香港迷さんも多いと思います。手数料を取らない分銀行よりいい。またたくさん両替商があるので、ウロウロしてレートのよいところを選べばいい。
入り口にあるところは比較的レートが悪く、奥に行けば行くほどいいと言われています。
日曜も営業しているので、日曜到着の旅行者には便利ですよね。
私はいつもGFの奥のほうのお店で両替します。正直なところ、どこのお店を比べてもそんなに大差はありません。

17862712_1403818486344414_1629573961101414239_n.jpg
【重慶大厦】はインド系の方が多く、インド料理店もたくさんあります。
中でも咖喱王(Khyber Pass)』新德里餐廳(Delhi Club)』はオススメー。私もよく通いました。この2店は間違いないと思います。
お店まで自分たちで足を運んでもいいですが、不安だったり怖い場合は【重慶大厦】前で呼び込みしている店員さんに連れて行ってもらうのが一番いいかもしれません。最近は以前のようなしつこい客引きはないようですが、女性だけでエレベーターに乗ってたどり着くのは結構不安です。
目的のお店だけ決めておいて、そのお店の名刺を持っている人に連れて行ってもらいます。

P7056556_R.jpg
「ドキュメント72時間」でケーブルの盗難が・・・と話していたのはここじゃないかな。この辺りにもちゃんと監視カメラが付いてるんですね。
この裏路地は【重慶大厦】裏手のシグナルヒルガーデンの入り口付近に繋がっています。

P5229517_R.jpg
【重慶大厦】の地下にあるショッピングエリア。ココに支店をオープンしたのが、中環の老舗茶餐廳『蘭芳園』。観光客もいるけど結構地元の香港人も多いです。
ここが【重慶大厦】の地下とは思えない!!

IMG_0250_R%2B%25282%2529.jpg
最近はリノベーションが続き、外壁も綺麗になってしまいましたね。以前はこうしてゲストハウスの看板などがたくさん出ていたのですが・・・。
ゲストハウスに泊まってみたい方も多いでしょうか?
旅慣れている男性ならともかく、女性一人旅には簡単にオススメはできないかな?
トラブルも多いようで「ま、いいか」と腹がくくれる気持ちを持てないとだめだろうなぁ・・・。
私も一度は体験してみたいと思うけどもう体が付いていかないなぁ(笑)。若いうちに体験しておけばよかったかも。

「第二の九龍城だ!」とか「無法地帯」と言われていたのは昔の話。
現在の【重慶大厦】は以前に比べて治安は良くなっています。
旅行者が集まる場所なのでスリにさえ気をつければ、両替したりインドカレーを楽しんだり出来る場所です。
でも香港なのにインド系の人が多くて「あれ?ここどこ?インド?」と錯覚しちゃう(笑)。
注意さえしていれば、カオスな雰囲気を楽しめますよ~。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5261138_R.jpg
「あぁ、あれ買えばよかったなぁ」と後悔するものもあれば、「買ってよかった!」と気に入ってリピートしてしまうものもたくさんあります。
私が最近買ってよかった!と思ったものをご紹介します。

PB119528_R.jpg
これで奶茶を飲むと本当にテンションがあがります!!!
エバミルクメーカー【黒白淡奶】のこの牛さんカップ&ソーサーは茶餐廳で使用されているところも多いですが、時々期間限定or数量限定でスーパーなどで販売しています。
2014年から私も毎年のように香港の友達に買い置きしていただいてます(友達のみんな、本当にありがとー!)。
現在5種類ほどありますが、中でも気に入っているのがこの名前入り。
香港に住んでいた香港仲間さんが名前入りサービスをしていたときに、わざわざオーダーしてくれました。これは住んでいないと出来ないですよね。
PB119515_R.jpg
黒白カップは毎年のように微妙に絵柄が違ったりするので、ついつい集めてしまいます。
毎年11月20日に開催される「ミルクティーの日」。この日にあわせて販売されることが多いです。今年も買えるかな?
丑年の母が欲しがっているので、今年は買いに行こうと思います。

P2053286_R.jpg
香港お料理教室に通うようになって、香港でお砂糖を買ってくることが増えました。
日本で売っている砂糖でも代用は出来るけど、やはり香港の材料を使うとより香港の味に近づきます。
【太古】というブランドはスーパーで必ず見かけるお砂糖メーカー。
「茶葉蛋」や「瑞士鶏翼」などを作るときには左の棗入りの片糖がオススメです!

P1000776_R.jpg
もうこれは私にとって無くてはならないバッグ!
香港の人気雑貨ブランド【G.O.D.】のトートバッグ。サイズも大きすぎず小さすぎずでかなり愛用しています。普通にお買い物とかでも使っています。
確か230HKDくらいで買ったんじゃなかったかな?これを購入したのは2012年。まだ1HKD10円に近かった頃だったのですごくお得でした。今思えばもうひとつくらい買っておけばよかったな。もうひとつ買いに行こうかな?

P7101807_R.jpg
これこれ!昨年母と香港に行ったときにツアーで訪れた赤柱で購入しました。
赤柱に行くとわかったときから、こういうのを買おうと思っていたのです。これ、1枚30HKDでした。安すぎ!!
壁に飾っていつでも香港を思い出せるように!!

PA244675_R.jpg
スマホカバーのご紹介はここでも何度もしていますが、iPhone6plusユーザーの私は絶対に買ってきます。
というのも、日本はplusユーザーが少ないようで、発売当初はたくさん種類があったカバーもどんどん減っています。家電量販店などでも販売しているスペースがどんどん縮小される・・・。Loftで働く友達いわく「plusの需要は本当に低い」んだとか・・・。
なので香港らしいカバーをお手頃価格で売っている香港は本当にありがたいんです。

P3243640_R.jpg
これも買ってよかった~。
佐敦にあるキッチン用品店【陳枝記】で購入した包丁。
料理研究家・山本麗子さんも愛用しているオススメの包丁は薄くて軽くて使い心地ばっちり!
山本麗子さんがテレビで紹介していた5年くらい前は1本90HKDでしたが、昨年私が購入したときは180HKD。先日、香港仲間さんが購入したときは200HKDだったそうです!!!
すごい値上がりの仕方だな・・・。早く買っておけばよかった。
蜜汁叉焼とか作ってこれでカットするとき、幸せを感じます~。

P5229585_R.jpg
香港お土産クッキーの定番となりつつある【GLORY】
美味しいですよねー。昨年買ったけど美味しかった。でもクッキーもいいけどナッツも美味しかったんです。
左は海苔、右はブラウンシュガー。酒のつまみにもおやつにもなる万能ナッツ。友達へのお土産としても喜ばれました。
また今度買って、おやつ用に会社の引き出しに入れておくんだww。

また次の香港旅行でもお気に入りが見つかるかな?


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA234630_R.jpg
香港にはあちこちにショッピングモールがあります。
尖沙咀にある『海港城(ハーバーシティ)』はその中でも最大級。高級ブランド、ドメスティックブランド、飲食店、スーパーマーケットなど700店以上の店が軒を連ね、ホテルとも直結しているし、マカオ行きのフェリーターミナルもあるし、ここだけで1日過ごせます。
金鐘の『太古廣場(パシフックプレイス)』はMTR金鐘駅から直結している上、アイランドシャングリラ、JWマリオット、コンラッドなどの高級ホテルとも直結。ショッピングにも食事にも困らないショッピングモール。たくさんのショッピングモールがあって、それぞれに特徴があります。
もちろん、中心地だけではなく郊外にも必ずショッピングモールがあります。
郊外にあるモールは地元の人向けのお店も多くて、それを巡るのもまた楽しいです。

PA234630_R.jpg
トップ画像は皆さんご存知、深水埗の【西九龍中心(ドラゴンセンター)】。下町感溢れる深水埗で唯一のショッピングモールはとても目立ちます。
深水埗街歩き時にお手洗いに行きたくなったらココ!
IMG_0190_R%2B%25282%2529.jpg
このショッピングモールのウリはなんといってもコレ!
吹き抜けの上を見上げると線路らしきものが・・・!これ、ジェットコースターです。
2000年頃にはまだ動いていました。現在は一部が取り壊され、スケートリンクになっているようです。
IMG_0197_R%2B%25282%2529.jpg
このモールにはGiordano(ジョルダーノ)やBossini(ボッシーニ)といった香港のユニクロもあるし、マニングス、ワトソンズといったドラッグストア、ローカルスーパーのWellcome
もあり。
グルメは「譚仔雲南米線」「泰昌餅家」「唯一麵家」以外にもたくさん揃ってます。
オーダーメイドで傘が作れる「梁蘇記」も知る人ぞ知る穴場ですね。
7Fにある「蘋果商場」は香港っぽいグッズを販売するお店もあるみたいですよ。
今度ゆっくり探検しよう~。
■西九龍中心
行き方:MTR深水埗C2出口出て右、突き当りに見える。徒歩3分。

P1251355_R.jpg
もはやすっかり観光地となっている鰂魚涌の「トランスフォーマービル群」(すみません、私が勝手に命名しています)
このカオスなビルの下にもちゃんとモールがあります。
その名も【水族廣場】。2005年頃に熱帯魚関連のお店を一斉にオープンさせたことから、この名前がついたそうです。残念ながら2008年にはすべて閉店してしまい、2013年に普通のショッピングモールになったみたいです。名前だけは残ったんですね。
1990年以前は焼味工場があったんだそうです。知らなかった!

IMG_9862_R.jpg
お店はコレくらい、小さな小さなモールです。
私が香港に住んでいたとき、ここはよく徘徊しました。ローカルな雰囲気がすごくよかったんです。目の前のジャスコよりこっちに行ってたかも(笑)。
当時もワトソンズや日本城、Parkn'はありました。VCDショップもあったなぁ。

IMG_9863_R.jpg
2013年にリニューアルしただけあって、綺麗です。地上の雰囲気とは全く違う!
IMG_9866_R.jpg
ここ!このお店!私が通っていた当時と同じかどうかわかりませんが、よく飲茶しに来ました。通路にテーブルがあってすごくローカルな雰囲気だったのですが、お店が拡張されて火鍋屋さんになっています。
現在は東匯海鮮火鍋飯店というお店です。先日、この辺りに住んでいた方と会ったのですが、ここのシェフは有名なレストランから引き抜かれてきた方らしいです。
安いし穴場ですよー。
■水族廣場
行き方:MTR太古駅B出口を出て左、徒歩5分
(MTR鰂魚涌駅から行くならばA出口を出て右、徒歩10分)

P7046475_R.jpg
以前、ブログでもご紹介した葵芳にある【葵涌廣場】
ここは香港人の皆さんが口を揃えて「中学のときに学校帰りに行ったモール」というくらい、皆さんの青春時代が詰まったモールのようです。
天井が低くて、小さなショップがひしめき合ってて、どこからかジャッキー・チェンが追われて走ってくるのではないかと思うような、香港らしいショッピングモールです。
IMG_6386_R.jpg
携帯ショップや衣料品店、雑貨屋などはもちろん、こちらはローカルグルメも定評があるようです。ぐるぐる回っても飽きなそう!

IMG_6388_R.jpg
お隣には【新都會廣場】という比較的新しいショッピングモールがあり、直結しています。こちらは綺麗めな感じでローカル感はあまりないかな。
でもTasteとか潮庭とか入っています。こちらはMTR葵芳駅より連絡通路で直結しています。
葵芳はローカルなベッドタウンですっかり気に入ったのですが、最近アウトレットモールが出来たりして盛り上がってますね。
ローカルな雰囲気はあまり壊さないで欲しいなぁ・・・。

■葵涌廣場
行き方:MTR葵芳駅D出口を出て目の前

あぁ、目的もなくぶらぶらとローカルモールを探検したい。
他にも気になっているモールとか写真を撮っていないモールがたくさんあるので、またそれらは撮影してから追々ご紹介していきます。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5240528_R.jpg
本当に便利な世の中です。
Googleマップのお陰で世界の多くの都市の様子がわかるなんてすばらしい!
地図フェチの私は香港の街を夜な夜な徘徊しています(笑)。
ガイドブックに出ていないような穴場や興味深い場所を見つけては悶々としています。
また、なかなか行けないような場所に行って写真を撮ってシェアしてくれている方もいるのでとてもありがたいのです。
そうやっていろいろ見つけては次の香港旅行で行ってみようと思いつつ、なかなか全部訪れるのは難しいですね。
今日はそんな私が密かに保存している場所をちょっと公開してしまおうかと思います。
Googleマップの風景を埋め込みますね。皆さんの香港穴場探しのご参考になれば嬉しいです。

■西環泳棚■
 
香港島・堅尼地域のもう少し西の海岸沿い。この辺りの海岸は埋め立てを一切されていない場所で、ゴツゴツとした岩が多いんですよね。
そんな岩場からニョキっと伸びてるこの橋みたいなのはなんだろう?と気になっていました。
「泳棚」ってあるから、遊泳用の何かでしょうか?
と思っていたら、『香港魂』さんのブログで過去に紹介されていました!
⇒「西環泳棚」http://hongkongsoul.blogspot.jp/2015/01/blog-post_8.html
ほほー、なるほど!まだプールが無かった時代に作られた海水浴用の桟橋だったのですね。
ここから見渡す風景も絶景!香港じゃないみたい!ちょっと遠いけど行ってみたいなぁ。

■烏洲■

馬鞍山からもう少し東に行った十四郷というエリアにある島「烏洲」。恐らく無人島だと思います。潮が引くと陸続きになるのかな?
海がとても綺麗です!こんな自然を感じられる香港もたくさん見たいですね。

■虎山■

祝・大澳Googleストリートビュー公開!
大澳エリアは車で入れる箇所がないので、最近まで街の様子がGoogleストリートビューで見ることが出来なかったのですが、昨年Googleが徒歩エリアも撮影して更新してくれたお陰で、大澳の街並みがGoogleマップで見られるようになりました。
大澳にある「虎山」という山、ここからは右には大澳の街、左には建設間近の港珠澳大橋が一望出来ます。
のどかな漁村と澳門へ繋がる橋。なんだか微妙な気持ちだなぁ。

■石涌凹■
 
「沙頭角」という街の名前を見たことはあるでしょうか?
深圳と香港の境界線に位置する街。半分香港で半分中国?
そしてこの道路はその「沙頭角」へ続く道。しかしこのゲートより向こうへは住民以外は入れない地区で、観光客はここで降ろされてしまうのだとか。
こんなところまで来て降ろされるのもなぁ・・・と思うけど、ちょっと行ってみたい気もします。

■譚雅士大宅(Jessville)■
 
香港島西にある薄扶林の高台にあるこの洋館。すごく気になります。
譚さんという方が1931年に建てたものでJessというのは奥様のお名前だということ。法定古蹟に指定される可能性があって取り壊しが保留になったこと・・・くらいしかわかりませんー。結局取り壊しはナシ?リノベーションされるの?一般公開とかされてるのかな?
すっごくすっごく気になっています。

あぁ、そしてまた今夜香港を徘徊しています(笑)。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P3305789_R.jpg
香港で買ってくる常備薬のひとつ、スイカスプレーこと【西瓜霜】
【西瓜霜】とはスイカの皮から出た霜だそうで、特にスイカの味がするわけでもなく、どちらかと言えば苦い・・・。匂いも味も龍角散に似ています。

この【西瓜霜】は本当に万能で、私は主に口内炎に使用していますが、患部に粉を振りかけて眠れば翌朝にはほぼ痛みが治まるほど。ちょっと痛くなると早めに使用すると治りが早いです。
他にも喉が痛いときに、喉に直接吹きかけると喉がすっきりするそうです。
(一度試しましたが咽て大変でした・・・ご注意を!)
抗菌、消毒、解熱、止痛効果があり、主に口内トラブルから気管支、鼻炎、中耳炎、焼けどなどに効果がある優れもの。
香港の万能薬としては『白花油』がメジャーですが、それに劣らない万能薬。
香港では「昔、おばあちゃんがよくつけてくれた」というような、昔からある良薬のようです。

先日、香港に行っていた香港仲間さんが「別メーカーの【西瓜霜】を見つけたよ!」と買ってきてくださったので、家にある【西瓜霜】と比べてみました。
Kさん、どうもありがとう!!!

17634726_1393353400724256_8833748197526746875_n.jpg
私がいつも購入するのは【三金西瓜霜噴剤】。恐らくこれが一番よく見かけるメーカーではないかと思います。
成分も効能もほとんど同じです。
中国・桂林にある三金という薬品メーカーのものだそうで、ということはメイドイン桂林なのかな?パッケージには「中国中薬名牌産品」と書いてあります。

17629690_1393353407390922_1333204885902343861_n%2B-%2B%25E3%2582%25B3%25E3%2583%2594%25E3%2583%25BC.jpg
友人が買ってきてくれたのが【海山牌西瓜霜噴剤】。この3Dチックなパッケージ、初めて見ました。
「海山牌」というメーカーのようです。
成分も効能から使用期限(製造から3年)、内容量(3g)など【三金西瓜霜噴剤】とほぼ同じ。
唯一違うのは「Made in Hong Kong」としっかり書かれています。
そうか、こっちは香港製造なんですね。

P3305792_R.jpg
産地以外に違いはないのか・・・・?
実際に中身を出してみました(←暇人ですね~)。
本当に、どちらも色も味も匂いも同じww。
左の【三金西瓜霜噴剤】は少し粗い粉末です。それに比べて【海山牌西瓜霜噴剤】はとても細かい粉末です。
この写真だと違いが伝わりにくいかな・・・。

どちらかというと【海山牌西瓜霜噴剤】のほうが使いやすいかも?とちょっと感じました。
粉末が粗い【三金西瓜霜噴剤】はちょっとザラザラ感を感じるんですよね。でもだからといって効果には違いはないと思います。

今度は是非使い比べてみたいので、喉が痛くなるか口内炎が出来たらまたレポします~。
購入したことない方、是非一度お試しください。1つあるととても便利ですよ。
ワトソンズやマニングスなどのドラッグストアで購入できます。30HKD前後です。
ただ、本当に美味しくない苦いのでご了承くださいませー。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_4829_R.jpg
自分は見慣れてしまったけど、初めて香港を訪れる人と一緒だと「あれはどういう意味?」「なにあれ!面白い!」と敏感に反応してくれて、初心に返ることが多々あります。
自分も同じように衝撃を受けた!面白がったことを思い出したいなぁと思います。
今回は初めて香港に連れて行った友達や家族が驚いたネタを主にお話しますね。皆さんも「あるある!」かな?

トップ画像は飲茶で行われる儀式【洗杯(サイブイ)】
いきなり大きな器とお茶を持ってこられたときは、何するの???と頭がクエスチョンマークでした。高級レストランやチェーン店などでは行わないところもありますが、ローカルなお店ではまだまだよく見かけます。
【洗杯】とはお皿を洗うこと。現在では非常に衛生的な香港ですが、昔、衛生状態がよくなかった時代にお店で出された食器をお茶で洗っていた名残です。
お茶は殺菌作用がありますからね。
こうして器に食器や箸を入れて、お茶をかけて殺菌します。終わったらTempoティッシュで拭く!だからTempoは必需品なんですよ~。
P7046487_R.jpg
飲茶だけじゃない!ローカルレストランで出てくることもあります。
私の香港人の友人はが【洗杯】上手なので彼女と一緒のときはお任せしちゃうんです。
だって、すっごく少量のお茶で綺麗に綺麗に洗ってくれるんです。これはやはり時々やる程度じゃ身につかないなぁ・・・。ビールグラスも洗っちゃうよ!
【洗杯】はなんとなく残ってる儀式みたいなものなので、無理に行う必要はありませんよ。でもやり方がわからなくて、隣のおじさんに教えてもらって・・・っていうのも楽しい!

IBAF9981_R.jpg
皆さんご存知の【Super Dry極度乾燥(しなさい)】。初めて見たときは絶対にコピー商品だと思いましたよね?
実はちゃんとしたイギリスのアパレルブランド。そこそこの価格なのでセレブもご愛用のブランドなのです。
ブランド名の由来は日本のビール・アサヒスーパードライからインスパイアされたそうです。ただ商標問題などいろいろ揉めているようで、日本では出店も輸入販売も出来なくなっているとか。欲しい方は香港で購入したほうが無難です。

PA213587_R.jpg
ホテルにバスタブがない!!!
お風呂大好きな日本人にとって、ホテルにバスタブがないのはあり得ないという方もいらっしゃるかな?
私はあまりこだわらないので、なくても全然苦ではありませんが、時々ホテルレビューを見ていると「バスタブがなくて残念」とか「お風呂に浸かりたかったのに」なんてコメントをよく見ます。
もちろん、バスタブがない家もあります。お風呂に浸かるという習慣が香港にはないですからね。

P7046079_R.jpg
街市に行ってギョエー!となった人は多いと思います。
香港の市場にある肉屋さんでは、肉が解体されて部位ごとに売られます。
時々解体現場にも出くわしますが・・・・。
日本ではスーパーでパックになってるか、肉屋さんでもカットやスライスして販売しているので、あまり塊を見ることがないですよね。
香港人は肉、魚、野菜は街市で買う人が多いかな。いつも新鮮なものが売られていますからね。うらやましい環境です。

PA223761_R.jpg
建築現場が竹で覆われてる!えー!竹なの?大丈夫なの?と私も初めて見たときは衝撃でした。
決して適当なわけでもなく、貧しいわけでもなく、竹の足場を使っているのにはちゃんとした理由があります。そしてこの足場を組むには国家試験をパスしないといけません。
湿度の高い香港では竹が水分を含んでとても丈夫になること。鉄パイプなどの足場では湿気で錆びてしまうこと。高層ビルの多い香港では竹のほうが軽く運べること。何度もリサイクルできるので経済的なこと。
非常に効率的に考えられた上での「竹の足場」なのです。
時々あまり香港を知らない方が「えぇー!竹の足場なんて大丈夫なの?怖い!」とおっしゃるのですが、全然怖くないし大丈夫なんですよ~。声を大にして伝えたい!
ただ、足場を組める技術者が高齢化しているとの話も聞くのでちょっと心配です。

PA224118_R.jpg
高カロリー間違いない、香港のローカルフード【西多士(サイドーシー)】
厚揚げじゃないですよー(笑)。
初めて夫に食べさせたときは衝撃を受けていました。私、初香港の人を連れて行くと必ず日本にはないものを食べさせちゃうクセがありますww。
(雞蛋仔とかツバメの巣とかカエルの卵巣とかそんなスイーツ系の優しいものです)
これは香港式フレンチトーストです。皆さんがよく知っているフレンチトーストとの違いは・・・揚げてあることですかねぇ・・・。
油で揚げて、たっぷりのバターと蜂蜜、間にピーナッツバターやカヤジャムが挟まっていることもあり、高カロリーとわかってますが香港滞在中だけは目をつぶって食べちゃいます。
この前行ったとき、久々に食べたのですがあまりにもサイズが多すぎて1/4ほど残してしまいました。・・・全部食べたら別の意味で後悔してたかも!

PA203172_R.jpg
暑くなると出現する~。上半身裸のおじさん!!!もう見慣れちゃってるしww。
でも初めて見たときは「何で裸なのぉぉぉ!」と目のやり場に困りました。
作業しているオジさん、オニイさん、そろそろ出没する時期になりますね。むふふ。

IQZF2513_R.jpg
香港で上映されるハリウッド映画はタイトルも俳優名も広東語で書かれます。
マット・デイモンファンの夫が「マット・デイモンってこういう漢字なんだね!新鮮だ!」とすごく喜んでました(笑)。
広東語で「麥迪文(マッ・ディーモン)」と書きます。当て字です。
でも私も初めて映画のタイトルや俳優名を広東語で見たときは新鮮だったなぁ。
トム・クルーズの映画「ミッション・インポッシブル」の広東語訳が「不可能的任務」と見たときに、そのまんまじゃん!!!と笑ってしまった~。

また次にビギナーの友達を連れて行くときは、私も初心に返って一緒に刺激を受けたい!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
DSC01160_R.jpg
街市の上で初めてご飯を食べたのは、実はこのお店です。
日系企業に勤める香港人の親友が「今、ここが人気なのよ」と連れて行ってもらったのが、跑馬地(ハッピーバレー)の街市・黃泥涌市政大廈内にある銖記海鮮飯店
鮑魚王子(アワビ王子)がいるお店ということで有名なのです。
アワビ王子とは料理人・陳松輝さんのこと。アワビに長けた方の下で修行をしたことから、その師匠はアワビ大王、陳さんは王子と言われるようになったそうです。
CIMG3198_R.jpg
看板に顔写真が出ているこの方がアワビ王子!
数々の賞を獲っている素晴らしい料理人さんです。私はまだお会いしたことはありません。

DSC01169_R.jpg
最近はどうでしょうか?以前行ったときはとにかく予約必須でディナータイムともなるとこの盛況ぶり!高級食材を扱いながらも街市の上なのでとてもリーズナブル。
跑馬地は高級住宅エリアですが、近隣に住む芸能人や日本人駐在員にも人気のようでした。

DSC01159_R.jpg
オススメメニューその①。『原盅雞燉翅』(フカヒレと鶏肉のスープ)。以前行ったときは予約制でした。小ぶりなフカヒレがこれでもかーっというくらいギッシリ詰まっていました。鶏肉とフカヒレのコンビがいい!メチャクチャ美味しかったです。

CIMG3205_R.jpg
オススメメニューその②。『金牌鳳沙雞』(ローストチキンのガーリックのせ)。
パリッパリのチキンにこれでもかというほど盛られたガーリックチップ。
こんなにガーリックをのせても胃もたれしないから不思議です。このチップをお粥に入れて食べるのが美味しいんですよね~。
このチキン、本当に美味しかったですよ。

CIMG3204_R.jpg
シーフードレストランなので『椒鹽瀨尿蝦』(シャコの塩コショウ揚げ)もオーダーしました。プリプリで旨し!

DSC01161_R.jpg
メニュー名失念!これは今でもあるのでしょうか?
『海老のガーリック蒸し』ってとこかな。開いた海老ににんにくをたっぷりのせて蒸してます。
実は海老嫌いの友達と行ったので甲殻類は避けていたのですが、これだけオーダーさせてもらいました。シャコは食べれるんだって。美味しいんだって。海老は泥くさくてダメなんだって。私には違いがわかりません・・・。

CIMG3203_R.jpg
『豆苗』も日本の細い細いヤツとはぜんぜん違うー。緑が濃くて美味しいです。

あれ?あれれ?アワビ食べてないじゃない?
えぇ、食べてません(笑)。友達が予約してくれて、アワビが有名なお店だったなんて知らなかったし←完全友達任せ、アワビはそんなに興味がないし←基本苦手。
海鮮料理店を謳ってるけど、チキンの美味しいこと美味しいこと!大満足でした。
しばらく行ってないので近々行きたいな~。
私が行ったのは2008年頃なので、その頃に比べると値段はかなり上がっていると思います。
当時価格は参考にもならないと思いますが、これでビール飲んで4人で1万円してない記憶(酒飲みばかりだったので炭水化物のオーダーはなしww)。

街市の上ってビギナーさんにはハードルが高いかもしれませんが、ここの街市は比較的綺麗だし、メニューには写真も出ているのでオーダーしやすいかもしれません。

お店への行き方ですが、銅鑼灣から歩くと20分くらいかかります。
トラムで「跑馬地」行きに乗って終点まで行けば、そこから徒歩3分くらいです。

【銖記海鮮飯店】
住所:跑馬地毓秀街2號黃泥涌市政大廈2樓熟食中心4號舖
(Shop 4, Cooked Food Centre, 2/F, Wong Nai Chung Municipal Services Building, 2 Yuk Sau Street, Happy Valley)
営業時間:11:15-13:30、17:00-24:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5229326_R.jpg
名残惜しい名残惜しい香港最終日。朝起きるときから憂鬱です。このままパスポートがなくなればいいのに・・・といつも思ってしまいます。
そんな最終日、最後の最後まで有効に使って香港を満喫したいですよね。
早朝便~午前便で帰国される方は残念ながらあまり満喫できませんが、午後便~夜便で帰る方はどう過ごしてますか?
過去の私の最終日の過ごし方を記載しておくのでご参考に!

■朝ごはんを食べる■
ホテル周辺でもいいし、気になっているお店でもいいし。
茶餐廳は朝早くから営業しているので行きやすいですね。
また飲茶も早朝から食べられるので、最終日の朝ごはんは一人ならば茶餐廳で、複数なら飲茶です。
P1272613_R.jpg
P5250844_R.jpg
RIMG0470_R.jpg

もし、早朝便などで帰国される方。朝5時にはホテルを出発するとか、とてもじゃないけどまだ目覚めていない香港の街を楽しめませんよね。
そんな皆さんには、予め前日に香港らしい朝ごはんを購入しておくことをオススメします。
エッグタルトとかパイナップルパンとか。雞蛋仔もオススメ。朝起きて香港のパンが食べられるのも幸せです!
Vita(維他)などの香港ドリンクもセットで是非!
P5250857_R.jpg
P5239590_R.jpg
IMG_0198_R.jpg
IMG_8198_R.jpg

そんな時間もない!なんて方、空港で最後の朝ごはんをどうぞ!!
空港ですから早朝から営業しているレストランもあります。街中に比べるとちょっと割高な感じですが、それでも最後まで香港飯が食べたいですよね。
P5251121_R.jpg

■ホテル周辺を街歩き■
香港滞在中はホテルには寝に帰るだけの私なので、最終日くらいはホテル周辺を探検したいなぁと思っています。
私は渡航の度に宿泊先が異なることが多いので、面白い発見もあったり、新たにお気に入りになる街もあります。
P5251104_R.jpg
P5250937_R.jpg
昨年、訪れた土瓜湾は私が気に入ったエリアのひとつ。
ホテルがわかった時点で、ホテル周辺に何があるかは事前チェックしますが、思いがけない発見もあったりして、そういうのって楽しいですよね。
今年はどこに泊まろうかなぁ。また新しい出会いがあるといいな。

■近所のスーパーへ最後の買出し!■
買い残したものはないですか?ホテルをチェックアウトする前に、近くのスーパーに寄って最終確認します。
この時点でほぼスーツケースのパッキングは終わっているので、スペースに余裕があればもう少し買っちゃいます。
P5251084_R.jpg
液体類(XO醤などの調味料も含む)はここで買ってスーツケースに梱包しないと、手荷物では液体類は持ち込めませんからご注意。

<耳より情報>
チェックインを済ませた後に液体類を買ってしまった場合、とても助かるサービスがあります。預け荷物として梱包してくれるカウンターが出発ロビー・キャセイカウンター脇にありました(2016/10現在情報)。
私はチェックイン後でXO醤を購入しまい、手荷物として持ち込めないのでお願いしに行ったのですが、エアーパッキンとダンボールで梱包してくれて50HKD。オクトパスカードでも支払い可能です。ダンボールの大きさで値段は変わってくるようです。
それを持って、再び搭乗するエアラインのチェックインカウンターにて預け荷物の追加をお願いします。
うっかりやっちゃった方、少し手数料はかかりますが泣く泣く捨てる必要はないですよ!

■インタウンチェックインをする!■
香港ではAEL(エアポートエクスプレス)駅の香港駅と九龍駅にてインタウンチェックインが可能です。
飛行機への預け荷物はここでさっさと預けてしまい、身軽で最後の香港滞在を満喫する香港迷さんも多いですよね。出発時間の24時間前よりチェックインは可能です。
JYUK1685_R.jpg
LCCはバニラやピーチなどチェックイン対応していないエアラインがありますのでご注意ください!(香港エクスプレス航空はチェックイン可です)
<注意>
チェックインカウンターに入る前に、AELの改札をくぐります。このときにAEL料金がマイナスされます。チェックイン後、MTRで別の場所に出かけて改めてAELを利用する場合でも再度AEL料金を取られることはありません。
これがいつも不安で・・・2回料金取られてるんじゃないかって思ってました(笑)。
チェックインした後に空港までバスで行っちゃったりするともったいないのでご注意です。
インタウンチェックイン時には先にAEL料金が徴収されると覚えておいてくださいね。

■空港に早く到着して空港探検する■
今ではギリギリに空港に到着することも多々ありましたが、最近は結構余裕を持って空港に向かうことが増えました。というのも、空港をいろいろ探検したいから!
出国手続きを済ませたあとで、ショップを巡るのが日課になっています(そのくせ何も買わないww)。
IMG_6477_R.jpg
最近、気になっている第2ターミナルはアミューズメントが充実しています。
まず航空探知館(Aviation Discovery Centre)』。航空マニア以外でも楽しめると聞いています。しかも入場無料!子連れの方にもオススメかも。私も行ってみたい!
そして映画館『UA IMAX』があります。飛行機がDelayしたときとか、乗り継ぎで街中に行くほどの時間がないとか、そういうときに利用できそうですね。
子連れの方にオススメなのが童夢城通識学園(Dream Come True Education Park)』は日本で言うところのキッザニアのようなところ。
現在、こちらでは合味道作りが体験できることで、子供のみならず大人にも人気。
出前一丁のワッペンってまだ売ってるかなぁ~。

時間が気になって最終日は遠出はしにくいですが、それでも十分に最後まで満喫することは可能ですよね。
今年の香港滞在も最初から最後までアクティブに行くぞ!!
次の香港はもう少し先・・・。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19








Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite

ninja_icon_mobile_x2.pngninja_icon_mobile_x2.png

View the full article

香港ウンチク話
P7035845_R.jpg
私は香港映画がきっかけで香港に興味を持ちました。
香港は小さな街なので、ちょっと歩いていると映画やドラマの撮影に遭遇することもあります。そしてロケ地も街中にあちこちあります。
「あれ?この風景どこかで見たぞ?」という景色にもよく遭遇します。

大好きな香港映画の中から、行きやすいロケ地をいくつかご紹介します。
今回はビギナー編ということで比較的メジャーな香港映画からご紹介。
これはシリーズ化して行きたいと思っています。訪問のたびにちょっとずつロケ地めぐりしてこなきゃ!

トップ画像の重慶マンション。映画の撮影に良く使われますよね。
先日の「ドキュメント72時間」でも密着していましたが、第二の九龍城とも言われた重慶マンションも、以前より治安はよくなっています。ショッピングモールなんかも出来ちゃってますしね。
<恋する惑星/重慶森林>
IMG_6307_R.jpg
映画恋する惑星(重慶森林)』でブリジット・リン演じる麻薬ディーラーが走り回るのがここ。
IMG_0250_R%2B%25282%2529.jpg
現在は外壁が綺麗になってしまいましたが、以前の重慶マンションはこんな雑な感じでした。味があって良かったんだけどねぇ。

DSC08297_R.jpg
『恋する惑星』のもうひとつの舞台がここ中環。
ヒルサイドエスカレーター沿いのマンションにトニー・レオン演じる警官663が住んでいるという設定。663の部屋、実は実際に撮影監督のクリストファー・ドイル氏が住む部屋だったという小話があります。
IMG_4887_R.jpg
エスカレーターを上りながら663の部屋に向かうフェイ・ウォンが可愛かったなぁ~。
ここで何度もフェイごっこしましたよww。

<インファナル・アフェア/無間道>
IMG_7865_R.jpg
IMG_7856_R.jpg
訪れたことのある人も多いかな。
映画インファナル・アフェア(無間道)』でアンディとトニーが出会う音響ショップ。深水埗の鴨寮街の露天の裏に入り口があるのでわかりにくいのでご注意。
店内には高級スピーカーがたくさん!
お店の方もとてもフレンドリーで「日本から来たの?」「写真撮ってあげるよ」ととても優しいんです。
いすに座ってトニーになりきってみませんか?アンディでもいいけど。

住所:深水埗鴨寮街151号2楼(2/F, 151 Ap Liu St, Sham Shui Po)
営業時間:11:00-20:00 木曜定休

<歳月神偸>
P7046258_R.jpg
P7046267_R.jpg
映画『歳月神偸』の撮影で使われた中環・永利街。
この通りは取り壊しが決まっていたのですが、2009年に公開された『歳月神偸』がベルリン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞して、存続を希望する声が高まり、取り壊しを中止。老朽化の進んだ建物はリノベーションして残すことになりました。
一昨年訪れたときは実際に住んでいらっしゃる方の姿が見えました。
こうして古いものをリノベーションして残すのは最近多いですね。嬉しいです。
「PMQ」の裏手にあるので、ちょっと足をのばしてみてはいかがでしょう?

<傷だらけの男たち/傷城>
IMG_0549_R.jpg
トニー・レオンと金城武主演の映画『傷だらけの男たち』の撮影場所となった「Staunton's Wine Bar & Cafe」。ここの1Fテラス席で二人が話していましたよね。
実はここ、私の在港時代の溜り場(笑)。どうでもいい情報すんません・・・。
友達と夜な夜なここで飲んでたなぁ~。
IM000461.jpg
リノベーションされて現在はブルーの店構えになってますが、以前はピンクだったんですよ。これは1999年頃撮影したもの。入れ替わりが激しいのにここはずっと残ってますね。
ヒルサイドエスカレーターでStaunton St.(士丹頓街)に出たら右斜め前にすぐあるのでわかります。

住所:中環蘇豪士丹頓街10號(10 Staunton Street, SOHO, Central)
営業時間:10:00-2:00

あぁー、1週間くらいかけてロケ地巡りやりたいー!!!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19








Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite
Clip to Evernote
rss
mailto
favorite

ninja_icon_mobile_x2.pngninja_icon_mobile_x2.png

View the full article

香港ウンチク話
IMG_0245_R.jpg
ブルース・リーファンの方はご存知かと思いますが、銅鑼灣にある四川料理レストラン南北樓(The Red Pepper Restaurant)
日本人駐在員の方々も、日本からお客さんが来たらここに連れて行く方も多いと思います。香港時代の駐在仲間が月に4回くらいアテンドで行ってました・・・。
正直なところ、欧米や日本の観光客が多いお店。香港人に聞くと大抵が「高いだけ」なんていう答えが返ってきますが、四川料理は美味しいし、お店の雰囲気もいいもんです。
そういえば、中川しょうこさんもここのファンで、以前【弾丸トラベラー】でもご紹介していましたね。
1971年にオープンしたそうで、今年で創業46年。場所も変えずにこの一等地で営業しているなんてすごいなとも思います。


お店があるのは銅鑼灣のハイサンプレイスとリーガーデンⅠ期の間。
高層ビルが立ち並ぶ銅鑼灣でありながら、この一角は低層の建物が多く、【南北樓】以外にも金雀餐廳太平館餐廳といった老舗レストランがあります。

ブルース・リーの映画『死亡遊戯』の撮影で使われたレストランとして、ブルース・リーファンには有名なレストランですね。
クライマックスの格闘シーンはこの【南北樓】の上で行われているという設定。映画内で舗頭がちゃんと写っています。実際、この建物の中はこんなに格闘できる場所はありませんww。

CIMG6796_R.jpg
しばらく行っていないので過去の写真で申し訳ないですが、ここに行ったら絶対食べてほしいのがエビチリ。人気メニューの『鉄板干燒蝦球』は鉄板とエビチリと別に持ってきて、テーブルの上で海老をドッと鉄板に流しいれるパフォーマンスがウリ。ジューっと音を立てて蒸気がムワーンと広がります。ソースが飛び散るし、チリソースの蒸気でむせるのでご注意です。
もし、そんなパフォーマンスが不要ならば普通のエビチリ『干燒蝦仁』をオーダーすると鉄板には入ってきません。
一般サイズ(中)とハーフサイズ(小)があるのが嬉しいです。写真はハーフサイズです。
ちなみに・・・現在の価格はこのハーフサイズで350HKDだそうです。アイヤー、高いなぁ。

現在のメニュー状態が確認できないのですが、以前はそのままオーダーすると殻付き海老で出てきたのでわざわざ剥くのが面倒でした。
オーダー時に「海老の殻は剥いてね」とお願いしていたのですが、今はどうなんでしょうか・・・。

CIMG6795_R.jpg
四川料理と言えば、こちらも鉄板メニューの『干扁四季豆(インゲン豆と豚ひき肉炒め)』
ガーリックや唐辛子が効いてて、インゲンは柔らかくて。ビールが進む一品でもああるんですよねー。大好きです。

CIMG6790_R.jpg
日本とは結構見た目が違いますが、これは『魚香茄子(麻婆ナス)』。これ、美味しかったなぁ。一緒に行った人が思わず白飯頼んでましたよ(笑)。

IMG_0243_R.jpg
四川料理店なので、〆は『擔擔麺(タンタン麺)』。麺が好みー。

香港の人は辛いものが苦手と言われていて、四川料理店も比較的辛さが控えめなところが多いです。このお店、週末は予約必須です。
あぁ、久々に行きたいなぁ。
行かれる前に、是非ブルース・リー映画『死亡遊戯』を鑑賞しておいてくださいね!そのほうが気分が盛り上がること間違いなし!!
ただ、ブルース・リーはこの映画の撮影中に不慮の死を遂げてしまったので、ところどころで別の人が演じてます。


【南北樓】
住所:銅鑼灣蘭芳道7號地下
(7 Lan Fong Road,, Causeway Bay)
営業時間:11」30-24:00
公式サイト:http://www.redpepper.com.hk/index.html



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P7056823_R.jpg
先週、アップした知っておくと便利な香港ルール~タクシー編を見てリクエストをいただいたので、今週はバス編をご紹介します。
香港全土を網羅しているバス。バスで行けない場所はないのではないでしょうか?
MTR路線がどんどん拡張していますが、それでも私は風景を眺めながらバス移動するのが大好き。
昔は土地勘がないと乗りこなせないものでしたが、最近は停留所名が明確になっていて車内で次の停留所が表示されるし、便利なアプリなどもあるのでビギナーさんでも乗りこなすことが難しくなくなりました。
香港バスデビューされる方の参考になれば嬉しいです。
ルールと併せてバス関連のオススメ情報もご紹介しちゃいますね。

IMG_0486_R.jpg
<バスに乗る前に>
まず、バス停でバスに乗るときは乗りたい番号が表示されているところに並びます。
バス停には停留所の名前が出ているので(旺角・○○街など)、目的地を探してみてください。
目的のバスが着たら乗ればいいだけですが、たまに乗客が自分だけで降りる人もいないときとかスルーされちゃうことがあるので、最前列に並んでいるならば手をあげて「乗りますよ」と意思表示するといいかも。
手をあげるといっても真上にあげるのではなく、肩と同じ高さにあげて手のひらを下に向けて「コイコイ」とする程度でいいです。運転手さんに見えるようにしてくださいね。

①バス料金はオクトパスカードで支払おう!
バスデビューされるならば、やはりオクトパスカード(八達通)を購入されたほうが便利です。
香港のバスは乗車時に料金を支払うのがルールですが、現金で払ってもお釣りがありません。小銭をたくさん持っていればいいですが、出来ればオクトパスカードの利用をオススメします。
もし、小銭で払うならば細かいお釣りは諦めるべし!以前、現金でバスに乗車しましたが、バス料金5.5HKDのところ6HKD入れてお釣りなしということになります。

②気をつけて!車内は飲食禁止です!
車内での飲食は禁止です。というか、香港では公共交通機関内での飲食は禁止で、違反すると罰金が課せられます。
日本では電車やバス内でおにぎりやパンをほおばる風景を見かけますが、香港では禁止。
なかなか高額な罰金です。2F席も運転手さんから見渡せるようになっているので、隠れて食べてもダメですよー。
「観光客だから知らなかった」では済まされないこともありますので注意してください。

③2F席に乗ったら注意すること!
日本では馴染みのないダブルデッカー、香港でバスに乗ると大体2F席の一番前に乗るor乗りたい方も多いですよね。
街中を走る分にはまだいいのですが、山道など通るバスは2F席の最前列は要注意です。
木々の枝がガラスに当たることがあります。極稀にそのガラスが割れてしまうこともあります。見ていると、香港人の方々は最前列ではなく2列目から座って行くことが多い気がします。
そして、下に下りるときは階段から転げ落ちないようご注意ください。出来れば1つ手前の停留所に止まっているときに降りるのがベター。
香港はバスの運転手さんも運転が粗いので、転げ落ちそうになることが多々あります。
手すりにしっかり捕まって衝撃を受けても落ちないようにしてください。

P1020113_R.jpg
④優先席は譲りましょう!
香港のバスにも優先席があります。
優先席はお年寄り、妊婦さん、身体の不自由な方、小さなお子さん連れの方のために設けているシートです。優先席でなくてもそういう方を見かけたら譲って欲しいと思います。
最近、日本では妊婦さんや子連れの方の公共交通機関の利用で時々残念な話を聞きますが、香港は日本以上に子連れに優しい国です。
小さなお子さんを連れていて、お年寄りに席を譲ってもらった友人がいますが・・・(おばあさんは座ってって~)。
最近の日本はどうしちゃったんですかねぇ・・・。

P1000411_R.jpg
⑤オープントップバスは路線バスではありません!
時々「オープントップバスに乗りたいのですが、どこから乗ればいいですか?」とご質問を受けます。
基本的に観光向けのオープントップバスは旅行会社に申し込んで乗車するツアーです。このバスに乗りたい方はパンダバスマイバスなどからお申し込みください。日本からでも香港現地からでも日本語で申し込み可能です。
IMG_1177_R.jpg
ひとつだけ、こちらのバスは特に申し込みが必要のない観光向けのオープントップバスがあります。その名も『人力車観光巴士』
以前は香港島だけを巡るバスでしたが、最近は海底トンネルをくぐって尖沙咀まで行くようです。
事前申し込みは特に必要なく、中環フェリー乗り場前に乗り場があるので気軽に利用しやすいです。ただ、価格が上がって終日周遊200HKDなので(子供は100HKD)、ツアーに参加するのとどっちが得ですかねぇ・・・。
全部巡って所要時間100分だそうです。
(短い路線ならば大人33HKDです。詳しい料金は公式サイトをご確認ください)
『人力車観光巴士』公式サイト
http://www.rickshawbus.com/en/home/index.html

IMG_4776_R.jpg
⑥とりあえずエアポートバスを使ってみよう!
バスデビューを考えていらっしゃる方、まずは空港からホテルまでバスを利用してはいかがですか?
ホテル近くの停留所を押さえておけば難しくありません。
1)空港(1タミ)を出て右方面スロープを下ってバス乗り場へ。
2)オクトパスを利用するならば、チャージや残高確認はAEL(エアポートエクスプレス)チケット売り場で済ませるとよい。現金での乗車はお釣りは出ませんのでご了承を。
バス乗り場付近にチケット売り場があるので、そちらの利用もよいです。
3)ホテルの方向へ行くバス停より乗車する。
IMG_4807_R.jpg
エアポートバス内にはスーツケース置き場が1F席にあります。
2F席に乗車するならば、盗難等にご注意ください。
IMG_4780_R.jpg
2F席に監視カメラがあって、荷物置き場の状況がわかるハズなのですが、この前乗った時はテレビが故障中で使い物にならず~。

<覚えておくと便利なエアポートバス路線>
■A21(紅磡行き)・・・太子~旺角~油麻地~佐敦~尖沙咀~紅磡方面に宿泊されるならばこれ。33HKD。10-15分間隔運行。
■A10(鴨脷洲行き)・・・西營盤、香港大学、堅尼地城方面に宿泊されるならばこちら。48HKD。30分間隔運行。
■A11(北角碼頭行き)・・・上環~中環~金鐘~湾仔~銅鑼灣~天后~北角方面に宿泊されるならばこちら。40HKD。20-30分間隔運行。
エアポートバスは頭に「A」の文字が入っています。ほとんどが朝8:00-24:00の時間で運行しています。深夜便は頭に「N」がつきます。運行時間が決まっていることも多く、料金も割り増しです。
頭に「E」がつくバスは空港発着の路線バスです。

P5239644_R.jpg
⑦香港でバスを乗りこなすための必須アプリ!
私が実際よく利用しているバスアプリをご紹介します。この3つがあれば香港でバスを楽しく乗りこなせるはず!

■KMB & LW
九龍サイドを走るカオルーンバス(九巴/KMB)のアプリ。九龍サイドのバスはこちらより検索。
<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/kmb-lw/id424571905?mt=8
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kmb.app1933&hl=ja

■新巴城巴 CitybusNWFB
香港島を走るシティーバス(城巴)と新界地区を走るニューワールドファーストバス(新巴)のアプリ。香港島のバスはこちらより検索。どちらもアプリもエアポートバスは検索可能。
<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/%E6%96%B0%E5%B7%B4%E5%9F%8E%E5%B7%B4-citybusnwfb/id472242340?mt=8
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kmb.app1933&hl=ja

■Citymapper
今自分がいるところから目的地までどういう交通手段があるかを調べてくれるアプリ。
バスだけでなくMTR路線も出てくるので便利。土地勘がなくても使えるアプリだと思います。
iOS版は日本語対応、「Citymapper東京」というアプリ名ですが香港でも利用できます。
Android版はまだ日本語対応はしていないようです。
<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/kmb-lw/id424571905?mt=8
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kmb.app1933&hl=ja

日本じゃバスに乗ることなんて滅多にないのですが、香港に行くとバスに乗りたくなるんだから不思議です。
時間がないときはMTRで移動しますが、香港の街並みを眺めながらバスでのんびり移動するのも楽しいですよね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5230114_R.jpg
今月もたまった香港関連ニュースをギュっとご紹介します。

【香港情報番組】
17264891_1107897919316681_7414850164892677495_n.jpg
■昨夜放送された『ドキュメント72時間・チョンキンマンションへようこそ』、ご覧になった方も多いでしょうか?よかったですよねー。
30分じゃ語りつくせないなぁと思っていたら、なんと3/29(水)にスペシャル版が放送されるそうです!!!!これは嬉しい!!!
番組を見逃した方、毎週木曜日深夜1:00より再放送をしていますので、次こそお見逃しなく!
http://www4.nhk.or.jp/72hours/

■そして4/7(金)に放送される『岩合光昭の世界ネコ歩き』も、なんと香港!!
香港の可愛いネコたちが紹介されます。嬉しすぎー!
BSプレミアム 22:00~
http://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/

東京に茶餐廳オープン!】
3/11、東京・市ヶ谷に新たに茶餐廳がオープンしました!
雲呑麺やお粥などもあるそうです。香港迷さんたちの新たな聖地になりそうな予感(^^)



【香港本の発売】
4/6に発売される『HONG KONG 24 hours 朝・昼・夜で楽しむ 香港が好きになる本』。
これ以上香港が好きになったら、本当に困るんだけどー(笑)。
発売が楽しみですね!



【閉店のお知らせ】
IMG_0379_R.jpg
いやいや、突然すぎてびっくりしました。
中環にある『檀島咖啡餅店』がなんと、本日3/18をもって閉店することになったそうです。
ショックです。湾仔店はそのままのようですが、いつでもあると思っていたお店がなくなるのは悲しいです。





https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_7040_R.jpg
ポークジャーキーが大好きなのですが、日本はいつの間にか海外での加工肉の持ち込みが厳しくなり、香港で買って帰ることが難しくなりました・・・。
*海外から加工肉の持ち込みは禁止、または検疫が必要になります*

思うように買って帰れないので最近は家で作る技を身に付けましたが、それでもやはりあの愛しい味には程遠いなぁ・・・と思っていた矢先!
銀座にポークジャーキーの名店【美珍香】がオープンしたと聞いたので、早速行ってきました!!!
【美珍香】は香港の企業ではなく、シンガポールでの企業です。1933年に創業してから現在はアジア圏に350店舗も支店をもつ大手企業です。
日本への輸出にあたっては日本側のルールが厳しく、長い歳月を費やしたそうです。
昔はアメリカ土産にビーフジャーキーを貰うことが多かったですが、アジア土産はポークジャーキーですね。
昨年9月に日本1号店としてこの銀座店がオープン、年内には都内にもう1店舗オープン予定だそうです~。
ちなみに、広東語でポークジャーキーは『豬肉乾』と書きます。

IMG_7043_R.jpg
100g単位での販売です。この光景を見るとわくわくするー!どれにしよう?

IMG_7044_R.jpg
IMG_7045_R.jpg
個装パックもあり。ちょっとした手土産やプレゼントにもなりますね。

P3165770_R.jpg
P3165781_R.jpg
私はこの桜のパッケージを買いました。12個入りで980円。
これは期間限定のパッケージですね。

あー、久々に食べたー!この味だー!
私はこのまま食べてしまいますが、まだ寒いこの時期はこのパッケージのままお湯に付けて温めてから食べても美味しいです。

17098622_2213953078830612_399859962708191090_n.jpg?oh=096309ff24fed458299ba254d98c3828&oe=596A101B
(Bee Cheng Hiang Japan Facebookページより引用)
埼玉方面の方に朗報!
4/2まで越谷レイクタウンにて出店しているそうです。KazeとMoriと両方で出店しているそうです。銀座まで行かなくてもレイクタウンで買える!!
Facebookページは日本語でイベント情報などアップされるので、チェックしておくといいかも!

【美珍香(Bee Cheng Hiang Japan)Facebookページ
https://www.facebook.com/beechenghiangjapan/

あー、嬉しいな。また買いに行こう!

【美珍香】
住所:東京都中央区銀座5-6-9
(銀座5丁目イクジットメルサ裏)
営業時間:10:00-20:30



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5230138_R.jpg
香港で事件、事故、犯罪、トラブルに遭遇したことのある方はいらっしゃいますか?
私は幸いにもスリ、ぼったくりタクシーには遭遇したことはありませんが、最近だと旅行中に高熱を出して寝込んだり、台風直撃して身動きとれなかったり。そういうトラブルは多々あり(笑)。
皆さんのトラブル話も是非伺いたいと思いますが、今日は私の過去のトラブルネタ(主に住んでいたときのトラブル)をお話しますね。

■初香港でご飯にアイツが!!!!!
96年に訪れた初香港旅行で一番最初のご飯が最悪でした・・・。
旺角に宿泊して、ガイドブックで見つけた油麻地のベトナム料理のお店に行ったのですが、出てきた私のフォーにアイツがのっていました・・・Gがつくアイツ!!!
麺を持ち上げた瞬間にトッピングされていたのを見つけて、思わず「うわっ!!!」と声をあげてしまいました(T_T)
お店の人に「ちょっとこれ!!」と指差したら「あ、ごめんねー。作り直すねー。」と。
作り直してくれたフォー、念入りに確認しましたよ。でも気持ち悪すぎて食欲減退。1/3しか食べられなかった。苦い思い出です。

IM000638.jpg
■住んでいたマンションで殺人事件発生!
バリ旅行から帰ってきて、マンションでまったりしていたら警官が尋ねてきました。
「不審な人物は見なかった?」と。
香港のマンションはほとんど入り口にロックがかかっているか、セキュリティがいるので、部外者は簡単に入れません。
特に見なかったこと、旅行に出ていてさっき戻ったことを伝えると、しっかりと戸締りをするように言われました。
何かあったのか聞きそびれ、TVでマンションの入り口の映像を見るとたくさんの報道陣と警官がいるではないですか!!
(香港のマンションでは入り口やエレベーター内の監視カメラをテレビで確認することができます)
そして翌日、再び警官がやってきました。「何かあったんですか?」と聞いたら、「低層階で殺人事件があり、犯人が入り口から出た形跡がないのでまだマンション内に潜んでいるかもしれない」と恐ろしすぎる回答!!!!!!!!!!!
ギョエー!なんてことー!
翌日、職場の香港人に聞いてみたら新聞で記事になっていたとのこと。恐ろしすぎました・・・。

■乗っていたバスが人身事故!
これは香港に住んだ経験のある方なら一度は体験しているでしょうか?
私は2度遭遇しました。
一度目は停留所で止まる前に飛び出した男性と接触。フロントガラスにヒビが!!!
接触した男性は車体の下にいるようで、家族と思われる女性が叫んでる(T_T)
夕方の通勤時間帯とあってバスは満席。運転手さんは無線で警察だか救急車を要請しているようで、まったくドアが開かない。
乗客の人は被害者を心配して神妙な面持ちの人、運転手さんに怒鳴りつけてる人などなど。
周りに日本人はいないし、初めて遭遇するトラブルですごく不安でした。
10分くらいしてバスを降ろされ、同じ方向に行くバスに振り替え輸送されましたが(料金は払わなくていい)、怖すぎました。
はねられた男性は動いていたので無事だったと思います。
二度目の事故で横向きのシートに座っていた私は、急ブレーキで首を傷め、香港で鍼治療に通うハメになりました。

IM000228.jpg
■移住3ヶ月目で台風シグナル10に遭遇!
2012年7月に13年ぶりにシグナル10が出たのは記憶に新しいですね。
台風直撃でシグナル8が発令されるのが普通ですが、私が香港に住み始めて3ヶ月目にやってきた超大型台風ヨークは1983年以来16年ぶりにシグナル10が発令されました。
シグナル10が発令される超大型台風は10年に一度くらいしかやってきません。
朝起きたら、もう台風上陸真っ只中。雨が窓を叩きつけて窓ガラスが割れるのではないかとビクビクしました。
テレビをつけても何もチャンネルが映らず。現在シグナルがいくつなのか全くわからず、会社どうなのかなぁととりあえず職場に電話をしたら「今日はシグナル10が出てるから休みですよ」と上司。あれ?じゃなんで上司は出勤してんのよ(笑)。
一人暮らしだったし、まだ日本人の知り合いもほとんどおらず、状況が全くつかめなくて不安で不安でたまりませんでした(まだ若かったしw)。
下の階に先月行った日系美容院の日本人美容師さんが住んでいるのを思い出して尋ねてみたら、マンションのテレビアンテナがやられてマンション全体テレビが映らないと教えてくれました。
とりあえず食料はあったし日本のビデオを見ながら一人引きこもっていました。
夕方にやっとシグナル8になり、ほぼ1日台風直撃状態。本当にすごい台風でした。

■MTRでぶっ倒れた!
友達と食事をしてMTRで帰宅途中、車内で突然冷や汗が噴出して目の前が真っ白に!
慌てて友人が次の九龍湾駅で降ろしてくれましたが、そんな私を見て、あるお兄さんは私をベンチまで抱えて運んでくれて、あるオジサンは駅員さんを呼びに行ってくれ、ある親子は持っていた『白花油』をこめかみや首筋に塗ってくれ、駅員さんは車椅子を持って駆けつけてくれました。
当時はまだMTR駅構内に一般人が利用できるトイレはなく、駅員専用のトイレを借りて吐く下すを繰り返しました・・・(T_T)。
一体何人の人たちが助けてくれたんだろう。具合が悪い中、皆さんの暖かさが身にしみました。ろくにお礼も言えなかったのが心残りです。
最終的には友人が弟さんを呼んでくれ、二人でタクシーで家まで送ってくれました。
このトラブルをきっかけに、香港人が大好きになりました。

さて、皆さんのお話も聞きたいのでアンケート作ろうかな。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
DSC08400_R.jpg
私は香港に行くと必ず海鮮料理を食べに行きます。
美味しくて新鮮な海鮮料理を食べるならば、街中のレストランよりも郊外や離島がオススメです。
最近はちょっと時間がないので街中で済ませてしまうことが多いのですが、郊外や離島へ行くと街中より安く食べられるお店も多いです。
今回はビギナーさんでも行きやすい【西貢(サイクン)】をご紹介します。

ガイドブックでも紹介されることが多い【西貢】は九龍半島の東側にあります。
MTRは通っていないので、交通手段はタクシー、バス、ミニバスです。
一番楽チンなのはミニバスです。以下の2箇所から乗車すれば終点まで行けばいいだけなので、ミニバス初心者の方でも問題ありません。
ただ、山道をクネクネ行きますので、乗り物酔いされる方はご注意ください。

■MTR彩虹駅C2出口のミニバス乗り場から緑巴(緑のミニバス)
*11A「西貢碼頭」行き
*オクトパスカード可
*4~10分間隔で運行
*緑巴は停留所があるので初心者でも乗りやすい
*料金:8.9HKD(2017年3月現在)



■MTR油麻地A2出口、登打士街のミニバス乗り場から紅巴(赤いミニバス)
*彌敦道を北に登打士街を右折して女人街入り口付近が停留所
*「西貢」行き(紅巴はバス番号なし)
*オクトパス不可の場合あり
*満席になり次第発車
*始発から終点まで乗っていればいいので楽
*料金:16HKD(2017年3月現在)


どうしてもミニバスで行くのが不安な方は、MTR彩虹駅からタクシーで行くとよいと思います。所要時間は20-30分くらいです。

IMG_8387_R.jpg
終点の西貢碼頭で降り、海沿いに歩くと「海鮮街」の門が見えてきます。ここから先は海沿いにたくさんの海鮮料理店が並んでいます。
どこのお店も料金、質ともに大差はありません。

DSC08390_R.jpg
水上で海鮮を販売しています。欲しいものを購入してレストランで調理してもらうことも出来ます。これは広東語が堪能でないと難しいですね。
上から欲しいものを購入して、陸上にいるスタッフが竿で購入したものを引き上げてくれます。

IMG_8407_R.jpg
もちろん、レストランの軒先にもたくさんの海鮮があります。店先で選んで好みに調理してもらうという方法もあり。
DSC08391_R.jpg
大好物のマテ貝(聖子)~!日本では存分に味わえないので香港で絶対食べます。
R0016234_R.jpg
大きな蝦蛄はペットボトルに入れた状態で水槽に!
これは蝦蛄がお互いに傷つけ合わないようにするためだそうです。

DSC08412_R.jpg
どこのお店も店先にたくさんのテーブルがあり、昼も夜も賑わっています。
週末でも早い時間に行けば予約しないでも入れます。

初めて西貢に行ったときは夜で、通記海鮮野味酒家というお店に入りました。
3人で行ったのですが、3人用セットをオーダーし、メニューの内容を少し変更してもらいました(石班魚をマテ貝に変えてもらった)。
DSC08400_R.jpg
DSC08399_R.jpg
DSC08404_R.jpg
これに野菜、チャーハン、フルーツで全部で700HKDでした(2009年当時)。別でワインをボトル1本オーダー。それでも1,000HKD行かなくてすごくお得でした!

2度目の西貢は香港人友人の結婚祝いパーティで。全記海鮮菜館へ。40人くらいのパーティだったので、メニューはお任せです。
R0016236_R.jpg
メニュー名不明。海老のガーリック揚げみたいなやつ。めちゃくちゃ美味しかった!
香港の海老、最高!!!!

R0016238_R.jpg
『清蒸鮑魚』、蒸しトコブシです。アワビではありません。でも十分美味しいです。

R0016239_R.jpg
『豉椒蟶子』はマテ貝のトウチソース炒め。美味しくないわけがない!

IMG_8400_R.jpg
初めて香港で食べて以来、大好物の『蒜蓉粉絲蒸扇貝』。ホタテのガーリック蒸し。春雨がホタテの旨味を吸ってて美味しいんだよねー。家でも作れるかな?

IMG_8401_R.jpg
絶対忘れちゃいけない『椒鹽瀨尿蝦』、シャコの塩コショウ揚げ。シャコが大きくて身がプリプリ!

IMG_8403_R.jpg
『清蒸石斑』はガルーパ蒸し。ガルーパとはハタの一種です。このタレをご飯にかけて食べるのがいいんですー!

DSC08414_R.jpg
西貢名物(?)のカブトガニ。日本では天然記念物に指定されていて食べることはしませんが、香港では食べることができます!!!!これは本当にびっくり!!!!
でも好んで食べるというより、興味本位で食べる感じかな。
お味のほうは・・・泥臭くてイマイチらしいです。私は・・・試したことがないし予定もありません!

IMG_8405_R.jpg
西貢碼頭にはヨットや釣り船、サンパンなどが浮かんでいます。
夏はここからボートトリップに行くのが香港の若い人たちに人気のレジャーですね。

ちょっと足をのばして行く価値あり!
都会の喧騒から離れて、のんびりとした漁港で美味しい海鮮を食べるのも、香港通のすごし方ですー!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19







View the full article

香港ウンチク話

P7056979_R.jpg
「郷に入れば郷に従え」と言いますが、香港には日本と違うルールがたくさんあります。
香港をもっと知るために知っておくと良い「香港ルール」をご紹介します。

今回のお題はタクシー。
香港でタクシートラブルな遭った方もいらっしゃるでしょうか?
2015年の「香港ポスト」さんの記事で、近年はぼったくりや乗車拒否が増えているという残念なニュースを読みました。
せっかく大好きな香港に来て、嫌な思いをして欲しくないなぁと悲しくなりますが、少しでも予防できることがあるので、知っておくと便利な香港タクシーのルールをお話します。

①チップは必要?
以前はチップ分を加算してお釣りをくれるドライバーもいましたが、今はきっちり返してくれますね(笑)。
普通に乗車しただけならば、特別にチップは要りません。

②追加料金が加算される!
目的地に到着したのに、料金をさらに加算されてしまった!ぼったくられたのでは?と思ったことはありませんか?
香港では乗車料金の他に以下のような場合には料金が加算されます。
・スーツケースやベビーカーを積んだ場合→5-7HKD程度
(トランクはもちろん、後部座席に乗せても徴収するドライバーもいます)
・海底トンネル、有料道路を通った場合→10~45HKD程度
(海底トンネルの場合は往復の通行料)
空港から香港島までタクシーに乗った場合は高速道路(青嶼幹線)や海底トンネル、スーツケース持込などで、提示された料金プラス50HKDくらい手動で加算されると思ってください。

③海底越えタクシーってなに?
17264567_1376756549050608_4010635659994404295_n.jpg
香港島⇔九龍半島をタクシーで移動する場合、通常のタクシーだと往復の海底トンネル通行料が加算されてします。
それはちょっと嫌だなぁと思われる方、香港には『海底越えタクシー(過海的士/Cross-Harbour Taxi)』というのがあります。
上の写真でタクシーの下に青い波が描かれたマークがある場所です(香港街道地方指南より)。
ここから乗車するタクシーは海底トンネルの通行料片道分だけの加算で済みます。
この『海底越えタクシー』は専用のタクシー乗り場がいくつかありますので、覚えておくと便利です。
◆尖沙咀→海防道と漢口道が交差したところ
◆上環→マカオフェリーターミナル
◆中環→交易広場(エクスチェンジスクウェア)
◆湾仔→駱克道(ロックハートロード) *歓楽街なので深夜の利用は注意してね
◆銅鑼灣→百徳新街(パターソンストリート) *エクセルシオールホテルの東側
『海底越えタクシー』乗り場以外の場所から海底越えをする場合、流しのタクシーを拾った場合は、乗車したときに目的地を伝えて可能かどうかを確認しましょう。
なかには海底越えを拒否するドライバーもいますのでご了承を。

④タクシーに乗車拒否された?
手を上げているのに乗車拒否された!という経験はありますか? もしかしたら、そこは駐車禁止エリアではありませんか?
流しのタクシーはどこでも停車してくれるわけではありません。
道路に黄色の二重線が描いてある場所は『駐停車禁止区域』なので、タクシーは止まってくれません。
タクシーを拾うときは二重線がないかどうかを確認しましょう。
目的地を伝えて拒否される場合は、先に告げたように『海底越え』してくれないタクシーだったり、勤務時間が終わって戻るところなのに目的地がまったく違う方向だったり、
意外と乗車拒否率は日本より高いです。
そこで「なぜ?」「どうして?」と問うよりも、さっさと他のタクシーを捜したほうが無難です。
また、夕方の16時前後はタクシーの交代時間で一番拾いにくい時間帯です。街を走っているタクシーが少ないと思います。
それでもどうしてもタクシーに乗りたい場合は、タクシーが常駐しているホテルやショッピングモール、タクシー乗り場などに行くほうがベターです。
また、台風直撃時にシグナル8や黒雨警報が発令されているときは外出を控えてください。
それでも外出してタクシーに乗る場合は多くは乗車拒否、乗車出来ても通常料金の3倍もの料金がかかります。

⑤遠回りされてる気がするんだけど?
目的地はすぐそこのはずなのに遠回りしてない?と思うことってありませんか?
実は香港は一方通行がとても多いんです。ホテル前に付けるのにグルッと大回りしたり、右に曲がったらすぐなのに左に回るなんて当たり前。
なるべくタクシーに乗ったら、同乗者とダラダラしゃべったりせずに「まだかな~」な感じで周りの様子をチェックするようにしています。
もし、納得できない場合は「あれ?そっちでいいの?」と確認します。
香港の地図をすべて頭に叩き込む必要はありませんが、ある程度の位置関係は把握しておいてもいいかもしれません。

⑥目的地は広東語で伝えるべし!
ドライバーの中には英語が話せない方もいらっしゃいます。
目的地を伝える場合は必ず広東語で記したものを見せましょう。絶対間違いがありません。
ガイドブックなどを持っていれば、その場所や住所が広東語で書かれたページを指差してください。
ホテルにあるホテルカード(住所と名前が広東語と英語で書かれているもの)は必ず持っておくと便利です。
私は以前、ホテル名を広東語で上手に言えず、ホテルカードも持っていなかったので「香港街道地方指南」という地図でホテルを指差して伝えようとしたら「老眼だから小さすぎて見えない!」と言われて降ろされたことがあります・・・とほほ。
それ以来、ホテル名と住所を広東語でスマホに入れて拡大して見せてます(笑)。

⑦料金はクレジットカード払いできる?
ごく一部の車両でオクトパスカードやクレジットカードが使えるらしいですが、私はまだ見たことがありません。
基本的には現金払いが主流ですので、現金を持っておくようにしてください。
また、500HKD、1,000HKDなど高額なお札で支払うとお釣りがないと言われることもあるので、なるべく100HKD札を用意しておいたほうが良いと思います。

⑧シートベルトは着用したほうがいい?
日本では後部座席に座っていてもシートベルトの着用が義務付けられていますが、香港でも同様に、前後部座席のシートベルト着用が義務付けられています。
違反した場合、日本ではドライバーが罰せられますが、香港では乗客が罰せられてしまいます。
「いやいや、シートベルトしろって言わなかったよね?」なんていう言い訳は通りません~。言われなくてもシートベルトを着用してくださいね。
香港のタクシードライバーさんは運転が激しい方もいるので、お尻が滑らないのでいいですよ(笑)。

【タクシーde広東語】
ちょっと知っておくと便利なひとことタクシー広東語をいくつかご紹介しますね。

■・・・へ行ってください→唔該、去○○(ンコイ、ホイ○○)
■(ガイドブックなどを指差して)ここへ行ってください→唔該、去呢度(ンコイ、ホイニードウ)
■ここで降ります→呢度落!(ニードーロッ)
■お釣りは要らないよ→唔找啦~(ンーザウラー)

せっかくの香港旅行で嫌な思いをしないためにも、是非是非知っておいてくださいね。

もうひとつ、残念なお知らせ。
来月4月9日より、タクシー料金が値上げになります。
赤のアーバンタクシーは初乗り24HKD、緑の新界タクシーは初乗り20.5HKD、青のランタオ島タクシーは19HKDと各車両2HKDほどの値上げです。
初めて香港でタクシーに乗ったときは12HKDだった記憶・・・。もう倍の値段になってるんですねぇ。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









View the full article

香港ウンチク話
P3095633_R.jpg
私はアルコール好き、特にビール好き。
そんな私に香港人の友人がよくお土産に持たせてくれるのがビール(笑)。
それも最近流行の香港クラフトビール!

最近は香港で製造しているクラフトビールメーカーなども増え『香港クラフトビール』も結構販売されています。
P5240740_R.jpg
以前、ご紹介した尖沙咀のレストラン『yumcha』にはHONG KONG BEER CO.のクラフトビールがいくつか置いてありますし、中環には香港クラフトビールが飲めるバーも増えています。ビール好きには本当に嬉しいですね~。
ただ、クラフトビールとは小規模の醸造所で製造しているので、コンビニやスーパーなどに流通していないものがほとんど。簡単に購入できないのが難点です。

P3095633_R.jpg
今回、いただいたがこちらの【Meow Beer】というメーカーのクラフトビール。2015年に生まれたばかりの新しいビールです。
なんと猫のイラストが入ってるんです~。ビール好き猫好きにはたまらない!
こちらのビールはまだまだ流通しておらず、『Beertopia』など毎年秋に開催されているクラフトビールイベントや、時々開催されるポップアップショップなどでの販売が主なようです。

image.jpg
友人はこちらのネットショップZTORE(士多)で購入してくれました。
『ZTORE(士多)』は香港製造の調味料なども多く取り扱っています。
香港にお住まいの方は是非購入してみてください!
残念ながら日本への発送は行っていないそうですが、相談すればご自身が宿泊するホテルに送ってくれることもあるようです。必ず事前にホテルにも相談をして、引き取りをお願いしてくださいね。

P3095656_R.jpg
今回、いただいたのがこの3種類。
左のピンクは「Triple Hopped」、女性向けに作られた味のようでアルコール度数も5%と普通のビールと変わりません。
真ん中の茶色は「Coffee Stout」、その名の通りスタウトビールです。アルコール度数7%とちょっと高め。
左の青は「IPA」はアルコール度数8%と強めのビール。
いやぁ、どれもこれもパッケージがかわいいっ!!!絶対、空き瓶も捨てませんww。

P3095680_R.jpg
フタにも猫が描かれているんです。フタも捨てられないじゃん!!

生力も藍妹も大好きだけど、最近はクラフトビールにはまっている私です。
他にもお勧めがありますので、またちょこちょこご紹介していきますね。
お土産に持って帰るのは大変ですが、持ち帰る価値あり!!

【Meow Beer】は公式サイトはないようですが、Facebookページがあって、販売のお知らせ情報やポップアップショップ情報などが出ていますので要チェックです!
昨年は大澳や珀麗灣の小さな士多(地元の商店)で販売されたそうです。

Facebook:https://www.facebook.com/meowbeer2015/



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話

FH000035.jpg
普段は香港に頻繁に通っていらっしゃる香港迷さんと、最新の香港ネタをお話することが多いのですが、最近、80-90年代の香港を知る方とお話する機会が何度かあり、ノスタルジーに浸っています(笑)。
私が初めて香港を訪れたのは96年。時間を戻せるならば80年代にも足を運んでみたかったなぁ(うーん、中学生だから難しいかなww)

時々「KAORIさんが住んでいた頃の香港はどんな風でしたか?写真はありますか?」と聞かれることがあります。
当時のはデジカメが出始めたばかりだし、カメラ技術も恐ろしくなさすぎなのでお恥ずかしい写真しかないのですが、数少ない2000年当時の香港写真をいくつかご紹介します。
「懐かしいな」と思ってくださる方がいらっしゃったら幸いです。

トップ画像は香港に住み始めて2日目に撮影したもの。
ジャンク船が写っていますが、当時はまだ観光用のジャンク船がなかったと記憶しています。
(当時住んでいた友達情報だと、貸切用のジャンク船だそうです)

IM000748.jpg
茶餐廳内でメニューを撮影した写真がありました。
朝のサンドイッチとドリンクのセットで18HKD!安いなぁ~。今じゃ考えられない値段です。もう閉店してしまったようですが、油麻地・天后廟近くの榮發餐廳という茶餐廳だった記憶。

IM000795.jpg
懐かしいー!映画『恋する惑星』の舞台となった「ミッドナイトエクスプレス」です。私が住んでいた時には既に改装されていたのですが、お店は存在していました。
トニーがやってこないかドキドキしちゃったりしてww。
その後、セブンイレブンになり・・・今もセブンイレブン?

IM000037.jpg
恐らく、深水埗から太古に帰るバスの中ではないかと思うのですが、よく見ると窓が開いてます!
何気に撮影してますが、これは空調なしバスですね~。懐かしい!
ちょっとの距離なら空調なくても利用していました。空調付きより料金も安いんです。このような空調なしバスのことを『熱狗巴士(ホットドックバス)』と呼んでいました。
「熱九巴士(イッガウバーシー)」から来ているようです。
真夏に乗るのはかなり勇気が要りましたよ~。窓を開けると外からの熱風と排気ガスに耐え切れず、閉めると風が通らずに熱く、どっちにしても熱いんですww。
残念ながら2012年にすべての『熱狗巴士』が引退してしまい、現在は空調付きバスのみ運行しています。

IM000557.jpg
IM000555.jpg
これまた懐かしい!中環のスターフェリー乗り場。現在の場所に移設されたのが2006年だったでしょうか。
この当時はAEL香港駅が出来たばかりで、現在のIFCビル付近はまだ工事中でした。
中環スターフェリー乗り場ってどんどん遠くなりますよね・・・。昔はMTR中環駅からもトラム乗り場からもアクセスが楽で、スタチュースクエアから地下道を抜けたら目の前がフェリー乗り場だったのになぁ。
スターフェリーは大好きですが、中環で歩くのが億劫な今日この頃。

IM000671.jpg

当時から大好きなネギクラッカーの『POP~PAN』。当時はこんな茶色のパッケージだったんだなぁ~。下の一口サイズのミニ『POP~PAN』は見かけなくなりましたね。

IM000339.jpg
IM000259.jpg
上は深水埗、下は旺角の写真です。当時の写真と現在の場所をGoogleマップで比べると、格段に看板が減っているのが分かりました。
ネイザンロードの看板が減ったのはよくよくご存知だと思いますが、深水埗の裏通りなどもやはり看板が減っているんだなぁ・・・とちょっと寂しくなりました。
これが香港の醍醐味だったんですけどね。

IM000338.jpg
一体どこの写真ですか?って感じですが、これは旧啓徳空港跡地です。
1998年に役目を終えた啓徳空港はターミナルビルはそのままでボーリング場などが出来たり、空き地と化した敷地内ではこんな風にマーケットが開催されていたこともありました。
現在はターミナルビルも取り壊され、旧滑走路には豪華客船用のターミナルが完成。
残りの部分は商業ビル、マンション、学校、運動場などが建設予定となっています。
巨大な敷地内に新しくトラムを走らせようという話もありましたねぇ。実現するんでしょうか。
2019年にはMTR啓徳駅が開業予定となっているので、この辺りもまたガラっと変わるでしょうね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









View the full article

香港ウンチク話
P1251658_R.jpg
ガイドブックにもたくさん美味しいレストラン情報が掲載されていますが、それでも「ガイドブックに載っていないツウなお店を知りたい」と常に思っているのは私だけではないと思います。
最近のガイドブックはローカルなお店の掲載も多く、それだけでも十分なのですが、あともう少し!ワンランク上のローカル情報を!と求めてしまいますね。
私が情報収集に役立てているサイトやアプリをご紹介します。

openrice_R.jpg
≪openrice≫
香港版ぐるなび?食べログ?とも言われる、グルメ情報サイト。基本的に香港に現存するほとんどの飲食店情報が掲載されています。これは定番中の定番サイト。
お店の入れ替わりの激しい香港で、新店・閉店・移転情報がかなりリアルタイムで更新されているのはこのサイトだけ。とっても重宝します。
お気に入りのお店に次に行ったらなくなっていた!なんてことはよくある話ですが、事前にこちらでチェックしておけば、そのような残念なことはほぼ回避できます。
また、料理の写真がたくさんアップされているので、オススメメニューも分かるし、メニュー名が分からないときは指差しで使えるのも便利。
私のベースはまずこれです。でも食評は参考程度に。

◆openrice公式サイトhttps://www.openrice.com/zh/hongkong(英語あり)
◆openrice公式アプリ(無料)
Google Play で手に入れよう
 


inshoku_R.jpg
≪飲食男女≫
香港人が参考にするグルメサイトはこちらでしょうか?
『飲食男女』は香港で「忽然1周」という雑誌を買うとセットになっているグルメ情報誌。これ単体では販売していないのですが、サイトやアプリで情報収集は可能です。
最新のおしゃれなレストラン、老舗茶餐廳のオジサンのインタビュー、レシピなどグルメに関するいろんな情報が掲載されています。
『飲食男女』アプリは残念ながら2015年から更新されておらず、現時点で起動できない状態です。
「蘋果動新聞」のアプリより『飲食男女』ページが起動できますのでこちらのアプリをDLしてくださいね。

◆飲食男女公式サイト:http://hk.etw.nextmedia.com/ 
◆蘋果動新聞公式アプリ(無料)
Google Play で手に入れよう
 


ufood.jpg
≪HK港生活/U Food≫
「東京ウォーカー」のような雑誌といっていいんだろうか・・・。香港のエンターテイメント、生活、グルメ情報が掲載された『HK港生活』。この中にあるのが『U Food』というグルメページ。もちろん、香港の書店やコンビニで雑誌も販売されています。
「openrice」のように飲食店情報も掲載されていますが、情報量としては「openrice」ほどではありません。
比較的、最新情報を参考にしています。
『U Food』アプリはitunesにて配信されていましたが、2010年以降リリースされていないので、『HK港生活』アプリをDLされることをオススメします。

◆U Food公式サイト:http://food.ulifestyle.com.hk/index
◆HK港生活公式アプリ(無料)
Google Play で手に入れよう
 

とりあえず、この3つをチェックしていれば間違いなし!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_3235_R.jpg
香港でご飯に困ること、ありませんか?
お手軽に焼味が食べられる太興は朝から夜遅くまで営業している上に、あちこちに支店があるのでとても便利。
がっつり食事から小腹が空いたときにも使えるので、お店を知っておくと重宝しますよー。

IMG_7770_R.jpg
今、香港に何店舗あるんだろうか・・・。
お店によりけりですが、旺角などの繁華街の支店は早朝から深夜まで開いている店舗もあるので何かと助かります。

IMG_7760_R.jpg
IMG_7759_R.jpg
焼味のせご飯がオススメ。もちろん焼味単品でもオーダーできます。
上は叉焼飯、下は五星級焼肉飯(クリスピーポーク)。お店のオススメメニューのひとつ。
たまらなく絶品~とまではいかないけど、満足いく味。
IMG_7757_R.jpg
夜遅くに行ったので「宵夜(深夜)」メニューでしたが、焼味の他になんとトースト類もある!
「厚多士(厚切りトースト)」はピーナッツバターと練乳たっぷりで高カロリーですが食べたくなりますねぇ。こちらもお店のオススメ人気メニュー。

IMG_7758_R.jpg
他にもこんな一品メニューあり。充実しています。
(価格は2012年当時のもの)

IMG_7762_R.jpg
【太興】と言えばこれ。『冰鎮奶茶』は氷を中に入れていない香港式ミルクティー。
これだと氷で味が薄まることがないんです。
このスタイル、最近では他のお店でも置いていますが、【太興】が先駆けだった気がします。

IMG_7783_R.jpg
缶タイプの奶茶もあるよー(パッケージは2012年当時のもの)。濃くて美味しいです。

IMG_6459_R.jpg
最近は映画『アベンジャーズ』とコラボしているようで・・・・ん?
あれ?あれ?あれれ?トニー・スタークが広東語話してるけど?フューリー長官もサミュエル・L・ジャクソンじゃないよね??そっくりさん???
だ、だ、だまされたww。ウケるんだけど!!

私が訪問した旺角の支店は朝7時~深夜2時まで営業しているので、深夜に小腹が減ったらお勧めですー。

【太興】
住所:旺角彌敦道639號雅蘭中心地下G25號舖
(Shop G25, G/F, Grand Tower, 639 Nathan Road, Mong Kok)
営業時間:7:00-2:00


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P5240460_R.jpg
ここのところ、香港特集を組んでいる番組が多いのでまとめてご紹介します。
春ですねぇ、旅に出たいですねぇ、香港に行きたくなりますねぇ。

◆3/4(土) フジテレビ系 8:30~
「にじいろジーン」週末に行ける!魅惑の街・香港旅
http://www.ktv.jp/niji/

◆3/6(月) NHK BS1 14:00~
「Asia Insight選」台湾に移住する香港人
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20170306-11-26309

◆3/17(金) BS TBS 21:00~
「地球絶景紀行」香港・マカオ2時間SP アジアの至宝 煌めく
http://www.bs-tbs.co.jp/zekkei/

◆3/17(金) NHK 22:50~
「ドキュメント72時間」香港 チョンキンマンションへようこそ
http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-03-17/21/33089/2907048/

◆4/7(金) NHK BSプレミアム 22:00~
「岩合光昭の世界ネコ歩き」香港
http://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/

普段、海外取材しない「ドキュメント72時間」の重慶マンション特集は特に注目しています。この番組大好きで毎週観てるんです。
岩合さんのネコ歩きin香港もネコ好きさんにはたまらないですね~。
わー、こんなに香港特集があるなんて嬉しすぎます。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA203040_R.jpg
スマートフォンを利用している方も多いと思いますが、香港ではどのように使っていますか?現地で無料Wi-Fiのみ使う?日本からWi-Fiルーターをレンタル?それともSIMフリーだから現地でSIMを入れ替えるだけ?
日本のスマートフォンは大手キャリアから販売されたものは基本的にSIMロックがかかっており、海外で使用する場合はそのキャリアの海外使い放題サービスを利用するか(1日1,980円程度)、日本からWi-Fiルーターをレンタルしていくか(1日500円程度)、現地でフリーWi-fi環境のみで使用するかのどれかです。
最近はSIMフリーのスマートフォンにされる方も多いですよね。
私はSIMフリーにする予定がありませんので、香港に行くときはWi-Fiルーターをレンタルしていきます。
面倒と言えば面倒ですけどね・・・。

最近は無料Wi-Fiサービスが付いているホテルも増えているし、街中にも無料Wi-Fiスポットが多いので、Wi-Fiルーターはレンタルしていくけど使用する頻度が以前よりも少なくなっています。
スマートフォンを香港で快適に使うには?WI-FIルーターっている?お得情報は?などをまとめてみました。
ただし、私のスマホはiPhoneなので、設定方法などはそれ前提でお話させていただきますことをご了承ください!

①Wi-Fiルーターを日本から借りていく注意点
Wi-Fiルーターレンタル会社はいくつかありますが、まずは事前に予約して空港で引き取り→帰国時も空港で返却が一番いいです。
会社によっては自宅受取だと別途送料がかかったりします。
大手レンタル会社ならば深夜便早朝便でも成田空港または羽田空港では受取、返却が可能ですので、出発到着時間を気にせず利用できます。

実は以前、某企業でWi-Fiルーターをレンタルして香港に到着後に変換プラグと充電アダプタのコンセントの両方が破損していることに気づきました(充電しようとしても出来ない)。
幸いにも自分が持っている変換プラグとコンセントを利用したので問題なく利用できたのですが、これがよくなかった・・・。
帰国時にクレームをあげたら「香港で気づいた時点で香港から連絡しなければ、どちらかに非があるか分からない」と言われまして・・・。まぁごもっともです。
貸し出す前に二重チェックしていると言っていましたが、それで破損に気づかないのはおかしいなぁとも思うし、とても納得のいかない謝罪でしたが・・・。
必ず受け取った時点で中身を確認してください。目に見える破損はここで発見できます。
そして現地に到着して破損に気づいた場合は、レンタルセット内に必ず緊急連絡先があるので、現地から連絡して交換等の対応をしてもらってください。
帰国してからの事後報告は自身が破損させたとみなされます

②Wi-Fiルーターをお得に借りるには?
私は最近、フォートラベルグローバルWi-Fiさんを利用することがほとんどです。登録している旅行サイト4Travelさん経由でのレンタルだと他社と比較しても安いんですよね。
定期的に割引クーポンもくるので頻繁に行かれる方はいいかも?
http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/ranking.asp?ww_country=113
ちなみに私がいつもレンタルしているプランでの料金は4日間で2,600円くらいです。
ご自身がいつも借りている会社と価格を比べてみてください。
(別に4Travelさんの回し者でもなんでもありませんのでww)

③香港で無料Wi-Fiを上手に使う!
香港では街中に無料Wi-Fiがたくさん飛んでいます。日本もこうなればいいのになぁと思っていますが、なかなか追いつきませんね。
まず、香港国際空港ー!到着したらすぐこれに繋げば、入国審査で待ってる&バゲッジ待ちの間に、SNSのチェックとか日本のニュースチェックとか、香港の友達に連絡とか出来ます。
Wi-FiをONにすればいろんなWi-Fiが飛んでくるので『#HKAirport Free WiFi』をタッチすればいいだけです。
Hkia.gif
wifi01.gif
また、香港にあるショッピングモール、公共機関(タクシーやトラムは除く)、レストランチェーン店、公園などは大体どこも無料Wi-Fiがあると思っていいです。

左から、中環のショッピングモール「PMQ」、MTR、高級スーパーマーケット「city super」のログイン画面。
お店によりけりですが「PMQ」では1日20分×3回ほど無料Wi-Fiが利用出来ます。
「city super」では30分ほど利用できました。

④ホテルでWi-Fiを利用する場合
最近私が宿泊したホテルはどこも無料でした。チェックイン時にログイン方法とパスワードを設定してくれます。
左は土瓜湾の『ハーバープラザ8ディグリースホテル』、右は尖沙咀の『attitude on granvilleホテル』です。
昨秋宿泊したサービスアパートメントも無料だったし、ネット環境が快適すぎました。
wi03.jpg

ホテルによりけりですが、有料の場合は24時間で100~200HKDが相場だったかなぁ。
ホテルなんて夜しかいませんし、24時間使えてもあまり特はないですよね。無料Wi-Fiがないなら、日本からルーターレンタルしたほうが良さそう。
IMG_2029_R.jpg
もし、日本からWi-Fiルーターをレンタルし忘れても、ホテルによってはルーターの貸し出しをしています。『ハーバープラザ8ディグリースホテル』は1日50HKDでした。
これはレートによっては日本からレンタルするよりお得じゃない?
PA203040_R.jpg
また、こうした持ち出し用無料スマホを置いてあるホテルも増えてますね。
ここまで揃ってるとSIMフリースマホを持っていなくても、さほど困ることも不便を感じることもありません。

⑤最後に!
スマートフォンのデーターローミング設定はちゃんと行いましょう!
日本で使っているまま持って行ってネット接続すると、恐ろしいことになります~。
私、実はこういう設定がとても苦手で、毎回「あれ?何をどうするんだっけ?」と心配になっちゃいます。
どうしても心配な方、私はいつも空港の携帯キャリア会社で設定の仕方を書いた説明書をいただくか、その場でスタッフの方に設定してもらいます。
(自身のキャリアが見つからなかったらiPhoneなので他社さんでも設定してもらっちゃう私・・・)
また、海外でどのようにスマートフォンを使うかで設定方法が異なってきますので、私の分かる範囲でiPhoneの設定方法を書いておきます。

1.通話も通信も一切使わない、無料WI-FIは利用する
→「設定」→「機内モード」にする
*心配な人はこれが一番安心です。

2.通話とSMS(ショートメッセージ)のみ利用する、無料WI-FIも利用する
→「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」→「ローミング」→「音声ローミング」をON、「データーローミング」をOFF→「モバイルデータ通信」に戻り「モバイルデータ通信」をOFF
*私はいつもこの設定です。日本から家族から緊急の連絡がある可能性があるので、日本からの電話とSMS(ショートメッセージ)は受けるようにしています。
GmailやLINEなどその他のSNS等は無料WI-FIやルーターに接続してから受信になります。

便利な世の中だけど、追いついていくのも必死ですよね(笑)



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
PA234655_R.jpg
香港に行ったら絶対食べたいスイーツの二大定番はマンゴー系スイーツとエッグタルト。
これぞ香港だー!と思っている人も多いと思いますが、香港には他にもオススメスイーツがたくさんたくさんたくさーんあるんです。

例えばこのトップ画像のスイーツ。
香港ではフレッシュフルーツのスイーツが目立ちますが、お汁粉系のスイーツもとても充実しています。
これは【喳喳(ザザ)】というスイーツ。お店によっては「喳咋」ともいいます。
小豆や緑豆などいろんなお豆とハト麦が入ったお汁粉です。白くかかっているものはココナッツミルク。
お汁粉と言いますが、日本のお汁粉のような甘ったるさがないのが香港のお汁粉。
豆本来の甘さが引き立つように作られています。
また、必ずと言っていいほど暖かいもの(熱)と冷たいもの(凍)があるのでありがたい。
昨日みたいに寒い日は暖かいが【喳喳】が食べたい!

PA234661_R.jpg
これは私の大好物。え?なにこれ?とシンプルな色合いのこちらは胡桃のお汁粉合桃糊(ハップトウウー)】(お店によっては「合桃露」ともいう)。
ドロっとしてますがこちらも甘さ控えめなのでペロリと平らげられます。
土瓜湾にあった火鍋屋さんでママさんが出してくださった手作りの【合桃糊】が私の中でのここのものがピカイチだったのですが、残念ながら閉店しちゃってねぇ。もう一度食べたいなぁ。あれを超える【合桃糊】に未だ逢えず。

P1000221_R.jpg
団子系も香港は充実しています。【糖不甩(トンバッラッ)】というお団子スイーツ。
白玉のようなお団子を糖水で煮て砂糖とナッツをかけただけのシンプルスイーツ。なんか昔懐かしい味がします。おうちでも簡単に作れそうでしょ?

香港では丸いお団子(湯圓)は縁起物として、結婚式の前の日に花嫁がいただいたり、旧正月など家族が集まるときにいただいたり。丸い形が縁起がよいとされています。
ゴマの入ったゴマ団子入りスープも美味しくてオススメです。

IMG_1846_R.jpg
こちらはご存知の方も多いと思いますが、香港のタマゴカステラ【雞蛋仔(ガイダンジャイ)】
ふわっとしていて、美味しいお店のものだと冷めてもフワフワで美味しいです。最近はいろんな味が出たり、アイスをトッピングしたり進化系が多いですが、私はシンプルな【雞蛋仔】が一番好きです。
テイクアウトしたら簡単な朝食代わりにもなりますよ。

P5229572_R.jpg
こちらは【蛋散(ダンサーン)】。広東料理店などでシメのデザートで出てくることがあります。
粉とタマゴをこねて油で揚げたものに蜜をかけてあります。
フワフワで甘くて美味しい!お腹いっぱいなのに食べてしまうww。
中華菓子メーカーの『奇華餅家』などでも売られていますが、あちらはパリっとしてクラッカーのようです。
レストランでいただくのとはちょっと違うようなので、出来たらこのフワフワを食べていただきたい!写真のお店は佐敦の『金山海鮮酒家』です(ビルの中にあるほう)。

汁粉、団子、粉モノ系スイーツをご紹介しましたが、まだまだまだオススメはあるので、また次回のお楽しみに!



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
P2265563_R.jpg
香港に関する書籍はたくさん出版されていますが、観光ガイド以外の書籍の中から私のオススメを6冊ほどご紹介します。
これはもう私がかなり気に入ってるお気に入り書籍の第一グループ(笑)。
書籍によっては廃盤になっているものもありますのでご了承ください。
中古でも入手可能なものもあります。

P2265549_R.jpg
転がる香港に苔は生えない
これはもう、香港好きさんには一度は読んで欲しい本です。
香港の中国返還を体験するために、香港に滞在した著者・星野博美さんの香港での体験やさまざまな香港人と触れ合った出来事などが書かれた1冊。
私はハードタイプしか持っていませんが、文庫本タイプもあります。かなりページ数が多いので文庫本のほうがオススメです。
とても深い深い香港のお話。返還前の香港をもっと見ておけば良かった!

P2265552_R.jpg
九龍城探訪/魔窟で暮らす人々
今はなき「九龍寨城」。あんなカオスな建物が本当にあったのか?と思うほど、現在、跡地に建てられた九龍寨城公園は穏やかな公園になっています。
ここに暮らしていた人たちはどういう生活を送っていたのか?当時の写真と人々の生活事情やインタビューが書かれた一冊。
4年もの歳月をかけて取材したそうで、当時の九龍寨城の中を取材した唯一の書籍だとか。
とにかく見ごたえあり!

P2265554_R.jpg
現代の香港を知るKEYWORD888
これは香港の辞書と言うべき書籍で、香港の地名や俳優、広東語など香港で888個の説明がされています。
完全に香港迷さん向けの書籍です。見ていて飽きません。

P2265558_R.jpg
アクション映画バカ一代
ジャッキー・チェンに憧れて香港に単身渡航した谷垣健治さん。香港ではスタントマンとして活躍し、出演されている香港映画も多いのです。
現在は日本でも映画、ドラマ、CM撮影のスタントコーディネーターやアクション監督をされています(映画「るろうに剣心」が有名です)。
そんな谷垣さんの「アクション映画愛」が書かれた一冊。ジャッキー・チェンに憧れてカンフー映画を観た殿方も多いのではないでしょうか?
アクション映画ファンの方にはオススメです!!!

P2265557_R.jpg
香港ルーフトップ
これはまた興味深い一冊。
香港の古いビルやマンションの上にこうした屋上住宅があるのをご存知でしょうか?
宿泊したホテルの窓から見えたこともあるかな?
あの屋上住宅の人々はどのような生活をしているんだろう。写真と図面が載った書籍です。正直なところ、良い環境とは思えない家屋も多いですが、それでも生きる人たちがいる。
元々はドイツと香港で出版されたのですが、反響があって日本語でも出版されました。

P2265561_R.jpg
香港路線バスの旅
著者・小柳淳さんのオススメバスルート・30路線が書かれている書籍。
香港のバスが大好きな人は必見!私がお気に入りの新巴15も書かれています。
これを読んで「次はこの路線に乗ってみよう」と妄想するのが好き(笑)

香港関係の書籍は増刷される率が比較的他の書籍に比べて低いかもしれません。
販売されたら即購入!見つけたら即購入!をオススメします~。
PCからご覧の方は、Blogの一番下の段に、私がオススメする香港書籍『管理人KAORIの香港書庫』を設置しておりますのでご参考くださいませ~。




https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article

香港ウンチク話
IMG_1351_R.jpg
日本でふと思いがけず「香港」を見つけると嬉しくなりませんか?
一昨年、『ファミリーマート』で販売された【Shine&Shine】というフルーツジュースは都内の香港迷さんたちをファミマに走らせましたねww。
何が嬉しいって「Made in Hong Kong」なんです!
職場の上司が偶然買ってて「香織さん、これ知ってる?」と見せてくれたときに思わずおぉぉー!と吼えてしまいました(笑)。
当初は「ファミマ!」にしか置いていませんでしたが、現在は郊外の我が家の近くのファミリーマートでも販売しています。
マンゴーは今の時期はありませんが、暖かくなったらまた販売されるでしょうか?
是非、全国展開して欲しいです。

IMG_8326_R.jpg
ショッピングモールでうろうろしていたらどこかで見たことのあるブランドが・・・。
【Morn Creations】のバッグがたくさん売ってる!!!
中環に唯一店舗を構えるこのお店、サメやクジラ、最近ではフクロウのバッグなどがあり、大人も子供も欲しくなる品。我が家にも数点あります。
パンダがないのは残念ですが、日本でも時々セレクトショップなどで取り扱いしています。香港で買うより少し割高になるけど、それでも欲しくなっちゃいます。

IMG_8010_R.jpg
一昨年くらいに日本の『李錦記』さんより発売していた【香港バル】シリーズ。
もう取り扱いないのかなぁ?結構お手軽に香港料理が作れる万能調味料でした。
ちょっと日本人向けの味付けになってたかな?

IMG_8099_R.jpg
こちらはまったくの想定外だったのですが・・・。
一昨年、車を買い替えたのですがカーナビを立ち上げると香港の夜景がぁぁぁぁ!!
初めて乗車したときに「えぇぇ!何で香港?」と雄たけびを上げました。
なんか、夫が操作したのかと(笑)。

何気ないところで生活圏内で思いがけず「香港」を見つけると、嬉しくなりますね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19










View the full article